スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

今日のナビごはん 【2017年3月編】

今日は何を?ナビスタッフが日々食べているごはんをご紹介~2017年3月編!


こんにちは、ソウルナビです。韓国に住んでいる人は日頃、どんなものを食べているの?そんな疑問や質問?に応えるべく、こちらではソウルで日々奮闘しながら過ごすナビスタッフが毎日食べているものをご紹介します。ただオフィスのある聖水洞にあるお店がどうしても多くなり、また個人の好みでちょっと選択が全体的に偏っている気もしますが・・・また韓国料理だけでなく、外国料理や日本料理など韓国で食べたものを紹介しています。今回は、春に向かって駆けぬけた3月編!

3月31日(金)

48時エッグ&ソーセージカレー(ランチタイム価格8,100ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

48時エッグ&ソーセージカレー(ランチタイム価格8,100ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

お店手作りのカレーに半熟の目玉焼きと焼いたプチプチのフランクフルトをトッピング。カレーはチキンカレーで、48時間煮込んだというだけあって深い味わい。辛さだけじゃなく、いろんな香辛料の風味が感じられてスパイシーです。日本のカレー屋さんで食べるカレーみたいで、ナビの日本人スタッフも日本に留学したことのある韓国人スタッフもみんな「美味しい!」という人気のカレーです。半熟の黄身がカレーに溶け込んでマイルドに。ニンニクチップもかかっていて時々感じられるニンニクパンチがいいかんじ。カツカレーや唐揚げトッピングもあります。

茹でたセコマッ(サルボウガイ)

茹でたセコマッ(サルボウガイ)

旬は冬だというけれど、なぜか最近よく売っているセコマッ(小さめの赤貝のような貝)。魚屋さんでも毎日のように見かけるので、買って茹でて食べてみると身がとっても大きくてぎっしりと詰まっていました!ぷりぷりで貝の味が濃くて美味しい!セコマッはコマッ(灰貝)とともに、韓国ではとてもよく食べられる貝です。

3月30日(木)

セコマッビビンバ(10,000ウォン)@仁寺洞パルドチッ

セコマッビビンバ(10,000ウォン)@仁寺洞パルドチッ

去年の秋頃に見つけて仁寺洞のお気に入り食堂となったパルドチプへ。お値段は仁寺洞だから全体的にちょっと高めだけど、いろんな海鮮メニューが食べたくて最近は仁寺洞へ行くたびに行きたくなるお店です。今日はセコマッビビンバ。セコマッはサルボウガイ、小さめの赤貝のような貝です。数日前から無性にコマッ(灰貝)やセコマッ(サルボウガイ)の類が食べたかったので仁寺洞へ行けてナイスタイミング。ビビンバには茹でたセコマッが思ったよりたっぷり。野菜もたっぷりで、春らしい軽やかな(?)ビビンバがいただけました!もともとごま油がかかっていて、さらにお好みの量のコチュジャンをかけていただくんですが、コチュジャンは味が強すぎず、ごま油も香りがよくてそんなところも美味しかったです^^b

今日のナビごはん 【2017年3月編】 コッカルコーンのエビマヨ味

コッカルコーンのエビマヨ味

韓国版とんがりコーン的なコッカルコーン。とんがりよりもサクサクの軽い食感が特徴?エビマヨ味は去年くらいに出たよう。韓国語ではセウマヨ味(セウがエビ)。たしかにかすかにエビマヨのような味がします。味自体はちょっと濃いめ。パッケージのエビがかわいい。

3月29日(水)

チリチーズ・チョルヌードル(9,500ウォン)@The Cook チョルビドン

チリチーズ・チョルヌードル(9,500ウォン)@The Cook チョルビドン

普通は辛くて甘酸っぱいタレと野菜と一緒に混ぜていただくチョルミョンを使った創作チョルミョンのメニューがいろいろあるお店。先週(3月23日参照)見つけて美味しかったので、また別の創作チョルミョンを食べてみようとお店へ行きました。今日はチリソースとシーフードにチーズがトッピングされたチョルミョン。チリソースに唐辛子も入っていてかなりの辛さ!そしてチーズでかなり濃厚なお味です。チョルミョンの麺自体は好きだけど、辛くて甘酸っぱいタレに混ぜるチョルミョンはそんなに好きではなかったので、いろんな味でいただけるのがうれしいです^^♪

3月28日(火)

シュビバーガーセット(ランチタイム価格5,900ウォン)@聖水洞 Eマート総本店の3階フードコート

シュビバーガーセット(ランチタイム価格5,900ウォン)@聖水洞 Eマート総本店の3階フードコート

マクドナルドのエビをテーマにした春の新作バーガー。プリプリのむきエビをそのまま使った、シュシュバーガー(シュリンプのシュ)と、そこに贅沢にもビーフのパテまで挟んだ、シュビバーガー(シュリンプのシュとビーフのビ)が人気です。特にシュビバーガーはビーフとエビの珍しい食感が新鮮で、この春のヒット商品になっている模様。ピリ辛のソースが絶妙で、ナビもすでに3回リピートしています。

