【PR】入れ歯とインプラントについて詳しくご紹介!

フォシャールプラント歯科で入れ歯とインプラントの良いところ悪いところ徹底追及!

こんにちは、ソウルナビです。今日は、歯科について詳しく見ていくことにしましょう!!ソウルで歯医者?と思われる方も多いことでしょう。しかし、韓国は日本以上にインプラント大国!コチラ韓国ではインプラント技術も高く、そしてお値段も日本に比べて安く、きれいに仕上がるということで、人気のケアの一つなんです。歯が痛い・・・ということで、近くの歯科医で治療をしてしまっていますが、実は、もっときれいに歯を見せながら笑うことができるケア・インプラントがあるんです!ということで、今日は、入れ歯とインプラントの違い、またデメリットとメリットなど、歯でお悩みの方にいろいろ詳しく説明していきましょう~。

フォーシャルプラント歯科とは?


「フォシャールプラント歯科」として、インプラント治療に特化。30年以上、インプラント治療を行ってきたその技術やノウハウはもちろんのこと、最新の装備が整い、より正確で安全な治療を絶え間なく研究し続ける、韓国のインプラント治療を先導するクリニックの一つ。最先端デジタル技術を利用した無切開「デジタルインプラント」も多数行い、インプラントの手術件数が2万件を超えるほど多くの患者さんが訪れています。さらに、代表院長が日本の東京歯科大学を卒業、日韓で歯科医師免許を取得し、日本審美歯科学会・日本歯科インプラント学会の正会員という点は、日本人にとっては安心できる最大のポイントかもしれません。さらに日本人のコーディネーターも常駐しています。
フォーシャルインプラント歯科の日本人スタッフさんが詳しく説明!
今回、江南でも指折りで人気のフォシャール歯科の日本人担当者さんに詳しいインプラント事情を伺いました!日本との違い、また、入れ歯とインプラントの違いなど、詳しく説明していただきました。

~入れ歯のメリットとデメリット~

まず入れ歯とは、着脱可能な歯の替わりになる装置のことを言います。

●インプラントについてのくわしい説明はこちらの記事を参照!
入れ歯について
・メリット
1、 一番は、安価だということ。
日本では、保険が適用されるので大体2万円ほどで総入れ歯を作ることができます。
部分入れ歯だとそれよりも安いです。

2、 次に治療期間が短く、簡単であること。
型を取り数日で出来上がります。
誰でも簡単に着脱が可能です。


・デメリット
1、 着用感や使用感が不便
入れ歯を使用して1年ほどで自然的に歯茎が縮まる現象が発生し、歯茎がやせていきます。
歯の根がない歯茎は、他に外部からの刺激がなくても体積が減少していくためです。
そうすると、入れ歯が合わなくなるため最小6ヶ月に1回ずつ歯医者に行って歯茎に合うように調節する必要があります。

2、 食べ物をしっかりと噛むことができない、味がしない
歯茎の上に乗っけているだけなので、力が入らずきちんと噛むことができません。
そして味を感じるのは、舌だけだと思っていませんか?実は、上あごにも味を感じる器官があります。
それを入れ歯で覆ってしまうことになります。
味覚が激減し、きちんと噛めないと食事も楽しく無くなります。


インプラントについて
インプラントとは、ネジ型の根っこを埋め込み頭をかぶせる過程を通して自身の歯のように噛むことのできる歯。

・メリット
1、自身の歯よりも噛む力が強く、第二の永久歯と呼ばれ虫歯ができないので半永久的に使用することができる。口の中に何も入ってないので、今までどおり味を感じることができる。

2、周りの歯や、歯茎損傷の恐れが無く自身の健康な歯も守ることができる。

3、 日本よりも低価格で施術が可能。
韓国に住む人たちは、入れ歯ではなくインプラントを当たり前のように選択します。
日本と比較すると安価なため、不安になるかもしれませんが当院の技術面はご安心ください。
韓国でも、元は今の日本のようにインプラントは高価なものだったのですが需要と供給のバランスにより自然に価格が下がりました。



・デメリット
1、 治療期間が長い
手術をしてからかぶせ物ができるまで3ヶ月~6ヶ月かかる
ネジ型をしたインプラントと自身の骨がしっかりと結合するまでにはこのくらいの期間がかかります。


何よりも一番、大切なことは病院選び!
インプラントを日本で施術するにしても韓国でするにしても病院選びが大切です!術後のアフターケアや保障期間を確認すること!!その病院はどれだけの歴史があるか、潰れてしまったら術後のアフターサービスも保障も受けられなくなってしまうからです。そして、その病院の医療陣はインプラント手術の経験が豊富か、という点に注目することが大切です。しっかりとした病院なのかを見極めることが一番の治療の近道というわけです。



いかがでしたか??日本ではまだまだ敷居が高いイメージがあるインプラントも、韓国の人にとってはあたり前の治療法のひとつであり、入れ歯をするなら、インプラントのほうが良い!という傾向。歯でお悩みの方、フォシャールプラント歯科のページの価格表を見て、メリットを感じたら、一度、カウンセリングをうけてみてもいいかもしれません!日本語で丁寧に回答してくれる担当者さんがいるので、安心して相談に乗ってもらうことができることでしょう。以上、ソウルナビが入れ歯とインプラントについてご紹介しました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-08-28

ページTOPへ▲

関連記事

フォシャールプラント歯科

フォシャールプラント歯科

インプラント手術2万件以上!東京歯科大卒の日本語堪能な院長のいる歯科クリニック!

その他の記事を見る