板門店ツアー【国際文化サービスクラブ】(2019年)

閉店・移転、情報の修正などの報告

ソウルから板門店観光へ!

☆板門閣

☆板門閣

こんにちは、ソウルナビです。今日は休戦中の緊張感が漂う板門店を見学できるツアーをご紹介しましょう。こちらは南北に分断された生々しい現場を訪ね、分断の状況をリアルに体験できるツアー。板門店では、特別な行事などがない限り本会議場にも入ることができます。この本会議場は北朝鮮の慈済の領域に足を踏み入れることができる特別な場所。その他、日本語のガイドが親切丁寧に案内してくれるので勉強になり、日頃はなかなか気にとめることがない平和の大切さについて考える機会になるツアーです。では、さっそく行ってみましょう!

◇プレジデントホテルに集合!◇

集合は市庁からも明洞からも近いプレジデントホテル。エレベーターで7階に移動すると、国際文化サービスのデスクがあります。遅くても出発20分前までにはこちらのデスクで手続きしましょう。こちらではパスポートを提示すればOK!手続きが終わったら、スタッフの指示に従ってバス乗り場に移動してください。

◇ツアーコースはこちら!◇

こちらのツアーは曜日によって出発時間が異なりますのでご注意ください。

【火曜日】
<時間> 7:20~13:30
<日程> プレジデントホテル - 板門店 - 臨津閣 -  昼食-プレジデントホテル で解散
<昼食> プルコギ

【水・金・土曜日】
<時間> 8:50~15:00
<日程> プレジデントホテル - 板門店 - 臨津閣 - 昼食-プレジデントホテル で解散
<昼食> プルコギ

◇さっそくツアーへ出発!◇

JSA安保見学館

JSA安保見学館

キャンプボニパスに到着。こちらでまず、軍人によるパスポートチェックと軽い服装検査があります。検査後、こちらの建物に移動し、ガイドの解説付きで板門店に関するスライドを見ます。説明が終わると国連のバスに乗り換え、共同警備区域の見学はじまりはじまり~!ところで、キャンプボニパスって何?と思われた方もいらっしゃるはず。板門店を管轄する部隊は韓国軍管轄地域の中で唯一国連軍が管理しています。その基地がキャンプボニパス。

■□■板門店■□■

手前の青い建物が会談場で、奥に見える白い建物は北朝鮮の板門閣(パンムンガク)。板門閣の前には北朝鮮の軍人が立っています。ここには鉄柵があるわけでもなく、20センチほどのコンンクリートで北朝鮮と韓国の領土が分けられ、行こうと思えばいくらでも北朝鮮の領域に行くことができます(実際には行けません)。だから、お酒を飲まれた方や酔っ払った方、お酒を持参している人はツアーに参加することができませんのでご注意を。いい気持ちでふらふら~なんて北朝鮮に入ってしまったら、大変なことになりますヨ!
本会議場と板門閣

本会議場と板門閣

本会議場から見た、北朝鮮と韓国の境界

本会議場から見た、北朝鮮と韓国の境界

本会議場と隣接した建物を含め、1つの建物の両サイドにはマネキンのように微動だにしない軍人が立っています。よ~く見てみると、半身は建物に隠している状態。これは万一の場合に備えているんだとか。
☆本会議場内部

☆本会議場内部

☆本会議場の外に立つ軍人

☆本会議場の外に立つ軍人

■□■ポプラ事件(8.18斧蛮行事件)の現場■□■

以前、共同警備区域は国連軍と北朝鮮両方の自由な行き来が可能でした。しかし、共同警備区域内にあるポプラの木が視界を遮るため、北朝鮮軍の監視をしていた国連軍が木を剪定しようとしたところ、北朝鮮が抗議。しかし、国連軍は作業を続行し、北朝鮮軍が国連軍を襲撃、国連軍所属のアメリカ軍兵士2名が亡くなり、韓国人兵士も重軽傷を負う事件がありました。ちなみに記念碑の下にあるマル○は、当時のポプラの木の太さをあらわしているんだそう。
■□■帰らざる橋■□■

韓国が管理しているこの橋は、朝鮮戦争休戦後、捕虜の交換に使われた場所。捕虜は南か北かをどちらか決めてこの橋を渡り、二度と戻ってくることはできないことから「帰らざる橋」と名づけられました。

■□■臨津閣■□■

ソウルから1時間ほどのところにある臨津閣は朝鮮半島の統一を願って建設された観光地。実際に朝鮮戦争に使われた戦車や飛行機、戦争の被害にあった蒸気機関車、また1953年の休戦協定後、13000人もの捕虜が帰還するときに渡った橋である自由の橋があります。
■自由の橋と望拝壇
望拝壇は北朝鮮の方向に立ち、毎年旧正月と秋夕(チュソク:旧暦8月15日)には離散家族が集まり祭祀を行っているところ。そして望拝壇の後方にあるのが自由の橋です。今は橋の途中で遮られ、そこから先は民間人統制区域のため行くことができません。行き止まりとなった部分には統一や平和を願うメッセージがたくさん残されています。
自由の橋

自由の橋

メッセージがびっしり!

