スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

今日のナビごはん 【2017年4月編】

今日は何を?ナビスタッフが日々食べているごはんをご紹介~

4月22日(土)

北村グッシ(4,500ウォン)@北村ソンマンドゥ

北村グッシ(4,500ウォン)@北村ソンマンドゥ

セウティギムマンドゥ(2個3,000ウォン)とカルビマンドゥ(4,000ウォン)@北村ソンマンドゥ

セウティギムマンドゥ(2個3,000ウォン)とカルビマンドゥ(4,000ウォン)@北村ソンマンドゥ

マンドゥ(韓国式餃子)の人気チェーン店、北村ソンマンドゥでお気に入りの3品。北村グッシはチャンチグクス、温かい煮干しダシスープの素麺と、エビが一匹入った大きなセウティギムマンドゥ(海老揚げ餃子)に、カルビ入りのカルビマンドゥ。ここのチャンチグクスは食欲がない時でも美味しくいただけるやさしいお味。スープのダシも結構きいています。カルビマンドゥは甘めのお肉が美味しくて、細長く巻かれているから食べやすく、あっという間に食べてしまいます。2人で軽くシェアするのにちょうどいい量!

4月21日(金)

アシアナ航空のビジネスクラス機内食(仁川から新千歳国際空港行きの便)

アシアナ航空のビジネスクラス機内食(仁川から新千歳国際空港行きの便)

ソウル仁川から札幌の新千歳国際に行く飛行機で、いろいろあってビジネスクラスに乗ることに。普段は見ることのないビジネスクラスの機内食。メインディッシュは牛丼か鶏胸肉の胡椒焼きが選べ、チキンを選択。ブルーチーズソースと焼き野菜付きです。お肉は柔らかで、これでもか!というくらい黒コショウに包まれていました。でもチーズのソースでマイルドに。サラダのハムもブラックペッパー。それにしても短い距離のフライトとはいえ、国際線ビジネスクラスの機内食に牛丼なんかも出るんですね~

4月20日(木)

スンデクッパ(7,000ウォン)@ソン博士市場スンデクッパ

スンデクッパ(7,000ウォン)@ソン博士市場スンデクッパ

トゥクソム駅近くに新しくできたスンデクッパ屋さんへ。半透明に白濁したスープは漢方と一緒に煮込んだそうで、とっても美味しい!臭みも全くありません。スンデ(韓国式豚の腸詰め)はお店で作ったものではないみたいだけど、真っ黒じゃない初心者でも食べやすそうなマイルドなタイプ。柔らかいお肉も結構入っていました。焼酎が飲みたくなるスンデクッパ。

4月19日(水)

チーズタッカルビ(ランチタイム価格で2人前18,000ウォン)@チャンインタッカルビ明洞店

チーズタッカルビ(ランチタイム価格で2人前18,000ウォン)@チャンインタッカルビ明洞店

鉄板の上のとろけたチーズを甘辛いタッカルビ(鶏と野菜の甘辛炒め)に絡めていただくチーズタッカルビ。同じようにしていただくお店はたくさんあるけれど、こちらはチーズがタッカルビの間を流れる川のようになったビジュアルで、インパクト大!辛さはスナンマッ(控えめ)、ポトン(普通)、メウンマッ(辛め)から選べるんですが、のどが痛いので辛い物は控えようとスナンマッにしてみるとあまりにも辛くなくてちょっと物足りなかったかも?!チーズに絡めるなら、ある程度辛いほうが美味しそうです。ここ何年かチーズたっぷりフードが流行している韓国、他にもとろけたチーズを絡めていただくいろんな食べ物が話題になっていますが、たいがいはチーズが意外と早く固まってしまうので、これ系はなるべく早く食べるのがオススメ。こちらのお店にはランチタイムにはお得なセットメニューもあります。

4月18日(火)

コンナムルクッパ(7,000ウォン)@ビサボル全州コンナムルクッパ

コンナムルクッパ(7,000ウォン)@ビサボル全州コンナムルクッパ

オフィスの近くにあるけれど、ランチタイムにはいつも行列で行きたかったけれど行けなかったコンナムルクッパ(豆もやしスープご飯)お店へ初めて行けました!メニューはコンナムルクッパとモジュ(マッコリに薬草を入れて煮込んで冷やしたもの)のみ。半熟卵が別容器に入って出てくる、いわゆる全州の南部市場式のコンナムルクッパです。ご飯は別に出てくるスタイル。ほとんど毎日行列を見ていたので、どれくらい美味しいんだろう?と思って食べてみると、自然なダシの風味の濃いすっきりスープがとっても美味しく、期待を裏切らない、そして行列ができるのも納得できる味!お店に貼ってある説明によると、20種類以上の食材を24時間煮込んだスープとか。本場全州で食べるコンナムルクッパと比べたら、豆もやしの鮮度が若干落ちる気はするけれど、ソウルのコンナムルクッパではかなりレベルが高いのでは。たっぷりの豆もやしの他にもイカの身が少し入っています。全州の有名店のチェーン店が最近はソウルにもたくさんあるけれど、チェーン店はイカの具が追加オプションなので、お値段は同じかな。コンナムルクッパに7,000ウォンは高い気はするけれど、ソウルの相場ですね。

