スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

今日のナビごはん 【2017年5月編】

今日は何を?ナビスタッフが日々食べているごはんをご紹介~

5月21日(日)

ミヨッペッパン/わかめスープ定食(7,000ウォン)@黄鶴洞にある黄金スパの食堂

ミヨッペッパン/わかめスープ定食(7,000ウォン)@黄鶴洞にある黄金スパの食堂

黄鶴洞にあるチムジルバン、黄金スパの食堂でお風呂上りにわかめスープ定食。キムチ、ナムルに焼き魚、チャプチェとおかずがいっぱい!主役のわかめスープも、とっても大きな器になみなみと入っていました。お味のほうも、どれもイケる!わかめスープはチムジルバンの定番メニューだけど、チムジルバンの食堂でこんなに充実したわかめスープ定食は初めて見ました!

5月20日(土)

皮蛋豆腐(12,000ウォン)@光化門の中国東北料理専門店トンベイ

皮蛋豆腐(12,000ウォン)@光化門の中国東北料理専門店トンベイ

光化門駅の近くで偶然見つけた、中国東北料理専門店へ。最近できたお店のよう。大好きなピータンがあったので注文してみると、とっても美味しい!細かく切ったピータンと崩した豆腐を和えて塩で味付けしています。あっさりとしていながらも豆腐の香りとピータンの濃厚な味が両方生きています。トッピングの香菜もイイ!
長ねぎと羊肉の炒め物(18,000ウォン)@光化門の中国東北料理専門店トンベイ

長ねぎと羊肉の炒め物(18,000ウォン)@光化門の中国東北料理専門店トンベイ

羊の薄切り肉と長ねぎの炒め物。シンプルだけど、羊肉の味が異国チック。本格的な中華な味がたまらない!お酒が進む味。でもご飯のおかずにも良さそう。

もつ鍋(1人前14,900ウォン×3人前)@やまや光化門店

もつ鍋(1人前14,900ウォン×3人前)@やまや光化門店

先週末にも乙支路ペロムタワー店へ行ったけれど、2週連続で行くことになった日本のもつ鍋チェーン店、やまや。今週は光化門にあるお店で、あごだし醤油のもつ鍋3人前を注文。先週の乙支路店で注文した2人前セットの鍋よりも、モツの量が多い!2人前と3人前との違いはあるとはいえども、1人当たりの量は明らかにたくさん入っていて満足。ちなみにここの支店は唐辛子がテーブルになく、言うともってきてもらえます。一緒に注文したハイボールがあまりにも薄いので、2杯目はちょっと濃いめに、とお願いしたところ、とっても濃いのが出てきて、1杯あたり1500ウォンの追加料金がかかりました。そして周りのお客さんはカップルばかり。でもとっても美味しくいただきました!

5月19日(金)

ヤンソンジヘジャングッ(7,000ウォン)@聖水洞韓牛ヘジャングッ

ヤンソンジヘジャングッ(7,000ウォン)@聖水洞韓牛ヘジャングッ

二日酔いの時はやっぱりヘジャングッ(酔い覚ましスープ)。こちらはヤン(牛ミノ)など牛モツとソンジ(牛の血の寄せ物)ががっつり入ったヘジャングッです。二日酔い解消に効くという豆もやしも入っています。辛ずぎずちょっとしょっぱいスープで胃が温まるかんじ。食べながら汗をいっぱいかきました!

5月18日(木)

今日のナビごはん 【2017年5月編】 クリームカレーうどん(11,000ウォン)@ソウル駅のトッキジョン

クリームカレーうどん(11,000ウォン)@ソウル駅のトッキジョン

このクリームカレーうどんで有名になったお店。ほんのり甘じょっぱいクリームの下には、カレーを絡めたうどんと、小さめに切って炒めたキャベツとベーコン、ニンジンなどの具が入っています。カレー味とまろやかなクリームがなかなか合っていて思ったより美味しいけれど、炒めたキャベツが舌に残ってキャベツだけがちょっと合わないかも??元祖日本のクリームカレーうどんとの味の違いが気になる!

