乙密台 / ウルミルテ

ウルミルデ을밀대

閉店・移転、情報の修正などの報告

平壌式冷麺の老舗!シャリシャリの牛骨ダシスープ&そば麺のマッチング!

こんにちは!ソウルナビです。韓国冷麺といえば、冷たいスープの中に蕎麦色がかった麺が入った、いわゆる水冷麺(ムルレンミョン)を思い浮かべる方も多いのでは?!実はナビも韓国冷麺が大好きで、日本でよく食べていたんですよね~。韓国に来てからは、水冷麺のときもあれば、ビビン(辛いソースに絡めたタイプ)、時にはフェ(エイの刺身入り辛いソース)冷麺を食べてみたり…といろんな冷麺を食べるようになったんですが、味の違いの前に、韓国冷麺を大きく二分するのが、麺の違い。主にさつまいもの澱粉を使った弾力のある細麺のハムフン冷麺、そして、そば粉がたくさん入った噛み切りやすい麺の平壌冷麺です。好みはそれぞれあると思いますが、今日は主に水冷麺として知られる平壌冷麺の名店!「乙密台(ウルミルテ)」をご紹介しましょう!こちらは1971年創業、地元の人たちに長らく愛されてきたお店。こちらの冷麺の特徴はシャリシャリ半凍りの牛骨だしスープと、平壌式にしてはつるつるっと弾力のあるそば麺。このマッチングはいかに~?!

◎ウルミルテ(乙密台)

 この店名のウルミルテ。看板も白地に紺の文字でシンプルに書かれていてとっても分かりやすいです。このシンプルさと、文字が漢字で書かれているところが、なんとなく老舗っぽい雰囲気を感じますよね!さて、このウルミルテを漢字で書くと乙密台となるんですが、この名前はもともと今の北朝鮮にあたる平壌直轄市、中区域、慶尚洞にある朝鮮時代の楼亭のことで、北朝鮮の国宝なんだとか。お店の中にはその写真が額縁入りで飾ってあります。お店の名前もこのウルミルテ(乙密台)にちなんで付けられたそう。

◎お店はお隣同士で3店舗


皆さんも実際に足を運ぶと分かると思いますが、お店の看板だ!と思って近づいてみると、看板だけでもここ、そこ、あそこにと、あちこちにあるんです。その看板がつまりお店の数で、通り沿いに小さいお店が1店舗、その隣に大きめのお店、そして小道の奥に民家のような店舗が1店とぜんぶで3店舗。ナビは一番大きい店舗に入ったんですが、中は冷麺一筋数十年、という老舗っぽい感じはなく・・・カフェか何かを改造したのかと思ってしまうほど。締め切りのドアが道路側の壁にあり、板の床に間隔を空けて丸テーブルが並べられ、イスも木製の丸イス。また厨房のある入口の方とは段差があり、ここも増築したようなつくり。
メイン

メイン

路地の韓国家屋の別館

路地の韓国家屋の別館

手前の小さい店舗

手前の小さい店舗


不思議に思ってお店のスタッフに聞いてみると、創業当時、お店があったのはまさにナビが入ったところ!つまり一番大きな店舗のテーブル部分で、かなりこじんまりとしていたよう。また今では平壌冷麺の老舗として知られていますが、このお店が有名になったのは実は90年代以降。クチコミでうわさが広がり、お客さんが増えるに従って厨房部分を増築したあと、隣の小さい店舗、奥の店舗と増えていったとか。この増築ぶりを見ても、人気のほどが伺えますよね!

大きな店舗はテーブル席、座敷部屋もあり、2階にも席あり。 大きな店舗はテーブル席、座敷部屋もあり、2階にも席あり。 大きな店舗はテーブル席、座敷部屋もあり、2階にも席あり。

大きな店舗はテーブル席、座敷部屋もあり、2階にも席あり。

奥の店舗は廊下の両側に襖の個室が並んでいます。中は座敷タイプ 奥の店舗は廊下の両側に襖の個室が並んでいます。中は座敷タイプ

奥の店舗は廊下の両側に襖の個室が並んでいます。中は座敷タイプ

小さい店舗はテーブル席。ここで食事タイムになると、せっせとピンデットッを焼いています。
小さい店舗はテーブル席。ここで食事タイムになると、せっせとピンデットッを焼いています。
小さい店舗はテーブル席。ここで食事タイムになると、せっせとピンデットッを焼いています。

小さい店舗はテーブル席。ここで食事タイムになると、せっせとピンデットッを焼いています。

 ★冷麺シーズンのランチタイムにはこんなに行列が!
お昼は混むと思って11時半ぐらいにお店に行ったら、ぎりぎりセーフ。混雑タイムの前にテーブルに座れました。注文をして待っているほんの5~10分の間に、お店の前には周辺からやってきたサラリーマンやOLたちであっという間に行列が!そうそう、ナビがお店に向かうときも、わざわざタクシーに乗ってきたサラリーマンもいたほど。

行列

行列

路地まで行列

路地まで行列

後片付けも大慌て

後片付けも大慌て

◎さっそく、注文!

