スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


博多文庫

ハカタブンコ하카타분코

閉店・移転、情報の修正などの報告

ソウルでもついに本格とんこつラーメンが!

皆さん、こんにちは。やってまいりましたウワサの博多文庫。韓国在住日本人の間ではオープン当時から、話題になっていたお店です。
先日は梨泰院(イテウォン)の「81番屋」さんへ行って来たばかりですが、あちらは鶏ガラ。対するこちら「博多文庫」さんは・・・博多といえばそうです。とんこつ。ラーメンはやっぱりこってりなとんこつだぜ!という、とんこつ派の皆さん、お待たせしました。名ばかりでない、日本の本格とんこつラーメンが食べられるお店のご紹介です。
場所は弘大と聞いていましたが、2号線ホンデイック(弘大入口)駅からとなると、結構歩きます(約徒歩15分)。散歩しながら行くのも悪くありませんが、一刻も食べたい方!そんなアナタには地下鉄6号線サンス(上水)駅下車がオススメです。早歩きで行けば徒歩5分もかかりません!・・・とそこまであわてる必要もありませんが、ラーメン好きとしては一刻も早くその味を確かめたいではないですか~~

・・・と早足でやってきました、博多文庫。赤いちょうちん1コとデカイのれんというシンプルな店構え。店内に入ったとたん、いらっしゃいませ~と日本語が・・・ お店の作りから、何から日本のラーメン屋そのまま。一体どんなラーメンなのでしょうか、ワクワクしますね~♪
ラーメンは2種類。印象に残るような味のこってり系"印ラーメン"と、すっきりあっさり味の"清ラーメン"。ラーメン好きとはいいながら実はこってり過ぎは苦手な私、う~ん迷いました。でもスタッフに聞いてみると「そこまでコテコテ・ギトギトじゃないですよ」とのこと。それならばと1番人気の"印ラーメン"を注文してみることに。
各テーブルにはすりゴマとショウガ、生ニンニクが置かれています。しかもニンニクはまるごと・・・てっきりこのまま食べるのかと思ってしまった私でしたが、一緒に置かれているニンニク潰し器でニンニクを潰して入れるそう。もちろん入れる入れないは好みですが、1番多いパターンとしては、まずは純粋なラーメンの味を味わうためにそのままで食べます。次に替え玉を頼み、2杯目にショウガやニンニクなどを入れて食べる、そんなふうに食べる人が多いとか。
出てきたラーメンは細麺!そう、九州ラーメンといえば細麺ですよね~ 写真を撮っていると「あの・・早く召し上がっていただかないと麺が・・・」ああ、そうだった!出てきたらすぐに食べないと伸びてしまう極細麺。撮影のため麺が伸びてしまい残念です。そして肝心のスープの味は・・・美味しい!私には少ししょっぱい気もしましたが、心配していたほどコテコテでもなく、コクのあるとんこつスープで、かなり"日本のラーメンな味"です。
そして忘れちゃいけない、サービスのキムチも出てきます。マイルドなとんこつには、ピリッと辛いキムチが意外と合うんですよね~~ああ、ラーメンにキムチをのせたい衝動にかられる私・・・
そしてもうひとつおまけにと"チャーシューご飯"も注文してみました。こちらはチャーシューのタレで和えたご飯の上に、チャーシューがのっています。多すぎない量と甘めのタレの味は女性にもうけそうです。
気になるお値段はどれも思ったより安くてビックリです。そしてこれ以外のメニューはライス、つまみチャーシューとビール(アサヒスーパードライのみ)だけ。このシンプルさにこだわりを感じさせますよね~ そこで気になったのが食材。ここでもやはり日本と同じ味を出すために、日本から仕入れた食材を使ってるのかと思いきや、こちらは全て現地調達。そう、韓国にある食材で日本のラーメンを再現。韓国内の食材でよくここまで近づけるものなんだなぁと、スープを飲みながら感心・・・ 特に麺は何度も改良し直して今の麺になったそう。
とんこつ派ではない私でしたが、気が付いたらスープまできれいに飲んでいる・・・。次回はビールと"清ラーメン"でいくぜ~~~とすでに行く気満々でお店を後に。そんな私たちの姿が見えなくなるまで、いや見えなくなっても「ありがとうございました!」と威勢のいい声で見送ってくれた「博多文庫」スタッフの皆さんでした。

記事登録日:2005-05-31

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:ウォン

チョンラメン

清ラーメン

청라멘

8,000

インラメン

印ラーメン

인라멘

8,000

チャーシュトッパッ

チャーシューご飯

챠슈덮밥

6,000

チャシュチュガ

焼豚追加

챠슈추가

3,000

替玉

替玉

1,000

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2005-05-31

スポット更新日:2012-06-11

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供