5月17日(水)

クリームトマトカレーに、しし唐ベーコンオムレツをトッピング(7,500ウォン)@ミミエカレー

クリームトマトカレーに、しし唐ベーコンオムレツをトッピング(7,500ウォン)@ミミエカレー

日本風の手作りカレーが安くいただけるカレー屋さん。カレーソースとトッピングを自由に組み合わせることができます。今日はクリームトマトカレーに、しし唐ベーコンオムレツをトッピング。オムレツがトロトロで美味~ カレーに半熟卵って合いますよね。でも韓国のしし唐は日本より辛いのが多いような?!しし唐でかなりの辛口になりました!

5月16日(火)

チュオタン(7,000ウォン)@本家南原ゴルチュオタン

チュオタン(7,000ウォン)@本家南原ゴルチュオタン

寒い季節によく食べたチュオタン(韓国式どじょう汁)のお店へ久しぶりに。オフィスの近くの美味しいお店のチュオタンはやっぱり安定の美味しさ。挽いたドジョウ入りのまろやかなスープは、生のニラと山椒、それに青唐辛子を少し入れると味が引き締まります!ドジョウは韓国でもスタミナ料理と言われるけれど、食べると元気が出るような気が!

黒豚焼肉(600gで57,000ウォン)@トンサドン

黒豚焼肉(600gで57,000ウォン)@トンサドン

とっても美味しい黒豚焼肉の専門店。いつも超肉厚で、脂身まで超美味しい!その美味しさは韓牛焼肉の上をも行くかも?!安くはないけれど、それだけ満足できるお味です。お店のスタッフが丁寧に焼いてくれるのも、美味しさの秘密のよう。

5月15日(月)

ソースかつ丼(6,000ウォン)@ファニーズーキッチン

ソースかつ丼(6,000ウォン)@ファニーズーキッチン

かつ丼や牛丼、カレーなど日本のご飯モノメニューが安くてウマいと地元で密かに人気のオシャレ食堂のソースかつ丼。韓国でソースかつ丼のメニューは珍しいかも。でも、フツーのかつ丼のお汁がかかったご飯に半熟卵とソースがまぶされたトンカツがのった、ちょっと変わったオリジナルのスタイル。さらにかつお節のトッピングも。ソースに浸されたトンカツとキャベツののった日本のソースかつ丼とは違うけれど、これはこれでまあまあイケます。トンカツが肉厚で上手に揚がっていて、これで6,000ウォンはやっぱり安い!そしてやっぱりツユが多め。このお店は丼のつゆが多めなので、少なめに注文したかったけれど、まさかソースかつ丼にかつ丼のおツユがかかっているとは思わず・・・

5月14日(日)

カフェラテ(5,500ウォン)とチョコレートラテ(6,000ウォン)とバナナプディング(6,000ウォン)@付岩洞のオリオール

カフェラテ(5,500ウォン)とチョコレートラテ(6,000ウォン)とバナナプディング(6,000ウォン)@付岩洞のオリオール

南山の南の麓に広がる住宅街、ヘバンチョン(解放村)を久しぶりに散策。すぐ横のトンネ(町)、付岩(フアム)洞を通って南山図書館のほうへ行こうと歩いている途中に、オシャレそうなカフェが並ぶ通りがあったので、そのうちの一つに入ってみました。生クリームがたっぷりのった、白いバナナプリンが美味しかった!ホットチョコは激甘だったけれど、ラテもコーヒーが好きな味。お店は2階建ての建物で、屋上にもテーブルがあり、とっても眺めがいいとか。あとで調べてみると、眺めの良いルーフトップバーとして密かに人気のお店だったよう。昼はカフェ、夕方からバーになるそう。今度はバータイムにお酒を飲みにいきたい!