ピョヘジャングッ(6,000ウォン)@トゥクソム駅近くのスルレカムジャタン

ピョヘジャングッ(6,000ウォン)@トゥクソム駅近くのスルレカムジャタン

大きなピョダギ(豚の背骨付き肉)がごろりと2個も入っているピョヘジャング(豚の背骨肉スープ)。いつもピョダギがとっても大きいこのお店だけど、今日はまた一段と大きかったような?!お箸だけではつかめず、箸とスプーンを使って赤いスープが飛び散らないように取り出すのにも一苦労です。そして大きいだけじゃなく、お肉もものすごくたっぷりついているのがここのピョダギの特徴。お肉は柔らかいけれど、骨から外して食べると量の多さに手が疲れて痛くなるほど。一緒に行った、このお店が初めての韓国人ナビスタッフも「今まで食べた中で一番肉が多い!」と驚いていました^^ ほどよいコクがありながらも臭みが全くなくすっきりしたスープも美味!

3月27日(月)

パッタイ(ランチタイム価格9,900ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

パッタイ(ランチタイム価格9,900ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

オリジナル創作麺がいろいろあるレストランバーでランチ。辛くないものが食べたくてパッタイを注文したらものすごい量のパッタイが!そして激辛!!パッタイって辛くない料理でしたよね??韓国風のパッタイという創作麺ってこと?横に添えられた大量の生もやしや生ニラも謎。全体を混ぜて食べろってこと??ビールのおつまみに2、3人でシェアして食べたいメニュー。でも上にのった大きめのエビが美味しかった!

コドンブル(9,500ウォン)@新堂洞のハイカツで宅配

コドンブル(9,500ウォン)@新堂洞のハイカツで宅配

トンネ(町内)で美味しいと評判の、宅配もしているトンカツ屋さんで宅配注文。確かに美味しいので時々宅配をたのみます。コドンブルは日本語風に読むとコルドンブルー。フランスの有名な洋菓子専門学校ではなく、お肉にチーズを挟んで焼いたり揚げたりした料理をコルドンブルーというとか。韓国のトンカツ屋さんにコドンブルの名前で昔からなぜかよくある定番メニューです。でも最近は以前ほど見かけないかも?お肉からあふれださんばかりのたっぷりチーズにはコーンや玉ねぎなどの野菜も入っています。個人的にはチーズだけでいいかも。でもこってりがっつりチーズトンカツを食べたいときにオススメのメニュー。

3月26日(日)

オットゥギ3分インドカレー・マクニとタイカレーソース・グリーン(それぞれスーパーで2,000ウォンくらい?)

オットゥギ3分インドカレー・マクニとタイカレーソース・グリーン(それぞれスーパーで2,000ウォンくらい?)

オットゥギ3分インドカレー・マクニ

オットゥギ3分インドカレー・マクニ

オットゥギ3分タイカレー・グリーン

オットゥギ3分タイカレー・グリーン

韓国ではレトルトカレーの元祖&定番、オットゥギ3分カレーからインドカレーとタイグリーンカレーが出てる?!と思って調べてみたらちょうど1年くらい前に出たみたい。両方ともちょっと薄めだけど、しっかりインドカレー、グリーンカレーの本格的っぽい味がします。インドカレーにはちょっと大きめのお肉の具、グリーンカレーには鶏肉とインゲン、タケノコの具が入っています。インドカレーのほうが美味しいかな?それにしてもそんなに安くはないし、もう少し濃ければ・・・

3月25日(土)

韓国式うなぎ焼き(1人前25,000ウォン)@清潭プンチョンミンムルジャンオ

韓国式うなぎ焼き(1人前25,000ウォン)@清潭プンチョンミンムルジャンオ

新しくオープンして気になっていたチャンオ(うなぎ)のお店へ。うなぎは塩、醤油ダレ、コチュジャンと3つの味から選べ、あらかじめ下焼きしたものをテーブルの炭火で焼いて仕上げます。お店のオススメは塩焼きというので、塩を注文。うなぎの味がそのまま出る塩焼きがオススメということは相当自身がありそう?!という期待を裏切ることなく、ホントに美味しいウナギでした!プリプリでもっちりしていて、臭みはまったくナシ。正直、今まで韓国で食べたウナギの中で一番おいしかったかも。韓国ではウナギに必ず付いてくる千切り生姜と焼いたニンニク、サムジャンと一緒にエゴマの葉に巻いていただくと、あーホントに美味しかった!!ちなみにおかずもどれも美味しく、カンジャンセウ(海老の醤油漬け)まで付いていました!コスパも現地の相場ではグッド。

