スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

6月のソウル 【2017年】

6月の下旬からは梅雨が!雨に濡れる初夏のソウル!


こんにちは、ソウルナビです。いよいよソウルも6月。6月といえば?はい、ソウルにも梅雨があります!ただソウルの梅雨は少し遅めで、日本よりも期間が短いのが特徴。また、しとしと降り続く雨よりも、どかどかっと一度に降る雨が多い気がします。ただこの大雨がいつも水の被害を出すのは困りもの。今年はどうかたいしたことがありませんように。それではイベントや行事、お天気、そしてこの時期にぴったりのグルメ情報まで、6月のソウルについてご案内していきましょう!

-カレンダー編-

6月は公休日が1日だけ。また陰暦5月5日の端午(タノ)は6月にくることが多いけれど、今年(2017年)は早めで5月30日です。

6/ 5(月) 芒種(マンジョン) 二十四節気の1つ。麦を収穫し、稲の苗を植える日です。
6/ 6(火) 顕忠節(ヒョンチュンジョル) 国家のために命をささげた人を弔う日です。公休日でお休みになります。
6/21(水) 夏至(ハジ) 1年で一番昼間が長い日です。
6/25(日) 1950年、朝鮮戦争が起きた日です。通称6.25(ユギオ) 

・・・

7/ 7(金) 小暑(ソソ) 24節気の1つ。本格的な暑さが始まる日。
7/12(水) 初伏(チョボッ) 夏の暑さに勝つために、体に良い物を食べる日、パート1。
7/17(月) 制憲節(チェホンジョル) 憲法記念日 ※2008年から公休日ではなくなりました。
7/22(土) 中伏(チュンボッ) 体に良い物を食べる日、パート2。
7/23(日) 大暑(テソ) 24節気の1つ。いよいよ気温が上がり始める日。

-気になるお天気編-

■■日本よりも梅雨の時期は少し遅め

日本と同様、韓国でも6月というと梅雨の季節。でもソウルでは日本の大部分の地域よりも少し遅めで、だいたい6月の後半頃から7月にかけてくらいの時期になります。この頃にいらっしゃる方は必ず折りたたみ傘など雨具を持参しましょう。また7~8月は高温多湿で1年の間で最も暑い季節となりますが、湿度が日本より低いため、比較的日本より過ごしやすいと感じるかも?でも突然の夕立(ソナギ)にご注意を。
ちなみに韓国気象庁によると2017年6月の予報は、平年より気温が高く、一時的にとっても暑くなることもあるそう。また降水量は少なめということで、今年は暑くてお天気の良い日が多そうです。

■■服装は?

日中はかなり気温が上がり、ほとんどの人は半袖です。ただし、朝晩の気温差があったり、雨が降ると気温が少し下がる場合もあり、またお店に寄っては冷房が強いところもあるので、念のため1枚羽織るものを持ってきた方がよさそうです。

-6月の予想トピックス-


■■端午のイベント・お祭り
※2017年の端午は5/30です。

陰暦5月5日の端午(タノ)は今年は早めで5月30日。でも例年は6月にくることが多いのでご紹介しておきましょう。端午の節句に合わせて、あちこちでお祭りやイベントが行われます。ソウル市内の行きやすいところは、毎年イベントを開催している南山コル韓屋村、国立民俗博物館、ソウル郊外の韓国民俗村、そして江原道は江陵の「江陵端午祭(カンヌンタノジェ)」。特にこの「江陵端午祭」は2005年に世界無形文化遺産に指定されている伝統祭り。時間のある方はぜひ、江陵まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

■■6/6は顕忠節(ヒョンチュンジョル)

6月6日は韓国にとって大切な日。国家のために命を捧げた人を弔う日です。国立墓地でもある国立顕忠院ではこの日、追悼式が行われます。お店の中には多くありませんが、この日だけお休みになるところもあります。

■■梅雨が始まる(6月後半~7月後半)

6月も下旬になると雨が多くなり、梅雨が始まります。ただ、日本のように雨が1日中降り続く、という感じではありません。それでも、雨の日の旅はなかなかつらいもの。そんな日は屋内で過ごしてみるのはいかがですか?また雨が降らない晴れた日は初夏らしく気持ちがいいもの。そんな夏も味わってみてください。

■■6/25は朝鮮戦争が始まった日

韓国では625(ユギオ)と呼ばれる朝鮮戦争。6/25はその戦争が始まった日。この日は朝鮮戦争を伝えるイベントや南北の分断について伝える展示やニュースをよく目にします。

■■夏のセールはじまる

夏といえばバーゲンの季節。6月末頃からぼちぼちセールを始めるお店も。また、外国人観光客を対象とした「ソウルサマーセール」も今年(2017年)は5月23日から7月31日までと少し期間が長めに開催されます。

-6月・ナビのオススメメニュー-


■■雨の降る日にはチヂミ!

韓国では昔から、雨の降る日に食べたくなるという料理の代表がチヂミ。雨の日には、パジョンやピンデトッの専門店の前に行列ができることもしばしば。ではなぜ雨の日にチヂミが食べたくなるのか?!聞くところによると、いろんな説があるんですが、まずチヂミを焼くときの油がパチパチと弾く音と、雨粒が地面に落ちた時の音が似ているからという説。音との相互関係が雨とチヂミを結び付けているということですね。そして他にも、じめっとして気分が憂鬱になりやすい雨の日には、アツアツの料理を体が欲するという説も。たっぷりの油で焼き上げたパジョンやピンデトッはその条件にピッタリなボリューム満点料理ということ!また、昔は雨が降ると買い物に行くのが面倒なので、家にある食材を使って小麦粉などで焼いたという話もきいたことがあります。そしてチヂミには、マッコリ。地元の人でにぎわう伝統居酒屋やピンデトッ専門店で、チヂミとマッコリを一杯~ これは雨の日も楽しくなっちゃいますね!

