【PR】ご当地シャトル(公州、平昌・江陵、聞慶、潭陽、順天)

逃しちゃ損、損!ソウル(釜山)出発の観光名所+ご当地グルメ+体験+日本語ガイド付きのリーズナブル日帰りバスツアー!



こんにちは!ソウルナビです。 韓国旅行といっても、ソウル、釜山、済州などの主要都市だけでなく、最近は各地方まで個人で足を伸ばす方もたくさん!自然景勝地や史跡、そして各地方のご当地グルメなどなど、ん~韓国地方旅も魅力てんこ盛りです。今日はそんな韓国の地方を気軽に満喫できる、とってもリーズナブルな外国人対象の日帰りバスツアーをご紹介しましょう。その名も「ご当地シャトル」! 韓国観光公社と地方自治体(江原道、慶尚北道、公州市、潭陽郡、順天市)が協力し、韓国の地方の魅力をもっと知ってもらいたい!ということでスタートしたこのツアー。日本語のガイドさんもついて、ソウルを出発して(一部釜山出発)ソウルに戻ってくるバスツアーだから、アクセスの心配もなし、言葉の心配もなし!韓国リピーターの方はもちろん、韓国ははじめて!というビギナーさんも、在韓の方も、皆さんにぜひオススメしたいおトクなツアー。ではさっそく、くわしくご紹介しましょう!

ご当地シャトル、韓国地方旅行5選!


コースはソウル出発4コース、釜山出発1コース、合わせて5コースをご用意。ソウル出発は百済の歴史が残る忠清南道の「公州(コンジュ)」、2018年冬季オリンピックの開催地や美しい海が広がる江原道の「平昌(ピョンチャン)・江陵(カンヌン)」、韓国最大規模の時代劇ドラマオープンセット場のある慶尚北道の「聞慶(ムンギョン)」、竹とトッカルビが有名な全羅南道の「潭陽(タミャン)」、そして釜山出発は山、海、川が調和する全羅南道の生態都市「順天(スンチョン)」です。各地域の有名な観光名所だけでなく、素晴らしい景観や美味しい郷土料理、様々な体験も楽しめる充実したバスツアーになっています。

コース
・忠清南道「公州(コンジュ)」(ソウル出発) 50ドル(約5000円)/ 1人
・江原道「平昌(ピョンチャン)・江陵(カンヌン)」(ソウル出発) 50ドル(約5000円)/ 1人
・慶尚北道「聞慶(ムンギョン)」(ソウル出発)50ドル(約5000円)/ 1人
・全羅南道「潭陽(タミャン)」(ソウル出発)60ドル(約6000円)/ 1人
・全羅南道の「順天(スンチョン)」(釜山出発)50ドル(約5000円)/ 1人

運行期間
~2018年12月31日

公州(コンジュ)コース(ソウル出発) 
~百済の古都を訪ねる旅~

<観光スポット>
麻谷寺(マコクサ)
640年に慈蔵律師が善徳女王から土地をもらいレンガ造りの塔を建て、麻谷寺も共に創建したと伝えられる。高麗1172年に普照国師・知訥が重修し、梵日が再建した。その後、宝徹和尚が駐錫する時、和尚の説法を聞くために集まった人が麻のように多かったので「麻谷寺」という名がつけられたという。


公山城(コンサンソン )
475年、百済の文周王が熊津(今の公州)に遷都し、538年泗沘(サビ)に移るまでの64年間、百済の政治・経済・文化の中心地である公州を保護するために築造された。築城時期は国力が安定していた東城王の時と推定される。百済の時代に築造されてから、幾度も改築され現在まで保存されている。



宋山里古墳群(ソンサンリコブングン)
熊津時代(475~538)、百済の王と王族たちの墓。元々17基あったが、現在は武寧王陵を含め1から6号墳までの7基だけが復元されている。これらの墓は作られた形態によって橫穴式石室墳と 磚室墳(煉瓦造りの古墳)の二種類に分かれる。


国立公州博物館(クンニプコンジュパンムルグァン)
百済25代王の武寧王と王妃の陵から出土した108種4600余点の遺物が集められている。王と王妃の棺の装飾、耳飾り、金製の簪、墓を守る想像上の動物や墓誌石など王陵の出土品を通じて、外国との交流が盛んだった熊津(公州)百済文化の精髄を垣間見ることができる。