リッチゴールド・ガーリックバターシュリンプピザ(キャンペーン割引価格でMサイズ19,000ウォンくらい)@ピザハット

リッチゴールド・ガーリックバターシュリンプピザ(キャンペーン割引価格でMサイズ19,000ウォンくらい)@ピザハット

ピザハットの新商品。ガーリック+バター+シュリンプの看板にひかれて注文。韓国らしいコグマ(さつまいも)ムースが縁にトッピングされたリッチゴールドとトッピングなしのものが選べるんですが、お値段はどちらも一緒らしいです。ガーリックとバターの風味がきいていて、予想通りおいしいピザでした!クリームチーズのトッピングも美味しかった~

3月24日(金)

スぺムブデチゲ(2人前14,000ウォン)@ソウルの森横の33haus

スぺムブデチゲ(2人前14,000ウォン)@ソウルの森横の33haus

自家製のサゴルスープ(牛の骨を煮込んだスープ)がベースでとっても美味しいプデチゲ。辛すぎずやさしお味で、野菜もたっぷり入っています。もともとジャンクなプデチゲ、ジャンクな味が引き立つほど美味しいというのもあるけれど、このプデチゲは自然派な味なのにすごく美味しい!スープがすっきりしているので塩辛いソーセージやスパムのジャンクな味が際立ち、またそんなところも美味(*▽)b お店はカフェにみたいにカワイイし、鍋や食器もカワイイし、ホントにオススメのプデチゲです!

パイントカップ入りのミントチョコチップ+ボンジュールマカロン+チェリージュビリー(約320gで7,200ウォン)@バスキンロビンス

パイントカップ入りのミントチョコチップ+ボンジュールマカロン+チェリージュビリー(約320gで7,200ウォン)@バスキンロビンス

日本よりもずいぶんと大きなサイズのカップのメニューがある韓国のバスキンロビンス。日本ではサーティーワンアイス?パイントはその中でも一番ちいさいサイズで3種類のアイスを選べます。一番小さいといっても、量はたっぷり320g。3人で好きな味を一つずつ、ミントチョコチップとチェリージュビリー、そして新商品のボンジュールマカロンをセレクト。マカロンがアイスに?と思ったけれど、ボンジュールマカロンが一番おいしかった!

3月23日(木)

スパイスシチューチョルミョン(8,500ウォン)@The Cook チョルビドン

スパイスシチューチョルミョン(8,500ウォン)@The Cook チョルビドン

普通は辛くて甘酸っぱいタレと野菜と一緒に混ぜていただくチョルミョンという麺。最近新しくできたお店に行ってみると、このチョルミョンの今までの食べ方とは違うちょっと変わった創作チョルミョンメニューがいろいろありました。こちらは辛いシーフードスープのチョルミョン。ちょっと韓国のチャンポンっぽいかんじ?辛いけれど、野菜の甘みもきいています。そしてツルッツルのチョルミョンともよく合う!それにしてもこれまでは何でこんな創作系のチョルミョンが無かったんだろ?今度はクリームベーコンチーズチョルミョンを食べてみたい!

キョルミョンジャ茶(1本1,500ウォンだけど1+1で半額)@コンビニ

キョルミョンジャ茶(1本1,500ウォンだけど1+1で半額)@コンビニ

お茶を買おうとコンビニへ行ったら、あまり見たことのない可愛いボトルのお茶が1+1(1本買うと1本おまけ)をしていたので買ってみることに。キョルミョンジャは調べてみるとケツメイシ、漢字で書くと決明子(キョルミョンジャ)だそうです。ケツメイシとはエビスグサという植物の種のことなんだとか。ケツメイシってそんな意味だったんですね!韓国ではとにかく目に良いお茶として認識されているそうで、韓国人スタッフ曰く「小さい時に目に良いからとよく飲まされた」んだそう。お味は・・・初めて飲む味だったので最初は「!?」というかんじだったけれど、飲んでいくうちに徐々に慣れてきました。かすかな苦みに甘みに、うーん、なんというかちょっと漢方っぽくもあって・・・健康になれそうなかんじ?!ボトルのパッケージはカワイイですね♪

3月22日(水)

豚肉の柚子味噌焼き定食(8,500ウォン)@ユンギョンヤン食堂

豚肉の柚子味噌焼き定食(8,500ウォン)@ユンギョンヤン食堂

メニューはハンバーグとトンカツ、そしてこの豚肉の柚子味噌焼きだけの小さなお洒落食堂。ランチタイムはいつも満席&ウェイティングの人でいっぱいです。ユジャテンジャンテジグイ(豚肉の柚子味噌焼き)は名前の通り、豚肉を柚子風味の味噌味で焼いたここのオリジナル料理。コクのある味噌の染みたお肉は柔らかく、柚子の香りが予想以上に引き立って美味しい。でもちょっと焦げた部分があったのが残念。味噌は焦げやすいからしょうがないかな?付け合わせは葉野菜と細ーいニラのピリ辛和えでこっちも良いお味だけどちょっと味が濃いめ。

今日のナビごはん 【2017年3月編】 韓豚モクサル(150g10,000ウォン)@韓牛豚マジャン洞精肉店

韓豚モクサル(150g10,000ウォン)@韓牛豚マジャン洞精肉店

韓牛も韓豚(国産豚)もとっても美味しい行きつけの焼肉店。今日は豚で。まずサムギョプサル(豚三枚肉)、モクサル(豚ロース)、ハンジョンサル(豚トロ)の盛り合わせを注文して、今日はモクサルが特に美味しいようなのでモクサルを追加。プリプリで美味!

