子供たちも喜ぶ韓国料理特集!

子供連れファミリーも楽しめる韓国料理のいろいろ!

こんにちは!ソウルナビです。子供連れだと海外旅行は大変!特に子供たちの食事が心配・・・。こんなふうに、子供連れでの海外旅行をためらっているみなさん、韓国には子供も食べられるおいしい食事がいっぱい!心配せず旅行を楽しめるはず!え?!本当に?!韓国料理は辛くて子供が食べられないっと思っているパパ&ママが多いかもしれませんが、実は意外にも意外!韓国料理の中には辛くなくて、子供たちが食べられるお料理がたくさんあるんですヨ!西洋の油っぽいお料理に比べ、韓国料理はヘルシーなものがたくさん。また日本に似たお醤油や味噌・みりんといった調味料を使った味付けだから、子供たちも親しみやすいんです。今日は幼児から小学生が食べられる料理を、「子供たちもよろこぶ韓国料理!」と題してご紹介したいと思います。それではさっそく行ってみよ!

ご飯粒系・・・日本人はやっぱり米・米・米!メシ派はこちら!!

子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
★お粥
韓国旅行中の定番朝食メニューといえばお粥。日本では、白いお粥に梅干・塩昆布などがポピュラーですが、韓国では?!同じお粥でも、国が違うとかなり中身も違っているよう。中でも人気のお粥は、あわびを使ったあわび粥!病気になると日本ではメロンを食べるように、韓国ではこのあわび粥をいただくとか。さらに海のミルクといわれる牡蠣&きのこを使った牡蠣きのこ粥や鶏粥、かぼちゃ粥など種類もさまざま。どれもあっさりとした淡白な味が魅力!さらにトロトロしていて消化も良く栄養も満点!子供だけでなく老若男女を問わずに楽しめる韓国料理なのです。かなり小さいお子さん連れだって大丈夫そうですヨ!朝食にオススメ~。
子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
幼児オススメ度★★★
小学生オススメ度★★★
子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
★ソルロンタン
すっかり韓国ツウの間でもお馴染みになったのがこのソルロンタン。真っ白いスープにお肉がプカプカ浮いた淡白なスープ料理。牛の足の骨やあばら骨、そのほかさまざまな内臓などを大きなお鍋で長時間煮込んだ、まさに栄養満点の肉のスープ。調味料はほとんど使われておらず、食べるときに食べる本人が塩やコショウ、ネギなどをいれて味付けします。肉自体のエキスが染み出た素朴な味だから、子供たちも安心して食べられそうです。ご飯を混ぜて食べたり、スープに入っている素麺のような細麺をツルツルといただきましょう。
子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
幼児オススメ度★★★
小学生オススメ度★★★
子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
★ビビンバ
日本の焼肉店で取り扱っていないお店がない!といっても過言でない日本人に一番知られたメジャー韓国料理であるのがビビンバ!!ほうれん草・にんじん・豆もやし・きのこ・ホバッ(韓国かぼちゃ)といった色とりどりの野菜のナムルがび~っしりご飯の上に敷き詰められたビビンバは、とってもヘルシーで、大人たちだけでなく、子供たちの健康のためにもぜひ食べさせたい一品。子供たちが食べられるようにするにはまず、ご飯の中央にのっているタデギというピリ辛の薬味をそっと取り除き、ご飯の白い部分とキレイ色の野菜のみを混ぜ混ぜしましょう。ほとんどのお店には料理バサミがあるので、それで野菜をチョキチョキ小さめに刻み混ぜちゃえば、チャーハンのようになり、野菜が苦手な子供たちも食べられそう。パパ&ママは、タデギをたっぷり加えて本場の味を楽しんでくださいね!ちなみに近頃は、いろいろな材料を使った変わりビビンバも増えています。いろいろチャレンジしてみましょう!
子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
幼児オススメ度★☆☆
小学生オススメ度★★★

麺系・・・つるつるつる!食べやすさが自慢の麺派はこちら!!