山城市場(サンソンシジャン)
1937年に形成された由緒正しい伝統市場。5つの区域に分けるほど大きな規模を誇る。常設市のほか、毎月1、6日には定期市が開かれる。


<ご当地グルメ>
公州栗マッコリ
60年の伝統を誇る伝統酒醸造場 「寺谷醸造元(サコクヤンジョウォン)」 。
栗の産地として有名な公州ならではの、栗を使ったマッコリをはじめ多様な伝統酒を醸造している。

江陵(カンヌン)・平昌(ピョンチャン)コース(ソウル出発)
~2018年冬季オリンピックの開催地、受け継がれる伝統と美

<観光スポット>
月精寺(ウォルジョンサ)
〈三国遺事〉によると、643年(善徳女王12年) 慈蔵律師が唐から文殊菩薩の感応で得た釈迦の舎利と大蔵経の一部を持って帰り、通度寺と共にこの寺を創建したという。寺に至る連結通路である杉並の道は、各種の植物やそこにある苔や蔦が深い森の中に入っている雰囲気を与え、たまにリスのような動物を見かけることもある。


アルペンシア・スキージャンプ台
2018平昌冬季オリンピック開催時、ノルディック複合、スキージャンプ、スノーボード競技が行われた場所。


烏竹軒(ウジュッホン)
韓国の住宅史に現存する遺構の中で最も古い朝鮮初期に建てられた木造住宅。1452年、科挙に及第し、大司憲にまでなったチェ・ウンヒョン(崔應賢)の家の離れにあたる。1536年、申師任堂(女流詩人であり画家)の息子で、朝鮮中期にイ・ファンと共に最高の学者として仰がれたイ・イが生まれた由緒ある場所。


船橋荘(ソンギョジャン)
朝鮮時代中期に建設された伝統家屋。300余年の間、その原形が見事に保存されている個人所有の国家文化財。美しい自然と調和した99間の典型的な朝鮮時代の両班(ヤンバン、貴族)住宅で、朝鮮時代の庭園文化の代表的な様式である東屋がある。


ウォルファ(月花)通り
約1300年前、新羅時代の金無月郎と朴蓮花夫人の美しい恋の物語が語られる通り。無月郎の「月」と蓮花夫人の「花」 を取って「月花通り」と呼ばれている。


安木コーヒー通り(アンモクコピゴリ)
江陵(カンヌン)安木(アンモク)海岸沿いの個性的なカフェが連なる通り。海の眺めながら一休みできる。



<江原道ご当地グルメ>
山菜ビビンパ
江原道の五台山(オデサン)一帯で採れる山菜などを具材にしたビビンパ。 各地方ごとに特徴があり、山菜ビビンパは韓国の山間地域であればどこでも一般的に作って食べる料理だが、ピョンチャン(平昌)一帯で作る山菜ビビンパは、主にオデサン(五台山)のすそ野で採れる山菜を使っている。

聞慶(ムンギョン)コース(ソウル出発) 
~陶磁器と韓国最大級の大河ドラマオープンセット~

<観光スポット>
陶泉陶磁美術館(トチョントジャミスルグァン)
日本の国宝として指定されている朝鮮時代の茶碗「大井戸茶碗」を初めて再現。陶芸家の作品から現在まで聞慶陶磁器の歴史が垣間見られる70余点が展示されている。資料室、マンデンイ窯(登り窯の一種)の模型、釉薬原料や胎土なども一緒に見られるようになっている。


 聞慶セジェ旧道博物館(ムンギョンセジェイェッキルパンムルグァン)
朝鮮時代の道の歴史、峠の文化を紹介したイェッキル(旧道)博物館。聞慶は昔から慶北内陸から忠北、忠州を経てソウルに向かう道沿いにある峠で、交通と軍事の要地として、歴史・文化の疎通路として知られた。特に人々の往来が多かった朝鮮時代の代表的な峠道「聞慶セジェ」は(名勝第32号)に指定され、今でも多くの人々が訪れている。


 聞慶ドラマ(オープンセット)撮影所 (ムンギョンドゥラマチャリョンジャン)
韓国放送公社(KBS)の高麗時代を背景にした時代劇の撮影オープンセット。2000年、65,755㎡の敷地に王宮2棟、瓦屋42棟、藁屋40棟、その他13棟で構成された韓国最大規模の時代劇オープンセット場。「テジョヨン」、「太祖王建」、「近肖古王」、「広開土太王」、「王女の男」、「王になった男」、「ロマン刺客」など、多くの映画やドラマを撮影した場所として有名。



