スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

エリアニュース in 東大門~2010年2月編~

旧東大門運動場の工事開始からはや2年。今年完成予定の「東大門デザインパーク」の状況を中心に、変化のめまぐるしい街の様子をお届け!

こんにちは!ソウルナビです。衣料やファッション雑貨のショッピングで規模も人気もナンバーワンのエリアといえば、東大門市場!今日はこちら東大門(トンデムン)から街の最新情報をお伝えしたいと思います!変化の早いソウルの街の中でも、ここ2、3年、特にその様子がめまぐるしく変化し続けているこの辺り。なぜなら何十年ものあいだこのエリアのシンボル的存在だった「東大門運動場」が取り壊され、その敷地には新しくデザインや歴史をテーマとした文化施設が建てられようとしているから。工事開始からはや2年が過ぎ、去年10月にはその一部がオープンして、今年2010年には全ての完成が予定されています。また、それにともなって周辺の環境にもずいぶんと変化が。それでは、どんどんと景色を変えて行く目が離せない街、東大門へ行ってみよ!^^/

◆◇◆旧東大門運動場から「東大門歴史文化公園&東大門デザインプラザ」へ◆◇◆

工事の続いている旧運動場の様子は!?まずは一番気になるコチラから見ていきましょう~!

■一部、オープン!
2007年12月から本格的に始まった旧東大門運動場の工事。今年2010年に全体の完成が予定されている「東大門歴史文化公園」&「東大門デザインプラザ」の建設が進められる中、それに先立って去年(2009年)10月の末には「東大門歴史文化公園」の一部がオープンしました!公園内には工事によって敷地内で発掘された遺物が展示された「東大門歴史館」が作られ、また屋外にも遺跡が復元されたりして公開されています。さらに、このような歴史的発掘物の展示のほかに、東大門運動場の遺品が並べられその歴史を公開した「東大門運動場記念館」なんてのも。また、「イベントホール」や「デザインギャラリー」という建物もあり、こちらでは現在「世界デザイン首都ソウル2010」キャンペーンの一環として今年初めてのデザイン展示会が開催されているそうです。(※これまでの旧運動場やその周辺の移り変わりについては、下のリンクをご参考に。)
「世界デザイン首都ソウル2010」の記念オブジェが置かれています。

「世界デザイン首都ソウル2010」の記念オブジェが置かれています。

このように遺跡を決められた敷地内にまとめて公開

このように遺跡を決められた敷地内にまとめて公開

廃材で作ったヘチなどのオブジェも「世界デザイン首都ソウル2010」のためのもののよう

廃材で作ったヘチなどのオブジェも「世界デザイン首都ソウル2010」のためのもののよう

合計5台あった運動場の照明塔は2台が保存されています。

合計5台あった運動場の照明塔は2台が保存されています。

残された照明塔の下には、このように歴史を説明するパネルも設置。

残された照明塔の下には、このように歴史を説明するパネルも設置。

こちらは1968年に設置されたという聖火台。

こちらは1968年に設置されたという聖火台。

デザインギャラリー

デザインギャラリー

イベントホール(1Fはカフェ)

イベントホール(1Fはカフェ)

遺跡が復元、公開されている公園内でももっとも大きく目立つのが、こちらの「二間水門」(イガンスムン)。昔、城壁で囲われていた都城の外に水を出す役割をしていた門で、高さ4mのトンネルが二つ並んでいます。暗くなると密かにライトアップされていて、なんとなくロマンチック!?
  ◎東大門歴史館

旧運動場の敷地内で発掘された遺物を展示、それにまつわる歴史を紹介。案内員が常駐していて、展示物についていろいろと説明してくれます。日本語可能なスタッフもいるそうですよ!
 -観覧の案内-
時間: 10:00~21:00(入場は20:30まで)
休館: 元日、旧正月、秋夕(各1日)
料金: 無料
問合せ: 02-2266-7088(公園管理事務所)、02-2266-7077(総合案内センター)
  ◎東大門運動場記念館

東大門運動場の歴史を紹介。運動場で使われていたモノや関係する物品類などの展示も。こちらにも案内スタッフがいます。
 -観覧の案内-
時間: 10:00~21:00(入場は20:30まで)
休館: 元日、旧正月、秋夕(各1日)
料金: 無料
問合せ: 02-2266-7088(公園管理事務所)、02-2266-7077(総合案内センター)

■工事中の部分は!?
現在、歴史文化公園などがオープンしているのは、敷地内の東側の一部。衣料系の卸しファッションビルが集まる側になります。多くの人にとってお馴染みの、小売りファッションビルが建ち並ぶほうから見ると、まだまだバリバリ工事中。囲いの一部が開放され(といっても、作業用の通用門で、一般の立ち入りは危険なので禁止)、中の様子がよく見えるようになっています。時々デザインの変わる工事用の囲いには完成予想図が大きく描かれていて、その通りにいくとなんだかスゴク巨大で変わったカンジの建築物ができるみたい。でも、工事現場ではまだこの建物ができているような様子はあまり感じられません。今年中に完成は間にあうのかな!?とにかく、どんなふうに出来上がるのか楽しみですね^^
奥に何かアートな雰囲気の建物が見えます。

奥に何かアートな雰囲気の建物が見えます。

土台を作っているのかな~?

