清平寺(春川)

チョンピョンサ청평사

閉店・移転、情報の修正などの報告

美しい渓谷と滝を背に歴史の1ページを垣間見よう~!

photo

清平寺は高麗時代の寺。高麗王朝の光宗24年(973年)に永賢禅師によって創建され、現在江原道記念物第55号に指定されている由緒深い寺院です。文宗 22年(1068年)に李義が再建してからは普賢院として、李資玄(高麗時代の学者)が修理してからは文殊院と呼ばれ、現在の"清平寺"という名で呼ばれるようになったのは朝鮮時代の英祖5年(1550年)、当時の文殊院が補修されてからだとか。ここには韓国の書道史に輝く「坦然和尚の真楽公李資玄碑文」と「李灸の清平寺文殊院蔵経碑」という二つの名品が保管されています。

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    したっけ

  • photo

    したっけ

  • photo

    したっけ

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-12-23

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

春川 / チュンチョン

春川 / チュンチョン

ソウルから電車で1時間ちょっと!豊かな自然に囲まれた湖畔の都市!