<聞慶ご当地グルメ>
石釜飯定食(トルソッパッジョンシッ)
石釜に米を入れて、栗や銀杏、マツノメ、シイタケ、豆、野菜などを乗せて即席で炊いたご飯。炊き立てなので艶があり、アツアツのご飯をその場で食べられるので、昔から大切なお客様をおもてなしする時に出した。家長や家の大人たちに珍味として出す時もあったほど特別な食事だった。

潭陽(タミャン)コース(ソウル出発)
~竹の里でのんびりヒーリング旅~ 

<観光スポット>
竹緑苑(チュンノグォン)
官防堤林(クァンバンジェリム)、栄山江(ヨンサンガン)に隣接する約16万平方mの大規模竹林。2003年5月に開園した。約31万平方mの敷地内には竹林のほか、展望台、休憩所、東屋、映画・CM撮影地と多様な生態文化観光施設が備わっており、年間130万人が訪れる人気の観光スポット。苑内の展望台からは8つのテーマロードで構成された、約2.2キロの竹林浴散策路がある。


官防堤林(クァンバンジェリム)
約2キロにかけて作られた巨大な風致保安林を「官防堤林」と呼んでいる。面積4万9228㎡に推定樹齢200~300年の樹木が生い茂り、1991年11月27日天然記念物第366号に指定された。2004年には山林庁が主催した「第5回美しい森全国大会」で大賞を受賞。


タムピッ芸術倉庫(タムビッイェスルチャンゴ)
長い間放置されていた倉庫が文化と芸術の空間として再誕生。メタセコイア並木と官防堤林の中間にあり、潭陽を訪れる旅行客の必須コースとなっている。


韓国竹博物館(ハングッテナムパンムルグァン)
1981年に開館以来、収集してきた古い竹製品や、無形文化財(人間国宝に当たる)や潭陽郡指定の名人たちの竹製工芸品、世界各国の竹工芸品などが展示されている。体験及び教育館では、竹の楽器や竹パズルなどを体験することができ、フォトゾーンでは写真撮影も出来る。


メタセコイアの道(メタセクァイオギル)
道路の両側に高さ10~20mのメタセコイアが植えられている約8.5kmの通り。全国的に街路樹造成事業盛んだった1970年代初期に潭陽郡がメタセコイアの苗木を植えたものが現在の街路樹のトンネルの道となった。


メタプロバンス
メタセコイア並木と官防堤林、竹緑苑、竹博物館などが隣接しており、年間500万人を超える観光客が訪れる人気の観光スポット。ファッション通りやデザイン工房、体験館などもある。美しいヨーロッパの村ような、異国情緒あふれる雰囲気が楽しめる。



<潭陽ご当地グルメ>
トッカルビ
ミンチにしたカルビの肉をモチの形に丸めて炭火で焼いた韓国風ハンバーグ。「トッカルビ」という名は、その四角い形が黄な粉餅のようだと「トッ(餅)」、カルビの肉を使っているので「カルビ」、この二つを合わせてつけられた。

順天(スンチョン)コース( 釜山出発)
~世界5大湿地の絶景、山・海・川がつながる生態都市 ~

<観光スポット>
楽安邑城村(ナグァンウプソンマウル)
東西に長い城郭に囲まれた楽安邑城は、現在まで完全に保存された朝鮮時代の民俗村の一つであり、史跡第302号に指定されている。 1397年、倭寇の侵攻により節制使キム・ビンキルが土城を築城し、1424年に石城に改築、1450年に完工した。その後、何度か壊されたが、丙子の乱(1636~1637)の時に楽安郡守であるイム・キョンオプ将軍が改築して今に至る。 石城を囲むように実際に人々が生活している昔ながらの伝統村が東西南に1つずつあり、南部地方特有の住居様式が垣間見られる。


順天湾湿地(スンチョンマンスッチ)
160万坪に及ぶヨシ原と690万坪の広大な干潟が成す、世界5大沿岸湿地といわれる順天湾湿地。各種の珍しい渡り鳥や干潟の生き物たちが共存している。この地域の代表的な渡り鳥であるナベヅルの家族に出会ったり、順天湾の今の姿を見ることができる。


