スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

りんごママの10回目の韓国は初の宗廟とKTXで釜山へ2泊3日の旅!(2014/7/28~30)

ソウルから初KTXで釜山へ!宗廟もウンヒョン宮も訪ねる旅!

前にご紹介したりんごママさんの旅!

<1日目>


 成田第2エアターミナル(初かも?)夏休みに入ったこの時期、かなりお高い航空券。
いつものOZでは買えず、Lccのバニラエアで行きます。
成田に到着後、3FのFカウンターを探しますが、あれ?どこ?
団体カウンターの近くに、後でくっつけたみたいな場所です。
隣はチェジュ航空のカウンター。
すごい混雑でチェジュとの境がわかりません。
でも、チェジュ航空のCAさんが来て、「バニラエアはこちらです。」と誘導してくれました。
チェックインもスムーズに済んで、イミグレへ。第1ターミナルより第2ターミナルが空いているようでした。

 免税店では、長女に頼まれたANNA SUIのファンデーションをまずは購入。
星形リップの先行発売は無いようです。時間もあまりなくなり、搭乗ゲートへ。
エレベーターで降りるとバニラで旅たつ人、若者&韓国人多し。
やはりLccです。バスに乗って飛行機に搭乗です。(これが少々不便)

 機内はきれいで、シートはおしゃれな黒。シンプルだけど、なかなかおしゃれ。
映画上映もないので、ソウル到着後のあれこれを考えていました。
飲み物サービスがないので、CAさんが通ると直ぐ、シードル&カップスターを購入。割引あって500円。
今回コミコミバニラという一番上の運賃で予約。シートもリラックスシートをGet!
一番前の席だから、サービスも最初に受けられます。これならLccでもいいかな?! 

 仁川空港に到着して、いつもと違う場所だと感じました。
そうです。うわさの空港内モノレール=[シャトルトレイン]です。初めて乗りました。
静かです。確か無人の運転。所要時間5分ほどで到着。

 その後は、いつも通りイミグレ通って、荷物を受け取り出て行こうと・・・
ソルマ?キム・スヒョン君??
そうです、スヒョン君のパネルが私を待っていてくれました。
そこはハナ銀行の両替所です。

出口の前で両替した経験はありませんが、スヒョン君が呼んでいることだし、ハナ銀行の手数料割引のプリントも持ってきたので、ここで両替することにしました。
やはり昨年よりもずーっと悪いレート。しかたありません。
割引プリントにあったスヒョン君のプレゼント、「まだ残っていますか?」と聞き、「ネ!」との返事。
マグネットのセットをプレゼント!
うれしくって「今、スヒョン君、日本でも大人気です。」というと、「ピョレソ オン クレ?(星から来たあなた?)」
と、聞かれて「まだ放送されていない。」「ヘルル プムン タル(太陽を抱く月)ですよ。」
なんて会話していたら、缶バッチのセットをくれました。
「今一番好きなんです。」と最後に笑顔で言うと、特大ポスターまで!!
やはり韓国の人は愛すべき隣人です。

 到着ロビーを出てからは、日本で予約していたKTのスマホのWi-fiをレンタル。

 さらには明日の釜山のKTXチケットを手に入れるために、地下の国鉄仁川空港駅へ。
案内所で日本で予約したKRパスの通称で知られる「コリアレールパス(KOREA RAIL PASS)」。
(外国人旅行客向けの韓国鉄道周遊券です。高速鉄道KTXを含め、全国の鉄道が乗り放題になる、とてもお得なチケットです。1日券だと通常ソウル⇔釜山往復約11000円が、なんと6900円で行けます。)
ここ仁川空港駅や国鉄ソウル駅の案内所で、プリントしたものとKRパスを交換します。
さらにその場でKTXの予約もできる(KRパスでチケットを購入する場合は、日本からの電車の事前予約不可)と聞いて来たのですが、ここではKRパスの交換だけでした。
明日のKTX予約のため、このままAREXで国鉄ソウル駅へ向かいます。