3月21日(火)

GONYSチーズバーガー(7,800ウォン)@GONYS

GONYSチーズバーガー(7,800ウォン)@GONYS

テレビに出て話題のハンバーガーショップの手作りバーガー。野菜、チーズ、お肉、パンのバランスがよくて美味しいハンバーガーでした!こってりしすぎていないけれど、チーズの濃厚さもしっかり感じられるところがお気に入り。ランチタイムはプラス2,000ウォンでフライドポテトと炭酸飲料も付くんですが、新鮮な生ポテトを揚げたかんじのフライドポテトもおいしかった!

参鶏湯(13,000ウォン)@薬水漢方参鶏湯

参鶏湯(13,000ウォン)@薬水漢方参鶏湯

地元の参鶏湯屋さん。柔らかい鶏の中にはもち米と一緒に栗、なつめ、銀杏、高麗人参が。最近は昔と比べてお値段が高いのに中にもち米以外ほとんど何も入っていない参鶏湯が多い中、地元の地味な参鶏湯屋さんだからか?お値段の割に満足できる具の入りです。スープにはちょっととろみがあり温まります。全体的に無難な味。

3月20日(月)

カンジャンセウ丼とミニうどんのランチセット(7000ウォン)@トゥクソム駅近くの日本風居酒屋くま

カンジャンセウ丼とミニうどんのランチセット(7000ウォン)@トゥクソム駅近くの日本風居酒屋くま

日本風居酒屋のランチタイム限定メニュー。お店の看板メニューであるカンジャンセウ(海老の醤油漬け)がご飯にのったカンジャンセウ丼!なぜか最近、カンジャンセウは日本風居酒屋のメニューに時々見かけます。つい数年前までは現地の人もほとんど知らなかったカンジャンセウ。ここ何年かでソウルでも扱うお店がホントに多くなりました。このカンジャンセウ丼はエビが3尾だけど、カンジャンセウのタレもかかっていてご飯&カンジャンセウのコンビネーションを十分に楽しめます。何より安いお値段で気軽にランチでいただけるのがイイ!

3月19日(日)

ラクサ(9000ウォン)とケサルポックンパ(奥10000ウォン)@現代シティアウトレット東大門のヤミカンポン

ラクサ(9000ウォン)とケサルポックンパ(奥10000ウォン)@現代シティアウトレット東大門のヤミカンポン

シンジョビーフン(8000ウォン)@現代シティアウトレット東大門のヤミカンポン

シンジョビーフン(8000ウォン)@現代シティアウトレット東大門のヤミカンポン

現代シティアウトレット東大門の地下にあるシンガポール風シーフード&中華のお店。現代シティアウトレットに行くたびに行きたかったけれど、いつも人が多すぎて入れなかったお店へ、この日は空席がいっぱいあったので久しぶりに!なぜかお揚げがトッピングしてあるラクサは、辛さ控えめでココナツのマイルドな風味がとっても美味~でも以前と比べて量がとっても減ったような?!麺が以前の半分ほどになったような気が・・・ケサルポックンパは、フツーに美味しい蟹チャーハン。カニの身もそこそこ入っています。ビーフンは韓国ではなかなか食べられないお味が美味しい焼きビーフン(*‘∀‘)

アップル・パルメザン・チーズケーキ(7900ウォン)とリンゴンベリーのヨーグルトスムージー(7500ウォン)など@東大門ドゥータ5階のFIKA

アップル・パルメザン・チーズケーキ(7900ウォン)とリンゴンベリーのヨーグルトスムージー(7500ウォン)など@東大門ドゥータ5階のFIKA

セムラやいろんなケーキなどスウェディッシュデザートが美味しいFIKA。ソウルに美味しいケーキやスイーツのお店が増える前からある、もはや元祖的な美味しいデザートカフェです。薄く切ったりんごののったチーズケーキは美味しすぎて一瞬で食べてしまった!甘すぎず上品で、チーズの具合もちょうどいい感じ。一番下には、ほろ苦いチョコクッキーを砕いたような黒い層があり、これがまたいいアクセントに。スウェーデンでよくとれるらしいリンゴンベリー(コケモモ)とヨーグルトのスムージーも美味しかったです!

