スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


ソウルのバス(市内バス)

ボス버스

閉店・移転、情報の修正などの報告

ソウルの隅から隅まで網羅する便利なバス!

ソウルでバスはソウルに住む人々にとってもっとも重要かつ便利な交通手段。その路線は地下鉄がカバーしきれないソウル市内の隅から隅まで網羅しています。ただそれだけにバス路線は複雑で、乗りこなすのは旅行者にはちょっと至難の業。バスの行き先と経由地、停留所のアナウンスは全部韓国語オンリーで、降りるところがわからないと不安だし、たまに通り過ぎることも!また別名、街を走る”ジェットコースター”とも言われるほど急ブレーキ、急発進と運転が荒いので、乗る前にはちょっと心構えが必要。でも目的地に近いバス停があると移動も楽だし、乗り換えなしで行けるバスがあるとさらに楽!今日はそんなソウルのバスについて紹介しましょう。

色が変わった!ソウルのバス

以前、ソウルのバスの色といえば黄色。ずっとお馴染みでしたが、2004年から現在のように、目的別に色が変わりました。ちなみに2004年、バスの番号はすべて変更されました。
以前の一般的なバスの色

以前の一般的なバスの色

現在のバスの色(幹線バス)

現在のバスの色(幹線バス)

バスのタイプは?

ソウルのバスは、大まかに分けて、以下のタイプがあります。

○幹線バス/支線バス
本数は多く、ほぼ待たずに乗れる。ルートも多い。ボディは幹線バスが青色、支線バスが緑色。どちらかといえば幹線バスが長距離、支線バスが短距離だが、大きな違いはなく、利用できる。座席は前半部が1席両側、後半部が2席両側と少なめだが、中には広域バスのように座席が2列並ぶバスもある。
料金:1200ウォン 
※交通カード非使用時:1300ウォン

○広域バス(クァンヨクボス)
ソウル市から市外を結ぶバス。止まる停留所が少なく、一般バスの早く目的地に到着することができる。ボディは赤色。座席は観光バスのように2列に並ぶスタイル。
料金:2300ウォン
※交通カード非使用時:2400ウォン

○マウルバス(村バス)
最寄りの地下鉄駅などから一定の狭い地域をぐるぐる走るバス。バス停も多く、ちょっとした移動に便利。バスの料金も一番安い。マイクロバスのような大きさがメインだが、幹線バスなみの路線も。
料金:900ウォン
交通カード非使用時:1000ウォン

○循環バス(スンファンボス)
南山や汝矣島など、市内の特定区域を循環するバス。
料金:1100ウォン
交通カード非使用時:1200ウォン

○深夜バス
営業時間外、深夜のみ運行するバス。運行間隔は40分ほど。料金も幹線バスよりも割高だが最寄りのバス停があればタクシーを利用せずにすみ、便利。
料金:2150ウォン
交通カード非使用時:2250ウォン
幹線バス・支線バス

幹線バス・支線バス

広域バス

広域バス

循環バス

循環バス

バスはどこから乗るの?

道路上にバスの番号を書いたバス停があります。また、大きな道路では道路の真ん中にバス専用乗り場があります。またソウル駅や清涼里駅前、汝矣島には専用のバス乗り換えセンターがあります。

バスの乗り方は?

バスに乗るときは前のドアから乗り、降りるときは後ろのドアから降ります。
料金は前払い制。なるべく乗る前に小銭を用意しておきましょう。
また小銭の代わりに交通カード(T-Money)を利用すると便利。
交通カードを利用時は、乗車時に専用のカードリーダーにカードをあてます。
また下車時もカードリーダーにカードをあてます。
※2人以上で利用するときは、乗車時に運転手に2人分であることを告げます。
そうすると2人分がカードリーダーで決済されます。
<T-Money/交通カード(キョトンカドゥ)>
充電式のプリペイドカード、T-Moneyはバス・地下鉄共通で利用できます。乗車時に指定の機械にピッとあてるだけで料金が引き落とされます。またカードに金額を追加(充電)できます。仁川国際空港と市内を結ぶバスでも使用できます。

販売場所:地下鉄各駅、コンビニ
チャージ場所:地下鉄各駅、コンビニ、T-money、交通カード販売所
使用範囲:ソウル市、仁川市、京畿道、地下鉄、空港鉄道

バス料金は?