5月13日(土)

もつ鍋(唐揚げ、サラダ、刺身のあえ物、生ビール×2杯との2人セットで66,000ウォンくらい)@乙支路のやまや

もつ鍋(唐揚げ、サラダ、刺身のあえ物、生ビール×2杯との2人セットで66,000ウォンくらい)@乙支路のやまや

唐揚げ(もつ鍋、サラダ、刺身のあえ物、生ビール×2杯の2人セットで66,000ウォンくらい)@乙支路のやまや

唐揚げ(もつ鍋、サラダ、刺身のあえ物、生ビール×2杯の2人セットで66,000ウォンくらい)@乙支路のやまや

日本のもつ鍋が食べたくなり、日本からやってきたもつ鍋のチェーン店へ。できたばっかりの頃は結構何度も行ったけれど、久しぶりに行ってみました。もつ鍋+唐揚げ+刺身の和え物+サラダに生ビールが2杯付いて66,000ウォンくらい(※値段訂正しました)のお得なセットを注文。もつ鍋はスープが選べるうちの、あごダシ醤油?です。相変わらず日本のフツーに美味しいもつ鍋の味でおいしい!でもキャベツがやたらと大きく、たぶん1/4個に切ったキャベツをそのまま投入したような・・・思わず韓国式に「ハサミ貸してください!」と言いたくなりましたが、日本系のお店なので何となく言えず。もう少しでいいので小さく切ってほしいですね。そしてモツが少ない!セットだから?一回目にお椀に2人分を取り分けたら、もう無くなってしまいました。でもその他の唐揚げやさしみの和え物は量があったので、お腹いっぱいになりました^-^刺身の和え物はハマチの醤油漬けで、カリッとしたしっかり味の唐揚げも両方おいしかった~ちなみに他のテーブルの韓国人はピリ辛味のもつ鍋を注文している人が多く、こちらはかなりの辛口のようです。

5月12日(金)

ランチのパエリア(7,000ウォン)@オフィスのあるビル1階のDISHES

ランチのパエリア(7,000ウォン)@オフィスのあるビル1階のDISHES

ナビオフィスのあるビルの1階に新しくできたレストランバーのランチメニュー。パエリアか手作りハンバーガーが選べるうちのパエリアにしてみました。お米はインディカ米でシーフードは冷凍モノのよう。すっごく美味しいというかんじじゃないけれど、このお値段でランチにパエリアが気軽に食べられるならいいかも。大鍋で作ったパエリアを1人前ずつお皿に盛って出してくれるスタイルです。そうそう、トッピングされたソーセージがびっくりするくらい塩辛かった!でもクセになるようなかんじで全部食べました!ソーセージ1本でビール1杯はいけそう?!

5月11日(木)

スンデクッパ(7,000ウォン)@ソン博士市場スンデクッパ

スンデクッパ(7,000ウォン)@ソン博士市場スンデクッパ

もとからしっかり味のついたまろやかなスープと、真っ黒じゃないスンデ(韓国式豚の腸詰)にプリプリのお肉がとっても美味しいスンデクッパ。クッパといってもご飯は別に出てきます。お肉はたっぷり。コラーゲンもたっぷり入ってそう!臭みは全くありません。

5月10日(水)

プデチゲ(8,000ウォン×2人前)+ラーメン追加(1,500ウォン)@33HAUS

プデチゲ(8,000ウォン×2人前)+ラーメン追加(1,500ウォン)@33HAUS

オシャレなカフェのようなインテリアの中、プデチゲとトッポッキが食べられるお店のプデチゲ。2人前にラミョンサリ(インスタントラーメン追加)を注文。久しぶりに来てみるとメニュー構成が変わっていて、プデチゲの様子もだうぶ変わったような?以前は2人前のセットで14,000ウォンにもとからラーメンやタンミョン(春雨)が入っていたのに、値段も上がって麺類は追加オプションに。そしてスープはそんなに辛くないすっきり味がとっても美味しかったのに、かなり辛口に!自家製が自慢だった牛ユクス(ベースの牛スープ)も変わった??以前がとっても美味しかったからそれを期待して行っただけに、だいぶスタイルが変わっていて少し残念。でも相変わらずハムはたっぷりで、新しくチーズも追加されていて、これはこれで美味しかったです~

5月9日(火)

