•     

閉店・移転、情報の修正などの報告

ソリちゃんのホテル宿泊体験レポート!「バビエン2」

こんにちは!ソリです。みなさん、ソウルに滞在する時はどういうところを利用していますか?ホテルやゲストハウスなど、いろいろありますよね。今日はその中でも「バビエン2」の宿泊体験レポをお送りしたいと思います。ここ「バビエン2」は普通のホテルと違って「レジデンス」。ソリが韓国に来たてのころに利用したことのある知人が「一度宿泊するとハマっちゃう!」と言っていたこの「レジデンス」。もうたくさん利用している方もいらっしゃるかもしれませんが、初めて聞いた!という方もいるかもしれませんね。ソリもずっとどんな感じなんだろう?と興味津々だったんです!そんなレジデンスである「バビエン2」に実際に行って泊ってきました~。今回一緒にお泊まりするのはおたみさん、てんちゃん、そしてお友達1人。みんなここに泊まるのは初めてで、ワクワクしながら待ち合わせ~!

場所は地下鉄5号線ソデムン(西大門)駅から歩いてすぐのところ!駅の出口から地上に上がり、少し歩くと左側にホテルらしきビルの入り口が。「あったあったバビエン2♪」と思って待ち合わせたみんなを入口で待っても誰も来ず…。実は「バビエン1」と間違えてしまったのでした。「バビエン1」と「バビエン2」、この2つの建物は隣りといってもいいほど近くにあって、ちょっと紛らわしいかも(友人も間違えたと言っていました)。「バビエン2」は「1」よりも手前にあり、6番出口を出てすぐ左にある、ステーキ屋さんが入っている建物です。みなさんもお間違いなく!
チェックインを無事に終え、エレベーターで客室の階に上がります。こちらのエレベーター、カード(部屋のカードキー)がないと動かないようになっています。最近ホテルでよく見られる防犯対策の一つ!これなら不審者が上階まで上がって来ないので安心ですね。
カードキーで部屋のドアを開けるとそこには広~い玄関が。10足の靴を置いても困らないほどのスペース。おまけにサイドに大きな収納スペース(靴箱)アリ。靴を入れるだけじゃもったいないほどで、正直「一泊や二泊じゃこれを活かせない!」と思ってしまいました。長期滞在の人も多いこちら「バビエン2」ですが、こんな収納スペースも好評のようですョ。さて、靴を脱いであがる時はホテルというよりも、まるで誰かの家にお呼ばれした気分!「おじゃましま~す」とつぶやきが^^;
ソリが泊まったのは2ベッドルームタイプのお部屋。広さはなんと25坪!簡単に部屋の間取りを説明しますと、キッチン&リビングルームにベッドルーム(2部屋)、そしてシャワー・トイレルーム。リビングには低いテーブルがあり、ダイニングテーブルも別にあり。さらにシャワールームとは別にトイレ(シャンプードレッサー付き)まであります。床はフローリングだし、聞いてはいたけど雰囲気は本当に「家」そのもの!

お部屋チェック!

中に入ったらさっそくお部屋の様子をチェックせねば!ということで、まずはリビングルームへ。広々~!・・・というほどではないけれど、ソファが置かれ、大きな窓からはソウルのビルを眺めることができます。ここの部屋からはも見えました。窓と反対側にはソウルタワーダイニングテーブルと鏡付きのデスクがあり、ここでちょっとした書き物もできそう。
ソファの前にはテレビ、さらにDVDもありました~。サイドにあるスピーカーもなかなかでしょ?画面も大きめなのでDVDでゆっくり映画鑑賞!なんていうのも見ごたえあるかも。壁にはカメラ付きインターフォンも。
キッチンはこんな感じ。レンジや冷蔵庫だけでなく、なんとドラム型の洗濯機までこちらに。キッチンはちょうどよい広さでコンパクトにまとまっています。
他の部屋の様子も少し。アイロンもあるし、クローゼットの数と収納スペースはかなりのもの!特に長期滞在者にはたまらないハズ。この部屋が特に収納力のある部屋だったのか?!よくわからないけれど短期滞在なら「どこに何を入れたか忘れてしまいそうなほどの収納スペース」という感じ、伝わります?^^その他、備品などについてはホテルの紹介ページを参考にしてくださいね!