 ソウル駅に到着する(B7に到着)とエレベーターを2Fまで乗ります。
ここでの案内所は韓国語オンリーのようです。
あらかじめプリントしてきた電車を指定すると、一般席はSold-Out。
しかたなく1つ早い電車で席を取ります。チケットを見ると、割引の金額表示が・・・
あわてて「後ろ向き席ではなく、進行方向の席に変えて」とたのみました。
韓国のKTXの一般席の中には、日本みたいに席を自由に回転できず、そのまま逆向きで目的駅まで行く席が
若干割引して売られているのです。
乗り物酔いする私は、往復前向き席を無事取って、明日は気持ちよく日帰り旅行です。
電車のチケットが取れたので、蔚山の韓国人チング、ポヨンちゃんにLineで電話。明日の再会を期待します。

 地下鉄に乗り換えて、1番線で鍾路3街で降ります。
ホテルは5番線の同じ鍾路3街駅なので、駅地下をテクテク歩きます。
今回のお宿はナビさんで予約した[セファ ホステル]。

6番出口を出て、餅博物館(以前見学したのに)を目指すのですが、道が捜せません。最初に魚屋のお兄さんに聞いていると、周りにアジョシ達が来て(私より下?)が順番に道案内。
すぐわかりました。やはり愛すべき人々です。

 ホステルではきれいで日本語堪能な娘さんがお出迎え。
私が「宗廟の16:40日本語ガイドツアーに参加したい」というと、(すでに16:00過ぎ)簡単に部屋の説明を終え、3Fの部屋まで案内。案内後すぐに、タクシーが便利だと、車も捕まえてくれました。
実は後で知ったのですが、宗廟はここから歩いてすぐ。娘さん一度も言ったことなかったんですって!
なので、私もタクシーに乗ったのですが、「ここからだと遠回りに(車だと)なるから、ここで降りなさい」
と言われたのがタプコル公園。
わずかな望みで、ダッシュで[宗廟]に駆け込むと、「時間過ぎていましたが、今日はお客さん少ないので待っていた」と堪能な日本語のガイドさん。どうも、日本人は私だけでのようです。

 この世界遺産[宗廟]ですが、自由観覧の土曜日以外はガイドの案内が必須です。
自分のわかる言語のガイドの時間が終わっても、どうしても入館したい場合は、たとえ言葉がわからなくても参加します。
ましてや、16:40は今日の最終ツアーで明日は休館日。
私以外は英語圏の方でした。
ガイドさんもあまり英語はできないと、私だけに約50分間マンツーマンで説明してくれました。
歴代王様と王妃の墓だとおもっていたので、お位牌の安置所とは知りませんでした。
その大きさとお庭の美しさ、地味目ですが良いところです。
明後日は、やはり一度訪れたいと思っていた[雲峴宮]です。
おかげで初[宗廟]堪能できました。

 さあ、これからはチングと夕食です。
短期留学中のチング日本人かずちゃんと、一昨年と同じ、仁寺洞の案内所前で待ち合わせ。
今日の予定は[和信屋台村]です。
予定時間までの間、仁寺洞でショッピング。[SKIN FOOD]でネイル、小物のお土産購入。
いよいよチングかずちゃん登場!
元気?ちょっとお互い疲れた様子。今日は暑いソウルです。
お土産やさんで扇子などを購入した後、外の暑さを考慮して、今夜は室内の韓国式食堂へ。

 仁寺洞キルからちょっと入ったところにある[방(部屋)]という韓定食屋さんに入りました。
韓定食、コギもいしもちも、チゲもついて(もちろんたくさんのパンちゃん)10000wですよ。
メッチュ2本、生マッコリつけて全部で31000w!安い。おいしい。感じよい。きれい。
また来ます。

仁寺洞のお店の閉店は早く、21時。私たちとあと1組だけに。(ほぼ満席だったのに)
お店を後にして、恒例のかずちゃんのオンニ送りです。
お店で残った生マッコリを持って、私のホステルの部屋で二次会。
こちらは夜中の12時までなら来客OK。
でも翌朝早い私の釜山行きを知って、早めに切り上げてくれたチング。
かずちゃん、いつも年上の見送りありがとう!かずちゃんは新村に戻ります。
試験頑張って。ファイティン!秋に東京で会いましょう。
バスタブ付きのうれしい入浴を終え、フロントで借りた目覚まし時計もセットします。
明日の朝は5:30起きです。
私もファイティン!

