【仁川/金浦】プリペイドSIMカード 事前予約サービス~1日プランもあり [SK]

閉店・移転、情報の修正などの報告

自分のスマホのシムを差し替えるだけで韓国でインターネットが可能。1日から利用可能な使いやすいシムです。


こんにちはソウルナビです。ホテルと航空券を解決したら、次に考えるのはインターネットというところではないでしょうか?旅先で随時、ナビのような旅行情報サイトで情報を調べたり、個人ブログなどから有益な情報を調べられたりたりするのは大きな助けになります。そこでもっとも気軽な手段として頭に浮かぶのはWi-Fiルーターのレンタルサービスでしょうか。今や多くのレンタル業者があり、数年前まで1日600円~800円位だったものが、現在は1日300円程度で借りられる業者もあり、大部分が2泊3日の韓国旅行なら通信費が1000円以内に収まってしまいます。Wi-Fiルーターレンタルサービスの満足度を見ると、利用者の満足度も大変高く、とても安定したサービスのように思います。

ただ、どうしてもバッテリーのある機器なので、機器によりバッテリーの持ちに差があったり、それを補うための補助バッテリーがあるもののその結果、荷物がかさばったりするのも事実。そんな時に代案としてあるのがプリペイドSIMカードとなります。日本の空港でもシムカードの自動販売機があり、外国からの観光客が購入してるのを見たことある方もけっこういらっしゃるのではないでしょうか?
本日、紹介するのはWI-FIルーターレンタルサービスでもおなじみ、韓国3大通信会社のひとつSKテレコムのプリペイドSIM販売サービス。現在は仁川国際空港、金浦空港でのみご利用可能です。

↓Wi-Fiルーターレンタルはコチラをクリック!

◇◇ SKテレコムのプリペイドSIMはここがポイント! ◇◇


☆ 4G LTE回線で接続が早い!
高速回線でサクサクとネットにつながります。

☆着信通話、着信メッセージ無料!
すべてのSIMカードには電話番号があります。発信はできませんが、SIMの有効期間はその電話番号を着信用の電話番号として利用できます。

☆ 韓国ナンバーワンの通信会社!
SKテレコムは韓国でもナンバーワンのシェアを誇る通信会社。安心して高速インターネットを利用できます。

☆ 韓国全国、どこでも利用可能!
韓国内なら全国どこでもつながります。ただし山間地域などでは、接続速度が遅くなることもあります。

☆ データ使い放題でお得な料金!
データ使用量は無制限。定額で、お好きなだけ高速インターネットを利用できます。しかもお得な料金!※ただし1日あたりの使用量が1GBを超えると、接続速度に制限がかかることがあります。

☆使いやすい1日料金!
今まで、1日のみ使えるプリペイドSIMはあったでしょうか?通常の商品は5日プラン、10日プランなど日数が長めのプランが多く、2泊3日での韓国旅行社が半数を超える旅行者にとっては、使う機会が少ないのも実情。こちらの1日料金プランは、スマホに刺した時から24時間有効になります。例えば、2泊3日で朝着いて朝帰る日程だった場合、韓国の滞在時間は約48時間となりますが、1日プランのSIMを2枚購入して置けば、2泊3日の旅程のカバーができてしまうというわけです。

☆当日予約もOK!
日本で予約をし忘れても、スマホやPCがあれば空港についてから予約してもソウルナビ料金で予約できます。
※予約確認書はプリントして提示するのが原則ですが、当日予約などお時間がないときは、ナビにてご予約完了の後、必ずマイナビにログインし予約確認書を事前に開いて準備したのち窓口にてご提示ください。
※予約せずに直接窓口に行ったらソウルナビ料金にはなりませんのでご注意ください。

☆ キャンセルチャージは無料!
予約後にキャンセルしても、キャンセル料がかかりません。旅行の日程が決まったらまずはご予約を。
※キャンセルされる場合は必ずマイナビからキャンセル手続きをお願いします。

☆ 24時間いつでもサポート!
レンタル中、何か困ったことがあったら24時間365日、電話でいつでも対応可能!平日の9:00~18:00の間は、日本語での対応も可能です。

SKカスタマーサポートセンター: 02-6343-9000 (24時間、年中無休)
※接続後、自動音声(韓国語、英語)が流れたら「5」を押すと外国人専用コールセンターにつながります。

◇◇ 料金は? ◇◇


こちらの商品で扱うのはSKテレコムの自社製品のみ。

■□■ ソウルナビ特別料金 ■□■
1日プラン:6,600ウォン
5日プラン: 27,500ウォン
10日プラン:38,500ウォン

※ソウルナビで予約せずに空港のカウンターへ直接訪れる場合は、通常料金となります。
※携帯にSIMを入れら時点から24時間単位で1日/5日/10日が適用されます。
※データ量は無制限ですが、1日あたりの使用量が1GBを超えると速度制限(400kbps)がかかります。
※ 国内SMS/MMS発信、海外SMS/MMS受信・発信及び音声発信はご利用いただけません。
※こちらのSIMにはNFC 機能がありません。
※ 現在は仁川・金浦空港でのみ購入ができます。(2018年2月現在)
※カントリーロック(シムロック)がされていることを事前にご確認ください。
※いかなる場合も開封後の取消及び払い戻しはできません。
※ カード領収証の再発行は購買されたローミングカウンターでのみ可能です。


