ソウルの元祖ランドマーク「Nソウルタワー」展望台入場券販売

閉店・移転、情報の修正などの報告

高度約500mから1000万人都市ソウルの夜景を鑑賞できます。

タワーの立つ南山の標高が243m、タワーの高さが236.7mあるのでタワーの高さは海抜479.7m!このタワーはもともと首都圏一帯のTV・ラジオ放送電波を送る電波塔として1965年に起工されたもの。約5年半の工事期間を経て1975年に展望台が完成、一般に公開されたのは1980年10月のこと。それから25年、順調に観客数を伸ばしていましたが、施設の老朽化などから改装工事に入り、2005年に再びオープン!タワーの展望台からは首都ソウルを一望できるだけでなく、天気の良い日は仁川(インチョン)や、北朝鮮は開城(ケソン)にある松岳山まで見通すことができちゃいます☆

チケット引き換え方法

☆提供写真

☆提供写真


Nソウルタワープラザ 5階のチケット受取機にて入場券を発券してください。
タワー外にあるチケット売り場では引き換えできませんのでご注意ください。
※ナビから発送する予約確認書を必ずお持ちください。

  • photo

記事登録日:2017-09-15

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2017-09-15

利用日
大人 子供