新堂洞トッポッキ通り

シンダンドン・トッポッキコルモク 신당동떡볶이골목

閉店・移転、情報の修正などの報告

他と比べてあまり辛くなく、甘くて野菜がたっぷり入っているトッポッキが集まる通り

こんにちは!ソウルナビです。韓国の子供たちが大好きなおやつの定番といえば「トッポッキ」!トッポッキとはオレンジ色の赤~いソースに絡まった長細いお餅のおやつ。子供たちからおじさんたちまで、男性から女性まで、老若男女を問わず誰もが大好きな韓国を代表するお料理。それを証拠に韓国ではトッポッキを売る屋台ではおじさんが子供の頃学校帰りに食べたトッポッキの味を懐かしみながら屋台でフーフーしながら餅をほおばる姿や、女子学生やOLさんなど女子の団体が取り巻いている屋台の風景などをよく目にすることができます。今日はそんな大人気の国民的おやつ"トッポッキ"の、屋台ならぬ専門店がずらりと並ぶ名物ストリート「シンダンドン(新堂洞)・トッポッキ通り」をご紹介したいと思います。実はこの専門店、屋台のトッポッキとは全く食べ方も風貌も価格も全く違い、お鍋料理のようにテーブルを囲んでワイワイ食べるトッポッキ!そんな専門店のトッポッキ&シンダンドン・トッポッキ通りをさっそくご紹介していきましょ~う!
「シンダンドン・トッポッキ通り」は
地下鉄2号線シンダン(新堂)駅から徒歩約5分。1950年代に誕生したというシンダンドンのトッポッキ通りは、こじんまりしているけれど長く続いているので常連のお客さんも多いんだそう。シンダンドンの交差点すぐの消防署に沿って路地を行くと、中ほどに十数店のトッポッキ専門店が大小入り混じって並び、人々の食欲をそそっています。週末にもなると家族連れが車を乗り付けてやってくるため、あたりは大混雑!!ナビ的には自家用車で訪れるのはオススメしません!そんな通りの中でも「マボンニム・ハルモニ・トッポッキ・チッ(マポンニムおばあさんのトッポッキ屋)」はここ"トッポッキ村"が世に知られることにかなり貢献した有名店!なんでもここを訪れる1日のお客さんは想像を絶する数とか。また最近お店を拡張したばかりだそう!
★通りにひろがるトッポッキ専門店~
どのお店も韓国のマスコミに取り上げられたらしく、店先にはテレビ局の紹介パネルが貼り付けられています。なかにはドラマの撮影に使われ、その時に撮った記念写真や芸能人との記念ショット、サイン色紙などが店内に張り巡らされたお店もありました!
「シンダンドン・トッポッキ通り」の由来は?!
ここシンダンドン(新堂洞)は1970年代ソウルで学生時代を過ごした人なら誰しも1度は立ち寄ったことのある有名な場所。だからここにまつわる思い出も多いとか。例えば今は無くなってしまいましたが以前それぞれのトッポッキ屋さんの片隅にはミュージックボックスがあり、好きな音楽を選ぶことができました。トッポッキを食べながら、好きな音楽を心行くまで聴けることを楽しんでいた・・・でも実はそれだけが目的ではなかったらしいんです。というのは当時は異性との交際が厳しく禁止されていた時代。けれど異性に対する好奇心は抑えようとすればするほどわき上がってくるもの。ここにはとってもかっこいいDJがいて、そのDJに会うため多くの女学生が毎日ひっきりなしに集まり、あっという間にここシンダンドンが有名になった、というワケ。だから今でもこちらを訪れる中年層の方々は実はそういう思い出をいっぱい胸に抱いているはず!「シンダンドン・トッポッキ通り」の誕生にはこんなエピソードがあったんですね~!
露店と違った専門店ならではのスタイル!
露店のトッポッキといえば赤いソースと餅のみがほとんど。食べ方はもちろん立ち食いスタイル。多くの人がティギム(てんぷら)やキムマリ(春雨を海苔で巻いて揚げたもの)を一口サイズに切り、これをトッポッキに混ぜてもらい、真っ赤に染めて食べたりします。一方、トッポッキの専門店はというと、浅めの鍋にさまざまな具とお餅、ダシ、そして秘伝の真っ赤なソースをのせて登場。だから調理はテーブルの上で、お客さんが直接煮詰めながら食べるスタイル。日本のお鍋料理のようにみなでわいわい鍋を囲んでつつきあいながら食べるんです。ただしつつく道具はお箸ではなく、フォーク!
トッポッキに入る具のいろいろ!
では鍋にはどんな具が入っているの?ちょっと拝見!どのお店もほとんど同じスタイル。トッポッキのお餅におでん、ゆで卵、餃子、ラーメン、チョルミョン(スパゲッティくらいの太さの弾力のある麺)と各種野菜がたっぷり。これを強火で直接煮ます。味付けは屋台に比べ甘く、野菜がたっぷり入っています。コチュジャンソースを煮詰めて野菜の味が染み込むように炒めるとさらにウマさ倍増!ではお店のオリジナリティはどこに?それは秘伝のピリ辛コチュジャンソース。ここ「シンダンドン・トッポッキ通り」のピリ辛ソースのほとんどがコチュジャンとチャジャン(チャジャンミョンのあの黒いお味噌)。それらの材料の質と配合分量が各お店の味に変化をもたせるポイントとか。またあるお店ではそれにプラス上質コチュカル(唐辛子の粉)を加えるところもあるそう!
「シンダンドン・トッポッキ通り」でのオーダー方法は?!
ではこのトッポッキのオーダー法&食べ方をご紹介しましょう!まずここでは1人前からのオーダーは受け付けていません。基本が2人前からで、1人で行っても2人前は食べなくてはなりません。だから必ずお友達や家族と一緒に出かけてくださいね!価格はどのお店もほぼ同じ金額で2人前がだいたい8000ウォン、3人前がだいたい10000ウォン、4人前がだいたい11700ウォン、5人前がだいたい13500ウォン。屋台のトッポッキよりはかなりお高いけれど、それだけ具沢山でかなり豪華!屋台で食べるのとは違ったメニューを食べる!ぐらいの気分で訪れましょう。オーダーから食べるまでの手順は以下のようなスタイル。
※「マボンニム・ハルモニ・トッポッキ・チッ(マポンニムおばあさんのトッポッキ屋)」を参考にしました。お店によって多少異なることがありますのであしからず。
※値段は2005年4月のものです。

