スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


ポドゥナムチッ

버드나무집

閉店・移転、情報の修正などの報告

ソウルは江南の高級焼肉店。最高級の国産韓牛(ハヌ)をはじめ、こだわりの食材を使った30年伝統のお店!


こんにちは!ソウルナビです。ソウルで焼肉といえば、激安から高級までさまざまなお店がありますが、今日は高級レストランが多い漢江の南側、江南を代表する高級焼肉店「ポドゥナムチッ」をご紹介しましょう。こちらは焼肉の中でもチュムルロッという牛ロースに塩・コショウ・ごま油を揉みこんだメニューで有名なお店。韓国でもっとも高級と言われる国産牛肉「韓牛(ハヌ)」、その中でも最高級のお肉を使い、おかずや調味料にもこだわっている30年伝統の焼肉専門店です。韓牛の焼肉店ということで、けっして安いとはいえない値段にも関わらず、店内の400もの座席がランチ、ディナータイムに埋まるときもあるという、地元でも人気らしいんです。ではさっそく、お店に伺ってみましょう!
直営店にこだわって
ここはポドゥナムチッの本店。地下鉄3号線のヤンジェ(良才)駅から徒歩約7分、2号線カンナム(江南)駅からだと徒歩約15分。ちょうどペンペンサゴリ(十字路)からすぐのところにあります。現在(2007年9月)この本店以外に3店舗の支店を運営し、本店の従業員だけでも約120人というかなりの大型店。最近ソウルはフランチャイズブームで、人気がでると次から次へとチェーン店が増えていきますが、こちらはすべて直営店。食材の仕入れから味付け、サービスに至るまで、すべて本店で管理しています。今までにもフランチャイズの申し入れは数え切れないほど受けてきたものの、30年伝統のポドゥナムチッの味とサービスを守るために、すべて断わってきたそう。
座席400席の大型店!
こちらは4階建てのビル、そして平屋の建物があり、座席はなんと400席。オープン当初はビルだけだったそうですが、席が足りないと駐車場に平屋の建物を増築したとか。これなら、団体で来ても心配ないですね。ただ、外国人もよく地元の人に連れられてやってきたり、ウワサを聞いて個人でやってくる方もいるそうですが、お客さんは周辺の会社員やOLをはじめ地元の人も多く、食事タイムには満席になることも。なので、ランチ、ディナーの時間に予定されている方は事前予約をしたほうが確実だと思いますよ。もっとも、食事タイムを避ければ座席は充分空いてます。座席のタイプはテーブル席、ソファ、座敷、また人数に合わせて大・中・小の個室もあり。
国産牛肉、韓牛(ハヌ)の最高級肉を使用!
日本で高級牛肉といえば、神戸牛、松阪牛といった国産ブランドがありますが、韓国でも高級牛肉といえば国産の牛肉「韓牛(ハヌ)」。さらに、同じ韓牛でもレベルが分れ、同じ種類、同じ地域の牛肉でも、最高級の牛肉A++の評価を得るのは大変だとか。そこで社長さんは、良い肉を安定的に確保するために、一時は牧場経営も試みたこともあったそう。でも、あまりにも大変だったので諦め、今は牛肉で有名な全羅道の畜産農家から、厳選牛肉だけを直接仕入れているそうですよ。
チュムルロッで有名
冒頭でも少しふれましたが、こちらはもともとチュムルロッという焼肉メニューで有名なお店。このチュムルロッというのは、生の牛ロース肉に塩・コショウ・ごま油などをチュムロッ(もみ)、チュムロッ(もみっ)ともみ込んだもの。麻浦も有名ですが、ここが正式なメニューとして出した元祖店、らしいです。チュムルロッのほかに、味付けカルビ、上ロース、アンチャンサル(ハラミ)、チェビチュリ(牛肉のあばら骨部分の肉)などのお肉メニューもあります。もちろんすべて韓牛(ハヌ)です。昔はこれにヤン(ミノ)、ウソル(牛タン)もあったそうなんですが、質の良いものを仕入れるのが大変で今は取り扱っていないそう。でも、ナビをはじめ日本の方ならこの2つはあって欲しい!と思いませんか?ということで、しっかりメニュー復活のお願いもしてまいりました。どうかなぁ~。
味付けカルビ
まずは人気の味つけカルビ(ボンカルビ)から。これはワン(王)カルビタイプのでかいお肉。牝牛の柔らかいお肉を使っているそうで、この塊一つが1人前です。ではさっそく焼いていただきましょう。炭はもちろんお肉をもっともおいしくいただけるという、くぬぎの炭です。まず焼くときのコツとしては、強火でささっと焼くのが一番おいしくいただけるとか。見ていると、も~スタッフの手さばきは早いのなんの。途中でチョキチョキっと食べやすい大きさに切ってくれるんですが、写真がぜんぶブレてしまう始末・・・。仕方がないので、ナビがスト~ップを繰り返していると、なんともお肉が焼きすぎに・・・。あ・・・高級肉なのに・・・もったいない・・・。普段はスタッフの方にお任せしていれば問題ないと思いますが、くれぐれも焼きすぎには注意してくださいね。
食べるときはサンチュに巻いて食べたり、醤油ベースのソースについて食べたり。お好みでどうぞ。
チュルロッ
こちらが有名なチュムルロッ。今回は焼きすぎないように!写真なんぞ、どーでもいいーー。さっそく、お肉の表面に焦げ目がついた程度で食べてみると、少し弾力があり、柔らかくて、噛むと甘さがジュワっと口の中に広がります。見た目はあまり霜降り具合が目立たなかったですが、甘い。また麻浦なんかだとサイコロステーキほどにぶ厚いお肉を出すところもありますが、こちらは適度の厚さで食べ応えも十分です。もともと味がついているので、そのままでもイケますョ。
おかずや味噌にもこだわりが。
頑なにこだわっているのはお肉の質だけではありません。お肉や食事と一緒に出てくるサービスのおかず一つ一つにもかなりのこだわりがあるよう。基本的に10種類ほど並びますが、すべて手作りなのはもちろん、季節によって旬の食材を使ったメニューを一部加え、調味料は自家製のものを使っているそう。特に韓国料理によく使うゴマ油は、工場に直接ゴマを持って行き絞ってもらい、ゴマ油が精製される15~16時間、不純物が入らないようにじっと横で監視するとか。また。サムジャン(包み味噌)、テンジャン(味噌汁用の味噌)といった味噌系も、厳選した豆を使った手作りもの。地方で作っているので、定期的にソウルに持ってくるそう。
お肉のあとは、韓牛骨スープと田舎味噌を使ったテンジャンチゲで〆
ナビ的には焼肉の最後は水冷麺なんですが、こちらに来る外国人に人気なのはテンジャンチゲ(味噌鍋)と白いご飯だそう。もちろん冷麺を食べる方も多いとのことですが、こちらのチゲにはナビも惹かれてしまいました。お肉を食べた後、炭焼き網にのっけてくれるんですが、これがシゴルテンジャンチゲ(田舎の味噌鍋)風の深い味わい。スタッフに聞いてみると、これがいわゆる田舎で丹精こめて作った手作りの味噌を使ったチゲ。田舎味噌といって癖も強すぎず、具もゴロゴロ。しかもベースのスープが韓牛の骨をじっくり煮込んだコクスープだから、おいしいワケですよね。皆さんも、最後はご飯と一緒にテンジャンチゲ、食べてみてくださいね~。
五穀ご飯
またこちらは白いご飯だけでなく、チャルパッ(もち米ご飯)、オゴッパッ(五穀ご飯)とご飯が3種類あり。そこで健康に良さそうな五穀ご飯を準備していただきました。見た目は赤飯という感じですが、もち米、黒豆、インゲン豆などが入っているそう。こちらもモチモチしておいしかったですよ~。
そのほか、ランチメニュー、一品料理などもあり。
★ランチの人気メニューは1日約80食限定のカルビタン(カルビスープ)!
この高級牛肉のカルビを長時間煮込んだカルビタンは、ときに11時ごろから並んで整理券をもらわないと食べられない場合もあるほど人気のメニュー。ちょうどランチタイムなので、ここはちょっと厨房にお邪魔してみましょう~。
これがウワサのカルビタン。わぁ~、うまそ~。韓牛のカルビも盛りだくさん、スープもたっぷり。 これがウワサのカルビタン。わぁ~、うまそ~。韓牛のカルビも盛りだくさん、スープもたっぷり。