土台を作っているのかな~?

完成予想図。現在オープンしているのは②~⑤の番号の部分。

完成予想図。現在オープンしているのは②~⑤の番号の部分。

遠くから

遠くから

上から

上から


■とうとう一掃された周辺の屋台・・・
旧運動場前にズラリと並んでいた屋台や露店が工事のために撤去されてから久しいですが、旧運動場の北側に去年の秋頃までは少し残っていた屋台がとうとう全撤去状態に!この運動場の北側には、上層部がアパートやオフィス、下層部はショッピングモールみたいになる予定と言われている大きなビルが建てられているところ。ここはデザインパークと連結されるというウワサも。そこから少し清渓川(チョンゲチョン)のほうへ行ったあたり、「清渓6街地下ショッピングセンター」入口周辺まで来ると残っている露店や、移転してきたと思われる屋台が確認できます。また、運動場周辺の露店が撤去されはじめた頃から地下鉄の東大門歴史文化公園駅より南側や東側、旧「Ramodo」(ラモード)周辺に夜になると現れる黄色いテントの露店が、以前運動場周辺にあった露店たちなのでは?!いやあ、それにしても、こんなにキレイに無くなってしまうなんて・・・何だか寂しいですねー。
裏にまわってみても、露店はポツポツとあるだけ・・・

裏にまわってみても、露店はポツポツとあるだけ・・・

旧運動場側から清渓川方面を見た風景。

旧運動場側から清渓川方面を見た風景。

完成すると、こんなふうになるとか!?

完成すると、こんなふうになるとか!?

「清渓6街地下ショッピングセンター」入口周辺にはいくつか露店が出ています。 「清渓6街地下ショッピングセンター」入口周辺にはいくつか露店が出ています。 「清渓6街地下ショッピングセンター」入口周辺にはいくつか露店が出ています。

「清渓6街地下ショッピングセンター」入口周辺にはいくつか露店が出ています。

参考:

◆◇◆ファッションビルの様子は!?◆◇◆

東大門といったら!お馴染みの小売りファッションビルたちの、最近の様子をチェック!

■doota! (ドゥータ)

クリスマス前から付けられていた冬のイルミネーションも取り外され、今週火曜日からは冬の最終セールに突入!!また、店内には春モノも並び始めています!(※セールは2月12日金曜日まで)

■hello apM (エイピーエム)

こちらも、今年はハデハデだったイルミネーションデコレーションが取り外されています。気になるのは入口横に置かれた「X-RIDER」と書かれた緑色の四角いボックス。映像に合わせてガタガタと揺れるシート座って、とび出すアニメーションが見られるみたいですよ!利用料金は一回一人3,000ウォン、4人だと全員で10,000ウォンだそう。

■東大門migliore (ミリオレ)

こちらはまだイルミネーションがついているよう。気になるのは壁全面に貼られたクリスマスバージョンの写真。コレって、2年前からずーっと同じ!?^^; でも店内では東大門ミリオレならではの激安商品がいっぱい並んでいます!

■GOOD MORNING CITY (グッドモーニングシティ)

2008年の秋にオープンしてから1年ちょっとが経つグッドモーニングシティですが、現在、地下1階から2階のレディースファッションを扱うフロア、そして水着、下着、靴、ファッション雑貨などを売るお店の入った地下2階、そして12階の映画館「MEGA BOX」以外はまだあまりお店が入っていないよう。これから増えるかな~?!

◆◇◆プチニュースあれこれ◆◇◆

お次は街角で見つけた、いろんな話題をピックアップ!

目抜き通りの信号機が完成!

地下鉄の東大門歴史文化公園駅(旧東大門運動場駅)から興仁之門(東大門)まで伸びる、このエリアの中でも一番大きな通り。小売りのファッションビルも立ち並び、人の行き来も最も多いこの通りですが、ここにあった地下道が2年前に運動場撤去と同時に閉鎖されてしまってから道路を横断する場所がなく結構不便だったんです。ところがつい最近、横断歩道が設置され随分と便利に~。

「hello apM」前のバス停が・・・

デザインパーク以外にも、目立つところでいろいろと工事が行われているこのエリア。ファッションビルが立ち並ぶメインストリートのでも何やら大掛かりな工事をしています。そのため、「hello apM」前にあったバス停が一時的に道路の真ん中へ。「あれ?バス停がない?!」と、一瞬思ってしまいそうですが、工事地帯を道路の真ん中のほうへすすむと、ちゃんとありますョ。