3月17日(金)

ヤンパイコンボの羊串(羊カルビなどとセットで32000ウォン)@ヤンパイ

ヤンパイコンボの羊串(羊カルビなどとセットで32000ウォン)@ヤンパイ

オシャレな店内で超美味しい羊カルビや羊串がいただけるヤンパイ。ヤンパイコンボはヤンカルビ(羊カルビ)230gとヤンコチ(羊串)160gに海老串、まるごとニンニク串が2本ずつ付いたセット。まずは羊串をテーブルの炭火で焼きます。香ばしくてジューシーで幸せになる美味しさ!羊特有の「臭み」、というよりも「香り」と表現したくなる、そんな羊肉のうまみが濃厚に感じられます!
今日のナビごはん 【2017年3月編】 ヤンパイコンボの羊カルビ(羊串などとセットで32000ウォン)@ヤンパイ

ヤンパイコンボの羊カルビ(羊串などとセットで32000ウォン)@ヤンパイ

ヤンパイコンボの羊セン(生)カルビ。ヤンコチよりもさらにジューシーで柔らかく、かみしめると美味しい肉汁がじゅわりと染み出します。日本でも韓国でも今まで食べた中ではこれほど美味しい羊肉はなかなかないかも?!ガーリックチーズソースをつけても味が変わってDOOG。でも何もつけなくても美味しい!!おもわず単品をさらに追加。
テドンガン・ペールエール@ヤンパイ

テドンガン・ペールエール@ヤンパイ

「テドンガンペールエール」という名前のペールエール。デンマークのクラフトビール会社、ミッケラーと韓国のクラフトビール会社、ザ・ブース(The Booth)がコラボして作ったとか。テドンガン(大同江)は北朝鮮にある川の名前、またテドンガンメッチュ(大同江ビール)は実際に北朝鮮にあるビールの名前で、「テドンガンペールエール」という名前には「韓国のビールは北韓(北朝鮮)のビールよりも美味しくない」という、韓国のビールが不味いと皮肉った意味が込められているとか・・・ともかく、フルーティーでうますぎるクラフトビール!ビールはこういうもの、という概念が変わりそう。

ムノスッケ(30000ウォン)@トンへムノゴル

ムノスッケ(30000ウォン)@トンへムノゴル

タコをさっとゆでてスライスしたムノスッケ。韓国ではムノ(タコ)の一般的な食べ方。タコの歯ごたえと旨みがシンプルに感じられて、あっさりしているから2次会以降のおつまみにぴったり。

風味ユッケ(24000ウォン)@スワ

風味ユッケ(24000ウォン)@スワ

オシャレなワインダイニングバーでオススメのユッケを注文したら、花で飾られたとっても美しいユッケが!このビジュアルは感動。こんなにオシャレなユッケ、初めて見ました!お味もグッド!ワインにも合います。
直火焼き鳥盛り合わせ(14000ウォン)@スワ

直火焼き鳥盛り合わせ(14000ウォン)@スワ

ワインダイニングバーの串焼き盛り合わせ。お値段はちょっと高いけれど、丁寧に焼かれた感じがして、何よりお味もグッド!おなかがいっぱいでも美味しいおつまみを食べたいときにぴったり。焼き野菜がとってもジューシーです。

3月16日(木)

テジクッパ(6,000ウォン)@チャメスンデグッ釜山テジクッパ

テジクッパ(6,000ウォン)@チャメスンデグッ釜山テジクッパ

地味だけどとっても美味しい、釜山名物テジクッパのお店。ソウルで食べたことのあるテジクッパの中では一番かも?お肉の臭みが全く感じられず深い味わいのスープと多めに入ったプリプリの豚肉が美味。テジクッパとミルミョンが代表メニューのこちら、テジクッパは冬季(10~3月)のみで、夏季(4~9月)はメニューがミルミョンになるとか。しばらくこの味が食べられなくなるのは少し残念だけど、もう少ししたら食べられるミルミョンも楽しみ!

今日のナビごはん 【2017年3月編】 秀美チップ・ハニーマスタード味

秀美チップ・ハニーマスタード味

美味しすぎて初めて出たときはその味に衝撃を受けた!?韓国のポテチ、秀美(スミ)チップ。最近はハニーマスタード味も出ているんですね~しかも厚め波なみのウェイブシリーズ?スミチップ特有のポテチになっても感じられるジャガイモの美味しい味に甘いハニーとマスタードの味がそのまま生きていて、ウェイブだからか味がしっかりとなじんでいます。厚めで歯ごたえもDOOG。

3月15日(水)

今日のナビごはん 【2017年3月編】 即席トッポッキ(2人前12,000ウォン)にスンデ(3,000ウォン)とヤキマンドゥ(1,500ウォン)の具を追加@ソウルの森すぐ近くの33Haus

