スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ショッピング 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


intoto / イントト

인토토

閉店・移転、情報の修正などの報告

あっきーのブーツオーダーメイド体験レポート!

靴のオーダーメイドが評判のお店で、足にぴったり合うお気に入りブーツを作ってもらいました~!

こんにちは!あっきーです。いや~、毎日寒いですねっ!ソウルではこのところ、ずっと氷点下の日が続いています。でもこんな寒さの厳しい季節にも、いやこの時期だからこそ!楽しめるコトってありますよね!?^^ 例えばどんなことかって?あったかいものを食べて温まったり、冬のスポーツをしに出かけたり・・・そうそう、冬ならではのオシャレを楽しむってのも!冬のファッションに欠かせないアイテムといえば、暖かいコートにセーター、マフラーや手袋・・・そして、足元はなんといってもブーツ!毎年冬になると、今年はどんなブーツを履こうかな~、とブーツのオシャレを楽しみにしている方もたくさんいらっしゃるのでは!?あっきーもそうなんですが、今日はこのブーツをゲットしようとあるお店にやってまいりました。それは靴やブーツのオーダーメイドができる「intoto」!こちらのお店というと、ナビの掲示板でもステキな靴が作れる!と、とっても評判がいいですよネ。そんなみなさんの口コミを見て、「どんなお店なんだろ~?」とか「オーダーしてみたいけど、どうやってやるのかな~??」と気になっていたのは、あっきーだけじゃないはず!ということで、今日はこちら「intoto」でブーツをオーダーメイドした体験をレポートします!

◆◇◆革製品のオーダーメイドならおまかせ!梨泰院の「intoto」◆◇◆


「intoto」は、革製品のお店がズラリと軒を連ねる、ソウルにおいてはレザーのメッカ!?といえそうな梨泰院(イテウォン)に。たくさんのレザー専門店が並ぶメインストリートに「in toto」と大きく書かれた看板のあるこちらのお店です。地下鉄の6号線イテウォン(梨泰院)駅からはメインストリートを歩いてわずか2分ほど!アクセス便利なうえ、とっても見つけやすいお店ですね。こちらでは靴や鞄、衣類、小物などレザー製品を幅広く扱っており、全てオーダーメイドも可能!特に靴のオーダーメイドはコートやジャケットなどの衣類と比べて他に専門店が多くなく、仕上がりも評判が良いので人気のよう。また店内には既製品もたくさん置いてあり、1階と2階にまたがる広々とした店内には様々な革製品がたーっくさん並べられています!まさに革の百貨店ってカンジ!?

◆◇◆オーダー、スタート!!まずはデザインから◆◇◆

では、さっそくオーダー開始!オーダーメイドに関してスタッフと話し合いや相談をするのは、お店のテーブルに座ってじっくりと。1階と2階のあるお店ですが、両方の階にこのスペースはあります。席につくと、スタッフの方がさっそくサンプルとなる写真のいっぱいのったファイルを広げて見せてくださいました。まずはデザインから決めていきます。
こちらのソファーで相談<br>「よろしくお願いしまーす」

こちらのソファーで相談
「よろしくお願いしまーす」

まずはサンプルのファイルが出されます。<br>「ふむふむ、こんなのがあるのね~」

まずはサンプルのファイルが出されます。
「ふむふむ、こんなのがあるのね~」

雑誌の切り抜きを集めたてファイルにしたサンプル写真はたくさん!もちろん、お店にあるデザインからも選べます。 雑誌の切り抜きを集めたてファイルにしたサンプル写真はたくさん!もちろん、お店にあるデザインからも選べます。 雑誌の切り抜きを集めたてファイルにしたサンプル写真はたくさん!もちろん、お店にあるデザインからも選べます。

雑誌の切り抜きを集めたてファイルにしたサンプル写真はたくさん!もちろん、お店にあるデザインからも選べます。

  ◎だいたいの型や大まかなデザインを決めていく
さて、今回あっきーが作ってもらおうと思っているのは、シンプルだけれどちょっとこだわりのある乗馬ブーツ!シンプルな分、ぴったりと足にあったものだとよりきれいに見えるし、せっかくオーダーするのだからちょっと細かいコトロにこだわってみたい!というコトです。そして実は、今回もデザインの参考としてインターネットの画像から印刷したものを何枚か持参。でもネットで探してみても「コレだ!」というものは見つからなかったんですよね~。なので、「こんなカンジに」といったものや、細かいデザインの参考になりそうなもののコピーをいくつか用意してみました。雑誌の切り抜きサンプルと照らし合わせて、大まかな形やデザインに関してイメージを伝えていきます。
今回用意したコピーと参考にした切抜きサンプル

今回用意したコピーと参考にした切抜きサンプル

流暢な日本語で親切に相談にのってくださいます。

流暢な日本語で親切に相談にのってくださいます。

作りたいブーツの型が決まったら、お店に置いてある商品の中からデザインや雰囲気の近いものを履いてみることに~。鏡でチェックしたりしながら、より詳しくデザインを考えていきます。
こうやって似たものを実際に履いてみると、より分かりやすく具体的なイメージが浮かんでくるような!?この時、履いてみたブーツとイメージしているものとを比べながら、全体のシルエットなどに関しての希望を伝えていきました。スタッフの方は、どんな細かい希望や質問に対しても真剣に考えてから答えてくれるので安心!普段、ブーツを選ぶときに気になる丈や太さのことに関しても、いろいろお話がきけます。
だいたいのデザインが決まってきました!スタッフの方がデザイン画を描きはじめます。
  ◎さらに細かいデザインを!