タッカンマリ/鶏鍋(20,000ウォン)@東大門タッカンマリ通りの陳元祖ポシンタク

タッカンマリ/鶏鍋(20,000ウォン)@東大門タッカンマリ通りの陳元祖ポシンタク

東大門タッカンマリ通りで行きつけのお店。餅とエノキは追加注文しなくてももとから入っているし、スタッフが鶏を切ってくれるし、お店は混みすぎてないし、そして何よりスープが絶品!小皿の刻みニンニクはもちろん全入れです。2、3人でハンマリ(1羽入り鍋)とシメのククス(麺)とお酒も飲んで30,000ウォンくらいだから、コスパも最高。

オリオンチョコパイいちご(12個入り5,400ウォン)@コンビニで購入

オリオンチョコパイいちご(12個入り5,400ウォン)@コンビニで購入

この春、ちょっと遅めに登場した2017年の春限定、オリオンチョコパイのイチゴ味。イチゴ色でイチゴ味のスポンジに、イチゴジャムもサンドされていて、イチゴの甘酸っぱさにチョコとマシュマロがとってもよく合っています。じつは個人的にオリジナルのチョコパイはそんなに美味しいとは思わないんですが、これはイケる!美味しい!ピンク色のスポンジも、小分けの袋のデザインもカワイイし、オススメです!

5月8日(月)

ソコギチャプチェパッ/牛チャプチェ丼(10,000ウォン)@ソウルの森横の中華料理店wei

ソコギチャプチェパッ/牛チャプチェ丼(10,000ウォン)@ソウルの森横の中華料理店wei

オフィス近くにある、ちょっと高級だけど美味しい中華屋さんのソコギチャプチェパッ(牛チャプチェ丼)。チャプチェパッ(チャプチェ丼)も韓国の中華料理で定番のメニューです。こちらのは幅広のちょっと高級感のある春雨が使われていて、具は牛肉をはじめとして野菜もたっぷり。そしてプルマッ(強火で炒めたような風味)の香ばしさが美味しくて、もともとお気に入りのメニューだったんですが、今日はやたらと油っぽい?一緒に行ったスタッフの注文したメニューも以前と味がちょっと違うし、料理人が変わったのかな??少し残念。

リッチチーズパスタ(7,900ウォン)@ピザハット

リッチチーズパスタ(7,900ウォン)@ピザハット

ローストガーリックチキンピザ(Mサイズ14,900ウォン)@ピザハット

ローストガーリックチキンピザ(Mサイズ14,900ウォン)@ピザハット

時々無性に食べたくなる、韓国ピザ屋さんのチーズグラタンパスタ。トマトソースのパスタにチーズをかけてオーブンで焼いたものです。もともとB級感たっぷりだけど、ピザハットのは特に王道な感じで、かなり甘めのトマトソースにたっぷりチーズがジャンクで美味!でもサイドメニューだからこれだけは注文できないので、安い14,900ウォンシリーズのピザも一緒に注文。この14,900ウォンシリーズ(ナビが勝手に命名)のピザは、お値段は安いけれど、具の充実具合いは他の高いピザにも負けてないかんじでオススメ!

5月7日(日)

ネンミョンコッペギ/冷麺大盛り(16,000ウォン)@平壌麺屋

ネンミョンコッペギ/冷麺大盛り(16,000ウォン)@平壌麺屋

平壌式冷麺の老舗、平壌麺屋で冷麺のコッペギ(大盛り)を注文したら麺が2玉入っていました!現在の価格で普通盛り11,000ウォン、麺2玉入りの大盛り16,000ウォン、替え玉のネンミョンサリ(冷麺追加)は7,000ウォンなので、たくさん食べたいときは後からサリを追加するよりも最初からコッペギで注文するほうがだいぶお得ですね!肉のダシがじんわりと感じられる薄味スープに蕎麦の風味高い麺が相変わらず美味しかった~~

5月6日(土)