即席トッポッキ(2人前12,000ウォン)にスンデ(3,000ウォン)とヤキマンドゥ(1,500ウォン)の具を追加@ソウルの森すぐ近くの33Haus

即席(チュクソク)トッポッキはテーブルのお鍋で煮ていただくトッポッキ(餅の辛煮)。餅と一緒にインスタントラーメンなどの麺や野菜、オムク(練もの)などを煮込みます。2人前セットの即席トッポッキに、スンデ(韓国の腸詰め)とヤキマンドゥ(薄い揚げ餃子みたいなもの)を追加してボリュームたっぷりのトッポッキランチ。できて間もないお店だけど、ソースがとっても美味しいトッポッキでこれからハマりそう。お店はとってもオシャレでホントにカフェみたいなかんじ。お鍋も食器もインテリアもとってもかわいいし、今までもお洒落トッポッキ屋さんはたまにあったけど、このオシャレさは今まで見た中でもダントツかも!お昼時はお客さんで超いっぱいでした。

3月14日(火)

今日のナビごはん 【2017年3月編】 アルパプセット(7,000ウォン)@地下鉄ソウルスッ駅すぐ横のハルチャムチ

アルパプセット(7,000ウォン)@地下鉄ソウルスッ駅すぐ横のハルチャムチ

韓国にはチャムチ(まぐろ)の刺身の専門店がたまにあります。ほとんどのお店が食べ放題。こちらはそんなお店のランチセット。アルパプ(石焼きトビコご飯)にマグロの握り2貫とミニうどんが付いて7,000ウォンととってもお得!アルパプは韓国の日式(韓国で昔からある日本料理風の料理が出て来るお店)などの定番メニューで、トビコがたっぷりかかったご飯を熱々の石焼き釜で混ぜ混ぜしていただきます。トビコ入りの石焼きビビンバみたいなかんじ?!アツアツの石釜で混ぜるから、混ぜているうちにトビコに火が通ってプチプチに。この食感と香ばしいおこげも楽しめるのがアルパプのポイント。 このお店のは、キャベツと細切れキムチの具もたっぷり入っていて、全体的にちょっと甘めの味。まぐろ専門店だけあって、マグロの握りがおいしい。

3月13日(月)

カルグクス(6,500ウォン)@光化門と市庁の間あたりにあるミョンドンカルグクス

カルグクス(6,500ウォン)@光化門と市庁の間あたりにあるミョンドンカルグクス

なぜか最近、頻繁にテンギる(無性に食べたくなる)カルグクス。こちらは光化門や市庁の近くにあるのにミョンドンと付いたよくある名前のカルグクス屋さん。鶏と昆布とたくさんの野菜からとっていると聞いたスープが染みわたるようなお味で、細麺にもよくなじみ、シンプルだけどとっても美味しいカルグクスです。個人的にソウルのカルグクスで上位ランキングのカルグクス!!

3月12日(日)

黄金オリーブチキン(16,000ウォン)@BBQチキンで宅配

黄金オリーブチキン(16,000ウォン)@BBQチキンで宅配

久しぶりにフツーのフライドチキンが食べたくなって、フツーのフライドチキンが美味しいBBQで宅配。オリーブオイルで揚げるカリッとしたファングム(黄金)の衣がやっぱりおいしいくて、一気に食べてしまいましたー!ここのフライドはかすかーにピリ辛の下味がついているのもポイント。最近はいろんな変わり種チキンも多くてそんなのも美味しいけれど、やっぱりたまにはスタンダードなザ・フライドチキンが食べたくなります。

3月11日(土)

カルグクス(8,000ウォン)@明洞餃子

カルグクス(8,000ウォン)@明洞餃子

観光客にも地元の人にも人気の明洞グルメの代表、明洞餃子のカルグクス。ニンニクたっぷりの濃厚なスープと細めの柔らか麺につるっとしたワンタンみたいなマンドゥ(餃子)が超美味。キムチもすっごく辛いけれど美味。無料のミニご飯をスプーンですくって、スープにちょっと浸し、キムチをのせてほおばると、これまたファンタースティックなお味。近くの席の日本人の女の子が「これはクセになるわ~」と言っているのが聞こえてきました。そうですよねっ!(≧▽≦)

3月10日(金)

海鮮鉄板炒めチャジャン+ミニタンスユク(2人セットで25,000ウォン)@ソウルの森横の中華レストランwei

海鮮鉄板炒めチャジャン+ミニタンスユク(2人セットで25,000ウォン)@ソウルの森横の中華レストランwei

大きな公園「ソウルの森」横の高級マンション1階にある中華レストランの鉄板チャジャンミョン(韓国式ジャージャー麺)とタンスユク(韓国式酢豚)の2人セット。2人分のもともと混ぜ合わせて炒めてあるチャジャンミョンはオシャレな鉄板で運ばれてきて、鉄板の下で固形燃料の火を燃やし、冷めないように温めながらいただけます。海鮮の具もタマネギ、キャベツなどの野菜もたっぷりでおいしい!セットのミニタンスユクも衣がサクサクですっごくおいしい~ソースはチモッ(チゴモッヌン=つけて食べる)タイプで、衣のサクサク感をより楽しめます。ちなみにソースをかけて食べるスタイルはプモッ(プリョモッヌン)と言い、タンスユクは好みによってチモッ派とプモッ派に分かれます^^

