韓国観光公社が企画するソウル発日帰りバスツアー ご当地シャトル(江華、鉄原、扶余、舒川、陜川)

KOREA GOTOCHI 고토치셔틀

閉店・移転、情報の修正などの報告

逃しちゃ損、損!ソウル(釜山)出発の観光名所+ご当地グルメ+体験+日本語ガイド付きのリーズナブル日帰りバスツアー!

こんにちは!ソウルナビです。 韓国旅行といっても、ソウル、釜山、済州などの主要都市だけでなく、最近は各地方まで個人で足を伸ばす方もたくさん!自然景勝地や史跡、そして各地方のご当地グルメなどなど、ん~韓国地方旅も魅力てんこ盛りです。今日はそんな韓国の地方を気軽に満喫できる、とってもリーズナブルな外国人対象の日帰りバスツアーをご紹介しましょう。その名も「ご当地シャトル」! 韓国観光公社と地方自治体が協力し、韓国の地方の魅力をもっと知ってもらいたい!ということでスタートしたこのツアー。日本語のガイドさんもついて、ソウルを出発して(一部釜山出発)ソウルに戻ってくるバスツアーだから、アクセスの心配もなし、言葉の心配もなし!韓国リピーターの方はもちろん、韓国ははじめて!というビギナーさんも、在韓の方も、皆さんにぜひオススメしたいおトクなツアー。ではさっそく、くわしくご紹介しましょう!

ご当地シャトル、韓国地方旅行5選!

コースはソウル出発4コース、釜山出発1コース、合わせて5コースをご用意。ソウル出発は展望台から見えるのは北朝鮮、そして世界史にも度々登場する歴史ファン待望の地「江華(カンファ)」、同じく北朝鮮のすぐ近くにあり非武装地帯(DMZ)観光&手つかずの自然が残る「鉄原(チョルウォン)」、百済の歴史が残る忠清南道の「扶余(プヨ)」、リアス式海岸と大河の河口に位置する「舒川(ソチョン)」は、文化と歴史がググっと詰まった小都市、そして釜山出発で訪れる「陜川(ハプチョン)」のコースは世界遺産の「海印寺」に訪れます。また、各地域の有名な観光名所だけでなく、素晴らしい景観や美味しい郷土料理、様々な体験も楽しめる充実したバスツアーになっています。

江華(カンファ)コース(ソウル出発)~先史時代から近代と現代まで歴史遺跡がいたるところに隠れている魅力的な都市~

江華郡のシンボルマーク

江華郡のシンボルマーク

<スケジュール>
毎週 火・木・金出発
8:30 ソウル 仁寺洞 SM免税店正門左側にて出発
9:00 弘大入口駅出発
10:00 江華平和展望台
11:00 ソチャン体験館
12:30 昼食 - チャムゲジャン(カニの醤油漬け)定食
13:30 朝陽紡織カフェ
15:00 江華プンムル市場
16:00 伝燈寺
18:00 弘大入口駅到着
18:30 ソウル 仁寺洞 SM免税店到着
<訪れる主なスポット>
江華平和展望台
もっとも近い距離からリアルな北朝鮮の様子を見ることができる展望台。右には開城(ケソン)工業団地やイムジン河を、左には北朝鮮住民の生活の様子とともに村・開城工業団地の塔・松岳山(ソンアクサン) などを眺めることができる。

ソチャン体験館
ソチャンは江華の伝統的な織り物生地で肌ざわりのよいのが特徴。ソチャン体験館では、昔の織り機や織り物などソチャン産業に関する展示や機織り実演が行われている。ソチャンで作られたハンカチにスタンプで絵柄をつける体験など多様な体験ができる。

朝陽(チョヤン)紡織
1933年に国内資本で設立された朝陽紡織は、江華初めてのレーヨン工場だった。廃業後、荒れ果てていた約300坪(992m2)の工場跡と建物の骨格を生かして巨大なカフェにリノベーション。文化的空間として現代によみがえった。

