スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

エンタメ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


【※休業中、再オープン未定】トゥクソム乗馬訓練院

トゥクソムスンマフルリョンウォン뚝섬승마훈련원

閉店・移転、情報の修正などの報告

パッカパッカー!お馬さんに乗ろう!

こんにちは、ソウルナビです。今日はお馬さんに乗りに行きましょう。昔の仙人は馬をさして「心が広く、賢く、神様が与えた動物の中で最高に価値がある」といったそうです。おとなしい性格と人によく従うという親しさで私たちになじみの馬は、最近は乗ることができるスペースも少なくなり、装備や金銭的な問題のために簡単に接することができないスポーツになりました。 でもソウルに思うまま馬に乗って走ることができる場所があります。地下鉄2号線トゥクソム駅に位置する「ソウル乗馬場(スンマジャン)」がまさにそこ。そこではよく訓練された馬とすべての装備を安い価格でレンタルすることができます。
これは初級コース。

これは初級コース。

そして、中級コース。

そして、中級コース。

1965年にソウル市の援助で設立され、現在、70頭あまりの馬(ソウル市の馬:15頭、個人所有の馬:55頭)と5人の専門の調教師が所属しているソウル乗馬場は、もしもの安全事故にそなえ、安全保険まで入っているなど、万全の準備をしています。(しかし、馬がもともと温順で訓練もされているので、注意事項さえよくわかっていれば、安全事故はありません)。
初歩者の場合、教育は調教師が馬の手綱を持ってまわることからはじめ、初歩者が一人で乗れるまでには2~3ヶ月程度の訓練が必要だそう。それ以外の乗馬の経験がある人ならばすぐに馬に乗って場内をまわることができます。
ビジターは約45分のコースが基本で、価格は50,000ウォン(レッスン費2万ウォン別途)<2009.7.17更新>。足首がない靴下、ハイヒールはダメで、運動靴に楽なカジュアルの服ならばOK。またノースリーブや半ズボンも禁物だそう。

乗馬の順序      
これが乗馬の時の服装。

これが乗馬の時の服装。

1 段階目

1 段階目

2 段階目

2 段階目

3 段階目

3 段階目

現在、ここを訪ねる人たちは選手や選手希望者か、またはダイエットや姿勢矯正のための一般人が若干だそう。でも今後、ソウル市乗馬場では乗馬人口の普及のために、乗馬サークルをはじめ各種プログラムを準備中とのこと。なので馬が好きなすべてのみなさん!期待していてくださいね。

◇乗馬場でこんな行動はダメ!
1)大きな声や叫び声は馬の神経を刺激するのでダメ。
2)半ズボンや正装など、その他ふさわしくない服装は馬の鞍から落ちて怪我をすることもあります。
3)安全帽は必ずかぶること。

◇馬はこんな人が好き。
1)馬はあまーい砂糖類が好き。いろんなアメやりんごを準備しましょう。
2)馬には小さな声でささやきましょう。
3)ほおの部分をちょっと強くたたくといいです。
乗馬場全景。<br>広いでしょ。

乗馬場全景。
広いでしょ。

休憩室もあります。

休憩室もあります。

乗馬場には馬。<br>(もちろん)

乗馬場には馬。
(もちろん)

案内板

案内板

案内地図

案内地図

記事登録日:2000-08-01

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2000-08-01

スポット更新日:2012-01-27

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供