スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

今日のナビごはん 【2017年8月編】

今日は何を?ナビスタッフが日々食べているごはんをご紹介~2017年8月編!


こんにちは、ソウルナビです。韓国に住んでいる人は日頃、どんなものを食べているの?そんな疑問や質問?に応えるべく、こちらではソウルで日々奮闘しながら過ごすナビスタッフが毎日食べているものをご紹介します。ただオフィスのある聖水洞にあるお店がどうしても多くなり、また個人の好みでちょっと選択が全体的に偏っている気もしますが・・・また韓国料理だけでなく、外国料理や日本料理など韓国で食べたものを紹介しています。今回は、夏真っ盛りから末には急に秋の気配を感じるようになった8月編!

8月31日(木)

石釜ご飯付き海鮮スンドゥブ(9,000ウォン)@BSM北倉洞スンドゥブ

石釜ご飯付き海鮮スンドゥブ(9,000ウォン)@BSM北倉洞スンドゥブ

ハムチーズスンドゥブ(8,500ウォン)@BSM北倉洞スンドゥブ

ハムチーズスンドゥブ(8,500ウォン)@BSM北倉洞スンドゥブ

取材先の近くに偶然あったスンドゥブ屋さん。名前が似ているのでチェーン店かと思ったら、チェーン店ではないみたい。BSM?って何の略なのか気になります。スンドゥブのメニューはちょっと変わったものまでたくさんあり、プラス1,000ウォンでご飯を炊きたての石釜ご飯にしてもらえます。定番のヘムル(海鮮)と、お店オススメの珍しいハムチーズを注文して2人でシェア。海鮮はびっくりするくらい海鮮の具と豆腐が入っていなかったけれど、専門店だけあってスープはまあまあイケる味。そして意外とハムチーズが美味しくてまたびっくり!チーズもたくさん入っていて、スープのコクがさらにアップしているような。でもどちらかというと、ハムチーズ入りのスンドゥブチゲというよりも、純豆腐(スンドゥブ)入りのチーズたっぷりプデチゲみたいなかんじ?!お店の人がオススメしていただけあって、確かにオススメです。そして石釜ご飯が美味しかった!もうすでに秋になりつつあるソウル。秋って美味しいお米が食べたくなりませんか?!(≧▽≦)

8月30日(水)

今日のナビごはん 【2017年8月編】 日替わりペッパン/定食(1人6,000ウォン×2人分)@聖水アグチム

日替わりペッパン/定食(1人6,000ウォン×2人分)@聖水アグチム

久しぶりにオフィス近くにある日替わりランチの人気食堂へ。おかずと汁物のペッパン(定食のようなもの)が日替わりで出てきて、お値段はとってもリーズナブル。でも、久しぶりに来てみると、まさかの1000ウォン値上がり。この辺りの土地の値段もとうとう上がってきたのかな?今日はコンナムル(豆もやし)スープにメインのおかずはチェユッポックン(豚肉の甘辛炒め)でした。ここのチェユッポックンは最高に美味しい!ザ・美味しい家庭料理といったかんじのチェユッポックンです(*´Д`) 豆もやしスープも昆布のダシがきいてて、辛さ控えめで今日は特に美味しかった~少し値上がりしたけれど、このお値段でこの味と品数は嬉しい内容のランチです(#^.^#)

8月29日(火)

味噌ラーメン(ランチタイム価格8,100ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

味噌ラーメン(ランチタイム価格8,100ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

アジア系創作麺料理がいろいろあるオフィス近くのレストランバーで春頃に出た日本の味噌ラーメン。見た目は地味だけどマイルドで塩辛すぎない味噌スープが好きな味。細めのストレート麺も好きなタイプだけど、茹で具合は韓国では標準的で日本人的にはのびすぎのスタイル。卵の黄身がびっくりするくらいトロトロでした。期待しなかったから?思ったより美味しかった!

フライドチキン+ヤンニョムチキン+ココナツチキン+ポテトフライのセット(確か29,000ウォンくらい)@BBQチキンで宅配注文

フライドチキン+ヤンニョムチキン+ココナツチキン+ポテトフライのセット(確か29,000ウォンくらい)@BBQチキンで宅配注文

セットのココナッツチキン@BBQチキンで宅配注文

セットのココナッツチキン@BBQチキンで宅配注文

オリーブオイルで揚げたサクサクの衣が自慢のチキンチェーンBBQでフライドチキンとヤンニョム(甘辛味付け)チキンとココナッツチキンのセット。今年の春頃に発売されて気になっていたココナッツチキンは、その後実際に食べた人たちの話によると「美味しくない!」という意見が多かったため食べるのを躊躇していましたが、やっぱり気になるしセットならと注文してみることに。骨なしで細長く切ったたぶん鶏胸肉にココナッツをまぶして揚げています。かみしめるとぼそぼそとしたココナッツから油も出て、ぱさぱさ気味の鶏胸肉にほどよく油分を与えているような。ココナッツの香ばしさや甘みも感じられて思ったよりは悪くない!でもこればっかり食べているとちょっと飽きてくるような、そんなお味です。フライドチキンとヤンニョムチキンは万人受けする美味しさ。個人的にはヤンニョムは、もっと辛くて濃い味が好みかも。

8月28日(月)