次に、カラーと素材を決定。レザーのサンプルは、これまた無数にあります!あっきーは、色は黒と決めていたので黒いレザーの中からデザインの雰囲気に合うものをお店の方に選んでもらいました。このようなカジュアルなブーツによく使われる、柔らかい子牛革だそうです。個性的な素材や色にする場合はサンプルをじっくり見て選ぶこともできますが、たくさんありすぎてどれにすればいいかわからなーい!という時には、このようにスタッフに色の希望だけを伝えてぴったりなものを選んでもらう、というのも一つの手ですね。
そして、今回ブーツにつけようと考えていた金具の飾りを選ぶことに。色や大きさの希望を伝えると、スタッフがお店の奥からたくさんの金具飾りのサンプルをもってきてくれます。テーブルに並べられたのはビミョーにちょっとずつ形や色味の違う金具。わわわ、ただの金具と思っていたのに、こんなに種類があるのね~!これはちょっと悩んでしまいそうです。ほんの小さな飾りですが、オーダーメイドだもん、少しこだわってみたい!?っと考えこんでいると、出来上がりがイメージしやすいように色と形の似たブーツを用意してくださいました~。これに照らし合わせてみて、一つを選択!ちなみにこのような金具の飾りだけではなく、ブーツや靴、またこちらで履物以外にもオーダーメイドをやっているカバンなどにも付けられる、金具や飾りになるようなものはたくさん用意されているとのこと。さすがです!
大小こんなにも種類がいっぱい!まだまだ、たーっくさんあるそうですョ。 大小こんなにも種類がいっぱい!まだまだ、たーっくさんあるそうですョ。

大小こんなにも種類がいっぱい!まだまだ、たーっくさんあるそうですョ。

こっちのほうがいいかな・・・

こっちのほうがいいかな・・・

い~や、こっちかな!?

い~や、こっちかな!?

よし、コレに決定!!

よし、コレに決定!!

ヒールの型も、たくさん用意されています!今回は乗馬ブーツということでヒールの形に関して細かく指定はしませんでしたが、ヒールの高いブーツや、またブーツじゃ無くても普通のパンプスをオーダーするときには選ぶと楽しそうですね!^^ ちなみにあっきーの乗馬ブーツはプラスチックではなくウッド素材の広い形のヒールで、少し高さがあっても自然に見えるという4センチの高さにしました。
さあ、デザイン画は全て完成!今回は話し合いを開始してから30分くらいでデザインが決まりましたが、この時間は人によってもちろん様々。最初から「このデザイン!」というサンプルがある場合はすぐに終わるし、スタッフの方にきいてみると、今回のようにもともと「コレ!」というサンプルがなく相談しながらデザインを決めていく場合でも、すぐに決まる方もいらっしゃれば、3~4時間くらい、またはそれ以上の時間をかけてじっくりとデザインしていく方もいらっしゃるとか。あっきーはデザインに関して相談している時に感じたのですが、お店のスタッフは「どうしようか!?」迷った時でも、ゆっくりと待ってくれます。あせらず、せかさず、じっくりとお客さんの望んでいるものを引き出そうとしているように見えました。お店の方のこの姿勢があってこそ、納得のいくオーダーメイドの品が完成すのかも知れませんね!

◆◇◆足のサイズを細かく測定!◆◇◆

お次は足のサイズ測定~。デザインの描かれた紙に足をのせて、ボールペンで足型を描き、足の甲、足首やかかと周り、そして今回はブーツのオーダーなのでふくらはぎ周りと膝から下の長さなどを測ります。・・・っと、ここで一つみなさんに告白しなければならないことが。実はこの時、足を捻挫してしまったばかりで右足首がかなり腫れていたんです;; サイズをきっかり測ってブーツのオーダーをするなんてできるのか!?と、内心かなりドキドキしていました。というわけで、その事情をお店のスタッフに話してみたところ「確かに腫れているけれど、これくらいなら大丈夫ですよ^^」とのお答えが。でも、今回は足首にぴったりくるデザインじゃないからできるのでは!??と、さらにたずねてみると、「そんなことないです。この状態でもぴったりしたものも作れますよ。」と。ほほー、たとえ足が腫れてても(!?)素人には分からないプロによるサイズを見極める感覚ってのがあるんですね!もし、楽しみにしていたブーツのオーダーメイドの予定の日の前に足をくじいてしまっても、オーダーメイドはできる!というコトです。そんな例は滅多にないと思うけれど、万が一の時はご参考に~^^
足の部分を細かく測り・・・ 足の部分を細かく測り・・・ 足の部分を細かく測り・・・