一味違った変り種トッポッキ!
ただ今説明したトッポッキがここ「シンダンドン・トッポッキ通り」でもっともオーソドックスな基本のメニュー。しかし最近は一風変わったおもしろトッポッキメニューも誕生しています。たとえばトッポッキの長細いお餅の中にチーズが入った「チーズトッポッキ」、具のひとつにプルコギ(お肉)が加えられたゴージャスなその名も「クンジュン(宮中)トッポッキ」、そして海鮮の加えられた「ヘムル(海鮮)トッポッキ」、劇辛ブームにのった涙が出るほど辛い「ヌンムル(涙)トッポッキ」などなど。特に若い年齢層を中心に人気があるそう。
海鮮トッポッキ

海鮮トッポッキ

クンジュン(宮中)トッポッキ

クンジュン(宮中)トッポッキ

食後にはやっぱりソフトクリーム!
最近は日本人の間でも根強いファンが増えつつあるトッポッキ。でも全てのトッポッキに共通しているのは"ピリ辛"っということ。食べた後、このヒリッとする舌を癒してくれるのがこのソフトクリーム!店先にぶら下がったソフトクリームの模型に気付かれた方も多いはず!こちらでは大人も子供も一緒になってソフトクリームを店先でほうばる姿が目立ちます。中にはパッビンス(カキ氷)などを一年中取り扱っているお店もあるんですヨ!食後に冷たくて甘いアイス系デザートを食べてこそ、「シンダンドン・トッポッキ通り」のトッポッキをフルコースで完食した!といえるでしょう。

<お店紹介>

○マボンニム・ハルモニ・トッポッキ・チッ
ここ「シンダンドン・トッポッキ通り」の元祖的存在のお店。マスコミ登場数は数知れず、いつもお店はにぎやか。最近お店を拡張し、その勢いは衰えることを知らず!
電話番号:02-2232-8930
○元祖ハンマウムトッポッキ
こじんまりした、とってもアットホーム的なお店。店の奥にはお座敷もあり、くつろいだ雰囲気でおいしいトッポッキを味わえます!
電話番号:02-2233-5462
○ ウリチットッポッキ
最近終了したキム・ジェウォン&ユジン主演の人気ドラマ「ワンダフルライフ」の撮影が行われたのがこちらのお店。店先にはそのときの記念写真が!
電話番号:02-2232-4531
○ アイラブシンダンドン
お店も広く、とってもキレイなお店。店先には芸能人のサインのオンパレード!変わりトッポッキが充実した人気店です!
電話番号:02-2232-7872
※ここ「シンダンドン・トッポッキ通り」にあるお店は24時間営業のお店がほとんど。月に2日、ローテンションでお休みしているそうですが、かならず数店はオープンしているので、通りのお店が全休になるということはないそうです。
いかがですか?在韓日本人にも大人気の「シンダンドン・トッポッキ通り」のトッポッキ!皆さんもちょっとチャレンジしてみたいなぁ~っと思いませんか?日本にいらっしゃる皆さんは次回のソウル旅行の時に、そして在韓日本人の家族のみなさんはノーマイカーで、そしてそして留学生の皆さんもさらなる新しいお店を開拓しに、ここ「シンダンドン・トッポッキ通り」へ訪れてみてはいかがでしょうか?そのときには食後のソフトクリームを忘れずに!以上、ソウルナビがお伝えしました。

記事登録日:2005-05-19

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2005-05-19

スポット更新日:2012-07-03

ページTOPへ▲

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供