スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


チョルキルワンカルビ

レールワンカルビ철길왕갈비

閉店・移転、情報の修正などの報告

元祖キッチャキルワンソグムグイ!ビッグになっても依然と人気!

こんにちは!ソウルナビです。以前ナビでも紹介した地元の学生達に人気の「キチャッキルワンソグムグイ」という焼肉屋さん。"キチャ(汽車)+キル(道)=汽車の線路"で、まさにロケーションは線路の横。特に夜中ににぎわうお店で、昔よくナビが"夜中の焼肉"を楽しんでいたのですがぁ・・・久しぶりに行ってみると、その線路の向こうにある本店の方がリニューアル!一段とにぎわっていたので支店に続いてこちらにも行ってみました。昔よりも値段もアップしてましたが、ソウルも全体的に物価が上がっているので仕方がないのかなっ。でも味も雰囲気もそのまま、お肉もさることながら、ナビの好きな濃厚なテンジャンチゲ(韓国風味噌鍋)も健在でした。ではさっそくご案内!
リニューアルしたけど雰囲気そのまま!
この辺は住宅街なので、夜中は暗~い。しかし、この線路周辺の焼肉通りは夜中も人通りあり。中でもこのお店だけは一際明るい+お客さんが多いので、線路付近に行けばすぐ見つけられると思います。以前は平屋だったと思うのですが、先日行ってみると2階立てになって規模も拡大!でも以前と同じくビニールで覆われ、"剥き出しのコンクリート"も"ドラム缶テーブル"も"プラスチックの椅子"もそのまま。にぎわいもそのままで少し安心・・・
"チョルキルワンカルビサル"!
昔は「ウォンジョキチャッキルワンソグムグイ(元祖汽車通りの大塩焼き)」だったのですが、名前が変わってる?!入口には「チョルキルワンカルビサル」という看板が立てかけてあり!しかも日本語の看板「レールワンカルビ」もありました。日本人もよく来るようになったんですかね?!以前は地元人オンリーという感じだったんですが・・・"チョルキル(鉄道路)+ワン(王)+カルビサル"。変わったのは、"汽車路"から"鉄道路"へ、"ソグムグイ(豚の塩焼き)"から"カルビサル(牛カルビ)"へ。本店は牛焼肉がウリのお店に変わったのかぁ?!
まずは"ソグムグイ"から!
名前が"チョルキルワンカルビサル"に変わったけれども、やっぱりお手頃な"ソグムグイ"から行ってみましょう!まずは"形"。以前はもう少し太めのカットでしたが、切り方がスリムになって長くなりましたね。"味"は最近新村あたりでにぎわっている激安豚サムギョッサルなどより断然うまい!いや値段も倍するので比べちゃいけません。でも冷凍ではない生の豚肉で色もいいし、焼いた時の香りもグ~。もちろん炭火焼肉だから適度に脂が落ちて香ばしい焼きあがりに。
次に"ヤンニョムワンカルビ(味付け王カルビ)"!
牛は味付けが人気だというおばさんのアドバイスを信じて、"ヤンニョムワンカルビ(味付け王カルビ)"に挑戦!こちらの牛焼肉は、豚肉もそうでしたけど" キチャッキル"より切り方が細くて長い、網を2枚重ねて焼く"炭火焼き"。あっという間に焼けます。細切りなので食べやすく、味付け肉の割にお肉の色が変わらない"水原カルビ"風。大きさはかなりビックな"水原カルビ"とは違いましたけど。味付けはあっさりめで、ニラ入りの酸味のある特性タレにつけて食べると、さっぱりしていてどんどんイケます。モリモリ食べる男性ならば1人2人前は軽くイってしまうかもしれません。まあ1人前10,000ウォンなら味も量もまずまずっ。
サンチュや薬味はセルフ!
ところでお店の雰囲気、お肉の量、味、そして気になるものがもう一つ。そう、韓国ならでは"サービスのおかず"!こちらはもともとおかずといってもキムチ 2種しかなかったんですが、これは以前の"キチャッキル"よりも小ぎれいになったかな?!プラスティックのお皿とステンレスのお皿の両方が使われているのは同じだけれど、食器が新しくなったのでそう感じたのかも。一つ違うのは、おかずや薬味がセルフサービスになったという点。ペチュキムチ(白菜キムチ)やフチュキムチ(ニラのキムチ)、サムジャン(包み味噌)やニンニクスライス、青唐辛子などが足りなくなったら、自分で好きなだけ持ってきてOK!
濃厚テンジャンチゲ+石焼ご飯!
お肉屋さんのテンジャンチゲ、おいしいですよね~。だいたいダシにお肉が入っているからスープが濃厚。タマネギやホバッ(ズッキーニ)などのぶつ切り野菜と木綿豆腐もゴロゴロ入っていて、下の方には味噌の大豆が沈んでいたり、ナビのような"具好き"にはたまらな~い。そしてお肉の後に、あるいはお肉と一緒にご飯を食べたい方へ、2人以上で行く場合は"トルソッパッ(石焼ご飯)"がオススメ。ステンレスの器に入った白いご飯ではなく、フンミ(黒米)という赤飯色をしたご飯が石鍋に入って出てきます。これは以前より値上がりして3,000ウォンになっていましたが、白いご飯より断然おいしいし、温かさも長持ちで量もたっぷり!
お店の方に伺ったところ、いろいろある肉メニューの中で、豚は"ソグムグイ(塩焼き)"、牛は、"ヤンニョムカルビ(味付けカルビ)"が特に人気だとか。お店は全体的に小ぎれいになった感じですが、やっぱりココは地元の焼肉屋さん。ソウルビギナーの方にはちょっとびっくりのお店かもしれません。年中無休の24時間営業、特にお客さんの多い週末の夜中に行くと地元の学生たちでにぎわってまさにジモティ度満点。ジモティに紛れてわいわいがやがや楽しい雰囲気の中で焼肉を味わいたい!という方、1度行ってみて下さいね~。以上、ソウルナビでした。

記事登録日:2005-03-08

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:ウォン

イチオシ

ヤンニョムカルビサル

味付けカルビ肉

양념갈비살

12000

イチオシ

センカルビサル

生カルビ肉

생갈비살

12000

カルビポンサル(ヤンニョム)

カルビ本肉(味付け)

갈비본살(양념)

12000

カルビポンサル(セン)

カルビ本肉(生)

갈비본살(생)

12000

ヤンニョムトシサル

味付けトシサル

양념토시살

10000

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2005-03-08

スポット更新日:2012-06-11

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供