南怡島(ナミソム)

남이섬

閉店・移転、情報の修正などの報告

あの「冬のソナタ」のロケ地!カン・チュンサン・・・「冬のソナタ」の場面を思い出しながら・・・


こんにちは、ソウルナビです。今日は、日本で大旋風を巻き起こした「冬のソナタ」のロケ地、ナミソム(南怡島)にやってきました!ちなみに「冬のソナタ」、ご存じと思いますが、地元の韓国では「キョウルヨンガ(冬の恋歌)」といい、2002年に韓国でも大人気を博したドラマなんです。それではそんなナミソムへ、さっそく行ってみよ~

ナミソムとは


「ナミソム」は清平(チョンピョン)ダムをつくるときにできた、京畿道と江原道の境界は北漢江に浮かぶ半月型の島。ソウルからも1時間ほどで行けるので、学生のサークル合宿や、カップルや家族連れの日帰り旅行などでも良く利用されるレジャースポットです。島の1周は6kmで、じっくり歩いても約2時間。中央には芝生が植えられ、栗の木、ポプラの木、銀杏の木など自然がいっぱい!お散歩にぴったりの夢とロマンの島として知れています。

ナミソムまで列車またはバスで行く場合は

ナミソムへの行き方は以下の通り!

1.ソウル~加平(カピョン)
◎電車:上鳳駅~加平駅
地下鉄7号線・中央線・京春線サンボン(上鳳・Sanbong・720/K120)から京春(キョンチュン)線(春川行き)に乗り、カピョン(加平)駅下車。所要時間約50分。
料金:1,850ウォン

◎ITX:龍山駅~加平駅
国鉄・地下鉄1号線(龍山・Yongsan・135)駅からITXに乗り、カピョン(加平)駅下車。所要時間約55分。
料金:6,900ウォン
◎バス:東ソウルバスターミナル~加平バスターミナル
東ソウルバスターミナルよりチュンチョン(春川)行きバスに乗り、カピョン(加平)ターミナルで下車。所要時間1時間20分。
料金:一般6,400ウォン
◎ツアーバス(ソウル仁寺洞⇔南怡島)
料金:往復15,000ウォン
※くわしい内容は↓こちらを参考に!
2.カピョン(加平)~ナミソム船着場
加平駅から南怡島へ渡る船着場まではタクシーかバスで5分ほど。駅の真ん前にタクシー乗り場もバスの停留所もあります。南怡島行きのバスは1時間に1~2本ずつ。時刻表がバス停に貼ってあるので分かりやすいです。タイミングが合えばバスに乗って行くのもいいですね。バスは駅前の道路を渡ったところにある停留所から乗ります。

◎タクシー:カピョン(加平)駅/加平ターミナル~ナミソム船着場
所要時間:(駅)約5分/(ターミナル)約10分
料金:(駅)2,500~3,000ウォン/(ターミナル)3,500~4,000ウォン

◎市内バス:加平駅/加平ターミナル~南怡島
路線:(駅、ターミナル共に)33-5(運行間隔90分)、33-24(運行120分)、33-36(1日1本のみ(7:40))
所要時間:(駅)約12分/(ターミナル)約18分
料金:(駅、ターミナル共に)1,100ウォン

<バス時刻表>
加平駅発
7:45,9:15,9:55,10:25,11:05,11:35,12:15,13:35,14:45,15:15,15:55,16:05,16:35,17:45,18:35,19:15,20:25
ターミナル発
7:40,9:10,9:50,10:20,11:00,11:30,12:10,13:30,14:40,15:10,15:50,16:00,16:30.17:40,18:30,19:10,20:20
南怡島駐車場発
7:50,9:20,10:00,10:30,11:10,11:40,12:20,13:40,14:50,15:20,16:00,16:10,16:40.17:50,18:40,19:20,20:30
※2012年3月現在
加平駅前の通りを渡ると\n