今日のナビごはん 【2017年8月編】 プデチゲ(8,000ウォン×2人前)にモッツアレラチーズ(2,500ウォン)トッピング@33HAUS

プデチゲ(8,000ウォン×2人前)にモッツアレラチーズ(2,500ウォン)トッピング@33HAUS

オフィスの近くにあって時々行くカフェのようなインテリアのオシャレなプデチゲ屋さんで、今日はプデチゲにモッツァレラチーズを追加トッピング。モッツァレラチーズが思ったよりもたっぷり出てきて、存在感を十分に発揮していました!チーズのコクでスープが濃厚に。溶け残ったチーズがインスタント麺などにも絡んで美味~ ハムやソーセージもたっぷりで食べごたえのあるプデチゲです。

8月27日(日)

ミノフェ/ニベ刺身(小50,000ウォン)@鍾路のホンオランミノラン

ミノフェ/ニベ刺身(小50,000ウォン)@鍾路のホンオランミノラン

ミノタン/ニベ鍋(小30,000ウォン)@鍾路のホンオランミノラン

ミノタン/ニベ鍋(小30,000ウォン)@鍾路のホンオランミノラン

夏に美味しい高級魚、ミノ(ニベ)の刺身と鍋を今年最後にと行きつけのお店へ。時価でお値段が少し変動することもあるミノですが、同じお店に夏の初めに来た時よりも、少し安くなっていました!高いけれどシーズン中に時々食べずにはいられないとろけるミノフェもまた来年。ニベのダシがたっぷり出た味噌仕立ての鍋も染みわたるお味で幸せな気分に。玉ねぎやエホバク(韓国かぼちゃ)の自然な甘みがきいているところも美味しさの秘訣?

8月26日(土)

水冷麺(11,000ウォン)@平壌麺屋

水冷麺(11,000ウォン)@平壌麺屋

大好きな平壌麺屋の水冷麺。いつも変わらずシンプルなスープと蕎麦の麺が美味。スープは一見シンプルだけど、ほのかな肉のダシやとけだした蕎麦の風味など、なんともいえない深い味わいがかすかに感じられて飲みだすと止まらなくなります。少し涼しくなって行列はできないけれど、食事時は相変わらずほとんど満席でした。

ソフトアイスクリーム(3,500ウォン)@DDPデザインラボ(D館)にあるAIDカフェ

ソフトアイスクリーム(3,500ウォン)@DDPデザインラボ(D館)にあるAIDカフェ

百味堂や昭福の影響で(?)韓国はちょっと前からソフトクリームブーム。以前は全く見かけなかったけれど、最近はいろんなカフェのメニューにあります。DDP(東大門デザインプラザ)の中のカフェのソフトクリームは甘さ控えめでさっぱりしていて美味しかった!流行っているだけでなく、全体的にお味のレベルが高いのも嬉しいトコロ^^

8月25日(金)

今日のナビごはん 【2017年8月編】 アオリラーメン(10,000ウォン)@アオリの神隠し東大門店

アオリラーメン(10,000ウォン)@アオリの神隠し東大門店

値段が高くてなかなか足が向かなかったアオリラーメンのアクセスも良い東大門店ができたので行ってみることに。日本にも進出しているそうですよね?注文は注文シートに各自チェックするスタイルで、ニンニクと秘伝ソースの量、ネギの切り方を好みによって指定できます。すべて標準で注文。とんこつスープに、脂っぽくって辛い秘伝ソースをトッピングしたスープ。秘伝ソースが思ったより辛くて脂っぽいので、たくさん入れるとかなり強い味になりそう。ベースの豚骨スープは臭みなくマイルドで万人受けしそうな無難な味だけどちょっとしょっぱめ。個人的にはスープよりも、韓国ではなかなか見かけない歯ごたえのある細麺が美味しかったです。とろとろチャーシューもいいかんじ!5種類の具入りのアオリラーメン。でも値段がやっぱり高いよう( ;´Д`)

8月24日(木)

肉肉うどん(7000ウォン)にクリームコロッケ(2個3000ウォン)をシェア@うどん家族

肉肉うどん(7000ウォン)にクリームコロッケ(2個3000ウォン)をシェア@うどん家族

日本風の手打ちうどんが人気のうどん食堂で初の初の温かいうどん。たっぷりのもやしと薄切り肉、玉ねぎ、白ネギなどの具がのったオリジナルの肉肉うどん。もやし入りのうどん、初めて食べました。もやしの臭みもなく思ったよりいい感じ。メニュー表には少しピリ辛と書かれていたけれど、食べてみるとかなりの激辛!寒い日にいただくと温まりそう。ベースのおつゆはなかり甘めで好きな味。細めのつるつる手打ちうどんと合ってて美味しい。西日本の甘めのうどんつゆの味です。そして相変わらずクリームコロッケが美味。

8月23日(水)

有機農牛乳ソフトクリーム(3,500ウォン)@現代百貨店狎鴎亭本店5階のFATTORIA1964百味堂

有機農牛乳ソフトクリーム(3,500ウォン)@現代百貨店狎鴎亭本店5階のFATTORIA1964百味堂

濃厚だけどすっきりとした味わいがとっても美味しい百味堂の有機農牛乳ソフトクリーム。コーンが昔懐かしい、ちょっとチープなタイプなのもいいかんじ!