<2日目>


 さあいよいよ、初釜山です!
今朝は早起き・・・KTX乗り遅れたら大変なので、早めに朝食を摂ろうと、1階の朝食スペースへ。
ホステルは朝5:00から無料で朝食が食べれます。今は6:00。まだ誰もいないし、フロントも無人。
適当にコーヒーとスナック菓子だけ頂くことにしました。
6:45 ホステルを出て、地下鉄でソウル駅に向かいます。

 ソウル駅に着いて、国鉄に乗り換える途中で、コンビニのオデン&トストッを発見。
オデンはその場で食べて、トストッをテイクアウトに。
駅の構内は改札がありません。、入口でコーヒーを購入して、これから乗車する4番ホームへ。

階段を降りて待つと、すぐにKTX到着(発車10分前ぐらい)。予約席の9号車を探します。
なかに入って、9Bの席を発見?!
あれ?真ん中です。さらには、ここだけ前後の席が向い合せです。4人のグループ席になっています。
グループ席に見知らぬ4人・・・私は外人ですし。
初KTXですが、韓国の方と相席も貴重な経験と割り切り、朝食用のコーヒー&トストッを食べて、車窓の景色を見ていると雨が降ってきました。雨の釜山観光か。悪くないかも。

そろそろ釜山近づいてきた頃、隣のアジョシが「日本人か?」「釜山には?」などと話かけてきました。
「ええ、日本人です。」「蔚山に住む韓国人のチングと待ち合わせです。」と、簡単な韓国語で会話。
相席の良さを感じました。
釜山に到着・・・日本で会って以来、数か月ぶりのポヨンちゃんとの再会です!

 釜山に到着すると、雨はあがってました。
釜山駅構内にある[THE FACE SHOP]の前で待っていると、来た来たポヨンちゃん、
以前より社会人ぽくなったみたい。
彼女は昨日仁寺洞で飲んだかずちゃんの、ソウル留学時代のチングで、日本留学経験もある日本語堪能な20代の女の子。
昨年の韓国旅行では、私の娘もお世話になった韓国人チングです。
昨夏日本企業の韓国支社に就職して、今は釜山の近くの蔚山に住んでいます。
今日は私のために会社お休みして、釜山観光案内してくれました。
(昨年秋に彼女が会社の研修で来た際、浅草観光に行った時は、ポヨンちゃんの方が浅草に詳しく案内になりませんでした。)
でも、ポヨンちゃんは違いました。
予めリクエストしていた場所で予定を立ててくれていました。

 早速、BIFF広場・国際市場など観光スポットのある南浦へ、地下鉄1号線で移動です。
快晴の釜山、暑い太陽ですが海が近いからか、潮風がとても気持ちいい!
MACで飲みものgetした後、リクエスト①はBIFF広場のホトックです。

ソウルで食べるのとは少々違う釜山のホットクは、出来立てのホットクを半分にして、その中にナッツ類を沢山サンド。
あふれるナッツをこぼさぬように、紙コップに入れて頂きます。
あつあつで、ナッツたぷりのホットクは病み付きになりました。
お客さんもお店によってまちまち・・・ポヨンちゃんは一番の人気店を選んでくれたので、ならんだけどすごくおいしい!!
あちこちでスヒョン君の看板見かけながら、散策。
そのまま国際市場に流れて行きます。

 ここ国際市場は、南大門市場のような雰囲気の市場。昔かっらの生活用品で充実。

屋台では 釜山名物のタンミョンクッス(韓国風ところてんうどん)のお店が、たくさんならんでいて、ポヨンちゃんに
「どうですか?」と勧められましたが、これを食べるとお昼に魚が入らない・・・今回はあきらめました。
で、この後はチャガルチ市場でお刺身を食べることに。