レジデンスを満喫しよう!
お部屋を一通り見学し終えたのが18時30分。あぁ~夕飯の時間じゃないですか!バビエン2のビル内には飲食店もあったし、ホテル外には焼肉屋も見えましたが…せっかくのレジデンスステイ!やっぱりキッチンと広々したリビングスペースを活かさない手はなーいっ!・・・ということで、みんなでご飯を作って食べることにしました!ちょうどこの日は風がぴゅうぴゅう、冷え込みがかなり激しかった日。アツアツ料理とお酒で体を温めるぞ~!と意気揚揚、買い出しへと繰り出すことになりました!
買い出しのため大型マートに!
ここ「バビエン2」のあるソデムン(西大門)駅。名前を聞いたことがなかった方も多いかもしれませんが、ナビの地図を見てください。明洞(ミョンドン)や鍾路(チョンノ)などからそんなに離れてなく、タクシーでちょっと行けば繁華街にも出られちゃうエリアなんです。そんな便利さを利用して、買い出しはソウル駅にある「ロッテマート」までタクシーで行くことに!(行き先の方向を考えて)バビエンの建物側ではなく前にある大きな道路(義州路)を渡ったところから乗車。渋滞もなかったためワンメーターで到着しました!(ちなみに帰りは混んでいたこともあって?倍かかりました…)
あれこれ大量買い!
さぁ、買うぞー!ここ「ロッテマート」は規模が大きく、料理の材料からお菓子・お酒類など品数も多め。大型スーパーらしくカートも大きいので、夕方の混雑時はちょっと移動にもたついちゃったことも。さて、今夜のメニューは鍋に決定!お店を一周しながら買いたい物を選んでいくのですが、こうして外国のスーパーマーケットを歩くのって楽しいですよね。地元の人がどういうものを食べているのか、日本との違いはあるのか・・・などから始まり、買いに来ている人たちはどんな様子なのか観察したり。旅行中にスーパーに来ていた時はお土産しか買えなかったけど、今回はすぐあとに食べるものだからなおさら楽しい!これもレジデンスステイの醍醐味ですネ♪

あれもこれもと買いすぎてしまったけれど、タクシーで楽々バビエン着。こんなに買っちゃいました~。メニューはトンテ(スケトウダラ)の鍋!キノコや野菜も入れて、持参のポン酢で食べることに♪スーパーでもし何か買い忘れてしまっても、すぐそばにコンビニがあるのでご心配なく。(実際、飲み始めてからソジュを追加で買うことに^^;)さっそく料理スタート。小鍋とちょっと大き目の鍋があったのでそれを使って調理します。包丁やまな板、お皿などもついているのでそれも活用。料理していて不便だったのがザルがなかったことかな。そのくらいは他のもので代用できますけどね。

ゆったり晩御飯!
お腹が空きまくり~我慢も限界~!というときにようやく準備完了!ロッテマートで買ってきた豚足と用意しておいたキムチを肴にビールで「乾杯~~っ」。鍋パーチーのスタートです!今回「鍋はやっぱりぐつぐつ煮ながら食べないとっ!」ということで、卓上コンロを持参。旅行で滞在中の方は備え付けのコンロで十分ですし、もっといろいろな料理を作って並べるのも楽しそう♪小学生のキャンプじゃないけれど、やっぱり自分たちで作った料理はおいしいし気分の盛り上がり方が全然違う!アツアツ料理を囲んで話もはずみ、お腹がパンパンになるほど食べちゃいました。(楽な部着に着替えておくべきだった!)

食事を楽しんだ後は後片付け。普通に食器を洗おうとしたら・・・ここは食器洗い機があるんですね~。洗剤も食器洗い機専用のものが置かれていたので、器械におまかせすることに。余った食品やジュースは冷蔵庫へ。冷蔵庫も普通のホテルの冷蔵庫とは違って家庭用サイズ。も~なんでもかんでもつめられちゃいますよ!
ここは家!?のくつろぎタイム!
あまりにもお腹いっぱい食べ過ぎたので、もう何もしたくない、ダラダラした~い!ということでリビングでゴロゴロ。ソファに寄りかかってクッションを抱いてテレビ鑑賞。時おり横になって伸びをしてみたり、ソファでまったりしたり・・・。写真で伝わります?こりゃ完全に自分の家!(写真で見ると一人寂しそうですが、後方には同じくゴロゴロ組がリラックス中です^^)この雰囲気はレジデンスならではですね~。あ、床がフローリングだから寒いんじゃ!?という心配はご無用。オンドルで適度な温かさが保たれていましたョ。あまりにリラックスして、それぞれうたた寝してしまったほど。ちなみに「バビエン2」の前は車通りの激しい通りなのですが、滞在中その音はまったく聞こえませんでした。
朝ご飯はビュッフェでモリモリ!
朝起きたらお腹がぐぅぐぅ。夜にあんなに食べたのに!そんな腹ペコのお腹を満たしてくれたのが1階にあるレストラン「MONTOUR」。ここで朝食ビュッフェを楽しんじゃおうというわけ。中に入ると西洋からの旅行者がたくさんいらっしゃいました。長期ステイをしている人たちかもしれませんね!テレビも英語圏の放送をしていました。バイキングの内容はパンにベーコン、卵、サラダ、シリアル、味噌汁、ミニケーキ、カボチャ粥…などなど内容豊富。ついついよくばってしまいました~。テーブルや椅子もゆったり。たまには韓国料理から離れてこんな朝食をとってみるのもいいな~。
レストランを出てすぐ左にはインターネットの使えるパソコンが。ここでソウルの情報チェックしながら旅行の計画を整理してみては!?ちなみにソリが見ているのはナビのページです^^フロント近くにはバビエン周辺図のマップも置いてあったのでこれも活用しちゃいましょう~!
さて、これで今回はチェックアウト。滞在中にちょっと気づいたことを補足したいと思います。