フライドチキンとヤンニョムチキンのパンバン(17,000ウォン)@カンホドンチキン678でペダル

フライドチキンとヤンニョムチキンのパンバン(17,000ウォン)@カンホドンチキン678でペダル

夜中にチキンが食べたくなったけれど、近所でまだ開いているお店がここしかなかったので久しぶりにカンホドンチキンをペダル(宅配)注文。有名なコメディアン、カンホドンのチキン屋さん。定番のフライドチキンとヤンニョムチキン(辛い味付けチキン)のパンバン(半々)セットにしました。どちらも無難なお味?ヤンニョムチキンのほうに揚げたトッ(餅)が入っているのがうれしい。ただ、お店によると思うけれど、鶏がそんなに新鮮なかんじがせず・・・そしてそういえばカンホドンチキンというと、青唐辛子がまぶされた辛いコチュジャンチキンが有名だったということを後で思い出して、また無性に食べたくなりました!

5月5日(金)

今日のナビごはん 【2017年5月編】 炭焼きテジカルビ(1人前300g12,000ウォン)@千戸洞の名門カルビ

炭焼きテジカルビ(1人前300g12,000ウォン)@千戸洞の名門カルビ

安くてウマくて地元で人気ときいた庶民的な焼肉屋さんのテジ(豚)カルビ。安いけれど、お肉を焼く火は炭火を使っています。お肉は味付けがちょうどいい感じでとっても美味しかった!甘すぎないので、飽きずにずーっと食べ続けられます。お店のおばちゃんたちも親切。

5月4日(木)

ミルミョン(6,000ウォン)@トゥクソム駅近くのチャメスンデグッ

ミルミョン(6,000ウォン)@トゥクソム駅近くのチャメスンデグッ

釜山からやってきたおばあさん姉妹が、冬はテジクッパ(豚クッパ)、夏はミルミョンをやっているお店。4月の末からメニューがミルミョンに変わりました。ミルミョンは釜山名物の小麦粉麺を使った冷麺。こちらのお店では、注文を受けてから製麺するとか!確かに麺がつるつるしこしこです。でもちょっと細めなので食べやすいかんじ。別皿のタデギ(唐辛子ペースト)を少し入れると、味にパンチが出ます。

今日のナビごはん 【2017年5月編】 ホニボトオジンオ/ハニーバターいか(1,600ウォン)@コンビニで購入

ホニボトオジンオ/ハニーバターいか(1,600ウォン)@コンビニで購入

かつて流行ったハニーバター味。まだいろいろ売ってますが、初めてオジンオ(さきいか)を食べてみました。イカが意外と肉厚で大きく食べごたえあり。ハニーバター味がしっかりと染みていて、しっとり柔らかです。噛むたびにするめの香りとハニーバターの濃厚な味が染みだしてきます。思ったより美味しいけれど、個人的にはバターだけでも十分かも?そもそも個人的にハニーバター味ってたくさんは食べられません。ハニーバターはやっぱりアーモンドが一番美味しかったかな~?

5月3日(水)

ヨルヘ定食のお刺身(1人40,000ウォン、写真は4人前)@東部二村洞のヨルヘ

ヨルヘ定食のお刺身(1人40,000ウォン、写真は4人前)@東部二村洞のヨルヘ

ヨルヘ定食のメウンタン(他にもいろいろ付いて1人40,000ウォン)@東部二村洞のヨルヘ

ヨルヘ定食のメウンタン(他にもいろいろ付いて1人40,000ウォン)@東部二村洞のヨルヘ

日本人が多く住む町、東部二村洞にあるイルシク(日式)のお店のコースで出てきたお刺身とメウンタン(魚の辛いスープ)。日式とは日本式の略だけど、多くはいわゆる現地化された日本料理店のこと。メウンタン(魚の辛いスープ)やアルパプ(石焼きトビコご飯)などは、和食ではないけれど日式のお店にほぼ必ずあるメニューです。お店の名前がついた代表メニューのヨルヘ定食は、刺身、焼き魚、韓国式の辛い煮魚、寿司、天ぷら、メウンタンにアルパプ(石焼きトビコご飯)が付いて、内容盛りだくさんなのにソウルの日式ではリーズナブルなほう。他にも食前のミニ粥やサラダ、韓国風にサムジャンを付けていただく生野菜などがでてきます。そしてどれも美味しい!(あっ、個人的にお寿司はイマイチですが・・・)お刺身は韓国でポピュラーな水槽で生きたものをすぐ刺身にしたものではなく、ちゃんとシメて少しねかした日本っぽいので、旨みが凝縮されれていて美味しい!サイズが少し大きいけれど、薄く切られています。シメのメウンタンも辛すぎず魚のダシがきいていて美味~