 リクエスト②は海鮮料理が食べたい!
釜山と言えば鮮魚。そしてここチャガルチ市場です。

市場は昔ながらの屋台が並ぶエリアと、ビルになっている古い建物が一つと、新しい建物ひとつあります。
いろいろ見て回り、古い方の建物に入ることに。
入ってすぐのお店で、新鮮なヒラメや貝を見て、女社長のやさしそうな人柄でポヨンちゃんもここにと決めました。

ポヨンちゃんの交渉で、刺身はヒラメに。さざえやほかの貝は焼いて、あと一匹魚選んで、最後にヘムルタンを
作ってもらうことに。ここは就職したポヨンちゃんがおごってくれました。
(感激!オンマが娘に、初月給でごちそうしてもらうみたい)
案内されて、3Fの食堂へ。

港が見える見晴らしがいい席で待っていると、まず刺身が出てきました。
ビールは私が出して、まずは乾杯。う~うまい!チンチャ、マシッタ。
続けて貝が焼かれて美味しそうなパンチャンと共にお出ましに。最後は真打ヘムルタン!
ヘムルタンの美味しい貝のエキスがたまりません。
見た目よりも量が多く、結局全部は食べきれませんでした。残念。
おなか一杯で後にしたチャガルチ市場。帰り道、おいしそうなカニを見て、夕食はカンジャンケジャンに決定!
(結局おなかが空かず、夕食はたべれませんでした。)

 さて次なる私のリクエストに応えるべく、ポヨンちゃんは南浦からマウルバスに乗るよう案内してくれました。
今回の釜山旅行で、一番行きたい場所に連れて行ってくれるようです。

リクエスト③、そこはアジアのマチュピチュ[甘川洞文化村(カムチョンドンムナマウル)]です。

小さなマウルバスはソウルでも乗車経験がなかったので、バス移動大好きわたし、初の地元密着マウルバスに感激です。
観光できた韓国各地からの人々で、バスはギュウギュウ。目的地には15分ほどで到着。みなさん、ここから見学するようです。
プサンナビに書いてあった、地図を売っているお店を発見。1部2000w。
地図としてだけでなく、スタンプラリーもできて、最後は素敵なポストカードも頂けるので、初めてならチャレンジして損はありません。
最短で2時間で回れるコースを選び、私たちもさっそくスタート。
かわいい民家にかわいいアート。ペンキで描かれた作品はどれもキュート。
若い女性のグループが多いのがわかります。
スタンプラリーを進めて行くと、同じような景色で迷いました。一度行き過ぎると坂道なので、戻るのが大変。
途中からはあきらめて、好きなアートを自由に見ることにしました。
ここ甘川洞、おしゃれで小さな美術館に、素敵なカフェもたくさん。カップルも多い!
メニューも外から一目瞭然。観光地なのに安い!

 丁度疲れて甘い飲み物がほしくなったので、一軒のカフェに入りました。
外から見て、屋上に展望台がありましたが、暑い中やっと入った涼し室内に満足。
かわいいソファの席でアイスコーヒー&アイスカフェモカで一息つきます。
とてもおいしいコーヒーで、クッキーもサービス。
今回の旅行から初参加のミニりんご(ぬいぐるみ)とも記念撮影。

テーブルに置かれたカラフルな短冊に旅の思い出を記して、ここに置いていくようです。
もちろん私たちも書いて来ましたよ。

お店の看板犬、お客さんが入れ代わり立ち代わりしても、一向に気にせず、ずーっと寝ています。
かわいすぎる寝姿をキャッチ。

 お店を出てからも、頻繁にわんこに出逢います。
釜山は猫の街との認識があったので意外でした。
大好きな女優ぺ・ドゥナシの子猫をお願い(コヤギルル ブッタッケ)のせいかも?
結局一匹のコヤギにも会えませんでした。

今回は時間も少なく2時間ちょっとの甘川洞観光でしたが、見て回るところも多く、食事もお茶もお手軽にできて、午前中から半日観光できるスポットです。
絶対に日本人の若い女性はもちろん、韓流世代女性も楽しめます。
是非に行って見て下さい。
帰りはタクシーで南浦に戻ります。

