スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

今日のナビごはん 【2017年2月編】

今日は何を?ナビスタッフが日々食べているごはんをご紹介~2017年2月編!


こんにちは、ソウルナビです。韓国に住んでいる人は日頃、どんなものを食べているの?そんな疑問や質問?に応えるべく、こちらではソウルで日々奮闘しながら過ごすナビスタッフが毎日食べているものをご紹介します。ただオフィスのある聖水洞にあるお店がどうしても多くなり、また個人の好みでちょっと選択が全体的に偏っている気もしますが・・・また韓国料理だけでなく、外国料理や日本料理など韓国で食べたものを紹介しています。今回は、まだ寒いけれど少しずつ春に向かっている2月編!

2月28日(火)

オンシミトゥルケカルグクス(8,000ウォン)@蓬坪メミル麺事務所ソウルの森店

オンシミトゥルケカルグクス(8,000ウォン)@蓬坪メミル麺事務所ソウルの森店

江原道のメミル(蕎麦)料理がいろいろある食堂のメミルカルグクス。トゥルケ(えごま)スープで、オンシミという江原道の郷土料理であるジャガイモのすいとんも入っています。とろみのあるえごまスープはえごまの香りとダシがきいていてマイルド。蕎麦の香りがする蕎麦カルグクス麺によく絡まって、よく合います。オンシミはつるつるでもちもち。

2月27日(月)

キムチクリームパスタ(ランチセット9,500ウォン)@トゥクソム駅近くのミテイブル

キムチクリームパスタ(ランチセット9,500ウォン)@トゥクソム駅近くのミテイブル

韓国のパスタメニューに時々あるキムチクリームパスタ。確か5年くらい前?頃から見かけるようになったけれど、だいぶ浸透してきているような?こちらは現地でちょっと流行りつつある真空調理法で調理した柔らかチキンがトッピングされています。キムチは細かいざく切りで入っていて、クリーミーなソースに時々感じられるキムチの辛味がいいかんじ!こってりしたクリームソースの味に深みと爽やかさがプラスされるような気もします。クリームパスタにキムチ、意外と合います。

2月26日(日)

オボクチェンバン(小58,000ウォン)@光化門の平家屋

オボクチェンバン(小58,000ウォン)@光化門の平家屋

平壌の郷土料理、オボクチェンバン。茹でた薄切り牛肉や野菜、マンドゥ(北朝鮮式の餃子)などを浅いお鍋に並べ、あっさり牛ダシスープで煮ていただく鍋料理です。平壌式冷麺のお店に時々あるメニューですが、ここのは具のバラエティが豊かで見た目も豪華なほう。たっぷりと敷き詰められたお肉の下には、ねぎや白菜などの野菜、きのこ類、トッ(お餅)などが隠れています。スープは牛ダシがきいていてちょっとピリ辛。普通は辛くないオボクチェンバンのスープ、こちらのお店も以前はこんなに辛くなかったような?そして銀杏とかも入っていたような??そしてまたかなり値上がりしているような?でも美味しかったです。

2月25日(土)

イスルトットッ・パイナップル味(1,500ウォン)@コンビニ

イスルトットッ・パイナップル味(1,500ウォン)@コンビニ

去年の夏に出て注目を集めたピーチ味の炭酸アルコール、イスルトットッからパイナップル味が出ているのをコンビニで発見。パイナップル色の缶に、パイナップル果汁5パーセント入りとか。アルコール度数はピーチ味と同じ3パーセント。パイナップルの爽やかな甘さがいいかんじ。

今日のナビごはん 【2017年2月編】 スイングチップ・オモリキムチチゲ味(1,500ウォン)@コンビニ

スイングチップ・オモリキムチチゲ味(1,500ウォン)@コンビニ

いろんな味が出ているスイングチップのオモリキムチチゲ味。熟成したキムチのチゲ味です。熟成キムチの酸味とピリ辛味がほんのり感じられて、しっかり濃い味。キムチ味のポテチなんて韓国っぽいお土産にぴったりなのでは?!このシリーズでも人気が高く個人的にも好きな醤油チキン味とともに、濃厚でジャンクなお味がお酒のおつまみにもぴったりで、やみつきになります。でも量がちょっと少なめ?

