閉店・移転、情報の修正などの報告

最上の韓牛(ハンウ)を使った100%純粋な韓牛湯。地元人御用達のソルロンタン&コムタンの老舗!

こんにちは!ソウルナビです。ナビはもともと日本にいるときはスープ系の料理は好んで食べなかったんですが、ココ韓国に来てからすっかりスープ好きに。初めて食べた焼肉屋さんのテンジャンチゲ(味噌チゲ)に感動し、スンドゥブチゲ、キムチチゲ…とチゲ系にはまり、ここ数年は白いスープがうまい~。あの牛や豚の肉骨をじっくり煮込んだ白濁スープを飲むと体があったまり、なによりも元気がでるんです。食欲がないときにもぴったり。そんな白濁スープの代表格といえば、ソルロンタン。ソウルにはソルロンタン一筋の有名店がたくさんありますが、今日は食材と調理法にこだわって昔ながらの味を守るとともに、昔からのお客さんもずっと守っている、そんな地元人御用達の老舗です。さっそく、行ってみましょう!

お店の名前は白松(ペクソン)

景福宮駅から8分ほど歩くとあるお店で、通りを挟んだ反対側にはサムゲタンで有名な土俗村があります。こちら白松は大統領官邸の青瓦台に近いこともあり、政治家もよくやってくるというお店。そんな高級官僚たちもやってくるお店だからか・・・今までテレビ、新聞、雑誌などあらゆるメディアから受けた取材依頼も断ってきたとか。理由はただ一つ。『昔からのお客さんにご迷惑が掛かるんで…。今でもお客さんが多いので、これ以上紹介してもらっても・・・』とのこと。老舗の貫禄です。
お店も創業40年以上、建物はそれ以上!
店構えからして、老舗っぽいですよね。最近のモダンな建物とはかけ離れた、味のある年輪を感じさせる木造&平屋タイプのお店です。外観からもなんの専門店がすぐ分かるように、ジョントン(伝統)、名品、チム(蒸し)、スユクジョンシッ(湯で肉定食)というように漢字やハングルでメニュー名などが書かれています。これが夜になると、電飾がされてもっと分かりやすくなります。最近は数十年の老舗も再開発などで移転・リニューアルとお店の雰囲気がガラリと変わってしまうところも多いですが、こちらは昔の雰囲気そのまんま。スタッフにうかがったところ、お店は創業40年以上ですが、建物はもっと古いそう。
中に入ると、左右に座敷のお部屋、テーブル席が並び、突き当たりにはちょっとしたマダン(中庭)のようなスペースがあり。その中庭を囲むようにして、さらにお部屋があり、右奥が厨房。ここで24時間、休みなくスープを煮ているんですね~。この厨房の方は実は外からもちらりと覗けます。簾越しに顔を出してみると、大きなカマソッ(釜鍋)が2つ、ででんと並び、アジュモニ(おばさま)が笑顔で迎えてくれました。
ナビ:『ここで煮ているんですか?』
アジュモニ:『そう、24時間やってるから、ずっと煮てるのよ。』
ナビ:『すごい~。』

『白松の伝統は特別ではありません』


入口すぐ右側に掛かっている額にはこんな文字からスタートする言葉が。その内容は…高くても名品韓牛にこだわり、体によく、安心して食べられるようすべての食材は国内産を使用。また、ブルーベルトの韓牛産地の農場と協力して仕入れたサゴル(四骨:足の骨)、ヤンジ(の胸からおなかにかけたあたりの肉)、サテ(牛の膝後ろの部分)、ウジョク(牛足)、コリ(テール)、バンゴル、カルビなど、最上の韓牛一頭分の各部位と新鮮な野菜、そしてお店の長い経験とノウハウをもって、昔ながらの製法を守っているとか。特に、一時韓国内でも問題になっていた化学調味料(ピーナツバター、牛乳、クリーム)や添加物は一切使用せず、100%純粋な韓牛湯、ということ。さらに、最上をこだわる1%の顧客に満足してもらうために、限りない努力をし、最高のプレミアム韓牛専門店という自負心をもっていく、とのこと。

さっそく、ソルロンタンとトゥッコムタンを注文してみました!


まずはテーブルに白菜キムチとカクトゥギ(大根キムチ)の壷が並びます。これは各自、横に置かれた小皿に好きなだけ取り出して、好きな大きさにカットして食べられるようになっています。タンが出て来るまで、チョキ、チョキ!カットして待ちましょう!・・・と待っていたものの、スープが来る前にキムチを味見。浅漬けの白菜キムチ、ちょうどよく漬かったカクトゥギもおいしいです。
ソルロンタン
まずはソルロンタンから。白っぽく、お肉もヤンジモリ、内蔵、トガニ(軟骨)などいろんな部位が入っています。普通はこんなにいろんな部位は入ってないですよね。肉のダシがかなり利いていて、味も濃厚。チェーン店の味に慣れていたら、こちらのスープは牛骨ダシ独特の香りが少し気になるかもしれません。そんな場合は胡椒を入れるとまた変わりますョ。味は塩で調節していただきましょう。あ、ネギをたっぷり入れるのもお忘れなく!
トゥッコリコムタン(特テールスープ)
お値段からしたら、ソルロンタンの2倍以上、他店と比べても高め。やはり韓牛を使っているからでしょうか?いえいえ、それだけではありません。量がかなり多いです。器を見ても、普通のソルロンタンの1.5倍はあります。牛足、トガニ、テールとお肉もかなり入っているので、二人で食べてもよさそうな量です。スープはソルロンタンとの違いがあまり分かりませんが、ソルロンタンと同じく塩で味を調節してからいただきましましょう。
いかがでしたか?ナビは今回ナビ友と二人で特コリコムタン、ソルロンタンを一つずつ食べましたが、もうお腹がい~っぱい。この韓肉スープが体全体にしみわたった感じで、パワーがみなぎってきましたよ。みなさんも『最近疲れ気味で・・・』なんて方がいたら、ぜひこちらのソルロンタン&コムタンで元気をつけてくださいね!またメニューには白松定食というのがあったので気になって伺ったところ、これは韓定食のことだとか。韓国の家庭料理を値段に合わせて出すものとのことで、会食や日本からお客さんが来たときなんかにも良さそうでしたよ。以上、ソウルナビでした!

記事登録日:2010-07-29

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    kennyaccra

  • photo

    kennyaccra

  • photo

    kennyaccra

  • photo

    kennyaccra

  • photo

    kennyaccra

  • photo

    satomiai

  • photo

    あっくん

  • photo

    あっくん

  • photo

    あっくん

  • photo

    ya-taro

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:ウォン

イチオシ

ソルロンタン

牛骨・肉・内臓の白濁スープ

설렁탕

10,000

イチオシ

ジョントントゥッコムタン

伝統の特コムタン

전통특곰탕

23,000

ウジョクトガニタン

牛足の軟骨スープ

우족도가니탕

27.000

コリパンサン

牛尾セット

꼬리반상

38,000

ジンコリポシンチム

真・牛尾の補身煮込み

真・꼬리보신찜

100,000

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-07-29

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供