 南浦に戻って、釜山名物のお土産を購入したいことをポヨンちゃんのお願い、[ くるみ饅頭 (ホミルホドゥ)南浦直営店]へ。
こちらは明洞にもある有名な伝統菓子の直営店。以前からここのファンなので味は間違いなし。
くるみ饅頭以外もあるようです。
お店はBIFF広場にあり、小さな店内に入るとめちゃくちゃうまい日本語で対応する店員さん。
まずはできたてのくるみ饅頭の試食です。
サイドメニューから、おすすめ新発売の[ホドゥカンジョン]を買ってみました。
くるみのまわりにほどよい甘さのカラメルがコーティングされて、ビールのつまみにも美味しかったです。
くるみ饅頭は職場用に20個入りを、家族には10個入りを購入。

 BIFF広場では化粧品もいくつか購入しました。
ポヨンちゃん付なので、ソウルでは見つけられなかった[ETUDE HOUSE]ピーリングジェルもGet!
[MISSHA]ではセール中で、BBブーマー(BBクリームを使う前の下地)を2本Get!
平日だったからか混雑もなくすんなりお買いものも終了。
残る観光スポットは一番有名なところです。

 釜山に来たのにここを見ないで帰るわけにいかないのが、リクエスト④の[釜山タワー]です。
南浦の繁華街から長いエスカレーターで上ります。
タワーのある場所全体が龍頭山公園です。
のぼりはエスカレーターがありますが、「下りはどうするの?」とポヨンちゃんに尋ねると「階段ですよ。」
・・・・・頑張ります。

 龍頭山公園に上がると、釜山の街が一望できてとても爽快です
特に港の全景が眺められる風景は、ソウルではお目にかかれない釜山独自の眺め。
ポヨンちゃんいわく、「夏の花火大会がすごく良いんですよ!」
機会があったら絶対みたいです。

タワーにはチケットを購入して上るようですが、残る時間は45分。
19:00釜山発のKTXに乗車するため、今回は断念。
釜山出身のチェ・ジウの蝋人形に次回再会を約束して、長い階段で南浦へ。
南浦から地下鉄に乗り換えて、2駅で釜山駅です。

 国鉄釜山駅に着くと、私のチケットが帰りも向い合せ席なのを心配して、ポヨンちゃんが窓口でチケット交換してくれると言いました。
でも、窓口は大混雑。ポヨンちゃんもこれから蔚山に戻り、あすは会社、早く帰してあげないと・・・。
「向い合せ席を楽しむから」と、そのままKTX乗り場へ。
夕食にカンジャンケジャン食べ損ねた(満腹のため)のが残念ですが、とても充実した楽しい旅でした。
ホームまで見送ってくれたポヨンちゃん。次回の再会を約束してお別れです。
絶対また釜山に来るね。

 KTXの車内は行きよりさらに混雑していて、通路には席が取れない乗客もいました。
向い合わせでしたが、座れたでけでも良かったです。だってこれからソウルまで2:50、長旅です。
途中、連続でWi-Fi使用していたからか、インターネット接続が不通になりました。
ポヨンちゃんへの連絡がホテルまでできなくなりました。
22:00過ぎるので、メールだけでも入れないと。
車内では大好きEXOを聞きながら、うとうと・・・行きよりも時間を感じずに済みました。
22:00少し前にソウル駅に到着です。
国鉄から地下鉄に乗り換える時、お土産の心配が頭を過りました。
明日は朝から観光して、昼前に仁寺洞を出なくてはなりません。
家で待つ次女へのお土産がまだない・・・

 急遽、今回は予定のなかった明洞へと、4号線に乗りました。
なじみのお店を数件物色して、かわいいブラウス2枚と、ソックス5足Get!