4月17日(月)

テジカルビチムの日替わり定食(1人6,000ウォン)@オフィス1階の食堂

テジカルビチムの日替わり定食(1人6,000ウォン)@オフィス1階の食堂

オフィスのあるビル1階の食堂は高めで味が全体的にイマイチなのでそんなに行かないけれど、雨の日やすごく寒い日など外に出るのが億劫な時は重宝する存在。雨の日に久しぶりに行ってみると、日替わりペッパン(定食のようなもの)が新しくメニューに始まっていました。この日はテジカルビチム(骨付き豚カルビの煮込み)で、どのテーブルを見てもこのメニューが。美味しそうなので注文してみると、骨付き豚カルビは骨からお肉がほろりと外れるくらい柔らかく煮込まれていて、甘めの味付けもなかなかイケる!ただ、お肉が全部外れてしまって骨だけになったものも多かったけれど・・・でもこのお値段でテジカルビチムがいただけるのは、うれしいトコロ*^^*

4月16日(日)

うなぎ塩焼き(1㎏39,000ウォン)@ソウル大のほうのプンチョン・ミンムルジャンオグイ

うなぎ塩焼き(1㎏39,000ウォン)@ソウル大のほうのプンチョン・ミンムルジャンオグイ

テーブルの上の網で焼肉のように焼く韓国式のチャンオグイ(うなぎ焼き)。普通、ヤンニョム(唐辛子味噌ベースの辛いタレ焼き)かソグムグイ(塩焼き)を選べますが、ウナギに自信のあるお店ならやっぱり塩焼きが美味しい!炭火で焼いて、韓国のうなぎ焼きに必ず付いてくる生姜の千切りと一緒にエゴマの葉に包んでいただくと、脂っぽさも緩和されてどんどんいただけちゃいます。安いうなぎのお店がなぜか多いソウル大駅からナクソンデ駅にかけてのエリア。冠岳山など山が近くて登山客が多いから?セルフで焼かなくちゃいけないし、付け合わせのおかずはそんなに出てきませんが、お値段は他のエリアと比べるととってもリーズナブルです。以前も行って美味しかったこちらのお店。うなぎがすごく大きくてやっぱり美味しかった!

4月14日(金)

今日のナビごはん 【2017年4月編】 トリガイしゃぶしゃぶ(2~3人前50,000ウォン)@2002フェッチッ

トリガイしゃぶしゃぶ(2~3人前50,000ウォン)@2002フェッチッ

個人的に春に必ず食べたい韓国海鮮料理といえばチュクミシャブシャブ(イイダコしゃぶしゃぶ)とセチョゲシャブシャブ(トリガイしゃぶしゃぶ)。セチョゲシャブシャブはもともと全羅南道の麗水(ヨス)など南海岸地方の料理で、ソウルではやっているお店がそんなに多くないんですが、会社の近くの刺身屋さんの前を通りかかるとセチョゲシャブシャブの張り紙が!さっそく金曜日の晩に行ってみました!普通は殻から外されている身をしゃぶしゃぶするセチョゲシャブシャブですが、こちらのお店は殻付きの貝が出てきてびっくり。初めて見ました。でも生きているから生でも食べられるくらい新鮮なトリガイはさっと火を通していただくと悶絶するくらいのウマさ。ぷりぷりで、かみしめたらジュワっと貝の旨みが。量もめっちゃ多く、春の味覚をたっぷりと堪能できました!

