国立中央博物館 特別展 伽耶の本質 剣と弦

視聴回数 87 回

00

公開日時 2019.12.03

今年(2019年)12月より行われる特別展『加耶の本質‐剣と弦』。国立中央博物館の加耶に関する展示は、1991年に「神秘の古代王国、加耶」を開いてから28年ぶりとなります。600年の歴史を持つ小さな国の連合体、加耶(カヤ)。高句麗、新羅、百済に比べると記録の少なかった加耶ですが、この30年の間に韓国の慶尚道(キョンサンド)、全羅北道(チョルラブクド)の古墳群から大量の遺物が出土し、長い間忘れられていた加耶の歴史が新たに明らかにされました。今回の特別展では騎馬人物形角杯など1,000点が展示されます。興味のある方はぜひこの機会をお見逃しなく。

国立中央博物館

龍山にリニューアルオープンした“文化財の宝庫”!家族で楽しめるニュースタイルの博物館!