3月9日(木)

キムチクリームパスタ(ランチセットで9,500ウォン)@トゥクソム駅近くのミテイブル

キムチクリームパスタ(ランチセットで9,500ウォン)@トゥクソム駅近くのミテイブル

先週も食べて美味しかったキムチクリームパスタにはまって、また同じものを注文。クリーミーなソースにキムチのかすかな辛味と酸味がいいかんじで、クリームのこってり味がキムチのおかげでちょっと緩和されるような。トッピングされた真空調理のチキンもやわらかで、ボリューム満点。具はほかにもキノコがたっぷり。付け合わせのマッシュルームスープとサラダも美味~

3月8日(水)

カンジャンケジャン定食(1人29,000ウォン×2人前)@三成洞のコッチ

カンジャンケジャン定食(1人29,000ウォン×2人前)@三成洞のコッチ

取材先で近所の美味しいお店と教えてもらったカンジャンケジャン(蟹の醤油漬け)のお店へ。お店にはミシュランガイドソウル2017に掲載されたとの看板があちこちに!?安いランチセットがあるときいていたので注文してみると、今はメニューにはないとのこと。せっかくなのでランチにしてはちょっと高いけど、蟹が1人1杯ずつ食べられるカンジャンケジャン定食に。おかずがとってもたくさん出てきました!んー、でもお値段の割にはカニが小さめ?蟹の新鮮さは問題なく、お味も悪くはないけれど、ちょっと濃い味でややしょっぱめ。ミシュランガイドに載ったということで期待しすぎた??でもカンジャンケジャンのトロトロの身をしっかり堪能できました!ちなみにこのお店、現地のブログをいろいろ調べてみると、先月あたりに価格を大幅に値上げしたみたい。それにしても「有名になってくると大幅に値上げしだす」お店はソウルでは珍しくないけれど、なぜか特にカンジャンケジャンのお店で多いのはなぜだろう・・・

3月7日(火)

ブチェサルステーキのランチプレート(ドリンク追加料金プラスで9,900ウォン)@ダブルハンドステーキ聖水ソウルの森店

ブチェサルステーキのランチプレート(ドリンク追加料金プラスで9,900ウォン)@ダブルハンドステーキ聖水ソウルの森店

片手で持って食べられるという斬新なスタイルのステーキで知られるお店のランチプレート。ランチタイムにはハンドステーキ(片手で持って食べられるステーキ)と同じ内容のものをプレートに盛ってもらえます。オフィスの近くにあり、リーズナブルに美味しいステーキが食べられるので時々行くこのお店、選べるお肉はいつものブチェサル(ミスジ)。柔らかジューシーでこのお値段にしてはホントに満足の美味しさ!今日はドリンクを1,000ウォン追加でマンゴーピーチにしてみたら、ものすごく大きなカップで出てきてびっくり!!飲み切れず、オフィスに持って帰って午後の勤務中にずっと飲み続けました。でもマンゴーピーチ、すっごく美味しかった!

3月6日(月)

カルグクス(7,000ウォン)@高速ターミナルのベテランカルグクス

カルグクス(7,000ウォン)@高速ターミナルのベテランカルグクス

個人的にソウル三大カルグクスの一つだと思っているベテランカルグクス。もとは全州のお店で、数年前にソウルに進出してきたカルグクスです。とろとろ溶き卵のスープに特徴的な細麺、それに海苔、粉唐辛子、エゴマの実の粗びき粉のトッピング。なんか全体的にチープだけど、すべての要素が合わさってものすごい絶妙なハーモニーを生み出しているような?!でもお値段はチープじゃないですね。エゴマの実の粉がとっても粗びきで、たまにプチプチとした食感が感じられるのもポイント。ちなみに個人的に思っているソウル三大カルグクスのあと2店は、超有名なあの明洞餃子と、光化門のあたりにあるのにミョンドンという名前がついたミョンドンカルグクスです。

3月4日(土)

ミルボッポゴメウンタン(17,000ウォン)@江南のトゥングルグァン

ミルボッポゴメウンタン(17,000ウォン)@江南のトゥングルグァン

個人的に江南駅近くで海鮮といえばココ!という、大邱からやってきた海鮮料理店のソウル支店。お店の代表メニューはポゴメウンタン(辛いフグの鍋)や、慶尚南道の港町、三千浦(サムチョンポ)直送の新鮮な魚介類を使った刺身など。こちらは韓国語でミルボッというマフグのメウンタン(辛い鍋)。昆布をたっぷり使ってダシをとるというスープにはお酢も入っていて、フグの味も染み出したさっぱり深い味わい。ニンニクもきいています。美味しいスープが胃に染みわたる~~というかんじです!
三千浦直送天然さしみ盛り合わせ(小70,000ウォン)@江南のトゥングルグァン