「清渓6街地下ショッピングセンター」

ファッションビル「doota!」前の地下道「清渓6街地下ショッピングセンター」。旧運動場周辺の屋台が無くなった頃、doota!と反対側に二つ運動場側の出入り口があったのですが、そのうちの一つが閉鎖されていまい、階段部分に出ていた露店も全て消えてしまいました~。徹底的に露店を無くそうとしている力が大きく働いているような・・・。
露店の無くなった階段部分と、閉鎖されてしまった出入り口。 露店の無くなった階段部分と、閉鎖されてしまった出入り口。 露店の無くなった階段部分と、閉鎖されてしまった出入り口。

露店の無くなった階段部分と、閉鎖されてしまった出入り口。

それ以外のお店はちゃんと営業。あっ、以前は女性用の服屋さんだったトコロがメンズの服屋さんになってますね~。 それ以外のお店はちゃんと営業。あっ、以前は女性用の服屋さんだったトコロがメンズの服屋さんになってますね~。 それ以外のお店はちゃんと営業。あっ、以前は女性用の服屋さんだったトコロがメンズの服屋さんになってますね~。

それ以外のお店はちゃんと営業。あっ、以前は女性用の服屋さんだったトコロがメンズの服屋さんになってますね~。


東大門歴史文化公園駅

もうご存じの方も多いとおもいますが、地下鉄1・2・5号線の東大門運動場駅が、去年2009年の11月に東大門歴史文化公園駅と駅名が変わりました!駅内やその周辺の様々な場所の表示はもちろん、現在は道路標識やバス停留所もほぼ全て名前が修正されています。

便利な、街の案内表示

外国からの観光客や商用客の多いこのエリア。ハングル、英語、日本語、中国語と4ヶ国語で表示された観光案内版ができています!コレは便利だ^^

「CERESTAR」前のディスコ・ジャンプ

去年の夏くらいから設置されているので、通りすがりに見たことのある方も多いと思いますが、ファッションビル「CERESTAR」前の広場に置かれた「DISCO JUMP」という乗り物が人気をよんでいます!グルグルと高速で回転したり、ガクンガクンと上下したりするこの乗り物。DJがお客さんをイジったりする楽しいナレーション付きで、見ているだけでもオモシロい!?^^ 特に夜はこれに乗ろうとする人で行列ができていることも~。

そのほか、プチネタ
ファッションビル「ミリオレ」前には、2010年の運勢を占うテントが出現。寒い中、お客さんを待つ占い師さんも大変ですね~。

ファッションビル「ミリオレ」前には、2010年の運勢を占うテントが出現。寒い中、お客さんを待つ占い師さんも大変ですね~。

コレ、覚えていますか?!旧東大門運動場が撤去される前には、運動場の北側にあったんですよ~。こんなトコロ(旧「Ramodo」前)に移動してたんですね!

コレ、覚えていますか?!旧東大門運動場が撤去される前には、運動場の北側にあったんですよ~。こんなトコロ(旧「Ramodo」前)に移動してたんですね!

◆◇◆露店&屋台チェック!!◆◇◆

寒いけれど露店は元気に営業!冬ならではのあったかグッズやあったかフード、どんなのがあるかな~!?

   ★★冬のあったかグッズ★★
   ★★冬のあったか食べ物系★★
ドゥータの裏、ケレスタとの間にひっそりとある屋台のホットッ、美味しかったですよ^^ ドゥータの裏、ケレスタとの間にひっそりとある屋台のホットッ、美味しかったですよ^^ ドゥータの裏、ケレスタとの間にひっそりとある屋台のホットッ、美味しかったですよ^^

ドゥータの裏、ケレスタとの間にひっそりとある屋台のホットッ、美味しかったですよ^^

◆◇◆寒い東大門を歩く人々!◆◇◆

とーっても寒かった今年の冬。東大門市場を歩く人々の様子は!?防寒スタイルもチェックして参考にしてみてくださいね~!
東大門エリアニュース、いかがでしたか!?ちょうど一年前にこちらのエリアニュースをお伝えした時と比べても、また随分と街の風景が変わったように思います。今年はいよいよデザインパークも完成予定。お伝えしたとおり、同じ敷地内に一部、歴史文化公園がオープンしているので、まだいったことのない方は足を運んでみてはいかがでしょうか。以上、ソウルナビがお伝えしました~!


上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-02-08

ページTOPへ▲

関連記事

写真で見るひと昔前の東大門市場

写真で見るひと昔前の東大門市場

2000年ごろの東大門市場の姿を写真で見てみよう!

東大門市場/トンデムンシジャン

東大門市場/トンデムンシジャン

24時間いつでも楽しめる巨大な卸売り市場。

エリアニュース in 東大門~2013年10月編~

エリアニュース in 東大門~2013年10月編~

デザインプラザの完成を間近にひかえて!?その周辺もどんどん変わっている東大門エリアの様子を久しぶりにチェック!!

その他の記事を見る