8月22日(火)

クリームトマトカレー(4,500ウォン)に海老チーズの豚ロース巻きとポテトフライをトッピング(3,000ウォン)@聖水洞のミミエカレー

クリームトマトカレー(4,500ウォン)に海老チーズの豚ロース巻きとポテトフライをトッピング(3,000ウォン)@聖水洞のミミエカレー

オフィス近くのリーズナブルな手作りカレー専門店。カレーは三種類のうちクリームトマトカレー、トッピングは海老とチーズを豚ロースで巻いたフライ(ポテト付き)を注文。こん棒のようなフライが出てきました!フライは日本の家庭料理のようなかんじ。カレーは今日はちょっと甘すぎたかも?何度か行ったけれど、いつもカレーの味が少しずつ違うような気がします。

8月21日(月)

スンデクッパ(7,000ウォン)@ソン博士市場スンデクッパ

スンデクッパ(7,000ウォン)@ソン博士市場スンデクッパ

オフィス近くに何軒かあるスンデクッパの専門店の中でも一番お気に入りのお店のスンデクッパ。白っぽいスープはまろやかで臭みが全くなく、漢方の香りがして元気になれそうなかんじ!スンデ(腸詰め)もモリコギ(豚の頭部の肉)もたっぷりです。スンデは黒くなくしっかり味の食べやすいタイプ。

8月19日(土)

風味ユッケ(24,000ウォン)@薬水のスワ

風味ユッケ(24,000ウォン)@薬水のスワ

花びらや葉っぱなどがあしらわれ、とっても素敵な盛り付けの花ユッケ。見た目だけでなくお味もグッドなので、何度もリピしています。ワインのおつまみにもぴったり。あまりにもかわいいから、ユッケを見るだけで気分がアップ!ワインが進みます。

8月18日(金)

オルクンクレム(ランチタイム価格8,100ウォン)@ビストロハイブ

オルクンクレム(ランチタイム価格8,100ウォン)@ビストロハイブ

アサリなど貝のダシとニンニクのきいたピリ辛スープに、チャンポンなど韓国中華料理によく使われる麺が入った料理。韓国中華麺を使った汁ありボンゴレといったかんじ?!ちょっと脂っぽいけれど貝のダシがよくきいていて美味。メニュー名オルクンクレムのオルクンはピリ辛、クレムは英語のクラム(二枚貝)の意味。創作麺料理屋の定番メニュー。

ハツ(2本4,000ウォン)、ねぎま(2本4,500ウォン)、銀杏(2本4,500ウォン)、アスパラベーコン(2本5,000ウォン)@上水洞カフェ通りのクシムラ

ハツ(2本4,000ウォン)、ねぎま(2本4,500ウォン)、銀杏(2本4,500ウォン)、アスパラベーコン(2本5,000ウォン)@上水洞カフェ通りのクシムラ

行きたいお店に席がなく、席があくまで近くのお店で時間をつぶそうと偶然入った日本風の焼き鳥屋さん。カウンターの小さな店構えが日本の雰囲気で、串は備長炭で焼いているそう。注文したハツ、ねぎま、アスパラベーコン、銀杏は、どれも日本の串焼き屋さんで食べるような味とスタイル。でもちょっと味塩かけすぎ?個人的にはもう少し控えめでもいいかも。韓国の本格日本風串焼きにしてはお値段も安く美味しかったです。特にアスパラベーコンのアスパラが北海道のアスパラかと思うほど立派でした!一緒に飲んだハイボールの味はまあまあ。最近韓国でもハイボールをやっているお店が増えたけれど、日本系のお店ではないところで注文すると変に甘い味が強いことが多いのはなぜ??

トルムノ/茹でたマダコのスライス刺身(33,000ウォン)@上水洞カフェ通りの海鮮飲み屋トンピラン

トルムノ/茹でたマダコのスライス刺身(33,000ウォン)@上水洞カフェ通りの海鮮飲み屋トンピラン

韓国でもタコは夏が旬。タコのスッケ(茹でスライス刺身)が美味しいと評判のヘサンムルポチャ(海鮮飲み屋)へ。水槽で生きているトルムノ(マダコ)を注文が出てから茹でてスライスしてくれます。茹でたての新鮮なタコは茹で具合や切り方も絶妙で超美味!!ギルムジャン(粗塩入りごま油)につけたり、わさび醤油につけたりしていただきます。わさびも醤油も日本のものっぽい。グレープフルーツ焼酎が止まりません。お値段自体は安くないけれど、このクオリティーと量なら、他のお店と比べてもだいぶリーズナブル。
今日のナビごはん 【2017年8月編】 カリビチム/蒸したアカザラガイ(1/2サイズ17,000ウォン)@上水洞カフェ通りの海鮮飲み屋トンピラン

カリビチム/蒸したアカザラガイ(1/2サイズ17,000ウォン)@上水洞カフェ通りの海鮮飲み屋トンピラン

このお店のもう一つの代表メニュー、タコと同じく統営から仕入れる産地直送のカリビを蒸したカリビチム。直訳するとホタテ蒸し、カリビとはホタテのことだけど、貝はアカザラガイ(アズマニシキ貝)という小さめのホタテの仲間です。火を通しても硬くならない貝らしく、貝柱がふっくらまるまるとして小さいながらも美味しかった!何よりもタワーのような盛り付けがステキです。もともと単品は33,000ウォンだけど、他のメインメニューを注文すると追加注文としてハーフ(1/2)サイズの注文ができます。