メニューにはかなりビックな太い文字でどか~んと「ムルレンミョン(水冷麺)」、その下に「サリ(麺の追加)」、少し間をあけて、他のメニューが4分の1ほどの文字サイズで書かれています。スユッ(ゆで肉)、ノットゥジョン(緑豆のチヂミ)、ホンオ(エイ)といったお酒のおつまみ系メニューが並び、一番下に、もし食べたい方がいれば…という感じで、「ビビン」、「フェ(刺身)」冷麺。平壌冷麺の専門店ですもんね。今回は水冷麺、ビビン、そして隣の地元の方が美味しそうに食べていた緑豆のチヂミを注文!少しすると、大根の千枚漬け、キムなどがテーブルに並びます。
※メニューは2008年6月現在

★まずはスープから!平壌冷麺にしては、薄すぎない牛骨スープ!
ソウルの平壌冷麺の老舗というと、全体的にスープが薄めのところが多いもの。ナビもはじめて某有名店で食べたときは、「このスープは?!水で薄めた?!」と思ってしまったほど。しかーし、冷麺ツウいわく、平壌冷麺は3度目からおいしくなると・・・。実際、回を重ねるごとにだんだんおいしく感じるから不思議。そんな平壌冷麺にしては、こちらのスープは最初から薄すぎ~と思うほどではないですが、食べていくうちにダシの味が増してきます。
スープは牛骨だしで、牛の骨・肉などを入れて7時間ほどしっかり煮たものだとか。このダシスープを一度凍らしてから使うので、テーブルに運ばれてきたときにはスープは半シャリ状態。見た目かなり涼しげですが、食べたら適度に冷えてます!夏の暑いときには、このシャリシャリスープで火照った体が一挙にクールダウンしそうです^^。この冷たさで最初は味が薄く感じられるかもしれませんが、だんだん凍ったスープもとけて、麺にもダシが染み込んで、食べていくうちに少しずつ牛骨ダシの味が濃く感じられるところ。
 


少し味もついたダシスープ。体にしみいります。 少し味もついたダシスープ。体にしみいります。 少し味もついたダシスープ。体にしみいります。

少し味もついたダシスープ。体にしみいります。


★麺は太めで噛み切りやすい平壌式!
店頭の看板にもあるように、冬でもお店で直接麺をつくっているよう。厨房では注文に合わせて麺を茹でていきます。こちらの麺はそば粉と澱粉を絶妙な比率で混ぜ合わせた太めの麺で、平壌冷麺にしてはつるっとして弾力もあり、ぼそっとしてないのが特徴。よく見ると、そば粉でしょうか?黒い粒々がはっきりと見えます。平壌式の麺はややもすると、ゆで過ぎ?!と思ってしまうほど、麺がもっちりしてしまうことがありますが、こちらはスープが凍っているからか、最後までコシのある麺が味わえますよ。上にのっている具材はきゅうり、ゆで卵半分、ゆで肉、大根、梨。お肉も硬くなくておいしい。

ハサミでカットして

ハサミでカットして

スープにはお好みで酢や

スープにはお好みで酢や


からしを入れて

からしを入れて

いただきます!

いただきます!


★ビビンネンミョンも一度お試しを!
水冷麺が有名なお店ですが、ビビンネンミョン(辛いソースに絡めた冷麺)もナビ的にはオススメ!お店のスタッフにうかがうと、やはり人気は水冷麺だけど、ビビンを好んで食べる方も多いそう。というのも、平壌冷麺の専門店のビビンは、砂糖を入れたようなかなり甘さの強いところが多いんですが、こちらは甘すぎず、酸味も利いてさっぱりとしていて、ナビ好みなんです~。辛いのが苦手な方にはもちろん水冷麺をオススメしますが、大丈夫な方はぜひビビンにもトライしてみてくださいね!

 ★冷麺とセットでオーダーしちゃう、ノットゥジョン(緑豆のチヂミ)!
お店に入ると、このピンデットッをつまんでいる方や、さらに焼酎で一杯やってる地元の方が周りにちらほら。そこで昼真っから焼酎とは行きませんが、ナビもジョンをオーダー! テーブルに運ばれてきたときは、正直…値段のわりにちっちゃい…と思ってしまったんですが、外がカリッとしていて香ばしく、中はやわらかくて餃子の中身のようにお肉がたっぷり!何気にボリュームあり!ちょっとつまみが欲しい方はぜひ注文してみて!
いかがでしたか?冷麺好きな方、こちらの冷麺はまだ食べたことがない!という方、駅からちょっと歩きますが、老舗の平壌冷麺をぜひ味わってみてくださいね!ソウルには平壌冷麺の有名店があちこちにありますが、お店ごとに違うんで、食べ比べてみても面白いかもしれません!それから、暑い季節のランチタイムは並ぶことが多いので、ちょっとずらして行った方がいいですよ~!以上、最近1週間に1度は冷麺を食べてるソウルナビがお伝えしました~!

記事登録日:2009-06-11

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    テジカルビ

  • photo

    テジカルビ

  • photo

    teshim

  • photo

    teshim

  • photo

    teshim

  • photo

    teshim

  • photo

    teshim

  • photo

    teshim

  • photo

    teshim

  • photo

    風月

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:ウォン

イチオシ

ムルレンミョン

水冷麺

물냉면

11000

イチオシ

ノクトゥジョン

緑豆チヂミ

녹두전

(1枚)9000

サリ

追加(麺とスープ)

사리

6000

スユッ

韓牛煮込み

수육

38000

ホンオ

エイの和え物

홍어

50000

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-06-11

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

支店情報

地図で見る

乙密台 / ウルミルテ 江南店

乙密台 / ウルミルテ 江南店

あの平壌式冷麺の老舗の支店が、江南駅近くにオープン!!

関連記事

ソウルで冷麺食べ比べ~2009年夏編!

ソウルで冷麺食べ比べ~2009年夏編!

究極の平壌冷麺を求めて・・・独断と偏見で(!?)ソウルの有名店をランキング!!