江華プンムル市場
江華の中央路にある地域の在来市場。毎月2日と7日のつく日に市が開かれる。江華の特産物である江華産の高麗人参やカブをはじめ、農家の手作り野菜や雑穀、薬草などが地元の人どうしの間で取引されている。質のよい食材から人心まで、さまざまな品物であふれている。

伝燈寺(チョンドゥンサ)
開国の祖といわれる檀君(タングン)の三人の息子が築いたと伝えられる三郎城(サムランソン)の中にある。1678(粛宗4)年、歴代朝廷の記録を保管するようになり、史庫(歴史書を保管する蔵)を守る寺院として王室の庇護を受けた。

カンジャンケジャン定食

カンジャンケジャン定食

昼食-チャムケジャンジョンシク(カンジャンケジャンの定食)
韓国料理の中でも必ず食べたい料理のトップ3に入ってくるカンジャンケジャン。ワタリガニの産地で、ぜいたくなカンジャンケジャンとバラエティ豊かな韓国式のパンチャン(おかず)を楽しめます。

鉄原(チョロン)コース(ソウル出発)~韓半島平和の中心地、鉄原(チョルウォン)DMZ平和観光~

<スケジュール>
毎週 水・木・金出発
7:30 SM免税店出発
8:00 弘大入口駅出発
10:00 DMZ手続きおよび第二トンネル
11:00 鐵原平和展望台(モノレール乗車)
12:00 月井里駅、タンチョウヅル展示館、労働党舎
13:00 昼食 - (鉄原五台米の釜めし& カモの焼肉定食)
14:00 到彼岸寺
18:00 弘大入口駅到着
18:30 SM免税店到着
<訪れる主なスポット>
第二トンネル
1975年3月19日に韓国軍地域で2番目に発見されたトンネル。1時間で重武装の兵士約3万人や野砲などによる大規模な潜入・戦闘ができるよう、特殊設計された韓国を奇襲・侵略するためのトンネルだ。


鉄原平和展望台
2007年8月に竣工された鐵原(チョロン)平和展望台は、2階の展望台から 休戦ラインの非武装地帯をはじめ、平康(ピョンガン)高原や北朝鮮の宣伝村などが見渡せる。第二トンネルの模型体験など、多様な安全保障関連展示物が見物できる。

月井里(ウォルジョンニ)駅
京元(キョンウォン)線の仮設駅。京元線は、ソウル~元山(ウォンサン)間の221.4kmを結ぶ産業鉄道で、鐵原で生産された農産物や元山の海産物を輸送する幹線鉄道だった。

労働党舎
第二次世界大戦後、北朝鮮が共産独裁政権の強化と住民統制を目的に建設した党舎。朝鮮戦争以前は、北朝鮮労働党鐵原郡党舎として使われていた。現在は、近代文化遺産登録文化財第22号に指定され、管理されている。

到彼岸寺
到彼岸寺(トピアンサ) は865年(景文王5)、当代の高僧、「道詵国師」が約1,500名の人々と鉄仏を造成し、三重の石塔を建てて創建した由緒深い古寺です。

昼食-オデオリジョンシク(韓国のブランド米のオデ米とアヒル料理の定食)
非武装地帯の自然豊かな環境で育ったオデ米とアヒルのプルコギ料理。甘辛い韓国らしい味付けは、釜で炊いたご飯の味を引き立てます。

扶余 (プヨ)コース(ソウル出発)~ユネスコ世界遺産都市の夫餘、百濟古都~

扶余郡のシンボルマーク

扶余郡のシンボルマーク

<スケジュール>
毎週 火・水・土出発
8:00  SM免税店出発
8:30  弘大入口駅出発
10:30  扶蘇山城
12:00  昼食 - 三色ご飯定食(韓定食)
13:00  定林寺址
14:00  宮南池 (土曜日は扶余郡の忠南 国楽団の常設講演を鑑賞)
15:00  陵山里古墳群、羅城
18:00  弘大入口駅到着
18:30  SM免税店到着
<訪れる主なスポット>
扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産・韓国観光100選]
百済時代の城跡で、山城の中には軍倉址(グンチャンチ)・落花岩(ナッカアム)・皐蘭寺(コランサ)・迎日楼(ヨンイルル)・泗沘楼(サジャル)・三忠祠(サムチュンサ)などがあり、白馬江(ペンマガン)がすぐ目の前に流れる。特に扶蘇山城(プソサンソン)の林は、2002年、「22世紀のために保存すべき美しい林」に指定された。