焼きナスの冷製(6,500ウォン)@新村の栄

焼きナスの冷製(6,500ウォン)@新村の栄

しめさば(8,500ウォン)@新村の栄

しめさば(8,500ウォン)@新村の栄

マグロ&アボカドサラダ(9,500ウォン)@新村の栄

マグロ&アボカドサラダ(9,500ウォン)@新村の栄

在韓日本人なら誰もが知っている有名な新村の日本式酒屋。本当に安心して日本の味を、しかも家庭的な美味しい料理を味わうことができます。どれを注文しても外すことはなく、他の日本料理店みたいに高くないのもポイント。シンプルだけど味付けも焼き具合も絶妙で香ばしくとろける焼きナス、脂がじゅわっとはじける新鮮でキレイなシメサバは絶品。ハイボールも日本の味。しょっちゅう行きたいけれど、家が近くないし新村へは滅多に行くことがなくなかなか行けないのが残念。

8月17日(木)

今日のナビごはん 【2017年8月編】 ゴルゴンゾーラアップルパニーニとアイスカフェラテ(ドリンクセット価格で10,300ウォン)@カフェ・ザ・オウサム

ゴルゴンゾーラアップルパニーニとアイスカフェラテ(ドリンクセット価格で10,300ウォン)@カフェ・ザ・オウサム

パニーニやボリュームたっぷりサラダが人気のブランチカフェ。ランチはケーキにしてしまいたいほど甘いモノが食べたかったので、ゴルゴンゾーラチーズとアップルシナモンがサンドされたパニーニを注文。お好みでさらにハチミツをつけていただきます。美味しいゴルゴンゾーラチーズがたっぷりで、甘いアップルシナモンとよく合ってて美味しい!パンも雑穀パンで香ばしくて美味~サラダがバルサミコドレッシングだったけれど、バランスが良くってこれも美味しかった。お値段はリーズナブルだし、パニーニもとっても美味しいし、お店はゆったりとしてて居心地がいいし、スタッフは親切だし、一気にお気に入りカフェに~!

8月16日(水)

チャドルバギもやし炒め丼(7,000ウォン)@シクタンタンギ

チャドルバギもやし炒め丼(7,000ウォン)@シクタンタンギ

いつもうず高く盛られたもやし炒めが見た目のインパクト大のチャドルバギ(牛バラ薄切り肉)もやし炒め丼。今日は一層高く盛られているような?!丼だけど思わずお箸で食べ始めてしまいました(あ、日本では普通でしょうか?!韓国では丼はスプーンでいただくイメージが)。なかなかご飯までたどり着けません。チャドルバギのお肉も結構はいっているし、ご飯が見え始めたころにはお腹がいっぱいになりかけに?!すごいボリュームで、お値段もそんなに高くないので、もやしといってもお店に儲けがあるのかちょっと心配になるくらいです。でも味は美味しくて時々食べたくなります。もやしがシャキシャキして火の通り具合が絶妙、そして香ばしいプルマッ(強火で炒めたような香ばしい風味)も感じられてグッド!!

8月15日(火)

山かけ蕎麦(16,000ウォン)@現代百貨店狎鴎亭本店の三谷屋

山かけ蕎麦(16,000ウォン)@現代百貨店狎鴎亭本店の三谷屋

大好物の山掛け蕎麦。食べたくなったら、三谷屋へ。本当に日本の味の日本食がいただける三谷屋でも、現代百貨店狎鴎亭本店にある支店なら地下鉄駅にも連結しているし気軽にぱぱっといくことができます。お蕎麦もおつゆも日本の味。やまかけもたっぷり。んーおいしい。でも高い!こんなに高かったっけ??また値上がりした?

8月14日(月)

今日のナビごはん 【2017年8月編】 今日のナビごはん 【2017年8月編】 今日のナビごはん 【2017年8月編】 味付け豚カルビのサンパッ(1人前15000ウォン)@天安の常緑サンパッガーデン

味付け豚カルビのサンパッ(1人前15000ウォン)@天安の常緑サンパッガーデン

忠清南道の天安の山の中にある複合リゾート施設、「常緑リゾート」のすぐ近くに位置するサンパッ(包みご飯)屋さん。この辺りにはサンパッのお店が多く、どうもちょっとした名物料理のよう。お肉がいろいろ選べる中、豚カルビを注文。甘すぎずしつこくない味付けが美味。葉野菜にテーブルで焼いた豚カルビ肉とご飯、ニンニク、青唐辛子、サムジャン(サンパッ用の味噌)などを一緒に包んでほおばります。サムジャンは田舎らしくウロン(タニシ)入り。ご飯は石釜で炊いたもので、とーっても美味しい!ご飯粒が一粒一粒立っています。甘いお肉、しょっぱい味噌、美味しい炊き立てご飯にニンニクや青唐辛子の香りが一つになって、なんともいえないハーモニーに。サンパッ用の葉野菜とおかずもたくさん出てきました。地方に行くと、野菜が新鮮なのもうれしい。

8月13日(日)

炒麺(8,000ウォン)とワンタンスープ(8,000ウォン)@パミエステーションの天津包子

炒麺(8,000ウォン)とワンタンスープ(8,000ウォン)@パミエステーションの天津包子

大好きな天津包子の炒麺とワンタンスープ。炒麺は脂っぽいけれど、韓国にはあまりない本格中華の炒麺の味がうれしい。キャベツが香ばしく炒められているのもポイント。ワンタンスープは化学調味料の味がしない、シンプルな中華スープ。エビのダシがほのかにきいていて、ワンタンはツルツル。
サムソンセウマンドゥ/海老入り肉包子(8,500ウォン)@パミエステーションの天津包子