これがウワサのカルビタン。わぁ~、うまそ~。韓牛のカルビも盛りだくさん、スープもたっぷり。

向こうではもう一つのランチメニュー、牛肉のクッパの石鍋がズラリ。 向こうではもう一つのランチメニュー、牛肉のクッパの石鍋がズラリ。

向こうではもう一つのランチメニュー、牛肉のクッパの石鍋がズラリ。

これは牛肉のクッパのスープ。白濁色が栄養満点、という感じ。またチゲ用の鍋がこちらにもズラリ。 これは牛肉のクッパのスープ。白濁色が栄養満点、という感じ。またチゲ用の鍋がこちらにもズラリ。

これは牛肉のクッパのスープ。白濁色が栄養満点、という感じ。またチゲ用の鍋がこちらにもズラリ。

カンジャンケジャンも人気
観光客にとっては、一食でいろいろ食べたいですよね。こちらでは焼き物以外の人気の一品料理はユッケですが、最近はカンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)も人気だそう。
おいかがでしたか?こちらは高級店だけに、ナビなんかはそう気軽には行けませんが・・・懐に余裕のある方はぜひ一度お試しください。またこちらは、鉄板盛りの焼いたお肉におかずもついてくる、チュムルロッ定食、カルビ定食というメニューもあり。大型店なので、ちょっと入りづらいかもしれませんが、1人旅でもどうしても本格焼肉が食べたい・・・という方にはいいかもしれません。でも、定食でもお値段はけっこうしますので、覚悟してお出かけくださいね。以上、ソウルナビでした。

記事登録日:2007-09-18

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ばんぶぅ

  • photo

    ばんぶぅ

  • photo

    ばんぶぅ

  • photo

    大船住人

  • photo

    大船住人

  • photo

    大船住人

  • photo

    大船住人

  • photo

    大船住人

  • photo

    大船住人

  • photo

    大船住人

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:ウォン

イチオシ

チュムルロッ

チュムルロッ(もみもみした肉)

주물럭

(150g)42000

イチオシ

ポンカルビ

骨付きカルビ

본갈비

(250g)42000

イチオシ

セントゥンシム

生ロース

생등심

(150g)45000

イチオシ

アンチャンサル

ハラミ

안창살

(150g)50000

イチオシ

チェビチュリ

牛のあばら骨部分の肉

제비추리

(150g)45000

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2007-09-18

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供