 定林寺址(チョンニムサジ)[ユネスコ世界文化遺産]
百済時代の寺院跡。百済の聖王(ソンワン)が扶余の泗沘城(サビソン)に都を移したとき、外壁に囲まれた泗沘の都の中心地に定林寺を立てた。寺院跡には、百済時代を代表する遺跡である五重の石塔や高麗時代に作られた石仏座像がある。

 宮南池(クンナムジ)[韓国観光100選]
薯童(ソドン)と善花(ソナ)姫の愛の物語を伝える宮南池は韓国に現存する最古の人工池で、東屋の「抱龍亭」と柳や蓮の花が美しく、カメラマンが多く訪れる撮影スポットとしても有名だ。毎年7月には「薯童蓮花祭り」が開かれる。

土曜日は宮南池のかわりに、本常設公演の鑑賞となります。

土曜日は宮南池のかわりに、本常設公演の鑑賞となります。

扶余郡忠南国楽団(土曜常設公演)
歌、踊り、音楽、唱劇が一体となった「歌・舞・楽・劇」の舞台が繰り広げられる。毎週、異なった多様な演目が披露され、国内外の観光客にレベルの高いステージを提供している。代表的な演目に、百済五樂士、ピリ散調、百済民謡、風流チャンゴ踊り、サルプリ、サムルノリなどがある。

歴代の百陵山里(ヌンサンリ)古墳群&羅城ラソン[ユネスコ世界文化遺産]
済王の王陵群で、合わせて7基の古墳で構成されている。周囲が8.4kmにおよび、百済時代の墓地のうち、規模が最も大きい。羅城は東アジアで新しく出現した外郭城のもっとも古い例となる遺跡だ。


サムセッジョンシク(三色ご飯の韓定食)

色鮮やかな三色のご飯で、トッカルビ、プルコギ、野菜いっぱいの色とりどりナムルなどたくさんのパンチャン(おかず)をいただく韓定食です。韓国旅行で一度は韓定食という方も多いのでは?

舒川(ソチョン)コース(ソウル出発) ~スローシティ舒川(ソチョン)、体験が共にする1500年の時間旅行~ 

舒川郡のシンボルマーク

舒川郡のシンボルマーク

<スケジュール>
毎週 水・木・土出発
8:00 SM免税店出発
8:30 弘大入口駅出発
10:30 長項スカイウォークツアー
12:00 昼食 - ボリクルビジョンシク(熟成イシモチ定食)
13:00 韓山カラムシ館 ( カラムシ織り&カラムシ作り体験 )
14:30 韓山素麹酒ギャラリー ( 試飲会 )
15:30 舒川特化市場
18:00 弘大入口駅到着
18:30 SM免税店到着
<訪れる主なスポット>
文獻(ムノン)書院
高麗時代末期の大学者であった李穀(イ・ゴク)[号:稼亭(カジョン)]と李穡(イ・セク)[号:牧隱(モグン)]の学問と徳行を顕彰するために1594(宣祖27)年に立てられた書院。1611(光海君3)年に「文獻」という扁額を賜り、賜額書院となった。


長項 ( チャンハン ) スカイウォーク [伎伐浦 (キボルポ)海戦展望台]
松原の上を横切り、海につながる、高さ15m・長さ250mの橋。フィトンチッドがあふれる「詩人の空の道」(100m)、渡り鳥の物語が織り込まれた「渡り鳥の空の道」(100m)、海の上を歩く「海の空の道」(50m)という3種類の道がある。


舒川特化市場
地上2階・延べ面積14,496㎡という規模で、さまざまな施設を備えた現代的な市場だ。水産物、農産物、雑貨、衣類などを販売していて、新鮮な活魚やお刺身用の魚を比較的リーズナブルに買えるのが魅力だ。