サムソンセウマンドゥ/海老入り肉包子(8,500ウォン)@パミエステーションの天津包子

海老と豚肉入りの包子(中華まん)。大きさは手のひらより少し小さいくらい。まるで小籠包のように肉汁がじゅわっとあふれ出します。皮はもっちめだけどかなり素朴な味。
チヂムマンドゥ/焼き包子(8,000ウォン)@パミエステーションの天津包子

チヂムマンドゥ/焼き包子(8,000ウォン)@パミエステーションの天津包子

炒麺とワンタンスープ、包子だけで十分なはずなのに、このお店に来るといつも注文してしまう焼き包子。焼きマンドゥや餃子にしては皮は厚めで、やっぱり包子といった感じ??こちらもお肉がぎゅっとつまったあんが美味。

キャラメルピーナツとチョコホリックのラージサイズアイス(7,600ウォン)にグミをトッピング@パミエステーションのアラスカラボ

キャラメルピーナツとチョコホリックのラージサイズアイス(7,600ウォン)にグミをトッピング@パミエステーションのアラスカラボ

特別な製法で急速に冷やしながらコネコネしてとってもなめらかな舌触りのアイスを作るアイスクリーム屋さん。シングル、レギュラー、ラージとサイズが3種類あるうちの、ラージは2種類のフレーバーを選べます。キャラメルピーナツ味がとっても美味しかった!トッピングは無料。とってもカラフルなジロンイ(みみず)グミでポップな盛り付けに!

8月11日(金)

チジュエポンダッ/チーズフォンデュチキン(18,000ウォン)@チャーリースチキン

チジュエポンダッ/チーズフォンデュチキン(18,000ウォン)@チャーリースチキン

時々行く焼肉店「ホバッシクタン」や、とっても美味しいけれどちょっと高いからたまに行く羊串店「ヤンパイ」と同じ会社が運営するチキン屋さん。トマトソースやチーズにつけていただくポンタッ(ポンデュ=フォンデュ+タッ=鶏)のメニューがあります。チーズポンダッは、アツアツの鉄板でとろけたたっぷりチーズに骨なしチキンが入っていて、チーズを絡めながらいただくチーズチキン。チキンの衣もサクサクで、とろけたチーズもとっても美味しいけれど、ボリューム満点ですぐお腹いっぱいに。あとこの手のやつって、すぐに食べないとチーズが固まってしまいます。流行のチーズたっぷりフードだけど、そろそろ少し飽きてきた感も?!

8月10日(木)

ビビンネンミョン/混ぜ冷麺(8,000ウォン)@オフィスビル1階の清潭麺屋

ビビンネンミョン/混ぜ冷麺(8,000ウォン)@オフィスビル1階の清潭麺屋

ビビンネンミョン/混ぜ冷麺(8,000ウォン)についてきた豚プルコギ@オフィスビル1階の清潭麺屋

ビビンネンミョン/混ぜ冷麺(8,000ウォン)についてきた豚プルコギ@オフィスビル1階の清潭麺屋

店名には「麺屋」とついているけれど冷麺にはあまり力を入れていない、オフィスビル1階にある食堂でビビンネンミョン(辛い混ぜ冷麺)を注文。夏以外はランチタイムには冷麺を出さないときいたけれど、さすがに夏はやってるみたいです。豚のプルコギが一緒に出てきたので、「コギジュヌンネンミョン(お肉付き冷麺)だ!」と一瞬喜びましたが、よく見ると冷麺にはゆで卵もお肉ものってない?こんな冷麺初めて見ました(ちなみに殺虫剤卵騒動の前なので、そのせいではないようです)。お肉は卵などのトッピングの代わりのよう。咸興式の麺は自家製というだけあってまあまあイケてるけれど、やたらと酸味が際立ったタレがあまり好みではなく・・・甘い味付けの豚プルコギで緩和?!

8月9日(水)

プデチゲ(8,000ウォン×2人前)@33haus

プデチゲ(8,000ウォン×2人前)@33haus

前回行った時にだいぶ味が変わったような気がしてしばらく行ってなかった、オシャレなプデチゲ屋さん。久しぶりに来てみるとまたスタイルが変わっていて、インスタントみたいな味が強くなって辛すぎた前回よりは、また以前の美味しかった時の味にちょっと戻ったような気が?!インスタントラーメンも2人分で一袋分、ハムやソーセージもたっぷり入っていました。ただスープ少なめで煮詰まるとかなり塩辛かった・・・でも前回よりは美味しさが復活していたような気がするのでよかったです!(^^)

ポッチリ/フグの辛くないスープ(10,000ウォン)@清潭楓川ミンムルジャンオ

ポッチリ/フグの辛くないスープ(10,000ウォン)@清潭楓川ミンムルジャンオ

韓国式焼きウナギと韓国式ふぐスープのお店の辛くないふぐスープ。自然なフグのダシが濃厚で美味。でも煮すぎたのか?スープがかなり少なめ。もっとスープを飲みたかった!フグのスープが染みた豆もやし、セリ、白菜などの野菜も美味。

