江華島(カンファド)観光+江華平和展望台ツアー[GO-05]

강화도관광+강화평화전망대 투어

閉店・移転、情報の修正などの報告

歴史的スポットが沢山ある江華島(カンファド)と江華平和展望台を観光できるツアーです。

江華島(カンファド)は様々な歴史的スポットが沢山ある見どころ満載の観光地。このツアーでは、世界遺産の「江華支石墓(コインドル)」をはじめ、南北相互理解の幅を広げ平和統一の基盤を目的として建てられた「江華平和展望台」にも尋ねます。江華平和展望台では北朝鮮住民の生活の様子と宣伝用の偽装村、開城工団の塔、ソンアク山などが望めます。その他、広城堡(グァンソンボ)や伝灯寺(チョンドゥンサ)までご案内致します。

スケジュール


<時間>
09:00~17:00(8時間)

<スケジュール>
9:00 ロッテホテル(本館)2階 ツアーラウンジ集合
江華(カンファ)歴史博物館 → 江華支石墓(世界遺産)
江華平和展望台見学
昼食(海鮮カルグッス)
広城堡(グァンソンボ)観光
伝灯寺(チョンドゥンサ)見学
17:00 明洞にて解散

ご案内する主な場所


■□■江華(カンファ)歴史博物館■□■
仁川広域市に属する江華島。その江華島内にある歴史博物館。先史時代から近世までの国防遺跡などを一目で見ることのできる歴史館。第1展示室「開国始原」、第2展示室「江華の文化」、第3展示室「江華の戦争史(高/朝)」、第4展示室「江華の戦争史(近代)」の4つの展示室に分かれています。

■□■江華支石墓(世界遺産)■□■
支石墓は先史時代の石墓の一種で、世界的に支石墓が多く分布している東北アジアの中でも、特に韓国は全国にわたり約3万個に近い支石墓が発見されています。江華支石墓遺跡は仁川広域市の江華郡(カンファグン)富近里(プグンリ)地域を中心に120個余りの支石墓が分布しています。ここでは長さ7.1m、高さ2.6mの巨大な石を使った北方形態の支石墓が発見され、先史時代を研究する重要な資料として評価されています。2000年11月29日にユネスコ指定世界文化遺産に登録されており、夕暮れ時にはさらに美しい姿を見ることができます。

■□■江華平和展望台■□■
江華平和展望台は地下1階・地上4階規模を誇り、地下と4階は軍の部隊専用施設、2階には高性能望遠鏡と戦争の惨状と痕跡を見ることができる展示室、3階には、北韓を一目で見ることができる展望施設と天気の悪い日でも映像を通して北韓の全景などを見ることができるようにスクリーン施設が整っています。北朝鮮展望室からは、前方約2.3キロメートルの海岸の向こうに流れるイェソン江、開城工団、臨津江、漢江が合流する地域、金浦の愛妓峰展望台、坡州烏頭山統一展望台、一山新市街地、中立地域であるナドゥル島予定地、北朝鮮住民の生活の様子と宣伝用の偽装村、開城工団の塔、ソンアク山などが望めます。

■□■広城堡(グァンソンボ)■□■
1618年に高麗時代の外城を補修し1656年に「広城堡(クァンソンボ)」を設置しましたが、この堡の墩台は1679年に築造されたものです。広城堡は辛未洋擾(しんみようじょう)の当時最も激しい激戦地で、当時使用された大砲や砲台などが残っており、そこから見下ろす海の景色と墩台の曲線が印象的です。

■□■【伝灯寺(チョンドゥンサ)】■□■
伝灯寺は、高句麗時代の僧侶・阿道和尙(381年)が建てた鼎足山にある古い寺院です。忠烈王(1282年)が在位中、王妃・貞和宮主が寺院に玉燈を寄付したことで、伝灯寺と改名しました。伝灯寺には、本殿の大雄殿や薬師殿など、見るところがたくさんあります。

記事登録日:2019-01-24

ページTOPへ▲

スケジュール

ご案内の流れ
9:00 ロッテホテル(本館)2階 ツアーラウンジ集合
江華(カンファ)歴史博物館 → 江華支石墓(世界遺産)
江華平和展望台見学
昼食(海鮮カルグッス)
広城堡(グァンソンボ)観光
伝灯寺(チョンドゥンサ)見学
17:00 明洞にて解散

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2019-01-24

利用日
大人 子供