2月24日(金)

ヘンボッカンパプサン日替わり定食(5,000ウォン)@オフィスビルすぐ横のウソン会館

ヘンボッカンパプサン日替わり定食(5,000ウォン)@オフィスビルすぐ横のウソン会館

安くて美味しくて幸せな気分になれる、ヘンボッカンパプサン(幸せ御膳)という名の日替わり定食。今日は豆腐入りの素朴なテンジャンチゲ(味噌チゲ)とミートボールのようなもののほか、おかずがいろいろ。日本でミートボールというとまん丸でケチャップ味がスタンダードですが、韓国のは形が不規則でふんわり柔らか、そしてソースがちょっぴりピリ辛です。チープなかんじがするけれど、ほっとするような味でおいしい!味噌チゲはちょっと甘めのお味噌を使って辛さも控えめマイルドなタイプ。今日もどのおかずもおいしかった!

パネチキン(24,900ウォン)@コックダッ江南店

パネチキン(24,900ウォン)@コックダッ江南店

現地で話題のパネチキン。バゲットの中のとろーり溶けたチーズを骨なしのチキンに絡めていただきます!チキンは骨なしで、バゲットは食べる前にスタッフさんがハサミで切ってくれるので食べやすく、またチキンはロゼ(トマトクリーム)ソースに浸されているからさらに濃厚に。思ったよりもチーズはそんなに多くなかったけれどちょうどいいくらいの量で、中はしっとり、外はカリッとしたチキン自体も美味しく、とってもおいしくいただきました!チキンだけじゃなく、チーズとロゼソースに浸した香ばしいフランスパンも美味~ でもすごいボリューム。ビール1杯ずつで女子2人では食べきれなかったくらい!

ミルククレープ(7,500ウォン)とレッドベルベッドケーキ(7,000ウォン)@ビリーエンジェル江南駅店

ミルククレープ(7,500ウォン)とレッドベルベッドケーキ(7,000ウォン)@ビリーエンジェル江南駅店

美味しくて可愛いケーキが現地で人気のケーキカフェチェーン店で、お店の人気ナンバー2のレッドベルベッドケーキとナンバー3のミルククレープ。レッドベルベッドはとっても甘くてちょっと酸味のあるシロップが染みたようなぶどう色の生地にクリームチーズのクリームがどっさりとのっていて超こってり甘々。ミルククレープはいわゆるミルクレープで、ふんわりしていながらも層が細かくて美味。ちなみにどう見てもミルクレープだけど、商品名はミルククレープです。このミルククレープのほうが美味しかった!チーズこってりチキンにケーキと、カロリーの高いものだけを食べまくる金曜日。

2月23日(木)

プルコギ定食@非武装地帯ツアーの昼食で行った坡州にあるどこかの食堂

プルコギ定食@非武装地帯ツアーの昼食で行った坡州にあるどこかの食堂

旅行社向けのイベントで、北朝鮮との軍事境界線付近の非武装地帯へ。ランチは坡州(パジュ)市のどこかにあるツアー団体客用のような食堂へ連れていってもらいました。メニューはプルコギ。おかずがいっぱいでプルコギはお肉もたっぷりだけど、プルコギがちょっと、いや、かなりしょっぱくてびっくり!ガイドさん曰く、このお店はいつもそうなんだとか!?でも何だかんだと美味しくモリモリといただきました!ツアーに同行されていた脱北者の方々と一緒にいただいたのが良い思い出です。

サムギョプサルとモクサル(サムギョプサル、モクサル、ハンジョンサルの盛り合わせ2人前350gで29,000ウォン)@薬水のハヌドン馬場洞精肉店

サムギョプサルとモクサル(サムギョプサル、モクサル、ハンジョンサルの盛り合わせ2人前350gで29,000ウォン)@薬水のハヌドン馬場洞精肉店

質の高い韓牛が安く食べられるお店で豚焼肉。韓牛も美味しいけれど、国産の豚肉もリーズナブルで美味しいこのお店。サムギョプサル(豚三枚肉)とモクサル(豚ロース)、ハンジョンサル(豚ロト)がセットになったメニューを注文しました。ここの豚肉はちょっと熟成させているような独特の柔らかさと甘い風味が。写真にはのってないけれど、トンロトが特に美味しい!

