【11/19・11/26出発限定 洪川(ホンチョン)日帰り旅行】 黒く咲き出す土と火の歌、黒磁を復活させた陶工と出会う旅(20名限定ツアー) [TK-65]

지역명사와 함께하는 문화여행 제 1화 흙과 불의 노래(홍천 흑자기) [TK-65]

閉店・移転、情報の修正などの報告

韓国の窯に訪れて、陶芸体験、抹茶体験、そして陶工の先生とふれあいの時間をもちます。

photo

高麗時代以降、韓国での途切れてしまった黒磁を復活させた陶工、金時泳(キム・シヨン)先生。黒磁は高麗時代には青磁よりも珍重された伝統的な陶磁器だそうです。金時泳の窯元に訪れて、作品を見学したり、黒磁再現についてのトークショー、そして陶芸体験や抹茶体験などの体験プログラムが盛り込まれています。

以下、催行会社提供の資料を転載しています。

■□■名士との交流■□■
高麗時代以後、韓国で命脈が尽きた黒磁を受け継いだ唯一の陶芸 金時泳名人に会う時間。書道家だった父親のそばで墨をすりながら、運命のように身についてしまった黒色との縁。黒磁を再現するためにー身を捧げて研究してきた過程、1300度の火の中から一つの作品を取り出す時の心境など、率直な物語を対談形式で伝えます。

■□■金時泳ギャラリーの観覧■□■
洪川郡西面にある加平窯。金時泳と彼の弟子である二人の娘、慈仁(ザイン)・環仁(ギョンイン)が約20年間にかけて韓国の黒磁の伝統 を受け継いでいる場所です。枝折戸から緩やかな坂道に沿って展示 室と内室、作業室が設けられています。自然空間のあちこちに陶磁 器の作品が展示されています。

■□■抹茶体験■□■
韓国の伝統を学んだ長女が韓国式の抹茶体験を行います。その方法は日本の時代劇などで目にする茶室のシーンそのままで、黒磁の茶随に濃い緑色の抹茶をいれて、湯を加えて柔らかい泡が出るように摺押します。同じ方法でやっても人ごとに違う味になるのが不思議。

■□■黒磁作品の解説付き観覧■□■
韓国唯一の黒磁展示場を見学します。色とりどりの黒磁作品が光を放っており、その模様と色が神秘的です。作品についての解説と製作過程での工ピソードを間きながら鑑賞してみましよう。作家の哀歓 と真心が感じられる貴重な時間です。

ページTOPへ▲

スケジュール

時間 内容
08:30 ロッテホテルソウル本館(明洞)2階ツアーラウンジ集合
08:30~11:00 ロッテホテルソウル本館(明洞)2階ツアーラウンジ出発 ⇒ 洪川(ホンチョン)ノゴギャラリー到着
11:00~13:00  名士(黒磁の名人 キムシヨン)トークコンサート
韓国の抹茶&窯体験、陶芸実習、ノゴギャラリー観覧
13:00 昼食
14:00 寿陀寺(スタサ)観光
15:00~17:00 寿陀寺出発⇒ソウル到着、解散

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2017-11-13

利用日
大人 子供