加平駅前の通りを渡ると\n

南怡島行のバスが来るバス停が

南怡島行のバスが来るバス停が

タクシー乗り場も駅のすぐ前

タクシー乗り場も駅のすぐ前

加平バスターミナルの南怡島行きバス停

加平バスターミナルの南怡島行きバス停

このバスに乗って南怡島へ。

このバスに乗って南怡島へ。

混雑時は乗れない場合もあり。

混雑時は乗れない場合もあり。

運賃の支払いはT-money(交通カード)が使えるので便利!
3.ナミソム船着場~ナミソム

駐車場をまっすぐつきぬけると、南怡島船乗り場があります。
チケット売場でチケットを買ったら、「ナミソム」の門をくぐり、船着場に行きましょう。

◎船:ナミソム船着場~ナミソム
所要時間:5分
船の運航時間はだいたい朝7時半から午後9時半までですが、人の多い朝9時前くらいから午後5時までは随時運航しているよう。

【船の運航時間表】
駐車場発(7:30~21:40)
7:30~9:00 30分間隔で運航
9:30~18:00 10~20分間隔で運航
18:00~21:40 30分間隔で運航

ナミソム発(7:35~21:45)
7:35~9:00 30分間隔で運航
9:30~18:00 10~20分間隔で運航
18:00~21:45 30分間隔で運航

船に30人ほど乗ったら、ゆっくり船着場を離れてナミソムへ出発!船から見えるのは山と川、そして行き交う船やボートが少し。やがてナミソムの入口のようなものが見えてきます。
◎リフト:ZIP-Wire
駐車場の隅にある背の高い塔からワイヤーにぶら下がった椅子に座り、南怡島に渡ります。
1人38,000ウォン(南怡島の入島料と帰りの船代込みの価格)
韓国の古宮で見るようなデザインの鳥居をくぐり、ナミソムに入島します。

まずは、案内図を見てナミソムをぐるっと一周してみましょう!


<ナミ将軍の墓地>
「ナミソム」の名前の由来でもあるナミ将軍のお墓です。

<松並木>
「冬のソナタ」の撮影場所ではないけど、とっても涼しくていい。

<古木>
ドンドン酒も飲める伝統居酒屋。メニューは緑豆ピンデットッ、チヂミ盛り合わせ、メウンタンなど酒の肴メニューが。

<トケビソム(お化けの城)>
ゲーム&子供用遊園地

<展示館>

<クッテクシジョル>
☆歩いて島を周るのもいいけれど、サイクリングを楽しんでもいいかも。子供たちや若者カップル以外にも外人さんカップルとかおじさん&おばさんカップルなど、みんな楽しんでいます。

●レンタル自転車

★料金★
1人用:3,000ウォン(30分)、5,000ウォン(1時間)
2人用:6,000ウォン(30分)、10,000ウォン(1時間)
家族用自転車:10,000ウォン(30分)
空中自転車:中学生以上3,000ウォン、小学生以下2,000ウォン(1人1回)
その他有り。

<ドラマカフェ・恋歌の家>
ここがウワサのドラマカフェ。看板横に「冬のソナタ」のポスターが貼ってあり、来る人来る人このお店の前で写真を撮るという、いわゆる「フォトスポット」。カフェですが何も頼まずに中をのぞいて出てきてもいい感じ。とりあえず中へ入ってみましょう。
ドラマの撮影風景を撮った写真やポスターから出演者のサインまで、いろいろ壁に貼ってあります。チュンサン、ミヨン、ユジン、そしてドラマの中でいつも走ってばかりいた幼馴染みなど、壁一面「冬のソナタ」一色!さらにドラマ「オールイン(イ・ビョンホン&ソン・へギョ主演)」や「ヨルムヒャンギ(夏の香り)」の写真もあり。ここにいるとちょっぴりミーハ−になってしまうかも。
ぺ・ヨンジュンのサイン

