スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


【※近くに移転】サンソンヒョルヘムルタン (済州島)

三姓穴海物湯삼성혈해물탕

閉店・移転、情報の修正などの報告

海産物がお鍋に溢れんばかり!新鮮な海の幸を堪能!

こんにちは!ソウルナビです。今日は韓国南端の島、済州島のグルメ店をご紹介しましょう!済州市内の新済州に位置するヘムルタン(海産物鍋)専門店「サンソンヒョルヘムルタン(三姓穴海物湯)」というお店!お店の看板にも「サラインヌンヘムルタン(生きた海産物鍋)」と書いてあるように、ついさっきまで水槽にいた生きた新鮮な海産物だけを使って、自然の潮味だけでいただくのがこちらの特徴かつ人気の秘密。余計な調味料は一切使わず、まさに食材の味と香りを満喫できると地元でも人気だそうなんですよ! さっそく、ご紹介しましょう!

新済州の済州道庁のすぐ横!


場所は済州道庁のすぐ横。新済州ロータリーから行くと、道庁の角にあります。周辺には一番近い「ザ・ホテル」をはじめ「済州ロイヤルホテル」、「東洋観光ホテル」…とホテルがたくさんあります。この辺に泊る予定の方、済州旅行の初日に遠くまで出るのは面倒くさいし…というとき、ここなら近いし夕飯にもうってつけ!
店内はこじんまりとしていて、ランチやディナータイムにはいっぱいになるとか。席はテーブル席とオンドルがあり、L字のようなラインを描くラインを境に分かれています。

店頭の水槽には新鮮な魚介類がいっぱい!


冒頭でも少しご紹介しましたが、こちらのお店のこだわりは生きた新鮮な魚介類だけを使うこと。その証拠に、店頭には水槽が並び、毎朝市場で直接仕入れたり、あるいは専門業者に持ってきてもらった新鮮なメイン食材がここにすべて準備されているんです。お客さんからの注文と同時に、こちらの社長さんが水槽の中から生きている貝や魚を取り出し、野菜や薬味などを加えてそのままテーブルに運ぶから、いつも新鮮な魚介類を味わえるというワケ!

人気のヘムルタン!

じゃじゃ~ん!!これがうわさのヘムルタン(海産物の鍋)。これで小サイズ。値段的にはそんなに変わらないんですが、大、特大はどんなに大きいんでしょうかね?!ナビたちは二人だったので、小サイズでいいですよ!というスタッフのおすすめ通りに頼んだんですが、実物を見た途端、二人で食べきれるかどうか…心配になるほどの大きさ。うわさ通り、生きた海産物を使っているということで、鍋の中ではいろんな動きが…。タコやアワビなどもくねくねして、今にも飛び出しそう!新鮮そのもの!
どんなものが入っているの?!ということで、じっくり見ていくことに。まずくねくねしているムノ(タコ)、チョンボッ(あわび)、コッケ(わたりがに)、キチョゲ(タイラギ)、カリビ(ホタテ)、テハッ(ハマグリ)、ホンハッ(ムール貝)、クル(牡蠣)などなど。これをテーブルの上でぐつぐつ煮ていきます。厨房で煮てから運ばれてくると、見た目で生なのか、冷凍なのか?!確認できませんが、こうして生の状態で出てくるから、新鮮度を直接目で見て感じられるからいいですね。

おかずにも海鮮モノが!!


鍋を煮ている間に、サービスのおかずをチェック!
こちら、海鮮料理専門店というだけあって、おかずにも海鮮を使ったものが数点。
茹でた海老にヤンニョムケジャン(味付け渡り蟹)も。

ぐつぐつ煮ながら食べやすい大きさにカット!


煮始めのころ、生きた魚介類たちには熱湯地獄?!のようでかわいそうな感じもしましたが、こうして煮えてくると、もう食い気ばかり…。途中、煮え具合に合わせて、スタッフが食べやすいようにカットしてくれます。ハマグリ、アワビ、タイラギなどは貝殻も取ってくれます。全体的に海鮮のスープが出てきたら食べごろ。海鮮が多いので、普通のヘムルタン(海産物の鍋)に比べると、具がメインの海産物蒸しという方が近いような・・・。
貝から身を取り出して…

貝から身を取り出して…

タコも食べやすくカット

タコも食べやすくカット

いろんな海鮮がゴロゴロ

いろんな海鮮がゴロゴロ

渡り蟹もハサミで切ります。

渡り蟹もハサミで切ります。

おお、中からカニ味噌が…

おお、中からカニ味噌が…

あわび、丸ごとかじりたい…

あわび、丸ごとかじりたい…

普通、ヘムルタンというと、薬味のほかに味付けをするそうなんですが、こちらは煮ていくうちに海産物から出てくるダシだけで食べるのが特徴。これは食材の味を十分味わってもらうために、社長さんがこだわっている部分だとか。なので、地元の人も最初は、ちょっと味が薄い?!と思ってしまうらしいんですが、煮れば煮るほど、海の幸の本来の味を堪能できると人気が出たそうなんですよ。そのため、お店流の鍋のおいしく煮る方法があり、最初は強火⇒中火⇒弱火にするのが大切。ゆっくりおしゃべりしながら食べると煮過ぎになってしまうので、火の強弱には気をつけましょう!さて、煮えたところでいただきましょう!
そのまま食べてもいいし、韓国式にわさび醤油に付けて食べてもよし!どれも歯ごたえのあるものばかりなので、少しあごが疲れる可能性もありますが、お酒のおつまみにはぴったり。全体的に見ると貝がメインなので、これは貝好きな方にぜひオススメしたいところ!

最後はグクス(うどん)を入れて!


ご飯は別注文となりますが、ヘムルタンを注文するとグクスが無料でついてきます。中の具をある程度食べたところで、このグクス(うどん)を鍋に投入!海の幸をふんだんに使った、海鮮ダシたっぷりのスープで煮るうどん、想像しただけでヨダレが出てきませんか?!これがお腹いっぱいでもつるつるっといけますよ!
いかがでしたか? 実際、ヘムルタンに使う魚介類のうちに、済州島で獲れるのはタコ、アワビぐらいしかなく、そのほかの貝類はほぼソヘ(西海)のものだそう。でも新鮮な魚介類には変わりないので、 済州島に行ったら海の幸を満喫しよう!と思っていた方、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!以上、ソウルナビでした。

記事登録日:2009-12-02

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    osaka2013

  • photo

    osaka2013

  • photo

    osaka2013

  • photo

    auraplus

  • photo

    テジカルビ

  • photo

    テジカルビ

  • photo

    テジカルビ

  • photo

    テジカルビ

  • photo

    テジカルビ

  • photo

    テジカルビ

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:ウォン

イチオシ

ヘムルタン

海鮮鍋

해물탕

<特大:4-5人分>60000<大:3-4人分>50000
<小:2-3人分>40000

イチオシ

ヘムルトゥッペギ

海鮮石焼鍋

해물뚝배기

8000

チュカ

追加

추가

※海鮮、タコ、あわび、剣先イカ各々
10000

チョンボッフェ

あわびの刺身

전복회

<大>40000
<小>20000

チョンボットゥッペギ

あわび石焼鍋

전복뚝배기

13000

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-12-02

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供