子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
★冷麺
こちらも定番韓国メニューの一つ、冷麺。暑い夏にはこの冷たく冷えた冷麺は本当においしい~!そば粉やサツマイモのでんぷんを使って作り上げられた麺と、牛の肉を煮込んで完成するコクのあるスープが絶妙~。お酢やカラシを加えてさっぱりとした味が楽しめます。子供の場合は、カラシなどを入れずそのままで食べましょう。名の通り冷たいので、子供たちがやけどをしたりする心配がないのもうれしいですネ。幼児の場合は、蕎麦のように歯ごたえの少ない平壌冷麺が、ちょっと大きくなった子供たちなら、ゴムのようにびよ~んと伸びる咸興冷麺をはさみでチョキチョキして食べてみてはいかがでしょうか?!
子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
幼児オススメ度★★★
小学生オススメ度★★★
子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
★ カルグクス
カルグクスはいわゆる日本のうどんに値する麺料理。カルグクス専門店では、お店で直接打った手打ち麺がいただけます。店により麺の太さはいろいろで、手作りらしい不揃いな形もまたうまさのポイント。味の決め手となるスープの素もさまざま材料を使っています。アサリをはじめとする海鮮風味のカルグクスもあれば、鶏ガラを使った肉形の材料を使ったスープなどもあり!基本的にどれも辛くないソフトな味わいが特徴~。韓国では家庭でも麺を打ち、カルグクスを作ったりするとか。近頃では、キムチを使ったキムチカルグクスなどピリ辛風味を売りにしているカルグクスもあるので、辛くないカルグクスなのかチェックしておきましょう。
子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
幼児オススメ度★★★
小学生オススメ度★★★
子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
★コングクス
麺料理の3つ目はコングクス。コンとは日本語で「豆」。豆の麺?!ようするに濃厚な豆のスープ、豆乳をスープにした麺料理のこと。とてもヘルシーで、夏の代表メニューとして人気を得ています。これといった味付けはほとんどされてなく、塩で調整するといった感じ。ズバリ!!豆の味を楽しめるお料理。子供たちはお豆腐が大好き!このソフトな香ばしい風味と口当たりは、意外にも大人たちより子供好みかも。特に乳児たちなら離乳食のように、このお豆スープを利用できそうですヨ。冷麺と同じく冷たい麺料理なので、やけどなどの心配もなさそうですヨ。
子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
幼児オススメ度★★☆
小学生オススメ度★☆☆
子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
★チャジャンミョン
韓国でだって、日本に負けず劣らず中華料理は人気!その中で、韓国化した麺料理があります。それがチャジャンミョン。聞いたこと、見たことのあるも多いかもしれませんが、そう~、あの真っ黒のソースのかかったあれが、チャジャンミョンなんです。韓国国民食とまで言われるようになったチャジャンミョンは、特に子供たちの間で大人気。チュンジャンと呼ばれる甘味のあるソースと、たまねぎ・ひき肉などがミックスしたチャジャンミョン。日本の子供たちもぜひトライする価値ありそうですヨ!!
子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
幼児オススメ度★★☆
小学生オススメ度★★★

お肉系・・・ここは韓国!やっぱり肉を 食べなくちゃ派はこちら!!

子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
★タッハンマリ
韓国を代表する鶏料理といえばサムゲタン。鶏の腹にもち米や栗、なつめ、そして高麗人参などの入ったまさに健康メニュー。ただ…子供にはこの高麗人参にかおりがちょっと苦手という可能性があり。そんなときには、タッハンマリを食べてみては?!これはいわゆる日本でいう鶏の水炊きのようなお料理。新鮮な鶏を一匹、そしてジャガイモやお餅などを入れて炊くあったまるヘルシー鍋料理。残りのスープには麺やご飯をいれていただきます。薄味のタッハンマリならお肉もスープも麺も、子供だって喜んで食べられるはず!ちなみに大人の皆さんはピリ辛の唐辛子の薬味をつけて食べるとご飯にもお酒にもいけますヨ!子供のやけどにはくれぐれもご注意を!!
子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
幼児オススメ度★★★
小学生オススメ度★★★
子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
★プルコギ
日本人の間で人気の韓国料理のひとつであるのがこのプルコギ。日本のすき焼きに少し煮ているお料理!薄切りの牛肉を、醤油をベースにした甘いタレで漬け込み、専用の鉄板の上で焼き上げます。お店によってはお肉のほかに、たまねぎ、にんじん、ネギといった野菜も一緒に漬け込むので、野菜の甘みも加わりさらにうまさもUP!!子供が食べるときには、ご飯の上にのせて牛丼風にすれば、子供たちの食欲をそそりそう~!小さめの子供たちは、お肉をのけて、おいしいエキスの染み出たお汁にご飯を混ぜ混ぜして食べさせてみてはいかがでしょうか?!
子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集! 子供たちも喜ぶ韓国料理特集!
幼児オススメ度★★☆
小学生オススメ度★★★
いかがですか??!今回ナビは、濃い過ぎる過激な味が苦手な幼児から、大人の舌に近づき始めた小学生くらいの子供たちまでが食べられるお料理を中心に紹介してみました。2泊3日や3泊4日程度の旅行の食事メニューとして、パパ&ママがこのくらいチェックしておけば、きっと役に立つと思いますヨ。また、辛いものや刺激の強いメニューが苦手っという大人の皆さんの、料理選択の参考にもなるのではないでしょうか?!おいしいグルメを満喫しながら楽しい韓国旅行を過ごしましょう~!!以上、ソウルナビがお伝えしました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2007-11-15

その他の記事を見る

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供