2月22日(水)

カルビタン(10,000ウォン)@オフィスビル1階の食堂

カルビタン(10,000ウォン)@オフィスビル1階の食堂

オフィスのあるビルの、1階にある食堂のカルビタン。とっても大きくて長い骨付きカルビがごろりと入っています。お肉もたっぷり。この食堂は全体的にイマイチだけど、カルビタンは徐々に美味しくなってきているような?

2月21日(火)

トントンシュリンプワンタン(ランチタイム価格8,100ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

トントンシュリンプワンタン(ランチタイム価格8,100ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

料理名のワンタンはなぜか入っていないけれど、トントンシュリンプ(ころころエビ)の食感とふんわりとしたとじ玉子に癒される創作麺。ベースのスープはあっさりだけど、トッピングされている唐辛子粉やニラと混ざるとパンチのきいた味になります。

チョッパル(中35,000ウォン)@奨忠洞豚足通りの平安道チョッパルチッ

チョッパル(中35,000ウォン)@奨忠洞豚足通りの平安道チョッパルチッ

先月も食べて美味しかった、奨忠洞豚足通りにあるお店へ。やっぱりここのチョッパル(豚足)はとっても柔らかくてプルプル!マッコリと一緒に美味しくいただきました。

2月20日(月)

ハヤンチャンポン(8,000ウォン)@ソウルの森すぐ横の中華レストランwei

ハヤンチャンポン(8,000ウォン)@ソウルの森すぐ横の中華レストランwei

韓国のチャンポンというと真っ赤っかだけど、ハヤン(白い)チャンポンも時々あります。辛い物をお休みしたくて注文したけれど、青唐辛子がちょっと入っててちょっぴりピリ辛。でも海産物たっぷりでダシのきいたスープは美味しく、太めのツルツル麺もグッド。そしてもやしが山のようにトッピングされててびっくり!

2月18日(土)

今日のナビごはん 【2017年2月編】 プルムウォン・ユッケジャンカルグクス

プルムウォン・ユッケジャンカルグクス

自然派食品メーカー、プルムウォンから出ているユッケジャン・カルグクス、略してユッカルのインスタント麺。時々あるカルグクスの入ったユッケジャン(牛肉の辛いスープ)だけど、インスタントは珍しいかも?自然派をうたっているだけあって、いろんなものが無添加でノンフライ麺とか。でも麺がもっちり太めだからか、そんなにあっさりしすぎてなく、スープもすっきり旨辛。んー、でもユッケジャンの味はしないような??フツーに美味しくて、できるだけ体に悪くなさそうなインスタント麺です!辛さ度は5段階中4くらい?

2月17日(金)

ピョヘジャングッ(6,000ウォン)@トゥクソム駅近くのスルレカムジャタン

ピョヘジャングッ(6,000ウォン)@トゥクソム駅近くのスルレカムジャタン

カムジャタン(豚の背骨とジャガイモの鍋)屋さんの定番ランチメニュー、土鍋に入った豚の背骨入りスープ。中には大きな豚の背骨肉がごろりと二つも入っていて、ボリューム満点。とっても安いのにお肉も超たっぷりついていて、肉を食べた!という気になれるピョヘジャングッです。スープもほどよいコクがありながらすっきりしていて美味しい!

チャボフェとクァメギの盛り合わせ(50,000ウォン)@鍾路3街の浦項食堂

チャボフェとクァメギの盛り合わせ(50,000ウォン)@鍾路3街の浦項食堂

クァメギが有名なお店の裏メニュー。本来は別メニューのクァメギとチャボフェ(クァメギの産地のいろんな地魚の細切れ刺身)を一皿分の盛り合わせにしてもらえます。白身魚が中心であっさりしたチャボフェと、美味しいけれど脂っぽくてたくさんは食べられないクァメギがバランス良く両方食べられてうれしい盛り合わせ!でもチャボフェが思ったよりもたくさんで、2人でも食べきれないほどでした!一緒に出てきたムグンジ(深漬け)キムチが超美味で、チャボフェを巻いてほおばると悶絶するくらいのウマさ。ご夫婦でされているお店だけど、女将さんがとっても親切で感動しました。