風味ユッケ(24,000ウォン)@薬水のスワ

風味ユッケ(24,000ウォン)@薬水のスワ

先月発見してお気に入りのワインダイニングバーの花ユッケ!やっぱりこのビジュアルは気分がアップ♪お味のほうも、もちろんグッド!お肉の下には細切り山芋が敷かれていて、そんなところもGOOD^^b
イルプンジンロ(1本25,000ウォン)@薬水のスワ

イルプンジンロ(1本25,000ウォン)@薬水のスワ

ワインの他にもいろんなお酒があるこちらのお店。とっても美味しいイルプンジンロ(一品眞露)はハイト眞露から出ている高級焼酎で、おなじみの韓国焼酎、チャミスルなどのように希釈式ではなく、米を原料にブナの樽で10年以上熟成させたという本格純米焼酎。アルコール度数は25度と強めだけど、ブランデーのようにまろやかで、甘い香りがホントに一品!最近は扱うお店が多くなってきたような気がします。1次会でもセチョゲシャブシャブがあまりにも美味しいので焼酎がだいぶ進んでしまいましたが、ユッケにイルプンジンロも美味しくて女子2人であっという間に1本空けてしまいました~

4月13日(木)

今日のナビごはん 【2017年4月編】 焼肉屋さんのランチタイム日替わり定食(5,500ウォン)@聖水洞のチョンジュッコル食堂

焼肉屋さんのランチタイム日替わり定食(5,500ウォン)@聖水洞のチョンジュッコル食堂

ソウル東部の聖水洞には有名なテソンカルビをはじめとするテジカルビ(豚カルビ焼肉)のお店が集まるエリアがあり、ナビオフィスもすぐ近く。そのテジカルビ屋さんの一つで、ランチタイムに日替わりペッパン(定食のようなもの)をやっているお店があるので行ってみました。この日のメインはタットリタン(鶏と野菜の辛煮)、汁物はスッ(よもぎ)入りのテンジャングッ(味噌汁)と、数種類のおかず。お値段は1人5,500ウォンと安いのにおかずも多く、どれもとっても美味しい!タットリタンはザ韓国家庭料理といったお味で、春らしいヨモギのテンジャングッもほっとするお味~

4月12日(水)

テジクッパ@トゥクソム駅近くのチャメスンデグッ釜山テジクッパ

テジクッパ@トゥクソム駅近くのチャメスンデグッ釜山テジクッパ

オフィス近くのとっても美味しい釜山名物テジクッパ屋さん。肉の味のきいたすっきりスープに、お肉もたっぷり。メニューは冬はテジクッパ、夏はミルミョンになり、4月はちょうど切り替わりの時期だけど、20日くらいまではテジクッパとのこと。たぶん今季最後の美味しいテジクッパがいただけて満足。ソウルで食べるテジクッパの中で、いちばん釜山で食べたのに近く、いちばんおいしいかも!

4月10日(月)

江南ロゼパスタ(ランチセットで9,500ウォン)@トゥクソム駅近くのミテイブル

江南ロゼパスタ(ランチセットで9,500ウォン)@トゥクソム駅近くのミテイブル

真空調理法で調理した柔らかチキンののったロゼ(トマトクリーム)ソースパスタ。半熟の目玉焼きでいっそうマイルドに。でもやっぱりいつも食べるキムチクリームパスタが美味しいかも?!

4月8日(土)

麻辣湯(6,000ウォン)@大林洞チャイナタウンの鳳仙麻辣湯

麻辣湯(6,000ウォン)@大林洞チャイナタウンの鳳仙麻辣湯

本場っぽい中華料理が食べたくて定期的に出かける大林洞チャイナタウン。今日は現地のブログで一番有名なお店へ。このチャイナタウンは韓国語が通じないお店がほとんどだけど、ここには韓国語のメニューまでありました。このチャイナタウンでは初めて見たかも。代表メニューの麻辣湯(マーラータン)は、具材をセルフで選ばなくてはならないお店が多い中、注文するだけでお店で勝手に作って持ってきてくれるのが面倒ではなくグッド。具は肉、野菜、練り物、うずら、乾豆腐などほんとにいろいろ入っていて、スープは激辛。焼酎にもよく合います。辛くて香辛料もよくきいているけれど、たぶん食べやすい麻辣湯。
テンジャンカジ(12,000ウォン)@大林洞チャイナタウンの鳳仙麻辣湯

テンジャンカジ(12,000ウォン)@大林洞チャイナタウンの鳳仙麻辣湯

麻辣湯と一緒に注文したテンジャンカジは、茄子の味噌炒め。これもちょっとピリ辛。でも油を吸ってとろっとろのナスに甘辛いテンジャン(味噌)ダレがすーっごくおしい!豚肉の細切りも少し入っています。こんな本場っぽい中華味を楽しめるのも、このチャイナタウンのいいところ^^