韓国版ピザポテトのピジャカムジャチップ(1,500ウォン)@コンビニで購入

韓国版ピザポテトのピジャカムジャチップ(1,500ウォン)@コンビニで購入

日本で販売休止になったというニュースを見たピザポテト。好きだったので軽くショックを受けましたが、よく考えたら韓国にもあったじゃん?とコンビニへ走ると、やっぱりありました!日本ではジャガイモ不足のため販売休止と見たけれど、売っているのを見るとやっぱり韓国では事情が違うよう。ちなみにちゃんと韓国の製菓会社のヘテが日本のカルビーと提携して作られているピザポテトです!韓国ではピジャカムジャチップ(ピザじゃがいもチップ)。何年も日本のピザポテトを食べていないから正確には比べられないけれど、フツーにちゃんと同じピザポテトの味のような?ビールのおつまみに、一気に食べてしまいました!

5月2日(火)

旨辛明太柔らか豆腐ヌードル(ランチタイム価格8,100ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

旨辛明太柔らか豆腐ヌードル(ランチタイム価格8,100ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

オフィス近くにある創作麺&創作丼&カレーのお店のお気に入りメニュー。甘みも引き立つピリ辛スープ麺に柔らかい豆腐と明太子が入っています。辛さは何となく韓国的ではない辛さ。温まるので寒い時期によく食べたけれど、久しぶりに注文すると、今日は激辛!!!辛いといってもそんなに辛くなかったのに・・・辛すぎて完食できず。

5月1日(月)

ゴールドハンバッ(13,000ウォン)@高速ターミナル・パミエステーションテンのクスルハンバーグ

ゴールドハンバッ(13,000ウォン)@高速ターミナル・パミエステーションテンのクスルハンバーグ

ハンバーグのお店として有名なクスルハンバーグ。弘大に本店があり、お店ができた当初は「すっごくおいしい!」とウワサになったり、人気グルメ番組に取り上げられたりして話題になっていましたが・・・その後、実際にここに行ったという周りの在韓日本人や韓国人たちの話をきいたら「おいしくなかった!」という声が多く、一度も行ったことがありませんでした。でもやっぱり気になるので初めて行って食べてみると、思っていたよりもイケる!期待していなかったから?でもまあ、ハンバーグ自体は韓国にありがちな、ちょっとジューシーさの足りないかんじだったけれど、ソースやチーズで補えているかんじ?!ちなみにトッピングやソースなどいろいろ種類がある中で、チーズソースとスライスチーズにパイナップルがトッピングされたゴールドハンバーグを注文してみました。ハンバーグを覆うソースやチーズがホントにゴールド。鉄板の上にモリモリに盛り付けられたビジュアルもステキ!ハンバーグの後ろには、炒めたもやし、ふりかけご飯、豆などが盛りだくさんです。

ストロベリーアイス(?)にベアーグミをトッピング(Singleサイズ3,200)@高速ターミナル・パミエステーションテンのアラスカラボ

ストロベリーアイス(?)にベアーグミをトッピング(Singleサイズ3,200)@高速ターミナル・パミエステーションテンのアラスカラボ

アイスクリーム専門のカフェ。特別な製法で作ったというアイスクリームはホントにとってもなめらか。ストロベリーなんとか、というフレーバーだったと思うけれど、チーズケーキみたいな味もしたのでストロベリーチーズケーキ味??可愛らしいクマ型のグミをトッピングしたけれど、追加料金はかかりませんでした!トッピングは無料?

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-05-21

ページTOPへ▲

その他の記事を見る