三千浦直送天然さしみ盛り合わせ(小70,000ウォン)@江南のトゥングルグァン

慶尚南道の港町、三千浦(サムチョンポ)直送の新鮮な魚介類を中心に使った刺身の盛り合わせ。モンゲ(ホヤ)、トルモンゲ(カラスボヤ)、アワビの刺身とさっと蒸したホタテが見た目も豪華に盛り付けられた後ろには、三千浦直送のいろんな白身魚のお刺身がいっぱい。安くはないけれど、小サイズでもかなり量があり、何よりその辺の刺身屋で食べるのとは味や質が全然違う!おいしすぎるお刺身盛り合わせです。
ポッティギム(30,000ウォン、写真は半分の量)@江南のトゥングルグァン

ポッティギム(30,000ウォン、写真は半分の量)@江南のトゥングルグァン

韓国のフグ料理は日本とはちょっと違うものもたくさんあるけれど、ポッティギムもその一つ。フグの天ぷらです。韓国のフグの天ぷらは、細長く切った身を厚めのカリカリ衣で揚げたもの。食感も良い香ばしい衣にフグの身の旨みがよく感じられます。特にこのお店のは超美味!!

3月3日(金)

プデチゲ(6,000ウォン×2人前)@トゥクソム駅近くの焼肉店テジマム

プデチゲ(6,000ウォン×2人前)@トゥクソム駅近くの焼肉店テジマム

オフィス近くの焼肉屋さんのランチメニューの一つ、プデチゲ。ネギはもちろんエノキやキャベツなどの野菜も入っているし、スパムやソーセージもたっぷり。手作りのおかずもいっぱい。そして専門店にも負けない美味しさ!いや、むしろ専門店ではこんなお値段ではいただけないかも?!

3月2日(木)

サルグクスのランチセットA(7,500ウォン)@薬水のポバウム・ベトナムサルグクス

サルグクスのランチセットA(7,500ウォン)@薬水のポバウム・ベトナムサルグクス

昔、近所にオフィスがあった頃によく行っていたサルグクスのお店で久しぶりにランチ。Aセットは現地化したベトナムのフォー、牛スープのサルグクスに東南アジアテイストのドレッシングがかかったサラダとデザートにはゴマ団子が付いて7500ウォンととってもお得。時々行っていたときはただ美味しくてそんなに高くないからと通っていたけれど、よく考えたらこのお値段でこんなサルグクスのセットがいただけるお店はそんなにないかも。薄切り牛肉も超たっぷり。

3月1日(水)

今日のナビごはん 【2017年3月編】 チュンムキンパ(7,000ウォン)@高速バスターミナルの新世界百貨店地下フード売り場

チュンムキンパ(7,000ウォン)@高速バスターミナルの新世界百貨店地下フード売り場

高速ターミナルでご飯の時間じゃないのにちょっとお腹がすいたので、ターミナルに連結している新世界百貨店地下でキンパを買ってフードコートのテーブルで腹ごしらえ。具なしの一口サイズで辛いイカの和え物とカットゥギ(大根の角切りキムチ)を一緒にいただくチュンムキンパを2人でシェア。シンプルだけど海苔の香りが際立ち食べやすい小さなキンパと辛いおかずで食が進みます!ただ作り置きだからか、作りたてよりもご飯が少し固め。そしてお値段高めなのはデパ地下だから?でもイカもカットゥも美味しかったです!

今日のナビごはん 【2017年3月編】 小籠包(8個で9,000ウォン)@高速ターミナルのパミエステーションにあるクリスタルジェイド

小籠包(8個で9,000ウォン)@高速ターミナルのパミエステーションにあるクリスタルジェイド

本格的な点心が食べられる世界のチェーン店で小籠包。あつあつの肉汁スープたっぷりの小籠包は言うまでもなく美味!他に焼き餃子や上海式春巻きなどをいただきました。安いお店じゃないけれど、このクオリティーなら意外とリーズナブルかも?
ワンタン麺(9,000ウォン)@高速ターミナルのパミエステーションにあるクリスタルジェイド

ワンタン麺(9,000ウォン)@高速ターミナルのパミエステーションにあるクリスタルジェイド

ご飯モノはワンタン麺と海老チャーハン。両方美味しかったけれど、特につるつるワンタン入りあっさりスープのワンタン麺がとっても美味しくてボリュームもあり。ワンタンにはお肉がぎゅっと詰まっています。

いかがでしたか?スタッフのリアルな実態をさらすようで、ちょっと恥ずかしいのですが、ちょっとでも参考になれば幸いです。またご紹介した料理のお店はできるだけナビでも紹介したいと思います。まだ紹介していないお店はもう少しお待ち下さい!では、来月もお楽しみに!以上、ソウルナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-03-31

ページTOPへ▲

その他の記事を見る