※学生、小学生のカード利用は、別途登録が必要になります(外国人旅行者はほぼ利用不可)。

◇幹線バス/支線バス
一般 :1200ウォン(交通カード非利用時1300ウォン)
学生 : 720ウォン(交通カード非利用時1000ウォン)
小学生: 450ウォン(交通カード非利用時450ウォン)

◇広域バス
一般:2300ウォン(交通カード非利用時2400ウォン)
学生:1360ウォン(交通カード非利用時1800ウォン)
小学生:1200ウォン(交通カード非利用時1200ウォン)

◇マウルバス
一般:900ウォン(交通カード非利用時1000ウォン)
学生:480ウォン(交通カード非利用時800ウォン)
小学生:300ウォン(交通カード非利用時300ウォン)

◇循環バス
一般:1100ウォン(交通カード非利用時1200ウォン)
学生:560ウォン(交通カード非利用時800ウォン)
小学生:350ウォン(交通カード非利用時350ウォン)

◇深夜バス
一般 :2150ウォン(交通カード非利用時2250ウォン)
学生 :1360ウォン(交通カード非利用時1800ウォン)
小学生:1200ウォン(交通カード非利用時1200ウォン)

*2015/6/27改定
*2015/7/21改定 学生料金

乗り換えサービスあり!

交通カードT-moneyを利用した場合、出発地点から最終目的地点までの合計距離で料金が計算され、バスからバスへ乗り換え時、または地下鉄からバスへの乗り換えが、4回まで無料となります。
※10kmまで基本料金、以後5kmごとに100ウォン追加。
※乗り換えは30分以内(21:00~朝7:00までは60分以内)
※同じバス番号での乗り換えはサービスの適用外となります。

バスの番号の秘密は?

バスの番号はソウルの地域を7分割し、それぞれに番号を振り、その番号の組み合わせで出発点と目的地を表示したもの。

たとえば・・・
1012番:(1:東北部+0:都心+1:バスID番号12番)
−>出発エリア1(東北部)と到着エリア0(都心)を結ぶ12番目のバス

1212(1:東北部+2:東部+バスID番号12番)
−>出発エリア1(東北部)と到着エリア(東部)を結ぶ12番目のバス

9112(9:固有番号+1:東北部+バスID12番)
−>出発エリア1(ソウル東北部郊外)とソウルを結ぶ12番目のバス

※地域別の番号は以下のようになります。
7:北西部(恩平区、麻浦区、西大門区)
1:東北部(道峰区、江北区、城北区、蘆原区)
6:西部(江西区、陽川区、永登浦区、九老区)
0:中心部(中区、鍾路区、竜山区)
2:東部(東大門区、中浪区、城東区、広津区)
5:南西部(銅雀区、冠岳区、衿川区)
4:南部(瑞草区、江南区)
3:南東部(江東区、松坡区)

その他に便利なバス!


○シティーツアーバス

ソウル市内や古宮など、目的別に選べる便利でお得な市内観光バス。日本語の案内があるのもうれしい。
料金:1回券5,000ウォン(小中高3000ウォン)。

○京畿道バス/仁川バス

ソウルのバスではないけれど、周辺の京畿道や仁川からソウル市内まで走るバスが有ります。
○タヨバス

ソウルのバスがキャラクターに!一般バスの一部がタヨバスに変わっています。
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2004-07-06

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2000-05-14

スポット更新日:2004-07-06

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

ソウルの深夜を走る深夜専用バス、オルベミバスを利用しよう!

ソウルの深夜を走る深夜専用バス、オルベミバスを利用しよう!

いよいよバスの24時間運行が開始!タクシーに乗らなくてもホテルに帰れます。

南山循環バス

南山循環バス

南山Nソウルタワーにはラクラク&お手頃の南山循環バスで!

ソウルシティーツアーバス (光化門発)

ソウルシティーツアーバス (光化門発)

市内を縦横無尽!乗り降り自由の便利なソウルの”はとバス”

ソウル地下鉄 (ソウルメトロ)

ソウル地下鉄 (ソウルメトロ)

ビギナ−向け!低料金の庶民の足、地下鉄(チハチョル)!