戦争記念館

チョンジェンキニョングァン전쟁기념관

閉店・移転、情報の修正などの報告

これからの平和のために、戦争と歴史の教訓を後世に伝える博物館。

こんにちは、ソウルナビです。今日は「戦争記念館」について、ご紹介したいと思います。この戦争記念館は1994年6月に開館し、多くの展示品と資料を観ながら、韓国の戦争の歴史や軍について勉強できる記念館。広々としたスペースに展示された数多くの資料から、韓国が関わってきた戦争についてじっくり学ぶことができます。最新施設の4D歴史映画館なども完成した戦争記念館へ、さっそくご案内しましょう。

戦争記念館は三角地にあり!


戦争記念館はソウル駅や梨泰院(イテウォン)駅からも近い、地下鉄4・6号線サムカクチ(三角地)駅からすぐのところにあります。周辺はちょっとディープな街ですが、24時間営業のコンビニや安い食堂などが多く、地元の雰囲気を味わうことができます。少し足を伸ばせば国鉄ヨンサン(龍山)駅まで歩くことができ、地下鉄駅からは観光地の明洞や東大門市場、そして梨泰院から乗り換えなしで行くことができます。
戦争記念館

戦争記念館

商店街

商店街

公園

公園

戦争記念館って?


戦争記念館は韓国国民に歴史を語り継ぎ、戦争をテーマに先祖が命をかけて戦った記録と遺物、資料を収集・保存・展示する記念館。主に戦争の教訓に学ぶ教育の場であり、また戦争での英雄を追慕し、継承する役割を担っています。

戦争記念館は3階建てで、 入口は建物の2階に。護国追慕室、戦争歴史室、韓国戦争室、大型・防産装備室、海外派兵室、韓国戦争室など6つの屋内施設と屋外大型装備展示室で構成されています。

1階 護国追慕室、戦争歴史室など
2階 入口、韓国戦争室Ⅰ、大型・防産装備室など
3階 海外派兵室、韓国戦争室Ⅱなど

戦争記念館をを詳しく紹介!!


屋外大型・防産装備室
屋外展示場には朝鮮戦争(韓国では「韓国戦争/6.25(ユギオ)」)当時、韓国側の国軍将校の兄と北朝鮮側の兵士である弟が劇的に再会したという実話をもとにつくられた像である兄弟の像や、朝鮮戦争休戦50周年の記念につくられた朝鮮戦争象徴造形物、高句麗の長寿王(チャンスワン・413~491)が414年に父親である広開土大王(クァンケトデワン・391~413)の業績を称えるために建てられた広開土大王陵碑などが展示されています。
兄弟の像

兄弟の像

廣開土大王陵碑

廣開土大王陵碑

朝鮮戦争象徴造形物

朝鮮戦争象徴造形物

平和の時計塔

平和の時計塔


その他にも第二次世界大戦や朝鮮戦争、そしてベトナム戦争などで使われた戦車や飛行機、潜水艦などが展示されています。所狭しと並んでいる様子は圧巻!小さい男の子が大喜びしそう。でもカッコイイだけのものではないことも教えながら見学したいところ。


いざ、メインの室内記念館展示室へ。以前、こちらに入るのは有料でしたが、現在は無料に。入口は建物の2階にあり、さらにその付近にはコインロッカーが設置。展示スペースも広く、見学にはかなりの時間がかかるので、重い荷物はここに入れてからの見学した方がよいでしょう。

まずは入口のある2階へ!

それでは屋内展示室について、詳しく紹介しましょう。まずは入口のある2階へ。2階に入ってまず目につくのが天井に描かれた大きな絵。これは民族精神や太極旗などを独創的に描いたもの。そして入口の右側には空中展示室があり、入口をまっすぐ歩いて行くと戦争により命を落とした英雄が奉られた「護国の星」があります。
天井に描かれた絵

天井に描かれた絵

大きな太鼓

大きな太鼓


■空中展示室
1948年に米軍から引き受けた韓国空軍創始期の航空機L-5連絡機やヘリコプターなどが展示されています。
空中展示室 空中展示室

空中展示室


■護国の星空間
戦争により命を落とした英雄が星になり大韓民国を守護することを表現した「護国の星」。英雄たちを追悼する空間であり、こちらは静かで独特な雰囲気になっています。
護国の星空間 護国の星空間

護国の星空間

ド迫力の亀甲船など思わず見入ってしまう1階!