塩焼きコムジャンオ(2人前で18,000ウォン)@鍾路3街のスップルコムジャンオ

塩焼きコムジャンオ(2人前で18,000ウォン)@鍾路3街のスップルコムジャンオ

グロテスクだけどコリコリとした歯ごたえとたっぷりのゼラチン質が美味しいコムジャンオ(ヌタウナギ)。このお店ではかなり気持ち悪いそのままの姿でテーブルに運ばれてきて、各自でテーブルの炭火の上で焼いてハサミで切っていただきます。ヤンニョム(ピリ辛味付け)とソグムグイ(塩味)が選べるうち、お店のオススメは塩焼き。塩コショウの下味をしたシンプルなコムジャンオは焼くと炭火の香ばしい味が付いて、とっても美味しくいただけました!

2月16日(木)

チェユッポックンのランチ(7,000×2人前)@トゥクソム駅近くの焼肉食堂テジマム

チェユッポックンのランチ(7,000×2人前)@トゥクソム駅近くの焼肉食堂テジマム

会社の近くに昔からあるようだけど、行ったことがない焼肉店でランチ。チェユッポックン(豚の甘辛炒め)はランチ限定で2人前から注文できます。ご飯が進む甘辛いチェユッポックンはテーブルの鉄板で温めながらいただくタイプで熱々。タマネギ、キャベツ、ニンジンなどの野菜がたっぷり入っています。付け合わせのおかずも美味しく、特に大好きなトッ(ひじき)の白和えがあって嬉しかった!日本ではほとんどが乾物になっているヒジキだけど、韓国では生のものを旬の時期に和え物にしていただきます。ちなみに春先からが旬なので、今からがちょうど美味しい季節!

2月15日(水)

X.Oケサルポックンパ(9,000ウォン)@ソウルの森すぐ横の中華料理店wei

X.Oケサルポックンパ(9,000ウォン)@ソウルの森すぐ横の中華料理店wei

キレイでちょっと高級な中華料理店のケサル(蟹)チャーハン。お値段は安くはないけれど、ちゃんと蟹の身がたっぷり入っていて満足できます!味付けはXO醤ベースのしっかり味で、ピリ辛。食べごたえのある炒飯です。

2月14日(火)

ブチェサルステイク・ランチプレート(8,900ウォン)@W Hand Steak 聖水ソウルの森店

ブチェサルステイク・ランチプレート(8,900ウォン)@W Hand Steak 聖水ソウルの森店

片手で持って歩きながら食べられるステーキとドリンクのセットがうりのお店のランチプレート。ランチタイムには手で持って運べるテイクアウト用のステーキのセットと同じ内容のものをお皿に盛ってもらえます。ステーキはいろいろ選べる中で、前回も食べて美味しかったブチェサル(ミスジ)を選択。脂分が多いわりにお肉の味もしっかりして、とっても柔らか!美味しいお肉がこのお値段で食べられるのが嬉しいです。ステーキの他は、洋風チャーハンとこってりソースがけフライドポテトに炒めたパイナップル、ブロッコリーなど。このお店では、カロリーは考えないようにして美味しくいただきます!

桑黄参鶏湯(15,000ウォン)@明洞の高峰参鶏湯

桑黄参鶏湯(15,000ウォン)@明洞の高峰参鶏湯

桑黄=メシマコブというとっても体に良いキノコのエキスがたっぷり入った参鶏湯。黄色っぽくてトロトロ濃厚のスープが美味。健康になれそうな味!中のもち米は少なめ。

2月13日(月)

日替わり幸せ定食(5,000ウォン)@ソウルスッ駅すぐそばのウソンフェグァン

日替わり幸せ定食(5,000ウォン)@ソウルスッ駅すぐそばのウソンフェグァン

周辺のサラリーマンのランチどころ、オフィスすぐ近くの食堂の日替わり定食。ヘッボンカンパプサン(幸せ御膳?)という名の日替わり定食です。今日はキムチ入りのコンナムルグッ(豆もやしスープ)に、メインのおかずは薄いひとくちトンカツ。別皿に添えてあるソースをつけていただきます。チープだけど、何気に美味しい?!他にもおかずがいっぱいあるから、5,000ウォンで満腹になります!