◇◇ 受け取り場所 ◇◇


事前予約したプリペイドSIMは、仁川国際空港、金浦国際空港にて受け取り可能。

■□■ 仁川国際空港 第1ターミナル ■□■
場所: 1階到着ロビー7番出口の付近
営業時間: 24時間(年中無休)
言語: 英語可、一部スタッフ日本語可


■□■仁川国際空港 第2ターミナル■□■
※2018年1月18日より開港した仁川国際空港第2ターミナル。大韓航空、デルタ航空、KLMオランダ航空、エアフランスは第2ターミナルの発着となります。日本から大韓航空を使われる方も多いと思いますのでご注意ください。
※運航便によって発着ターミナルが異なりますので共同運航便をご利用になるお客様は実際にご利用になる運航会社名を必ずご確認ください。

場所:1階到着フロア 3番出口 横
営業時間:24時間
言語:英語、日本語(一部スタッフのみ可)


■□■ 金浦国際空港(ソウル) ■□■

場所: 1階入国ゲートの前、1番ゲート向かって左側
営業時間: 6:30~23:00(年中無休)
言語: 英語可、一部スタッフ日本語可

<プリペイドSIMとは?>


プリペイドSIMに関して使い慣れている方はこれだけの説明で十分だと思いますが、まだ海外でプリペイドSIMを使ったことがない方のために以下の説明を補足します。プリペイドSIMとは、先払いで購入したSIMカードを、自分のスマホに差し替えて、インターネットに接続できるサービスです。空港で受けとってその場でSIMを差し替えれば、自分のスマホがその国の通信会社のサービス網に直接接続されてデータ通信が始まります。使い終わったら帰国時に帰りの飛行機で、SIMカードを元のカードに差し替えれば完了です。

ただし、プリペイドSIMカードを利用するためには、いくつかの制約があり、それをクリアして初めて利用が可能となります。ひとつめは自分のスマホがシムフリーであること。2018年現在、多くの場合、日本で発売されるスマートフォンには契約した通信会社以外のSIMカードが使えないようにロックがかかっています。ただし、2015年5月以降に発売された端末であれば、使用6か月後から通信会社に依頼すればロックを解除してSIMフリーにしてもらうことができます。またシムフリーをウリにして販売している機種も存在します。自分のスマホがSIMフリーなのか必ず確認することが必要です。

またSIMフリー以外でも、もう一つ気を付けることが、自分のスマホが韓国の通信会社が利用している周波数帯でも使えるかという点です。SKテレコムのLTEの周波数帯はバンド1・バンド3・バンド5を利用しています。アイフォン6sの仕様を調べると、LTEの場合(バンド1、2、3、4、5、7、8、12、17・・一部抜粋)をサポートしており、SKテレコムの周波数をカバーしていることがわかります。アイフォン6s以降のアイフォンユーザーなら、こちらで購入できるプリペイドSIMは利用可能です。自分のスマホが使おうとしている通信会社のバンドを利用できるかチェックが必要になります。

プリペイドSIMカードのメリットデメリットをまとめましたのでご参考ください。

<プリペイドSIMカード利用のメリット>

・Wi-Fiルーターを持ち歩かないでいい。
・Wi-Fiルーター用補助バッテリーを持ち歩かないでいい。
・返却の必要がないので、帰りに空港で返却する時間が節約できる。

<プリペイドSIMカード利用のデメリット>

・Wi-Fiルーターに比べて多少割高
・自身のスマホがシムフリーであることが必要 ※事前に調べる必要があります。
・自身のスマホが韓国の通信会社の周波数で使えること(アイフォンの場合6以降は対応)
・通話も含むプランを選択した場合、電話番号が一時的に変わること。
・ピンを使ってSIMカードを交換する手間が発生します。

<注意する点>

プリペイドSIMカードは製品特性上、開封したら返金は不可能となります。そのため必ず使えることを確認する必要があります。
・自身のスマホがシムフリー、又はロックを解除したか必ず確認
・アイフォン6s以降の機種以外の機種をお使いの方は必ず機種が韓国のバンドに対応しているか各自調べる必要あります。


使ってみればその便利さがわかるプリペイドSIMですが、敷居が高い面もあり、メリットとデメリットを考えて、Wi-Fiルーターにするか、プリペイドSIMにするか選んでみてはいかがでしょうか?

記事登録日:2018-02-22

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-02-22

利用日
大人 子供