韓山(ハンサン)カラムシ
韓山カラムシには1500年の歴史があり、韓国の美を象徴する伝統的な夏の布地。韓山カラムシ織りは、2011年にユネスコ無形文化遺産に登録された。韓山カラムシ館は、無形文化財の指定を受けた匠が実演してくれる文化体験の場だ。


韓山(ハンサン)素麹酒
約1500年前、百済王室で飲まれていたという、もっとも古いお酒で、舒川の特産物。百済滅亡後、遺民たちが悲しみやつらさを紛らわすために韓山の乾芝山(コンジサン)にあった周留城(チュルソン)で素麹酒を醸造して飲んだという。味と香りがとてもよく、朝鮮王朝の4大名酒に数えられている。


<舒川ご当地グルメ>ボリクルビジョンシク(熟成イシモチ定食)
イシモチを海風で自然乾燥させた後、麦を詰めた壺で旨味たっぷりになるまで熟成させた料理です。その他、多彩なおかずと一緒にいただきます。

ソウル発ツアーの集合場所
1.SM免税店ソウル店の前

地下鉄1号線、鐘閣(チョンガク)駅3番出口or 3-1番出口から徒歩1分
出発時間 : コースにより異なります。※スケジュール表をご確認ください。
集合場所:ソウル市鍾路区仁寺洞5ギル41 / SM免税店正門左側
2.HANATOUR 弘大店前(地下鉄2号線 弘大入口徒歩3分)
出発時間 : コースにより異なります。※スケジュール表をご確認ください。
集合場所:ソウル市麻浦区楊花路127、チョムダンビル1F

陜川 (ハプチョン)コース( 釜山出発) ~時間を遡る旅、ユネスコ世界遺産の海印寺 ~

陜川郡のシンボルマーク

陜川郡のシンボルマーク

<スケジュール>
毎週 火・木・土出発
8:00 釜山駅出発
10:00 大蔵経テーマパーク (八萬大蔵経拓本体験)
11:00 海印寺
12:30 昼食 - (山菜定食)
14:30 映像テーマパーク
15:30 青瓦台セット場
18:00 釜山駅到着
<訪れるおもなスポット>
大蔵経テーマパーク
八萬大蔵経刊行千年を記念して建てられた複合テーマパーク。ユネスコ世界記憶遺産に登録されている八萬大蔵経の完成から保存に至るまで、そのすべての物語に出会える。高麗八萬大蔵経の歴史的な価値や文化的な魅力が一目瞭然でわかるように展示した「大蔵経千年館」、5D映像でVR体験ができる「大蔵経光と音の館」、墨を塗って拓本づくりができる「記録文化館」がある。

海印寺 (ヘインサ)[ユネスコ世界文化遺産・韓国観光100選]
世界文化遺産(蔵経板殿)、世界記憶遺産(八萬大蔵経)および国宝、宝物など70点あまりの遺物・遺跡が散在する海印寺は、韓国の「三法寺院」のひとつ。高麗八萬大蔵経を保管していることから「法宝寺院」とも呼ばれる。
「2019~2020韓国観光100選」に4回連続選定されるほどで、記録・記憶文化と寺院文化の精髄を同時に経験できる。1200年の歴史が刻まれた古色蒼然とした山寺と名山・伽耶山(カヤサン)のふもとの鬱蒼とした松林が調和した風景は一幅の山水画を彷彿とさせる。

映像テーマパーク&青瓦台 (チョンワデ) セット
歴史モノのオープンセットがある韓国内屈指の撮影所。近現代を背景にした映画やドラマ、ミュージックビデオやCFなど、250編あまりの作品がここで撮影された。1920年代の京城(キョンソン:現在のソウル)の街並みや、1960~1970年代の空気が感じられる建物、1980年代のソウルの街並みや路地を散策し、映画の主人公になった気分でタイムトラベルに出かけることができる。特に韓国の心臓である青瓦台(大統領府)を完璧に再現した青瓦台セットの大統領執務室は、観光客にもっとも人気のフォトスポットだ。
青瓦台のセット(外観)

青瓦台のセット(外観)

青瓦台のセット(内部)

青瓦台のセット(内部)