2月12日(日)

えびもちカレーうどん(10,500ウォン)+チーズトッピング(1,500ウォン)+五穀ご飯(小1,000ウォン)@現代シティアウトレット東大門の古奈屋

えびもちカレーうどん(10,500ウォン)+チーズトッピング(1,500ウォン)+五穀ご飯(小1,000ウォン)@現代シティアウトレット東大門の古奈屋

日本のお餅が食べたいなあと思っていたら、偶然行った日本のカレーうどんのチェーン店に餅入りがあったので注文。ご飯も注文して炭水化物×3が気になるけれど、マイルドな古奈屋のカレーがたっぷりと絡まったモチモチの日本のお餅が美味しくて満足~(ちなみにご飯はシェア用です!)。チーズのトッピングはただのスライスチーズじゃないところが日本のお店っぽい!カレーにサラサラと溶けて、コクがアップしたように感じました。でももともと美味しいカレーだから、チーズ無しでも十分に美味しかったかも?!

2月11日(土)

今日のナビごはん 【2017年2月編】 今日のナビごはん 【2017年2月編】 オモリキムチチゲラミョン(コンビニで1,500ウォンくらい)

オモリキムチチゲラミョン(コンビニで1,500ウォンくらい)

熟成キムチがたっぷり入ったカップラーメン。キムチはレトルトのパウチに入っていて、本格的なキムチチゲの濃い味が美味しい!ちょっと酸っぱめなのもさっぱりしていて美味しいです。スープはかなり辛め!キムチチゲの定番の具、チャムチ(ツナ)入りもあるから食べてみたいなあ。

2月10日(金)

ソルロンタン(8,000ウォン)@オフィスビル1階の食堂

ソルロンタン(8,000ウォン)@オフィスビル1階の食堂

オフィスのあるビルの1階にある食堂のソルロンタン。トガニタン(牛膝軟骨のスープ)が美味しいときいて注文したら、間違えてソルロンタンが出てきました。スープは同じでソルロンタンのほうは牛膝軟骨の代わりに薄くスライスした牛肉が入っているみたい。お肉はたっぷり入っていて美味しそうだけど、味は全てスープにとられているかんじ?!付け合わせのトッポッキが美味しかったです!

2月9日(木)

日替わり幸せ定食(5,000ウォン)@ソウルスッ駅すぐそばのウソンフェグァン

日替わり幸せ定食(5,000ウォン)@ソウルスッ駅すぐそばのウソンフェグァン

日替わり幸せ定食(5,000ウォン)のチェユッポックン@ソウルスッ駅すぐそばのウソンフェグァン

日替わり幸せ定食(5,000ウォン)のチェユッポックン@ソウルスッ駅すぐそばのウソンフェグァン

オフィスすぐ近くの食堂の日替わり定食。その名もヘッボンカンパプサン=幸せ御膳?!今日はちょっとピリ辛のコンナムルグッ(豆もやしスープ)にチェユッポックン(豚肉の甘辛炒め)。辛すぎず豆もやしのお出汁がきいたお汁もプルプルお肉の甘辛炒めもどちらも美味しいし、しかもこのお値段でホントに幸せな気分になれるランチ!おかずが美味しくて、ついご飯を食べすぎてしまいました。

2月8日(水)

四川パスタ(12,000ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのブリナー

四川パスタ(12,000ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのブリナー

四川の名前のとおり、激辛のパスタ。その辛さは数日前に食べた上海パスタよりも数段上です。でかい干し唐辛子と細かく刻んだ干し唐辛子がこれでもか!というほど容赦なく入っていて、ひと口、ふた口食べただけでも火を噴きそう。辛いものが食べたくて注文してみたけれど、食べながらちょっと後悔したくらい?!でも、美味しかったです。ヘルシーなかんじの鶏胸肉、ピーマン、タマネギ、生のプチトマト、ぶつ切りニンニク、ナッツ類など具もたっぷり。さらに香草もトッピングされていて、辛い中にもいろんな味がします。ソースはちょっとオリエンタルな感じでやや甘め。

2月7日(火)

