世界遺産「水原華城+華城行宮」ツアー〔SC23〕

閉店・移転、情報の修正などの報告

午前中に世界ユネスコ文化遺産「水原華城」をじっくり周ろう!

水原華城(スウォンファソン)は李氏朝鮮時代末期、第22代の正祖(チョンソ)大王が父親の思悼世子(サドセジャ)のお墓を朝鮮最高の明堂(風水地理で好い場所)である水原(スウォン)に移した際に築城したもの。王の別邸である華城行宮(ファソンヘングン)を中心に全長5.7キロに渡る城郭が囲い、東の蒼龍門、西の華西門、南の八達門、北の長安門の4つの城門のほか、砲台、やぐら、兵士の休憩所、軍事指揮所など形とデザインの異なる合計50の建築物が設置されています。平地と山地にわたって築城された独特な姿が自然と調和し、城郭全体が大きな芸術作品のようにも感じられるほど。1997年にはユネスコ世界文化遺産として登録され、一年中、国内外からたくさんの観光客が訪れる、水原の見所中の見所です。

§水原華城§

蒼龍門(東側の門)

蒼龍門(東側の門)

東側を示す旗(青、赤)

東側を示す旗(青、赤)




東北弩臺

東北弩臺

東北空心墩

東北空心墩

東北空心墩

東北空心墩

東北弩臺:大型の弓矢で攻撃するために設置された施設。
東北空心墩:西洋建築を取り入れた黒煉瓦造りで、東北弩臺とは違い、円形で3段構造で作られています。




東将台

東将台

東北角樓

東北角樓

華紅門

華紅門

東将台:兵士を訓練した場所で、軍事施設としてももっとも重要な場所。錬武台とも呼ばれています。
東北角樓(訪花随柳亭):兵士達が休息をする場所。高い位置に建てられており、監視をする際にも使われていました。
華紅門(北水門):敵の見張り場。水門の外側から敵に侵入されないように常に見張っていたそうです。

§華城行宮§

☆新豊樓

☆新豊樓

華城行宮は、正祖が父の墓である顕隆園を訪れる際に宿泊した施設です。もともとこの地域の官衛として使っていた施設ですが、華城の築城と共に拡張されました。行宮は、王が戦争や休養、参拝などの際に地方で臨時に宿泊する施設ですが、特に華城行宮は国内でも最大級の規模を誇っています。正祖の母親である恵慶宮洪氏の還暦を祝う宴なども行なわれたといわれています。 

☆左翊門

☆左翊門

☆奉壽堂

☆奉壽堂

☆奉壽堂の内部

☆奉壽堂の内部


長安門:北の正門で韓国国内に現存する城門の中でも、最も大きい門です。

長安門:北の正門で韓国国内に現存する城門の中でも、最も大きい門です。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2008-09-10

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    moko3888

  • photo

    mayura

  • photo

    mayura

  • photo

    mayura

  • photo

    はねっち

  • photo

    chiyokoshudo

  • photo

    しのぴょん

  • photo

    vivitto3150

  • photo

    とうもろこし

  • photo

    coco1818

ページTOPへ▲

スケジュール

区分 内容 食事
09:00~13:00 各ホテル(ピックアップ)→水原華城観光→華城行宮観光→仁寺洞解散 なし

注意事項、その他条件

*旅行条件に含まれるもの:車両、日本語ガイド、入場料
*交通事情により所要時間に若干のずれが生じる場合もあります。
*天災地変、又は本ツアーにて提供していない原因による事故などに関しては一切責任を持ちません。
*ソウルの中心部から離れているホテルにてご宿泊の場合、総料金に一人当たり10,000ウォンの追加料金がかかります。 予めご了承ください。(対象ホテル:ノボテル アンバサダードクサン、ノブレス観光ホテル(ノウォン)、ベストウェスタンプレミアグロ(九老)ホテル、シェラトンソウルDキューブシティーホテルなど)

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-09-10

利用日
大人 子供

関連記事

韓国の世界遺産

韓国の世界遺産

韓国全土に12箇所ある世界文化遺産!