定林寺址 (扶余)

チョンリムサジ정림사지

閉店・移転、情報の修正などの報告

5層石塔がそびえ立ち、百済の芸術を象徴する寺址。ユネスコ世界遺産。

photo

扶余の街の真ん中に位置し、韓国の国宝9号にも指定された寺址。百済が滅亡するまで栄えていたお寺と言われています。建築された当時の五重石塔が敷地内に残り、扶余の空に向かってそびえ立つ姿はとても印象的。また敷地内には、高麗時代の遺物と言われ、当時の芸術水準を示す石仏像もあります。博物館や展示館も併設され、日本語で百済と日本の繋がりなどを解説してもらえます。2015年、ユネスコ世界遺産に。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-09-06

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

定林寺址博物館 (扶余)

定林寺址博物館 (扶余)

5層石塔や百済と日本の繋がりがわかる博物館。ユネスコ世界遺産。