小腹がすいて、テイクアウトのマンドゥを買い、急ぎ乙支路入口駅へ。

2号線に乗って乙支路3街駅で3号線に乗り換えます。
一駅で鐘路3街駅に到着。駅内コンビニでビールを買い、大急ぎでホテルへ戻ります。
鐘路3街駅の6番出口から出たあたりは、飲み屋さんがオープンカフェばりに歩道にイスとテーブルを広げ、楽しそうにサラリーマンがお酒を飲んでいます。
(前日もかずちゃんと通って、次回ここで飲もう!と誓いました。)

 ホテルに着いて、Wi-Fi繋がる状況にしたら、案の定ポヨンちゃんからの心配メールが・・・
ごめんね。かずちゃん共々、年下に迷惑かけて悪いオンニです。
シャワーの後、TV見ながら、マンドゥ&ビールでお疲れ様。
明日はドラマ【宮】以来一度は行きたかった[雲峴宮]です。

<3日目>


 朝方少し早い目覚めは、酔っぱらったサラリーマンののんきな歌声のせいです。
ここセファ ホステルは、館内がとても静かです。ここに来て、まだ宿泊客をみたことがありません。
音はかすかに聞こえるので、一人客が多いのかな?と思っていました。
早めの朝食を取りに、1Fのロビーに行きます。
昨日はコーヒーとスナックだけだったので、今日はちゃんと食べようと・・・
オレンジジュース、牛乳、コーヒー、スナックはもちろん、おかゆとお味噌汁を頂くことにしました。
部屋に持ち込みができるかわからずに、おかゆとお味噌汁を頂いていると、同世代の女性が来ました。
日本人です。

 彼女にいろいろ聞くと、リピーターで、ここを起点に韓国内をバスや電車で回るそうです。
だいたい一人客が多いらしく、静かな理由がわかりました。
次々に日本人の世代、性別いろいろな宿泊客に会いました。
皆さん、何回かに分けて、朝食を部屋に運んでいるようです。
おかゆとお味噌汁以外を部屋に持ち込んだ私。リムジンバスの乗り場を確認しようとフロントへ。
7:00過ぎても閉まっています。もちろんベルで呼び出しは可能ですが、調べれはわかることなので、フロント周りを探すと、なんとリムジンバスの割引チケットがあります。「ラッキー」
ごそごそしている私を見て、朝食を取りに来た男性が声をかけてくれました。

 彼もリピーターで、初日の[宗廟]のタクシー話をすると、笑って[雲峴宮]は近いから大丈夫とのこと。
リムジンバス乗り場も2か所わかり、これで安心して荷物をまとめ、朝の散歩&今回最後の観光です。
 
 [雲峴宮]は見学時間が9:00~です。
少し仁寺洞の街並みを見てから行こうと、8:00にはホステルを出ました。
初日見つからなかった[餅博物館]ですが、ホステルの目と鼻の先でした(笑)
そこからすぐに[宗廟]の屋根が見えます。
北の方向に進むと、こちらも世界遺産[昌徳宮]が見えます。

ここにもリムジンバスのバス停があります。

 その近くに、ちょっとした公園があるのに気付いて、入口の階段を上って入ってみました。
[現代苑西公園]と書いてあります。あの現代グループの公園でしょうか?隣のビルは現代でした。

下からは気づきませんでしたが、芝生と噴水池があり、お年寄りがゲートボール?をして楽しんでいます。
長椅子で休んでいる人も・・・。のどかです。隣の[昌徳宮]がお堀から覗けます。
キンパやトストッを買って、ここでブランチなんて、秋にはお勧めです。
まだまだ時間があり、少し北村まで足を延ばすことにしました。
今回は安国駅の1番出口付近から北に向かいます。

途中北村観光案内所付近で寄り道、大好きな串トッポッキ屋さんに向かいました。
お店の前のシャッターは閉まっていました。やはり営業時間ではないらしく、たまたまお店の人に会って、「何時からですか?」と聞くと「12時から」と。やっぱり・・・
ここもともとはお米屋さんなんですが、ちょっとした粉屋さんになって、シッケとトッポッキなどを出しています。
去年も時間早すぎて食べられませんでした。