足の部分を細かく測り・・・

長さや

長さや

ふくらはぎ周りも

ふくらはぎ周りも

こんなカンジで計測

こんなカンジで計測

これでオーダーは終了!デザイン画とサイズの細かく書かれた用紙は完成~!この測定結果を見ながら、足の形やサイズについてちょっとしたカウンセリング的なお話も聞けました。普段、自分の靴のサイズはコレだ!と思っていても、足の幅や厚みなどの影響もあり実は結構違っていることもあるとか。あっきーも、既製の靴ではあまりぴったり合わない足だということが判明^^; そういえば、そんな気もしていたような・・・これはもう、これから靴は全部オーダーか!?そうそう、こちらのお店では一度このようにオーダーメイドでサイズを測ると、3年間はお店でそのデータを保管してくれるので、その間にまたオーダーする時には再び測定しなくてもOK。ということは、日本からでもメールなどでデザインの分かるものをお店に送れば、自分の足にぴったりと合う靴が何足でも作れちゃうというわけですね~^^
今まで知ることのなかった、自分の足の細かいサイズや形状について、いろいろと教えてくださいます。 今まで知ることのなかった、自分の足の細かいサイズや形状について、いろいろと教えてくださいます。

今まで知ることのなかった、自分の足の細かいサイズや形状について、いろいろと教えてくださいます。

◆◇◆完成!どんなのができたかなー!?◆◇◆

じゃじゃーん!オーダーブーツが完成して、受け取りにやってきました~。ちなみに旅行中にオーダーした場合には、日本まで届けてくれるそうですよ!できあがりまでの時間は早くて3日~2週間くらい、オーダーメイドの注文がたくさん入って込んでいる時は1ヶ月くらいかかることもある、とお聞きしました。送料は別途必要だけれど、この送料の目安はというとEMSでパンプス1足15,000ウォン~、ロングブーツだと2万ウォン~だそうで、何足かまとめて送ってもらう場合には送料が割安になるとか。ささっ、ではさっそく完成したブーツを履いてみたいと思いまーす!
「履き心地はどうかな~!?」

「履き心地はどうかな~!?」

「わっ!ピッタリ!?」

「わっ!ピッタリ!?」

足のサイズをしっかりと測って作ってもらったのでもちろんですが、ほんっとにピッタリ!!今まで既製品を買うときに「ま、こんなもんかなー?」と思いながらサイズを選んでいた、そのカンジとは明らかに違います!実際に履いてみると、その感覚を実感できますョ!
  ◎細部をチェック!


デザインも、思っていたとおりに仕上がっていました!金具飾りの付き具合いや、素材とデザインのバランスなんかも、とってもいい感じです。そしてソール部分はダブルステッチングというつくりになっていて、本体と靴底をただ接着剤で付けただけではなく、二重に縫い合わせているのでとっても丈夫なんだそう!またヒールの底部分にはウッド素材の下に厚いゴムでできた層がほどこしてあります。この部分もとっても丈夫に作られているため、なかなか磨り減らないそうですよ!そして、こちらでオーダーした靴は、底が磨り減ったりしてしまったときの修理はなんと無料だそう!嬉しいサービスですね~^^
金具飾り

金具飾り

ダブルステッチングの靴底

ダブルステッチングの靴底

ウッドヒール部分

ウッドヒール部分

「やったー!」

「やったー!」

袋に入れてもらいます。

袋に入れてもらいます。

◆◇◆気になるお値段は!?◆◇◆

さて気になるのはオーダーブーツのお値段。今回オーダーしたものの価格はズバリ30万ウォン!ブーツのオーダー自体のお値段は23万ウォンからだそうで、このお値段は基本的にデザインがカジュアル系かエレガンス系かによって違ってきます。カジュアル系のほうが少しお値段は高く、25万ウォンから。なぜかというと、カジュアル系のものはヒールにウッド素材を使うけれど、エレガンス系のほうはウッド素材のものよりも廉価なプラスチック素材のヒールを使うことが多いからだそう。今回オーダーした乗馬ブーツはウッドヒールのカジュアル系で、上でご紹介したダブルステッチングという特殊な技術がソール部分に使われているため、この価格になったとか。ちなみに、金具やデザイン上のステッチなどちょっとした細かいデザインには追加料金なし。複雑なデザインが施されていたり、特殊な加工がされた革を使ったり、また外反母趾用などのものを作る場合などはさらに料金がプラスされるそう。
ブーツのオーダーメイド、いかがでしたか!?あっきーは今回作っていただいた丈夫な乗馬ブーツで、ガツガツとソウルの街をあちこち歩きまわろうと思います!そうそう、このブーツ、長時間歩き回っても他の靴を履いて出かけたときと比べて断然足が疲れないんです。やっぱり自分の足にぴったり合う靴っていうのはスゴイですね!次はまたショートブーツやパンプスなんかもオーダーしてみようかな!?オーダーシューズ、もう手放せなくなりそうです。みなさんもぜひ「intoto」で自分の足にぴったり合ったお気に入りの一足を作って、この履き心地を実感してみてくださいね~!以上、あっきーでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2010-01-08

ページTOPへ