8月8日(火)

白きくらげ入り辛くないきのこユッケジャン(9,000ウォン)@ポソッチプ

白きくらげ入り辛くないきのこユッケジャン(9,000ウォン)@ポソッチプ

キノコたっぷりのユッケジャン(牛肉スープ)やえごまスープがとっても美味しいお店。キノコがたっぷり入った辛くないユッケジャンがお気に入りですが、さらに白きくらげの入ったスープもあり、こちらは2,000ウォンも高くなるけれど、味わいもさらに深く美味しくなるような気がしてつい白きくらげ入りを注文してしまいます。白きくらげってとっても体に良いらしいですよね?!白きくらげが白い花のような盛り付けも可愛い^^ 何種類ものキノコがたっぷり入っていて、牛肉の味がしっかりダシに出たスープ。全然辛くないのにとっても温まり食べているうちに汗が出てきます。体から汗と一緒に悪いモノが排出されるような?そんなデトックスなかんじの美味しい健康スープです!

8月7日(月)

コールドうどん(9,500ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

コールドうどん(9,500ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

ランチにぴったりなアジア系創作麺、丼ものや日本風カレーなどのメニューがいろいろある、オフィス近くのレストランバーで夏の新商品として出た冷やしうどん。その名もコールドうどん。英語で言うとなんだか冷やしうどんとは別の食べ物みたいだけど、そのお味も日本の多くの冷やしうどんとはだいぶ違いました!スープがやたらと甘くて薄い味・・・がんばって作ったんだんだろう、と思いますが、申し訳ないけど今や韓国のマートに行けば簡単に手に入る日本の麺つゆをかけたくなりました>< うどんの麺は、これまたここ数年で一気に浸透した日本風の冷凍うどん麺。これはいいかんじ。そしてトッピングは、エスニックな味のついた丸ごとエビの唐揚げ、半熟卵の天ぷら、大量の揚げ玉、練り物の天ぷら、素揚げのナスに刻み葱と生の春菊。盛りだくさんでビジュアルはいいかんじだけど、はっきり言ってどれも全く合っていません。特に半熟卵の天ぷら。天ぷらにしなくても・・・強いて言うなら、単体のエビのエスニック唐揚げと練り物は美味しかった!

8月6日(日)

今日のナビごはん 【2017年8月編】 オットゥギ・ハムンビビンミョン/咸興ビビン麺(マートで1,200ウォンくらい??)

オットゥギ・ハムンビビンミョン/咸興ビビン麺(マートで1,200ウォンくらい??)

夏に美味しいインスタントのビビン麺。このオットゥギの咸興ビビン麺は多分この夏出たばかりの新商品だと思うけれど、とーっても美味しくてこの夏はビビン麺というとこればかり食べています(#^.^#) 今までは農心のビビン麺が夏の定番だったのですが、これからはこれになりそう・・・なんといっても麺が今までのインスタントビビン麺と全然違う!すごく細いのに弾力があるタイプで、咸興冷麺の麺がホントにインスタントで再現されているようなかんじ。タレの甘さ、辛さ、酸っぱさのバランスも、あと入れごま油の香りも、どれをとってもとっても好きな味!やみつきビビン麺です(*´Д`)

シッケ/米のジュース(3,000ウォン)、クウンケラン/焼き卵(3個2,000ウォン)、コンチ・クリームチーズ味(2,000ウォン)@チムジルバン黄金スパ

シッケ/米のジュース(3,000ウォン)、クウンケラン/焼き卵(3個2,000ウォン)、コンチ・クリームチーズ味(2,000ウォン)@チムジルバン黄金スパ

クウンケラン/焼き卵(3個2,000ウォン)@チムジルバン黄金スパ

クウンケラン/焼き卵(3個2,000ウォン)@チムジルバン黄金スパ

チムジルバンでお風呂上がりの定番、シッケ(米のジュース)とクウンケラン(焼き卵)とスナック菓子。シッケは量が多いので、ストローを人数分さして、いつも2,3人でシェアします。スナック菓子のコンチっていうのは初めて食べたけど、これがなかなか美味しかった!カールのような軽いコーン系スナックに、クリームチーズのクリーム?チョコ??が付いています。このクリームが手にべとつくのがちょっと難点ですが・・・クウンケランはいつも食べる、もっと高い2個3,000ウォンで真っ黒のもっと体に良さそう(?)なやつが売り切れだったので、3個2,000ウォンの標準タイプを。白身が思った以上にしっとりしてて美味しかったです^^

8月5日(土)

ピョニュッ/茹で豚肉(20,000ウォン)@ウルチミョノッ

ピョニュッ/茹で豚肉(20,000ウォン)@ウルチミョノッ

一時期はひと月に一度は食べていたほどハマっていた!?ウルチミョノクの茹で豚。個人的に、ソウルの茹で豚の中では今でもナンバーワンです。脂っぽさがすっかり抜けた皮や脂身の部分がプルプルで特に美味~夕食で行くといつも冷麺を食べる前にこれをたのむんですが、一皿だけのつもりが必ず二皿目をお代わりしてしまいます(#^.^#) でも久しぶりに来てみると値段が上がっていたのでちょっとショック。
冷麺(10,000ウォン)@ウルチミョノッ