1階には戦争歴史室があり、旧石器時代に使用された武器や、今まで韓国の先祖たちがどのように国を守ってきたかということを絵や展示で知ることができます。

■戦争歴史室
韓国の戦争の歴史を、鎧や刀などの武器をはじめとした遺物資料によって紹介しています。時代区分は先史時代、三国時代、高麗時代、朝鮮時代、大韓帝国など。近世の外国についての展示もあり。朝鮮時代のコーナーでは水原(スウォン)にある世界遺産、華城(ファソン)を縮小して再現した展示物もあります。
亀甲船(コブク船)

亀甲船(コブク船)

水原(スウォン)華城(ファソン)再現

水原(スウォン)華城(ファソン)再現

戦闘の様子

戦闘の様子

戦闘の様子

戦闘の様子

昔の韓半島の領土図

昔の韓半島の領土図

戦争の悲惨さを目の当たりにする3階

3階には海外派兵室や韓国戦争室、国軍発展室など主に朝鮮戦争時代やベトナム戦争のことがテーマになっています。

■海外派兵室
韓国の海外派兵の歴史を学べる展示室。統一新羅時代からベトナム戦争、またクウェート、東ティモール、アフガニスタンなど国際平和維持に関係した派兵に関する紹介もあります。ベトナム戦争に関する展示が一番多く、年表やベトコンの地下洞窟の模型展示、統計資料の検索画面などが設置されています。

■韓国戦争室Ⅱ
北韓(北朝鮮)軍の南侵背景から戦争の経過及び停戦協定印までの過程を展示。こちらでは朝鮮戦争(韓国戦争/6.25)で戦死した韓国軍と国連参戦国将兵たちの認識票を素材に尊敬と追悼の心を「涙の滴」として形にしたり、朝鮮戦争当時の避難生活などをそのまま再現しています。
涙の滴

涙の滴

涙の滴

涙の滴

船に乗ろうとする人々

船に乗ろうとする人々

<避難生活の再現> <避難生活の再現> <避難生活の再現>

<避難生活の再現>

<避難生活の再現> <避難生活の再現> <避難生活の再現>

<避難生活の再現>


■国軍発展室
国連軍が創設されてからその背景、現在に至るまでの発展過程を実証資料に基づいて展示しています。その他にも大型映像で陸・海・空合同上陸作戦をジオラマと大型映像で見ることのできる陸・海・空合同上陸作戦体験館などもありますよ!

☆他にもフォトゾーンに屋外カフェまであり!☆

戦争記念館にはカフェやコインロッカー、戦争を体験したかのようなリアルな3D体験をできたり、仁川上陸作戦4D体験にフォトゾーンなどもあり。外に出て西門のほうに行くと結婚式場やお土産センターにコンビニ、カフェなどがありちょっと休憩していくのにもよさそう。

■3階 3D体験館・1階カフェ&ロッカー

■3階フォトゾーン
フォトゾーン フォトゾーン

フォトゾーン


■西門 コンビニ&カフェ・お土産コーナー
お土産コーナー

お土産コーナー

カフェ&コンビニ

カフェ&コンビニ

いかがでしたか?展示品の数もさることながら、全体の展示スペースは本当に広い!じっくり見学しようとすると、かなりの時間が必要になります。でも時間をかけてしっかり見学したいものばかり。休憩スペースを利用して上手に周りましょう。以上、ソウルで戦争について改めて考えさせてくれる貴重な場所、「戦争記念館」からソウルナビでした。

記事更新日:2013-04-08

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ろぱくん

  • photo

    ろぱくん

  • photo

    ろぱくん

  • photo

    ak3110

  • photo

    ak3110

  • photo

    ak3110

  • photo

    ak3110

  • photo

    ak3110

  • photo

    ak3110

  • photo

    ak3110

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2000-05-14

スポット更新日:2013-04-08

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供