アワビ刺身(3個で12,000ウォン)+ケブル(8~9匹分13,000)@九老高大病院サゴリ近くのクァンオトゥマリ15000&ポジャンジョンムン

アワビ刺身(3個で12,000ウォン)+ケブル(8~9匹分13,000)@九老高大病院サゴリ近くのクァンオトゥマリ15000&ポジャンジョンムン

激安の刺身屋。もとはテイクアウト専門だけど、広い店内には簡易テーブルもたくさんあり、買った刺身を店内でも食べられるスタイルのお店です。お酒は持ち込みで、ほとんどのお客さんはお店のすぐ近くにあるコンビニで調達。アワビが3個で12000ウォンという驚きの安さ!そんなに大きくはないけれど、しっかりと美味しいアワビのお刺身がいただけます。ケブル(ユムシ)よりもアワビが安い?!おもわずアワビをもう一度注文してしまいました。
アナゴのセコシ(1匹分14,000ウォン)@九老高大病院サゴリ近くのクァンオトゥマリ15000&ポジャンジョンムン

アナゴのセコシ(1匹分14,000ウォン)@九老高大病院サゴリ近くのクァンオトゥマリ15000&ポジャンジョンムン

アナゴは韓国語でも通称アナゴ。セコシという小骨付きの刺身でいただきます。でも小骨も細かく切られてあるのでそんなに気になりません。慣れると歯ごたえと、骨のすぐ周りの味の濃い身(たぶん)で、とっても美味しくいただけます。アナゴも一匹14,000ウォンと驚きの安さでした。

4月7日(金)

今日のナビごはん 【2017年4月編】 桜の香りピンクバーガー(2,500ウォン)@コンビニGS25

桜の香りピンクバーガー(2,500ウォン)@コンビニGS25

GS25から出た異色の「桜の香りピンクバーガー」。前日に写真を撮ったピンクバーガーを翌日の朝に食べてみました。切ってみるとパンの断面もピンク色。照り焼き味のお肉とマヨネーズ、タマネギスライスがサンドされています。思ったよりも悪くない味。決して質が高いとはいえないコンビニのいかにも加工品のようなハンバーガーパティや安っぽい照り焼きソースの味をタマネギが引き締めています。パンが思ったよりパサついていなかったところもイケていました。コンビニのハンバーガーなんて5年以上ぶりに食べたかも?!ちなみに桜の味や香りはしません。

メキシカン料理1~2人セットのチキンブリトー(サラダ、シュリンプタコスとセットの2人分で15,000ウォン)@聖水洞のキッチンローディング

メキシカン料理1~2人セットのチキンブリトー(サラダ、シュリンプタコスとセットの2人分で15,000ウォン)@聖水洞のキッチンローディング

メキシカン料理1~2人セットのシュリンプタコスとサラダ(チキンブリトーとセットの2人分で15,000ウォン)@聖水洞のキッチンローディング

メキシカン料理1~2人セットのシュリンプタコスとサラダ(チキンブリトーとセットの2人分で15,000ウォン)@聖水洞のキッチンローディング

オフィス近くのメキシコ料理屋さん。以前は無かった、タコス、ブリトー、サラダのお得な2人セットができていました。チキンブリトーは具が豆、野菜、チキン、ライスなどのパンパン。シュリンプタコスはフライされたエビが大きめでプリプリ。もはや包めないほどだけど、エビをがっつり食べた気になれてGood!1人当たり7,500ウォンでメキシカンなメニューをおなかいっぱい食べられるお得なセットです。

4月6日(木)

特メイ寿司(12貫にいろいろ付いて15,000ウォン)@トゥクソム駅近くのメイスシ

特メイ寿司(12貫にいろいろ付いて15,000ウォン)@トゥクソム駅近くのメイスシ

トゥクソム駅近くにできて間もないみたいな日本風のお寿司屋さん。リーズナブルに日本風のお寿司が食べられるというウワサをきいて行ってみました。お寿司のセットはお店の名前がついたメイ寿司と特メイ寿司があり、それぞれ12貫にサラダ、デザート、テーブルにつき一つのトゥッペギ(韓国の土鍋)入りうどんなどが付いてボリュームは満点。注文した特メイ寿司には韓国らしいカンジャンセウ(海老の醤油漬け)の握りが付きます。いつからか韓国の日本風寿司の定番メニューとなったカンジャンセウ握り。特の割にはネタが地味だけど、うどんなども付いてくるしお値段からするとこんなもん?ぷりっぷりで肉厚のカンジャンセウとウナギの握りは美味しかったけれど、他のはなぜか鉄臭さ?が感じられて・・・包丁の管理がよくないのかな??あと、シャリが崩れやすいため、ガリに醤油を浸して寿司に塗って食べるというスタイルがユニーク。シメにはなぜか、ムグンジ(深漬けキムチ)の握りも出てきます。

4月5日(水)