次回こそは絶対食べるゾ。
北村の展望台の前でUターン。今度は安国駅の4番出口から、いよいよ[雲峴宮]へ。

 初めて[宮]というドラマを見たのが、何度か訪れていた韓国を、もっともっと愛するようになったきっかけでした。
そして、そのドラマのヒロインが、お妃教育を受けた撮影場所こそが、この[雲峴宮]です。
最初に好きになったチュ・ジフンに会えそうな気がして、何度も近くまで来ても、訪ねる時間がありませんでした。
そして今回、ついに入りました。

ここは見学が無料なんです!
[宮]の時には知らなかったのですが、ここって[Dr.JIN]に出ていた高宗のおとうさん、興宣大院君のお屋敷なんですって。
[Dr.JIN]も見た後に来てよかったです。高宗の子供に李垠がいて、奥さまが日本人の李方子さんなんですよね。
(ここに来るのに時間がかかった理由がわかりました。)
観光客もほとんどいない朝の早い時間、ゆっくり歴史の流れを感じました。
憧れの[雲峴宮]を後にして、ホステルへ。

 荷物はまとめておいていたので、1Fのフロントへ行って、鍵を返すだけです。
が、誰もいません。
階段途中でアジュンマを見かけましたが、オール韓国語で、こちらの問いかけがわからない様子。
(やさしい微笑みを見せて、お掃除してました。)
フロントに書いてあった「鍵はこちらへ」の通り、鍵を返してOK見たいです。
自由な宿でした。わずらわしさがないので、大人の個人客、リピーターが多いんですね。
ありがとう、セファ・ホステルさん。できれば、名物社長にもお会いしたいです。
次回は是非。

 これからリムジンバスで仁川空港に向かいますが、朝が早かったせいか少しおなかが空いて来ました。
バスの時間に少し余裕があったので、やはり大好きな仁寺洞の[パリ・バケット]でコーヒーと、エッグタルト、ハムマフィン、マカロンを購入。

[昌徳宮]前ではなく、仁寺洞のバス停から、リムジンバスに乗りました。

10000w→9000wで乗れて、バスの中も空いていました。
コーヒーとパンで早めのブランチ。約60分で仁川国際空港です。
※東大門・明洞を通るリムジンは時間がかかりますが、仁寺洞や弘大からは渋滞もなく、帰りは電車よりお勧めです。

 (今回Lccのバニラエア、チェックイン・イミグレを通過した後、少し時間に余裕が必要です。
5分ほどのシャトルトレインで出発ゲートヘ移動があります。)
まずは、1Fに降りて、レンタルしたWi-Fiを返却。
次にチェックインですが、今回バニラエアはE1~15です。カウンターは3つ。大手と違い、乗客もコンパクト。
すぐに終わりました。
イミグレが混んでいると、チェックインで言われましたが、5分とかからず通過。
免税店で自分と、娘2人にCDのリップを購入。
最後にもう一度、空港内のパリ・バケット系列のカフェで、美味しそうなパンをお土産に購入。
いつもの韓国文化体験コーナーは今回は我慢。
シャトルトレインに乗り、出発ゲートへ。

 来た時と同じゆったりシートに心地よく座ります

広いし、トイレも近いし、サービスも一番先。うん、やみつきになるかもLcc.
帰りもカップスターが何故か食べたくなり、ビール(ぬるめなのが、残念)と一緒に注文。
500円の早い夕食です。
14:05仁川発は成田に16:45到着です。往復揺れもさほど感じず、初めてのLccでしたが、かなり満足でした。
まあ、帰りもバスで空港に向かうのはちょっと面倒ですが、高い時期、サーチャージが必要ないバニラエアは、韓国リピーターの私たちの味方です。
成田からリムジンバスに乗って、自宅へ。

 今回お買い物はあまりできませんでしたが、念願の[雲峴宮]、[宗廟]にも行けました。
もちろん、初日帰りKTX釜山が一番の思い出。
リクエスト⑤龍宮寺には行けなかったから、次の目的ができました。
ソウルを拠点とした地方都市へバスで行く旅・・・いいですね。
それにはドラマを見て、韓国語ももっと勉強しないと。
次回、こうご期待です!
関連タグ:宗廟釜山

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2014-08-29

ページTOPへ▲

その他の記事を見る