ぺ・ヨンジュンのサイン

チェ・ジウのサイン

チェ・ジウのサイン


<イェンナルトシラク(昔懐かしの弁当)>
メニューは飲み物を中心にいろいろありますが、ここはやっぱり「冬のソナタ」にも登場した昔のお弁当を。ガスレンジの直火で熱し、3分ほど経ったら取りに来るように言われます(ここはセルフサービス)。受け取る時はとっても熱いので、すぐ横のカゴにある滑り止めつきの軍手をはめ、蓋を開ける前にガンガン振ってから食べるように言われます。
"お弁当の中身"はキムチ炒めが下に敷いてあって、次にご飯、次に目玉焼き、次に目玉焼きが隠れるようにご飯を薄く盛ってもの。食べる時はやっぱりビビンパッのように"混ぜる"のが基本。ちゃんと温めてくれるので、あつあつのキムチチャーハンと言う感じ。日本の"のり弁"や"日の丸弁当"のような感覚?!韓国では1980年代中盤までこんな感じのアルミのお弁当箱が主流で、80年代後半からクラスの1割がおかず別盛りの保温弁当を持ってくるようになったとか。
<アートショップ>

<アートショップ>

<将軍たちの似顔絵ポール>

<将軍たちの似顔絵ポール>

<願い事の石塔><br>願いを込めて石を積むとその願いが叶うらしいです。

<願い事の石塔>
願いを込めて石を積むとその願いが叶うらしいです。


<動物もいろいろ!>

豊かな自然の中で楽しく遊んでいる動物たちにもたくさん出会います。まず中央の芝生で放し飼いしているダチョウの親子。ダチョウって大人でも小さく見えちゃうほどビッグだし、子どもがいたずらなんかしたら突っついたり疾走したり、たいへんなことになりはしないかと冷や冷やしましたが、とっても温厚。近くにいってもぜんぜん動じないし、ダチョウの子どもがまたかわいい。その他、ウサギやリスのフォトもあり。

<メタセコイア並木>
有名な「冬のソナタ」の撮影場所として使われた美しいメタセコイアの並木道。ドラマの中では幻想的な雪景色でしたが、夏にはメタセコイアの木が天高くまっすぐに伸びて、また別の趣があります。そしてチュンサンとユジンが初めて手をつないで木の上を歩く場面を撮ったのがこのすぐ横。ここはまさにフォトスポット^^

<銀杏並木>
「冬のソナタ」のメタセコイア並木道の90度向こうにある並木道。銀杏の葉が落ちて黄色い絨毯が続く秋頃に来たらもっとキレイかも。

<ウムジャント−>

<ジョングァンル(静観楼)>
藁の住居の後ろにある、古宮にあるような昔の建物。こちらではたくさんの地元の観光客がくつろいでいます。ここは人々の休憩場所として、また宴会場としても使われているんだそう。

<アンデルセンホール>

<体験コーナー>
この他、ナミソムではいろんな体験プログラムがあるそう。
※韓紙体験コーナーはなくなりました。

○「南怡島環境学校」
オープン時間:10:00~18:00、毎週月曜日休
Tel:031-580-8123

・木の工芸体験(フォトフレーム、表札):8,000~1,5000ウォン(30分~1時間)
・布地絵付け体験 (ハンカチ、エコバック):5,000~10,000ウォン(30分~1時間)
・天然の素材で作るLOHAS体験 (石鹸、リップパーム、蚊よけ、虫さされ薬):5,000~10,000ウォン(30分~1時間)
など

○「YMCAグリーンの店体験工房」
オープン時間:10:00~17:00
Tel:031-581-0321(9:00~18:00)/e-mail:namigreen@jinbo.net
ホームページ:namigreen.or.kr

・横断幕を利用した手さげバッグの絵付け体験:7,000ウォン(約30分)
・木のペンダント作り:7,000ウォン(約30分)
・焼酎のふたを使ったロウソク作り:8,000ウォン(約30分)
・木と草で作る南怡紙作り:7,000ウォン(約40分)2人以上※要予約
・天然染色体験(ハンカチ、巾着):7,000~10,000ウォン(30~40分)5人以上※要予約

○「南怡島ガラス工房」
オープン時間:9:00~18:00
Tel:031-580-8199(9:00~18:00)