チェジュヘジャングッ(8,000ウォン)@一味楽の聖水店

チェジュヘジャングッ(8,000ウォン)@一味楽の聖水店

オシャレな雰囲気とBGMの中で分厚い豚焼肉を食べられる焼肉店の、ランチタイムにも単品で注文できるチェジュヘジャングッ(済州酔い冷ましスープ)。済州島の郷土料理、コサリグッ(わらびスープ)をちょっとアレンジしたようなもの?透明な牛ベースのスープはダシがきいていながらもさっぱりとしていて、もとから入っているタデギ(唐辛子薬味)と混ぜるとピリ辛だけどすっきりな味になります。牛肉もそこそこ入っているけど、ぜんまい、もやし、シレギ(干した葉野菜)もたっぷり入っていてヘルシーなかんじ!ツルツルのタンミョン(韓国春雨)も入っています。

2月6日(月)

柔らか豆腐のせ海鮮チャンポンのようなもの(ランチタイム価格7,200ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

柔らか豆腐のせ海鮮チャンポンのようなもの(ランチタイム価格7,200ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

オフィス近くのよく行く創作麺レストランで、新メニューが出たとオススメされたので食べてみることに。料理名は忘れたけれど、真っ赤な韓国式チャンポンに柔らか豆腐がトッピングされた麺。具は豆腐以外にもムール貝やイカなどの海鮮、煮込んでトロトロになった豚肉に野菜などがたっぷり!大切りのニンジンもゴロゴロ!?でもとっても柔らかく煮込まれていて、美味しいニンジンでした。具が多すぎてなかなか麺まで到達できないくらいだけど、麺はツルツルで平たい幅広の玉子麺で、海鮮のダシがきいたからーいスープとよく絡んで美味しかったです。それにしても豪華なチャンポンに、柔らか豆腐・・・ちょっとスンドゥブチゲのようでもあり!?

タッカンマリ(20,000ウォン)@東大門タッカンマリ通りの陳元祖ポシンタッ

タッカンマリ(20,000ウォン)@東大門タッカンマリ通りの陳元祖ポシンタッ

東大門のタッカンマリ通りでタッカンマリ(鶏まるごと鍋)。もちろんニンニクは全入れで!この通りでは一番のお気に入りでよく行くお店だけど、今日は特に鶏が柔らか&プリプリだったような。エノキと餅が追加料金なしでもとから入っているのが、お気に入りポイントの一つでもあります。シメにはお約束のカルグクス。煮詰まったスープの染みた麺が、これまた絶品。お腹いっぱい食べてこのお値段は、ソウルでもコスパ最高のお店ですね!地元のお客さんが多いお店だけど、日本からいらっしゃった方も何組か見かけました^^

2月5日(日)

トゥギャン(特上ミノ、1人前29,000ウォン)とデチャン(テッチャン、1人前29,000ウォン)@乙支路3街のヤンミオク本店

トゥギャン(特上ミノ、1人前29,000ウォン)とデチャン(テッチャン、1人前29,000ウォン)@乙支路3街のヤンミオク本店

韓国では日本で食べるのよりもお値段がちょっと高いホルモン焼肉。中でも一般的にヤンコプチャンといわれる特上ミノの焼肉は高級焼肉の部類に入るけれど、日本では味わえない味とクオリティの高さでやみつきになりそうなほどの美味さです。ヤンミオクはそのヤンコプチャン専門店でも一番美味しいと言われているとか。チェーン店も十分美味しいけれど、こちらで食べるたびに、「ああ、やっぱりここが一番かも」と思います。シャクシャクとした歯ごたえに甘めでピリ辛味のタレと香ばしい炭火焼きの風味がたまらない~~ 安くはないのでしょっちゅうはいけないけれど、少し奮発してでも時々食べたくなる味!ちなみにこようなお店のヤンコプチャンは全てスタッフが焼いてくれるのですが、テーブルを担当してくれるスタッフの腕によっても味が大きく左右されます。その点こちらのお店はどのスタッフさんも上手に焼いてくれるので、そういうところも特に美味しいと言われる所以かも。そうそう、お店に南大門店オープンとの張り紙が!明洞からも歩いて行ける場所に支店ができたみたいです!^^

2月4日(土)

今日のナビごはん 【2017年2月編】 オットゥギ・プデチゲラミョン(1,200ウォンくらい?)

オットゥギ・プデチゲラミョン(1,200ウォンくらい?)