冷麺(10,000ウォン)@ウルチミョノッ

夏は客の回転が良くどんどん新しい麺を作るからか、特に麺が美味しかったこの日の冷麺。蕎麦の香り高いここの細麺はいつも美味しいけれど、今日はまた格別でした。薄味であっさりしているけれど、実は奥深い味わいで飲みだすと止まらなくなるスープまで完食して、苦しいほど満腹に。

ポクスンアソルビン/桃ソルビン(12,900ウォン)@東大門のソルビン

ポクスンアソルビン/桃ソルビン(12,900ウォン)@東大門のソルビン

人気ピンス(かき氷)チェーンカフェ、ソルビンのこの夏の新作。桃が丸ごと1個のっかたビジュアルが迫力!その味やビジュアルに関していろんなウワサがあるこの桃ソルビンですが、実際に食べてみると個人的にはとっても美味しかったです!桃の中にはヨーグルトアイスがぎっしり詰まっていて、さらにソルビン自慢のさらふわミルク氷の中にもヨーグルトアイスが。桃はかなりあっさりとした味だけど、甘い桃ソースがかかっているのでカバーできているようなかんじで、ヨーグルトアイスとの相性もバツグン。チーズケーキのトッピングも合ってて美味しい^^ ただこの桃、日本では多分あまりなじみのない人が多い硬いタイプの桃。さっぱりとした甘さとサクサクの歯ごたえが特徴で、韓国では好まれてよく食べられる桃です(マートに行くと、桃の商品ラベルには硬いタイプか柔らかいタイプか書かれてあるくらい)。個人的には柔らかい桃が好きだけど、このピンスには硬い桃が合っているような気がしました。そして、実際に食べたいろんな人の話によると、この桃ソルビンのお味や盛り付けは、支店や個別の桃の状態、また作る人にもよってだいぶ違ってくるみたい!?今回はとっても美味しくいただけたけれど、次回はどうかな??それにしても韓国ではチェーン店や同じ店でも作る人によって料理の味が大きく違うことはよくあるフツーのことだけど、できればいつどの支店でもなるべく同じように変わらず美味しくいただけたらいいですよね~・・・あ、ちなみにこの桃ソルビン、食後に3人でシェアしましたが、やっと完食できたくらいのボリュームでした!

8月4日(金)

焼きそば(10,000ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

焼きそば(10,000ウォン)@聖水洞アンダースタンドアベニューのビストロハイブ

ランチにぴったりなアジア系創作麺や丼もののメニューがいろいろある、オフィス近くのレストランバーで新商品として出た、日本風の焼きそばのメニュー。たっぷりのかつお節やソース味、具のかんじも日本の焼きそばに近い感じだけど、ソースの酸味がちょっと強め。お店で作ったオリジナルのソース?先週は復活していたランチタイム割引価がまた無くなっていたのも残念。これで10,000ウォンは高すぎ!まあ、日本の焼きそばもだいぶ浸透してきたとはいえ、よく考えたら外国料理だから仕方ないか。

今日のナビごはん 【2017年8月編】 ヤンニョムソースチキン+フライドチキン(20,000ウォン)@ホシギトゥマリチキンでデリバリー

ヤンニョムソースチキン+フライドチキン(20,000ウォン)@ホシギトゥマリチキンでデリバリー

韓国のチキンはハンマリ(鶏1羽)単位で注文するのが普通だけど、こちらは店名のとおり、基本的にトゥマリ(鶏2羽)単位で注文するようになっているチキンのチェーン店。いろんな味のチキンをハンマリずつ2種類組み合わせたメニューがいろいろあるなか、スタンダードなヤンニョムチキン(甘辛味付けチキン)とフライドチキンのセットを注文。フライドもヤンニョムも、昔のスタイルでとても懐かしいかんじ。フライドは衣が薄く、味付けの濃くない、その昔「ケンタッキー」と呼ばれたような韓国の昔ながらのチキンの味。ヤンニョムはそんなに辛くなく、どちらかというと甘めの素朴な甘辛ソースにまぶされた、こちらもホントに昔っぽいスタイル。最近はホントにいろんな創作チキンが多いけれど、昔ながらのチキンが食べたい時&食べたい方にはオススメ!

8月3日(木)

マパポックンミョン/麻婆麺(8,500ウォン)@中華料理店ヒャンヨン

マパポックンミョン/麻婆麺(8,500ウォン)@中華料理店ヒャンヨン

オフィス近くに新しくできた中華料理店へ。韓国中華料理の定番、チャジャンミョンや辛いチャンポンといったメニューもあるものの、麻婆豆腐や八宝菜、五香茄子(麻婆ナスみたいなの)といった、これまでの韓国中華ではそんなに注目されなかったメニューにも力を入れているよう。メニューには、ミシュラン星付きの中華料理店の影響で最近流行りつつあるメンボシャ(日本語ではハトシ)もあります。そして看板を見ると、あの新羅ホテルの中華レストラン出身のシェフの店とか?!韓国では初めて見た麻婆麺は、ほのかに山椒の辛味のきいた本場っぽい麻婆豆腐がいいかんじ。ただ日本の麻婆豆腐に慣れていると、もう少しひき肉が入っていたらなあ~なんても思ってしまいますが、山椒の辛味のきいた麻婆豆腐、韓国では初めて食べました!麺は太めストレートの、韓国のチヤジャンミョンやチャンポンによく使われる韓国中華麺。量は多かったけれど、美味しくてソースまで残さず完食!

