スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


閉店・移転、情報の修正などの報告

プルコギと平壌式冷麺の老舗!奥深い味を堪能してみよう~!!

こんにちは!ソウルナビです。韓国料理の中でまだまだ根強い人気を誇る料理といえば焼肉!この焼肉を韓国語で直訳すると「プルコギ」?!でも日本人が想像する焼肉は、韓国の「カルビ」にあたり、網を使って焼いて食べるものをいいます。ではプルコギは?!というと、韓国でのプルコギは日本のすき焼きに少し似た感じのお料理。薄切りにした牛肉をお野菜などと一緒に味付けし、特製の鉄板の上で炒め焼きするものを示すんです。今日はそんなプルコギの老舗「又来屋」をご紹介したいと思います。北朝鮮出身のご主人が始めた平壌式のプルコギ&冷麺は、他のお店とは違った自信作!本格的な!真の!平壌式料理を堪能してみたい人に一押しの「又来屋」、ナビがさっそくご紹介していきましょう~!行ってみヨ!
又来屋
1946年のオープン以来、「又来屋」の歴史はなんと半世紀を越えています。北朝鮮出身のお父さんのあとを継ぎ、故郷(北朝鮮)に帰ることが出来ない人々の心を癒す100%平壌式冷麺を作ったところ、同郷のとお客さんから「故郷の味そのまま」という定評をえているとか。現在は数少ない本格平壌式冷麺の食べられる貴重なお店のひとつとなりました。そんな冷麺に負けず劣らず人気なのがプルコギ。上質なお肉を使ったプルコギももちろん平壌式。人気のあるお店だけあり、店構えもなかなか豪華~。格式ありそうな、重みのあるお店の前に、真っ黒な高級車がずらりと並ぶこともしばしば(お金持ちもいっぱいやって来るようです!)~。
店内へお邪魔してみましょう~!
1階と2階に分かれた室内。両フロアともに、テーブル席とお座敷が設けられています。お店に入ると係りの人がすぐにテーブルに案内してくれます。お店の中も高級店らしい雰囲気~。
「又来屋」ご自慢高級プルコギ!
では「又来屋」自慢の料理をご紹介してきましょう。まずはメインディッシュのプルコギから。一般的なプルコギといえば、お肉に玉ねぎやネギなどの野菜を加えたものを特製のタレで漬け込み、1~2日ほど熟成させたもの。それを鉄板や網で焼いて食べるんです。でもこちら「又来屋」では平壌式プルコギということで、一般のものとは少し違うとか!では何が違う?!
1. タレに漬け込まず、オーダーとともに薬味と混ぜ合わせる。
2. 野菜といっしょにもみ込まない。飾りとしてネギやキノコを上に載せるだけ。
3. 焼くとき、鉄板の端にある溝にユッスと呼ばれる牛肉のスープを注ぎいれる。
タレに長く漬けたり、野菜を加えたりせず、オーダーと同時にさらっと味付けすることで、肉自体の味も楽しめるとか。もちろんお肉は上質の韓国国産肉のみを使用しているそう。そして鉄板の端に注ぎ込まれるスープには、お肉を焼いているうちに肉汁が垂れ落ち、口直しにスプーンですくって飲むとおいしいそう。全体的に甘さ控えめのあっさりしたお味。
肉とスープを交互に食べるのもいいけれど、ヘルシーにいただくにはやっぱり野菜に巻いて食べるのが一番!サンチュにお肉、にんにく、味噌、大根やネギの和え物をのせ、くるりと巻いてお口へ~!こうして食べるとお肉のサラダという感覚でいくらでも食べられちゃいますヨ!
貴重な本格平壌冷麺をご賞味!!
お肉を食べた後はさっぱりした冷麺を食べたい!そんな人にピッタリな冷麺が「又来屋」にはあります。ご主人がお父さんに習った平壌式そのままの方法、「何も足さない、何も減らさない」という昔コマーシャルで見たようなコピーをそのまま守ってきたのがこの味のヒミツ?!お肉の香りがふわ~っと広がる香ばしいスープの味は他の追随を許さないと評判だとか。毎日毎日加える韓国産の牛の部位を大きな釜でじっくり茹でて、軟水を加え冷たく冷やして油をきれいに取り除くのがスープの全てだそう。単純な作り方だけど、よい材料を使うことと、一つ一つの工程を丁寧に行うことで、オリジナルの味を作り出しているよう。
では麺は?!「又来屋」の冷麺の麺は蕎麦とサツマイモのでんぷんを7:3の割合で調合しているんだとか。だから皆さんが想像しているゴムのようなビヨ~~ンとした麺というよりは、日本蕎麦のような切れやすい麺。とってもふやけやすいので、運ばれたらすぐに酢やカラシで味をととのえ、無言でツルツル一気に食べてもらいたいところ。このスープと麺が合わさった絶妙なハーモニーは、冷麺上級者に好まれる味&スタイル。甘酸っぱいコシのある冷麺を想像している人にはちょっと抵抗があるかもしれませんが、これこそが本当の平壌式冷麺の味なんです。1度目、2度目はん~、あるいは普通、3度目はいい感じ、4度目はおいしい!となる人が多いんだそう。ナビは2回目で、また食べたいなぁ~と思いました^^!ぜひ試してみてくださいね!
お値段が少し高めだけど、地元の人には認められた味であるうえ、平壌の味を楽しめるから試す価値はありだと思いますヨ!ナビはランチタイムに訪れてみたんですが、お店は満席。プルコギと冷麺の両方を楽しむ人もいれば、冷麺だけを楽しむお客さんも。ナビ的にはせっかく外国に来たんだから、奮発して両方を試してもらいたいところ。プルコギ、冷麺の両方を楽しむ人に、おいしい食べ方をひとつ伝授!焼けたプルコギを冷麺の上に載せて食べるとこれが意外に意外!うまい!!これはお店のお姉さんにこっそり教わった食べ方。上級者はこうしていただくんですね。皆さんも試してみてくださいネ!以上、「又来屋」よりソウルナビがお伝えしました。

記事登録日:2006-05-22

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    uritanchan

  • photo

    uritanchan

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:ウォン

イチオシ

プルコギ

プルコギ

불고기

(150g)
30,000

イチオシ

ソグムグイ

塩焼き

소금구이

(150g)※ロース
52,000

イチオシ

カルビ

カルビ

갈비

(180g)
45,000

イチオシ

ヒョミッグイ

舌の下焼き

혀밑구이

(160g)
30,000

イチオシ

ヒョミッソグムグイ

舌の下塩焼き

혀밑소금구이

(160g)
30,000

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2001-05-19

スポット更新日:2012-06-14

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

韓国料理対決、第9弾~高級プルコギ対決~

韓国料理対決、第9弾~高級プルコギ対決~

韓国定番グルメ!!プルコギの老舗「又来屋」VS網焼きプルコギ「オニャンプルコギ」を大解剖!!