進撃の! 世界文化遺産市内半日〈チマチョゴリ試着体験含む〉&水原華城観光&華城行宮〈タッカンマリの昼食付き〉[UN-4]

진격의!세계문화유산시내반일&수원화성관광[UN-4]

閉店・移転、情報の修正などの報告

ソウルと水原の世界遺産にこだわった欲張りツアー。チマチョゴリの試着体験付き。

☆

こんにちは。ソウルナビです。韓国のソウルは、大都会でありながら幾つもの世界文化遺産が存在する文化都市でもあります。本日は、ソウル市内にある故宮、そしてソウルから少しだけ離れた水原市にある華城を巡るツアーをご紹介致します!

先ずは、朝鮮王朝歴代王および王妃の位牌が安置されている「宗廟」。ここは本当に大都会の真ん中かっ?と思うほど静かで荘重な雰囲気が漂っており、毎年5月に行われる宗廟大祭はユネスコの人類無形遺産にも登録されている朝鮮王朝時代から続く由緒ある儀式です。

 お次は「雲峴宮」。ここは他の有名な故宮らと比べるとあまり馴染みのない場所かもしれませんが、一年を通して様々なイベントが行われており、本ツアーでは韓国の民族衣装である華やかなチマチョゴリの試着体験を行うことができます。その後は代表的なソウルの故宮の一つである「昌徳宮」に移動します。ここは雄大な宮殿は勿論のこと、どの季節に訪れても美しい庭園が見所と言えます。正に都会のオアシスとも言える昌徳宮には、散歩がてら庭園をぶらりと訪れる市民も少なくありません。

昼食(タッカンマリ)でお腹が満たされた後は、少し車に揺られて「水原華城」に到着!水原華城では、先ず、その広さに驚かされます。また、城壁内には、道路があり、川が流れ、まるで一つの町全体が城壁に守られているような造りになっています。そして、その城壁内にある「華城行宮」。ここは行宮としては国内最大規模を誇り、一時的な居住場所だったとは思えないような立派な造りになっています。今現在では時代劇ドラマの撮影地として数多くのドラマの舞台にもなっています。また、華城行宮で行われる迫力満点の伝統武芸24技公演もご観覧いただけます。それではどんなツアーなのか見ていきましょう。

◇ツアーコースはこちら!◇


<時間>
9:00~17:00

<日程>

ロッテホテル(明洞)本館2階ツアーラウンジ集合 → 宗廟(※火曜日には 仁寺洞)観光 → 雲峴宮(※月曜日は南山韓屋村)観光 → 昌徳宮(※月曜日には 景福宮+守門将交代式)観光 → 昼食 → 水原華城観光 → 水原華城行宮にて伝統武芸24技公演観覧(月曜日休演) → 南大門市場又は明洞解散

◇さっそくツアーへ出発!◇


■□■宗廟■□■
宗廟(チョンミョ)は朝鮮時代の歴代君主の位牌を奉り祭祀を行う場所です。1394年、太祖(1335-1408)・李成桂が朝鮮王朝(1392-1910)の建国とともに、新たな都、漢陽に景福宮と同時に建てた建築物で、その伝統的な荘厳な儀式である祭礼や祭礼楽など、長い伝統と慣習がそのまま保存され、1995年に世界文化遺産に登録されています。

■□■雲峴宮(ウニョングン)■□■
雲峴宮は、朝鮮時代末期、12歳という幼い年で第26代国王となった高宗(コジョン)が王に即位するまで両親と共に過ごした邸宅であり、即位後、昌徳宮に移り住んだ幼き高宗に代わり父親である興宣大院君(フンソンデウォングン)がこの場所で10年に亘り執政しました。高宗・明成皇后の婚礼である「嘉礼(ガレ)」を始め、興宣大院君一家の様々な祝い事が行われた老楽堂(ノラッタン)などが見所となっています。毎年4月と10月の「嘉礼」の再現行事のほか、国楽公演、民俗遊びなど伝統行事が行われ、チマチョゴリの試着体験ができる等、韓国の文化に触れることができる場所です。
☆

☆

☆

☆


■□■昌徳宮■□■
1997年にユネスコ世界文化遺産に登録された昌徳宮(チャンドックン)は1405年、正宮である景福宮の離宮として建造された宮殿。李朝第15代王の光海君(1571-1641)からは約270年に渡り、王朝の政務が行われた王の御所にもなりました。全部で約135,000平方mの敷地には13棟の宮殿の建物があり、その北半分を占める後苑には28棟の楼閣があります。この昌徳宮の魅力は豊かな自然をそのまま生かして造った美しい宮殿の庭園、後苑の四季折々の姿はとても見ごたえがあります。

■□■昼食■□■
楽しい食事時間!
昼食は「タッカンマリ」となります。

■□■水原華城■□■
李朝末期(1794年~1796年)に造られた水原華城(スウォンファソン)。王の別邸で現在復元中の華城行宮を中心に、全長5.7キロの万里の長城のような城郭、その要所要所に門、砲台、やぐら、兵士の休憩所、軍事指揮所、訓練所などが東西南北に整然と組み込まれた素晴らしい建造物。1997年12月、昌徳宮とともにユネスコ世界文化遺産に登録されました。

■□■華城行宮■□■
華城行宮(ファソンヘングン)は王が地方で行動する際に臨時に留まったり、戦乱、休養、陵園参拝などのために地方に別途の宮殿を用意して一時的に居住した場所のこと。

■□■伝統武芸24技公演■□■
武芸24技は中国や日本の優れた武芸を積極的に取り入れ、「24の技」に整理した武芸教本で、富国強兵の実学精神を基に、水原華城に駐屯していた当時の朝鮮の最精鋭部隊だった壯勇営の外営兵士たちが習った武芸のこと。歴史的な価値はもちろん、芸術的にも価値のある無形文化遺産です。

◇観光地で解散◇


ツアーはここで終了!
南大門市場(ナンデムンシジャン)または明洞(ミョンドン)で解散となります。
ツアーのあとにディナーや夜のショッピングしたい方にもってこいの場所!

いかがでしたか?「進撃の! 世界文化遺産市内半日〈チマチョゴリ試着体験含む〉&水原華城観光&華城行宮〈タッカンマリの昼食付き〉」ツアー。ソウルから水原まで、世界遺産をまわりながら、1日たっぷりと韓国の文化や歴史にふれることができますヨ。さらに伝統武芸も見られるお得なツアー、興味ある方はチェックしてみてくださいね。以上、ソウルナビでした。

記事更新日:2016-08-10

ページTOPへ▲

スケジュール

区分 内容 食事
09:00-17:00(8時間) ロッテホテル(明洞)本館2階ツアーラウンジ集合→宗廟(※火曜日には 仁寺洞)観光→雲峴宮(※月曜日は南山韓屋村)観光→昌徳宮(※月曜日には 景福宮+守門将交代式)観光→昼食→水原華城観光→水原華城行宮にて伝統武芸24技公演観覧(月曜日休演)→南大門市場又は明洞解散 タッカンマリ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-11-20

スポット更新日:2016-08-10

利用日
大人 子供

関連記事

韓国の世界遺産

韓国の世界遺産

韓国全土に12箇所ある世界文化遺産!