今日のナビごはん 【2017年8月編】 今日のナビごはん 【2017年8月編】 牛カルビ焼肉(600gで48,000ウォン)@漢南洞のチョンウォンガーデン

牛カルビ焼肉(600gで48,000ウォン)@漢南洞のチョンウォンガーデン

漢南洞のメインストリート、大使館通りから少し裏通りへ入ったところにある一軒家風の焼肉店。牛焼肉も豚焼肉もやってて、お店はひと昔前の焼肉屋の雰囲気だけど、だいぶ前に韓牛焼肉を食べてなかなかイケてたので、この辺りで肉を食べることになり再びこのお店へ。韓牛よりはリーズナブルなアメリカ産牛肉のカルビ焼肉は、柔らかさはないものの牛カルビの味がしっかり感じられるお肉で、量の割にはリーズナブルなお肉をたっぷりいただけました。付け合わせのおかずにはサラダや野菜のおかず、などいろいろ出てきましたが、どれも美味しく、特にトットリムッ(どんぐりの寄せ物)がすっごく美味しかった!お店で手作りしているのか?または、手作り自慢のムッを買ってきているようです。独特のほろ苦さや香ばしさなど、トットリ(どんぐり)本来の味が濃厚で、市販のものとは全然違う!またクラゲの前菜のようなおかずも珍しい~さっぱりとしていて、お肉の箸休めにぴったりです。
冷麺(6,000ウォン)@漢南洞のチョンウォンガーデン

冷麺(6,000ウォン)@漢南洞のチョンウォンガーデン

専門店じゃないし、何の期待もせずシメに注文した冷麺。でも麺が意外と美味しくてびっくり(*\▽\) 冷麺に特別力を入れていない焼肉屋のよくある冷麺の工場麺とは違って麺の歯ごたえや香りが◎。スープは普通。

8月2日(水)

ぶっかけうどん(5,500ウォン)に、ポテトコロッケ(2個3,000ウォン)とクリームコロッケ(2個3,000ウォン)をシェアで追加@漢陽大駅前のうどん家族

ぶっかけうどん(5,500ウォン)に、ポテトコロッケ(2個3,000ウォン)とクリームコロッケ(2個3,000ウォン)をシェアで追加@漢陽大駅前のうどん家族

日本風の手打ちうどんをいただける小さなうどん食堂。昼時はいつも行列だけど、少し待つと意外とすぐに入れます。他にもきになるメニューがいろいろあるなか、やっぱり暑いので今日も冷やしぶっかけを注文。うどんはコシが強すぎず、ちょっと細めでツルツルです。ぶっかけなのに、韓国冷麺のようにおつゆが多いのがいつも気になるけれど、七味唐辛子とトッピングの揚げ玉を混ぜていただくと日本のおつゆっぽい味になって美味しくいただけます。そして前回食べた時よりも甘みが和らいだような?付け合わせは前回食べて忘れられないくらい美味しかったクリームコロッケと、今回はポテトコロッケも注文してシェア。やっぱりここのクリームコロッケ、ホントに美味しい!(≧▽≦) ポテトコロッケも美味しかったです。

今日のナビごはん 【2017年8月編】 ロッテ・メロンジェリー/メロングミ(確か1,000ウォンくらい?)@コンビニ

ロッテ・メロンジェリー/メロングミ(確か1,000ウォンくらい?)@コンビニ

メロン味はこの夏人気のフレーバーの一つ。コンビニのグミ売場を見てみると、メロン味のグミも登場。パッケージのデザインや色が一見、このところいろんなグッズや関連商品の出てる人気&定番のアイスクリーム、メローナのグミ?と思いきや、あくまでただのメロングミでした。でもグミ自体はちょっとメロンアイスをかたどったような形で、何よりも甘いメロン味がとっても美味しい!一袋いっきにたべてしまいました~ それにしても、またロッテ。ヤクルトグミのようだけど実はヨーグルトグミという、ロッテの通称ヤクルトグミのようにデザインが紛らわしい?!でも美味しいからオススメです!

8月1日(火)

ムルレンミョン+スップルコギ/水冷麺+炭火焼肉(6,000ウォン)@ユッサムネンミョン昌信店

ムルレンミョン+スップルコギ/水冷麺+炭火焼肉(6,000ウォン)@ユッサムネンミョン昌信店

冷麺に豚焼肉が付いたセットを安くいただけるチェーン店。ひと昔前に流行った時よりはずいぶんと値上がりしたけれど、お肉付きでこのお値段はやっぱり安い!決していいお肉ではなくてもこのお値段で手軽にお肉が食べられるのは嬉しいし、甘い味付けと炭火で焼いたような香ばしい風味のお肉が美味しい。ただ個人的にこのチェーン店の冷麺はちょっと酸味が強め。暑い日はさっぱりしていいかもしれないけれど、テーブルのタデギ(唐辛子ペースト)を入れ味をごまかしていただきます。シャリシャリ凍りのスープでひんやり!

いかがでしたか?スタッフのリアルな実態をさらすようで、ちょっと恥ずかしいのですが、ちょっとでも参考になれば幸いです。またご紹介した料理のお店はできるだけナビでも紹介したいと思います。まだ紹介していないお店はもう少しお待ち下さい!では、来月もお楽しみに!以上、ソウルナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-08-31

ページTOPへ▲

その他の記事を見る