・部屋にスリッパはなし
なくてもかまわないし持参すればよい話ですが、トイレ&シャワールームにもスリッパはありませんでした。特に誰かがシャワーを浴びたあとなどは靴下を塗らしてしまうかも。

・浴槽はなし
こちらの洗面台と一緒になっているシャワールームはガラスの仕切りの中にシャワーがあるのみ。なので部屋での入浴はできません。浴槽につかりたい方はバビエン内のサウナや外にあるサウナを利用してくださいネ。

・シャンプー・リンスなし
一般のホテルなども歯ブラシなど置いていませんが、シャンプーリンスも自分で用意してくださいね。それとバスローブも置いてないので、自分で楽な部屋着を持参しましょう!

・設備の説明について
フロントなどは日本語で対応してくれるようになっているのですが、食器洗い機をはじめとした設備に関しての説明がほとんどなく、日本語のものもありませんでした。そこまで難しいものではなかったし、いろいろ試してみればいいかも。

・水などの飲料やティーパック類なし
ホテルや旅館などにはウェルカムドリンクのように飲み物が置いてあることが多いですが、こちらには一切ナシ。買い出しに行く前にのどが渇いていたときは、せめてペットボトル1本だけでもあれば・・・と思ってしまいました。コーヒーメーカーや電気湯沸かし機があっただけに、ティーパック類も一緒にあればお茶できたのにな。でもレジデンスですから、自分で好きなものを買ってきて自由に楽しみましょう。


周辺には何が!?ホテルの外を歩いて見よう! 前日は泊まるだけだったので、チェックアウト後はホテルの周辺を歩きながら、見どころなどをチェックしてみました。

◇農協ハナロクラブ

ホテルから出て徒歩1分ほどのところにあるスーパー。ロッテマートよりは小さいけれど、ここでも十分買い物できますョ。

<営業時間>
平日 8:30~20:00       
日曜 10:00~20:30

◇24時サウナ


※サウナは閉店しました。
中には入りませんでしたが、サウナもありました。24時間営業なので時間を気にせず入れるのがいいですネ。


※こちらの公演は終了しました。
「バビエン2」から歩いて10分もしないで行ける距離にあります。公演は夕方や夜にやるのでスケジュールは予めチェックしておきましょう。隣りには「スターシックス」という映画館もありますョ。こちらも深夜上映あり。

「トッケビストーム」からほど近いところにあるのが人気の「NANTA劇場」。
ここもホテルから徒歩圏内。

韓国の伝統舞踊などをはじめとした公演で人気の劇場。

◇トルダムキル

徳寿宮(トクスグン)横の通りで、季節によってさまざまな顔を見せてくれるところ。ちょうどこのときは紅葉の終盤。フリマをやっていたり、美術館もあったりして散歩にもピッタリ。そして終点は市庁前ソウル広場!ここから地下鉄(1or2号線)に乗ってどこかに出かけるもよし、徳寿宮を見学するもよし。景色がきれいなのであっという間に市庁についちゃう感じでした。

バビエン2周辺地図

バビエン2周辺地図

いかがでしたか?今回はじめてレジデンスを利用してみたのですが、どこかに泊まりに来たという意識がほとんどなくなっていた自分にちょっと驚いちゃいました。テレビ一つとっても、ホテルで見るときとはまた違った雰囲気だったし、なんというか・・・前からここに住んでいたような気分^^;できるだけ外で満喫したいソウルの夜を宿泊先の建物内で楽しむというのも不思議な体験でした。同じソウルでの一晩も場所が違うとこんなに別の過ごし方があるんだなぁ~としみじみ思ったり。いつも大人数でのホテル滞在だったリピーターの方、自由&手作り旅行大好き!という方、そんな方は一度こんな宿泊を体験してみては!?ソウル滞在の楽しみの幅、ぐんと広がるかもしれませんョ♪以上、「バビエン2」からソリでした~。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2005-12-06

ページTOPへ