プライム牛ロースステーキ丼(10,900ウォン)@明洞のStack Up Steak

プライム牛ロースステーキ丼(10,900ウォン)@明洞のStack Up Steak

明洞にある、気になっていたお店へ。ウワサではステーキ丼が安くてウマいとか。メニューには丼を中心にご飯モノがたくさんあって、チャドルバギ焼肉丼やプルコギ丼など韓国テイストを取り入れた創作丼や、リーズナブルなドリア、ピラフ、麻婆丼といった韓国にはあんまりないメニューも気になるけれど、初めてだしお店のオススメマークも付いたプライムアンシムステイクトッパッ(プライム牛ロースステーキ丼)を注文。全体的に量は少なめだけど、個人的にはヨシ。ミディアムレアに焼かれたお肉がそこそこ入っていて、焼き野菜と生野菜のトッピングもあり。個人的にはお肉より焼き野菜のほうが美味しかったような?!何だかやたらと酸っぱめのソースがたくさんかかっていて、個人的にリピはないかも・・・でも明洞で手軽に一人ご飯ができるし、次は他のメニューに挑戦してみたいところ。

4月4日(火)

チキン丼(5,800ウォン)@funnyzoo kitchen

チキン丼(5,800ウォン)@funnyzoo kitchen

日本風の丼ものやカレーが安くてウマいと地元で密かに人気の食堂。お店はそんなに大きくなく、お昼時は常に満席で待っている人もいるくらいなので、今まで行きたかったけれど行けなかったお店に今日は珍しく空席があったので初めて行くことができました!こちらはチキン丼、チキン唐揚の丼。半熟とろとろの目玉焼きと、ニンニク、ショウガなどの風味がきいていてカリッと揚がったまさに日本の美味しい唐揚げがのっていて満足の味!でも汁がかなり多め。つゆだくがこのお店の標準?10年ほど前、日本風の丼がまだ一般的ではなかった頃に、カツ丼を注文したらつゆだくすぎてクッパのようになったカツ丼が出てきたのを思い出しました~ でもまあ、ツユも美味しかったのでヨシ。次回からはツユ少なめで注文しなくては。

4月3日(月)

トロサーモン丼(ミニうどん付きランチセット8,500ウォン)@日本風居酒屋くま

トロサーモン丼(ミニうどん付きランチセット8,500ウォン)@日本風居酒屋くま

ランチメニューがリーズナブルな日本風居酒屋のヨノペッサル(トロサーモン)丼。脂ののったサーモン刺身がたっぷりトッピングされています。醤油をかけていただくのではなく、サーモンの下のご飯に照り焼きソースみたいなタレがかかっていて、さらにご飯には玉ねぎスライスも。サーモン、照り焼きタレ、玉ねぎのハーモニーがとってもいいかんじ!

4月2日(日)

今日のナビごはん 【2017年4月編】 プリンクル(ハンマリ17,000ウォン)@bhcチキンで宅配注文

プリンクル(ハンマリ17,000ウォン)@bhcチキンで宅配注文

いろんな味のチキンがあるbhcのプリンクルはカリッと揚げたフライドチキンにブルーチーズ、チェダーチーズ、玉ねぎ、ニンニクを混ぜ合わせたシーズニングがまぶされたチキン。甘いクリームチーズのようなソースも付いてきます。bhcでは大好きなマッチョキンを選ぶことが多いけれど、チーズ味が食べたくて久しぶりに注文。前回食べたときよりも美味しいような?チーズの風味がすごくするわけじゃないけれど、bhcらしくやっぱりしっかり濃い味です。ビールが進みます。チキンというと、最近BBQから新発売されたココナツチキンも気になる~

4月1日(土)

今日のナビごはん 【2017年4月編】 黒豚焼肉(600g盛り合わせ57,000ウォン)@トンサドン

黒豚焼肉(600g盛り合わせ57,000ウォン)@トンサドン

フッテジ(黒豚)焼肉専門店の黒豚盛り合わせ。今日はまた一段とぶ厚いお肉が出てきました!でもスタッフが丁寧に焼いて切ってくれるので安心。脂身まで香ばしくて美味しい黒豚。少しお値段はする(韓牛焼肉の安いお店並み?!)けれど、その価値はある焼肉です!
漢拏山焼酎(5,000ウォン)@トンサドン

漢拏山焼酎(5,000ウォン)@トンサドン

黒豚にはやっぱり韓国では黒豚の本場、済州の漢拏山(ハルラサン)焼酎!すっきりしていて韓国焼酎の中では甘すぎず、韓国のご当地焼酎では一番おいしいのでは。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-04-21

ページTOPへ▲

その他の記事を見る