<陜川ご当地グルメ>
サンチェジョンシッ(山菜定食)

韓国料理は一度にテーブルいっぱいに料理を並べて出すという特徴があります。陜川 (ハプチョン)の韓定食
では豊かな自然環境の中で収穫される野菜をふんだんに使った料理が並びます。

釜山の集合場所(釜山駅)
陜川 (ハプチョン)コースのみ釜山出発となります。
釜山駅
地下鉄1号線、釜山(プサン)駅6番 or 8番出口から徒歩1分
出発時間 : 8:00発
集合場所:釜山広域市東区中央大路196番キル12(東横INN・釜山駅1ホテル前)

記事更新日:2019-04-22

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    chibi5190

  • photo

    chibi5190

  • photo

    chibi5190

  • photo

    chibi5190

  • photo

    chibi5190

  • photo

    chibi5190

  • photo

    chibi5190

  • photo

    chibi5190

  • photo

    chibi5190

  • photo

    chibi5190

ページTOPへ▲

スケジュール

コース 内容 食事
江華(カンファ)コース 8:30 ソウル 仁寺洞 SM免税店正門左側にて出発
9:00 弘大入口駅出発
10:00 江華平和展望台
11:00 ソチャン体験館
12:30 昼食 - チャムゲジャン(カニの醤油漬け)定食
13:30 朝陽紡織カフェ
15:00 江華プンムル市場
16:00 伝燈寺
18:00 弘大入口駅到着 18:30 ソウル 仁寺洞 SM免税店到着
昼食:チャムケジャンジョンシク(カンジャンケジャンの定食)
鉄原(チョロン)コース 7:30 SM免税店出発
8:00 弘大入口駅出発
10:00 DMZ手続きおよび第二トンネル
11:00 鐵原平和展望台(モノレール乗車)
12:00 月井里駅、タンチョウヅル展示館、労働党舎
13:00 昼食 - (鉄原五台米の釜めし& カモの焼肉定食)
14:00 到彼岸寺
18:00 弘大入口駅到着 18:30 SM免税店到着
昼食:オデオリジョンシク(韓国のブランド米のオデ米とアヒル料理の定食)
扶余 (プヨ)コース 8:00  SM免税店出発
8:30  弘大入口駅出発
10:30  扶蘇山城
12:00  昼食 - 三色ご飯定食(韓定食)
13:00  定林寺址
14:00  宮南池 (土曜日は扶余郡の忠南 国楽団の常設講演を鑑賞)
15:00  陵山里古墳群、羅城
18:00  弘大入口駅到着
18:30  SM免税店到着
昼食:サムセッジョンシク(三色ご飯の韓定食)
舒川(ソチョン)コース 8:00 SM免税店出発
8:30 弘大入口駅出発
10:30 長項スカイウォークツアー
12:00 昼食 - ボリクルビジョンシク(熟成イシモチ定食)
13:00 韓山カラムシ館 ( カラムシ織り&カラムシ作り体験 )
14:30 韓山素麹酒ギャラリー ( 試飲会 )
15:30 舒川特化市場
18:00 弘大入口駅到着
18:30 SM免税店到着
昼食:ボリクルビジョンシク(熟成イシモチ定食)
陜川 (ハプチョン)コース(釜山出発) 8:00 釜山駅出発
10:00 大蔵経テーマパーク (八萬大蔵経拓本体験)
11:00 海印寺
12:30 昼食 - (山菜定食)
14:30 映像テーマパーク
15:30 青瓦台セット場
18:00 釜山駅到着
昼食:サンチェジョンシッ(山菜定食)

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-11-06

利用日
大人 子供

関連記事

韓国観光公社が企画する釜山発日帰りバスツアー「ご当地シャトル」 世界遺産の海印寺がある陜川(ハプチョン)へ!

韓国観光公社が企画する釜山発日帰りバスツアー「ご当地シャトル」 世界遺産の海印寺がある陜川(ハプチョン)へ!

逃しちゃ損、損!釜山出発の観光名所+ご当地グルメ+体験+日本語ガイド付きのリーズナブル日帰りバスツアー!