順天湾国家庭園(スンチョンマンクッカジョンウォン)
順天湾を保護するために造成した国家庭園。34万坪 の敷地内には505種79万株の木と花113種315万本が植えられ、世界11か国の庭園が造成されている。分かち合いの森周辺3万㎡は、アブラナの団地に造成されており、小型の無人軌道列車(PRT)も運行している。

順天ドラマ撮影所(スンチョンドゥラマチャリョンソ)
2006年にオンエアされたドラマ、「愛と野望」の野外撮影場で、60~80年代の家が再現されている。今までも韓流ドラマの「ジャイアント」、「エデンの東」、「製パン王キムタック」、「許三観(ホ・サムグァン)」などよく使われている。撮影所の路地を歩きながら、40~60年前の韓国を背景に写真を撮ってみるのも良い。


順天倭城(スンチョンウェソン)
慶長の役(1597年)の陸戦で敗退した日本軍の先鋒大将だった宇喜多秀家と藤堂高虎が朝鮮の湖南を攻略するための前進基地として、また最後の防御基地として3カ月間積み上げた土石城。小西行長が率いる1万4千人余りの日本軍が駐屯し、朝・明連合軍と2度に渡り激戦を繰り返した。南海岸に築かれた26の倭城のうち唯一現在まで残っている。



<順天ご当地グルメ>
韓定食(ハンジョンシッ)
韓国料理は一度にテーブルいっぱいに料理を並べて出すという特徴があり、 順天 (スンチョン)の韓定食は伝統的な料理をモダンにアレンジしている。

■予約


1.予約サイトにアクセス
www.koreagotochi.com

2.予約(出発の3日前まで可能)
コースを選択して予約ボタンを押します。
※事前に会員登録が必要となります。

3.お支払い
旅行代金を払います。
(ウェブサイトでカード決済またはバーチャル口座(仮想口座)で申し込み、当日の乗り場で現金払い可能)

4.発券
支払い完了後、バス搭乗券をメールで受け取ります。

5.ツアー当日

*待ち合わせ場所
-ソウル出発ツアーは地下鉄5号線クァンファムン(光化門・Gwanghwamun・533)駅6番出口から東和免税店の駐車場出発。
-釜山出発ツアーは釜山国際旅客ターミナル(金海空港を経由)出発

*出発時間
<ソウル出発>
-8:00出発:公州コース、江陵・平昌コース、聞慶コース
-7:00出発:潭陽コース

<釜山出発>
-8:00出発:順天コース
ソウル出発コース(公州、平昌・江陵、聞慶、潭陽)
<br>地下鉄5号線クァンファムン(光化門・Gwanghwamun・533)駅6番出口からすぐの東和免税店の駐車場

ソウル出発コース(公州、平昌・江陵、聞慶、潭陽)
地下鉄5号線クァンファムン(光化門・Gwanghwamun・533)駅6番出口からすぐの東和免税店の駐車場

釜山出発コース(順天)
<br>釜山国際旅客ターミナル(金海空港経由)

釜山出発コース(順天)
釜山国際旅客ターミナル(金海空港経由)

<注意事項>
ツアー代金に含まれるもの : バス、通訳ガイド、観光地入場料、体験料、昼食、旅行者保険
最少催行人数 : 大人4名、7日前に記載された催行人数に達しない場合は催行が中止となり、決済を完了されたお客様には全額返金予定
*日本人と韓国人の同伴参加:予約者本人と同乗者の中に一人でもパスポートの国籍が日本の場合は国籍に関係なく参加可能で、韓国人も参加できます。尚、韓国に帰化した日本人又は在日韓国人が単独で予約された場合には帰化の証明書類(家族関係証明書など) 現在の居住地証明書類を提出が必要となります。
-その他の国籍者:パスポートに韓国を除く他国籍の方は搭乗可能です。


■ツアー特典!特製のご当地シャトルパスポートがもらえます!



ご当地シャトルをご利用の方にもれなく
各観光地で記念スタンプが押せる高級記念パスポートを贈呈。
さらに!ご当地シャトル運行期間内にすべての路線をご利用いただいた方に、
「ご当地シャトル無料搭乗券」を差し上げます!



上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-07-04

ページTOPへ▲

その他の記事を見る