去年、いくつかのメーカーから一斉に発売され、流行るのかと思いきやその人気もイマイチのようなインスタントのプデチゲラーメン。理由はズバリ、お味のほうがイマイチだからとか?!こちらはそんなプデチゲラーメンのオットゥギから出てるやつ。プデチゲということで、お家にあったスパム(ランチョンミート)と、合いそうな野菜、刻んだキムチ少々を入れて煮てみました。お味は・・・個人的には以前食べた農心ののほうが美味しかったような。追加した野菜やハムが合わなかった?農心のよりも全体的にはっきり濃い味で甘めです。2か月ほど前に農心のプデチゲラーメンを食べてみたときは、周辺の酷評のわりにはなかなかイケる!と思ったけれど、その農心のと比べてみると、こちらオットゥギのは何も入れないほうが美味しいかもしれず、農心のはキムチとか野菜などの具を加えると美味しくなるのかも、というのが個人的な感想です。
※農心のプデチゲラーメンが気になる方は「ナビごはん2016年12月編」の12月3日(土)をご参照ください。

2月3日(金)

ソウルスッ上海パスタのランチセット(9,500ウォン)@トゥクソム駅近くのミテイブル

ソウルスッ上海パスタのランチセット(9,500ウォン)@トゥクソム駅近くのミテイブル

真空調理したお肉がのったパスタやステーキがうりのビストロ風レストランバー。ランチタイムにはパスタにスープとサラダが付いて9,500ウォンになります。メニューにはソウルのどこかの地名が必ず付いているのがユニーク。ソウルスッ(ソウルの森)上海パスタは、ニンニク、唐辛子がきいていてちょっぴり中華風なオイルソースのパスタ。激辛です。もやしも少し入っています。「上海パスタ」というとどこがどう上海なのか分からないけれど、なぜかいつもこんなので、韓国特有の味のパスタとして定着してきているよう。トッピングにはお店自慢の真空調理したしっとり豚肉がのっていて、ボリューム満点。パスタがやたらと高い韓国でこのお値段はかなりの高コスパ。

2月2日(木)

ソコギチャプチェパプ(10,000ウォン)@ソウルの森横の中華料理店ウェイ

ソコギチャプチェパプ(10,000ウォン)@ソウルの森横の中華料理店ウェイ

ちょっと高級な中華食堂のチャプチェパプ。春雨とお肉や野菜などを炒めた中華風のチャプチェをご飯にのせたチャプチェパプも韓国の中華屋さんの定番メニュー。こちらはソコギ(牛肉)入りのチャプチェがのっています。よくいくお店だけどチャプチェパプは初めて注文したんですが、美味しすぎてびっくり!まず普通のタンミョン(韓国春雨)とは違って高級感のある幅広プリプリのタンミョンが超美味。そして安い中華屋さんのはタンミョンばっかりだけど(それはそれで美味しいけど)、お肉もお野菜もたっぷり。そしてこのお店の特徴のプルマッ(強火で炒めたような香ばしい風味)がきいていて、ひとくち食べて思わず「美味しいーっ!」と言ってしまいました!今まで食べたチャプチェパプの中で間違いなく一番かも!

2月1日(水)

ソトッソトッ(ランチタイム価格7,200)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビスロトハイブ

ソトッソトッ(ランチタイム価格7,200)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビスロトハイブ

よく行く会社近くの創作料理レストランで、前々から気になっていたメニューを注文!たっぷりの熱々チーズの中に揚げたお餅とソーセージがコロコロと入っていて、お餅やソーセージにチーズを絡めていただきます。お餅は揚げてあって、外はカリカリ、中はモチモチ。これにたっぷりのとろけるチーズを絡めて食べたら、美味しくないワケがない!^^ 料理名のソトッは、ソーセージのソにお餅のトッ?にゅーんと伸びるチーズも楽しい!お好みで、甘辛いタレにつけていただきます。でもそのままでも十分おいしい!!

いかがでしたか?スタッフのリアルな実態をさらすようで、ちょっと恥ずかしいのですが、ちょっとでも参考になれば幸いです。またご紹介した料理のお店はできるだけナビでも紹介したいと思います。まだ紹介していないお店はもう少しお待ち下さい!では、来月もお楽しみに!以上、ソウルナビでした!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-02-28

ページTOPへ▲

その他の記事を見る