■■卵のつまったワタリガニの旬!

韓国の西の海でたくさんとれるワタリガニ。韓国料理にはワタリガニを使った料理もいっぱいありますが、このワタリガニの旬は初夏と晩秋。特に6月頃のワタリガニは、卵がたっぷり詰まっていると言われています。日本からの観光客に大人気の韓国グルメの一つ、カンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)も、専門店ではこの時期のワタリガニのとれたてを急速冷凍したものを1年を通して使う、というお店が多いんですよ。旬のワタリガニは、カンジャンケジャンやコッケタン(ワタリガニの辛いスープ)なども美味しいですが、生きたものをそのまま茹でたり蒸したりしたコッケチムもオススメ!
コッケチムはお店でも食べられますが、海鮮市場へ出かけて食べるのもいかがでしょうか!お店よりも安く食べられるかも!?

夏の露店も楽しいです。

-イベント、展示、公演編-

5月に引き続き、こんなイベントはいかがでしょう?

・・・最新の情報はこちらから・・・

■■郊外&地方のイベント
・・・注目のイベントは・・・

■江陵端午祭 / カンヌンタノチェ

ユネスコ世界無形文化遺産にも指定された旧暦の端午の節句に行われる伝統的な祭り。

日程: 2017年5月27日(土)~6月3日(土)
場所: 江陵市 南大川一帯
HPwww.danojefestival.or.kr (韓国語、一部に英語・日本語・中国語のページあり)

★その他、地方のイベント

○高城ラベンダー祭り - 2017.6.1-6.21/江原道 高城郡 ハヌィラベンダーファーム
http://www.lavenderfarm.co.kr
○韓山カラムシ文化祭り - 2017.6.9-6.12/忠清南道 舒川郡 韓山カラムシ館一帯
http://www.hansanmosi.kr/
○泰安茅項港水産物祭り - 2017.6.3-6.10/忠南泰安郡茅項港
http://haesam.taeanfestival.net/

-先取りトピックス(7~8月)−


■■夏、始まる!(7月)

梅雨が明ければソウルの夏が始まります。7月後半は暑くなりそう。じりじりとした太陽はまさにソウルの夏!を感じるところ。日焼けが気になる方は日傘やサンクリーム(日焼け止めクリーム)をお忘れなく!

■■本格的なプール開き!(7月)

早いところでは5月あたりから、ソウル市内にあるプールがオープンします。特に市民に親しまれている漢江市民公園プールは毎年7月からオープン。夏休み中は子供たちの歓声で賑わいます。

■■三伏(7月中旬~8月中旬)

日本では暑い夏、土用の丑の日に鰻を食べますよね?韓国でも暑い夏を乗り切るために食べる日が3回あります。それが三伏(サンボッ)。7月にはその3回のうち初伏(チョボッ)と中伏(チュンボッ)の2回、8月には末伏(マルボッ)の1回。この日は体にいいとされるサムゲタンやタッカンマリを食べます。

※2017年の初伏は7/12(水)、中伏は7/22(土)、末伏は8/11(金)

■■学校は夏休みに(7月後半~8月後半)

日本と同じく7月後半になれば学校も夏休みになります。漢江市民公園のプールや遊園地は子供たちで大にぎわいに!ただお休みは1ヶ月ほど。8月の後半には学校も始まります。


■■ファッションビルも市場も夏休み(8月上旬~中旬)

日本で言う旧暦を韓国にあてはめると9月~10月の秋夕。だからお盆と夏休みをあわせてとることはできません。そのかわり、夏休みは夏休みとして休みをとります。時期としては8月の上旬から3週目まで。有名なファッションビルもお休みになるのでご注意を!また夏休み前は在庫売り尽くし!終わりになると秋ファッションも。


■■光復節(8月15日)

8月15日は日本では終戦記念日。韓国では光復節といい、1945年のこの日に日本の統治が終わり、独立したことを祝う日。 ソウル市庁舎前のソウル広場ではイベントが行われ、テレビでは特集番組が組まれます。
房付きのニンニクが山積みになっているのも、この時期ならでは

房付きのニンニクが山積みになっているのも、この時期ならでは

以上、6月のソウルを見てまいりましたが、いかがでしょうか?実はまだ雨が降らない6月中旬まではまだ本格的に暑くなる前。過ごしやすくて気候も良く、意外と狙い目かも。また雨に濡れるソウルもなかなかいいもの。ただ雨で歩道がすぐ水溜りでいっぱいになるのがちょっと困りものですが・・・それでは、今年の梅雨もほどほどがいいなと願うソウルナビでした。

その他情報

*記事を更新しました。<2017.5.26>

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-05-26

ページTOPへ▲

関連記事

6月の釜山 【2016年】

6月の釜山 【2016年】

釜山市内の海水浴場の一部が海開き!本格的に暑くなってくる釜山の6月!

6月の釜山 【2016年】

6月の釜山 【2016年】

釜山市内の海水浴場の海開きも始まり、本格的な夏がやってくる6月の釜山!

その他の記事を見る