メッセージがびっしり!

■平和の鐘

人類の平和と民族統一を願って、2000年につくられた鐘。この鐘は朝鮮戦争に使われた銃やヘルメットを溶かしてつくられたんだそう。また21段の階段に21坪の土地、鐘の重さが21トンとかなり21にこだわっています。これも21世紀が平和であるようにとの願いをこめてのこと。
■蒸気機関車

朝鮮戦争中に北朝鮮の攻撃をうけた蒸気機関車で、攻撃の痕がそのまま残っています。攻撃を受けたあと脱線したこの機関車は長い間非武装地帯に放置されていましたが、その後文化財に登録され、現在は臨津閣に展示されています。

■□■ランチタイム!■□■

ランチはプルコギをいただきま~す!醤油ベースの甘い味付けなので辛いのは苦手・・・という方でも安心!そのままご飯で食べてもよし、サンシュに包んでも美味しいですよ♪ 韓国ですから、もちろんおかずはおかわり自由!近くにおかずがのったワゴンが置いてあるので、食べたい分だけいくらでもおかわりできちゃいます!
グループ用

グループ用

お1人様用

お1人様用


◆◇◆帰りはプレジデントホテルまで!

ツアーはここで終了!帰りは集合場所と同じプレジデントホテルまで送ってくれますヨ♪
☆北朝鮮の様子

☆北朝鮮の様子

いかがでしたか?教科書などで板門店について見たり聞いたりしたことのある方は多いはず!このツアーでは朝鮮半島が分断された生の歴史現場に行くことができちゃいます!厳密には韓国と北朝鮮に国境があるわけではないけれど、板門店に行くと両国の境界にはコンクリートの線が引かれ、その線を越えてしまうと亡命とみなされ、大変なことになってしまう現実!ソウルの賑やかな雰囲気とはまったく想像がつかないもうひとつの現実を、ソウル旅行にいらっしゃったのなら、是非一度体験して見てくださいね!以上、ソウルナビでした。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事更新日:2019-05-10

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    moya

  • photo

    moya

  • photo

    moya

  • photo

    おデブ

  • photo

    おデブ

  • photo

    遠藤

  • photo

    遠藤

  • photo

    遠藤

  • photo

    遠藤

  • photo

    hiro199911

ページTOPへ▲

スケジュール

区分 内容 食事
火曜日
7:20-13:30
07:20 プレジデントホテル 「国際文化サービスクラブ」 出発
08:30 統一大橋検問所(パスポートチェック)
08:45 キャンプボニパス到着
09:00 スライドブリーフィング
09:30 共同警備区域観光(軍連司令部前方基地・自由の家・本会談場・軍事分界線・第3警備所・帰らざる橋・斧の殺害事件現場)
11:00 臨津館(自由の橋) 11:40 昼食
12:30 ソウルへ出発
13:30 プレジデントホテル到着
プルゴギ定食
水・金・土曜日
8:50-15:00
08:00-08:50 手続き
08:50-10:00 移動(自由路)
10:00-10:30 統一大橋検問所(パスポートチェック)・キャンプボニパス
10:30-11:00 スライドブリーフィング
11:00-12:00 共同警備区域観光(軍連司令部前方基地・自由の家・本会談場・軍事分界線・第3警備所・帰らざる橋・斧の殺害事件現場)
12:00-12:40 キャンプボニパス出発し食堂へ
12:40-13:40 昼食
13:40-15:00 プレジデントホテル到着
プルコギ定食

注意事項、その他条件

※2019年5月よりツアーが再開されました。<2019.5.10>

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2004-12-22

スポット更新日:2012-03-23

利用日
大人 子供

関連記事

板門店(JSA)ツアー予約 【 午前8:30集合  昼食付き 中央高速 】(2019年)

板門店(JSA)ツアー予約 【 午前8:30集合 昼食付き 中央高速 】(2019年)

ソウルから板門店観光へ!分断の現実を目の当たりにする。

DMZ(第3トンネル)&JSA 板門店同時ツアー【中央高速】(2019年)

DMZ(第3トンネル)&JSA 板門店同時ツアー【中央高速】(2019年)

非武装地帯の2つのスポット「板門店」と「第3トンネル」を1日で見学できるツアー!