・ガラス工芸体験(ペンダント、ろうそくたてなど):10,000~15,000ウォン(約5~10分)
※室温で徐々に固まるガラスの性質のため、作品の受け取りは3~4日後になります。韓国国内なら宅配サービスあり。
※平日に来られる場合は要予約。

○「南怡陶芸園」
オープン時間:9:00~17:00
Tel:031-580-8199(9:00~18:00)

・マグカップの絵付け:8,000~10,000ウォン(約1時間)※要予約。作品はその場で受け取って持って帰れます。
・陶磁器作り:20,000ウォン(約1時間30分~2時間)※要予約。作品の受け取りまで1ヶ月かかります。韓国国内なら宅配サービスあり。

<恋人たちの森>
バンガローや別荘がある島の南側には「恋人たちの森」といい、デートコースとして人気の森があり。入口からはずいぶん離れているので人気(ひとけ)も少なく、カップルたちもぽつり、ぽつり。ここは秋から初冬にかけて、ロマンティックに水面を覆う朝霧が見れるらしいです。

<別荘群>
島は避暑地として利用できるようにホテルや別荘、コテージなどがあり、近くを通ると肉の焼けるい~い匂いが!友達たくさんで来てのんびりして帰ってもいい感じ。

<レジャースポーツ>
ナミソムの船乗り場からナミソムまで船で往復する時にも見え、楽しそうなのが水上スポーツ。ベッドサイズのボートに乗り、モーターボートで引っ張られるやつ。途中空に浮かんだり水面を走ったり、かなり楽しそう。ちなみにここではモーターボート、水上スキー・ウェイクボード、バナナボート、タンコンボートなど、いろんなレジャースポーツが楽しめます。

★料金★
モーターボート:40,000~250,000ウォン
水上スキー・ウェイクボード:初歩60,000ウォン、中・上級20,000ウォン
バナナボート:5人用60,000ウォン
タンコンボート:2人用40,000ウォン

◆問い合わせ◆
「ナミソム水上レポーツクラブ(남이섬수상레포츠클럽」
Tel:011-324-3525(予約)、031-581-9991/HP:namileports.co.kr(韓国語)      
ここまで約3時間半、島をだいたい一周したよう。船に乗って帰ることにしましょう。
自然いっぱいのナミソム、「冬のソナタ 」 ファンの方も、そうでない方も、美しい景色、森林浴、そしてレジャースポーツが楽しめる、ナミソムへ一度足を運んでみてはいかがですか?以上、ソウルナビでした。

記事登録日:2003-08-22

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ユタヤン

  • photo

    ユタヤン

  • photo

    ユタヤン

  • photo

    ユタヤン

  • photo

    ユタヤン

  • photo

    ユタヤン

  • photo

    knishika

  • photo

    けごりか

  • photo

    けごりか

  • photo

    けごりか

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2003-08-22

スポット更新日:2013-04-09

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

少しずつ進化している南怡島(ナミソム)へ久しぶりに行ってみました!

少しずつ進化している南怡島(ナミソム)へ久しぶりに行ってみました!

南怡島にて

加平観光地循環バス

加平観光地循環バス

駅とプチフランスやナミソムなど、加平郡の観光地をまわるバス

南大門市場-ナミソム間シャトルバス運行開始

南大門市場-ナミソム間シャトルバス運行開始

ITXに乗って春川と南怡島へ行ってきました!

ITXに乗って春川と南怡島へ行ってきました!

龍山駅や清涼里駅から約1時間!2階席もある「ITX青春」号でタッカルビと冬ソナの旅!

【※同じビル内で移転】南怡島ソウルセンター&南怡島直行シャトルバス(仁寺洞-南怡島)

【※同じビル内で移転】南怡島ソウルセンター&南怡島直行シャトルバス(仁寺洞-南怡島)

ソウルの南怡島?!お土産コーナーから「冬ソナ」フォトコーナー、ギャラリー、休憩スペースまでいろいろ!