アグチム

  • アグチム
  • 아구찜
  • btn

アンコウのよくとれる海沿いのマサン(馬山)という街の郷土料理ですが、ソウルで食べるアグチムと馬山のアグチムとは少し違いがあるそう。馬山は乾燥させたアンコウを使って歯ごたえのある味を強調し、スープに片栗粉を少しだけ入れたものですが、馬山以外の地域のアグチムは、アンコウが本来持っている柔らかい身の食感を最大限に生かし、最後に片栗でとろ~りさせたのが特徴だとか。

またアンコウは体全体の3分の1を占める大きな口と骨を持ち、魚でありながらもうろこがない"変な魚"として昔はあまり食べられない魚だったそうです。でもその淡白でやわらかい身を特有のピリッとした辛さで味付けした"アグチム"は韓国人の好みにぴったり。この味付けがお酒のおつまみにもご飯のおかずとしてよく合うとジモティに人気の韓国料理の一つとして親しまれています。

アグチムは激辛料理?!
アグチムはアンコウの他にコンナムル(豆もやし)とミドトッ(えぼや)、そしてしょうがや唐辛子、ねぎ、にんにくがたっぷりはいっている料理。最初のひと口目でヒィ~!!となるよりは、食べれば食べるほど辛さが増してくるタイプ。辛いものがNGの方にはちょっときついかもしれませんが、これがまた辛うま!ぷりぷりした皮付きのアンコウの身はとっても柔らかくて淡白ですが、それに韓国式のいろんな薬味が入ったピリ辛ソースに絡まって、どんどん食欲がわいてきますョ。

アグチムの効能!
魚料理でありながら少しも生臭くなく、淡白な味が逸品!といわれるアグチムは、酔い覚ましや体のアルコール分を飛ばすといった効果もあるそう。アンコウの身はわさび醤油につけて食べますが、ピリ辛に味付けされたシャキシャキのコンナムル(豆もやし)と一緒に食べてこそ、アグチムのおいしさを十分楽しめるとか。また、アグチムを食べる前に出てくるうずら玉子やさっぱりしたキュウリの冷たいスープも食欲を増進する効果もあり。

アグチムの食べ方!
地元の人に聞いたところ、アグチムはそのまま食べるのではなく、わさび醤油に付けて食べるんだそう。お店によっては言わないと持ってきてくれないところもあるのでお店の人に「カンジャン・ジュセヨ~(醤油下さい~)」と言ってみましょう!

1.まず、アグチムと一緒に運ばれてきたわさび醤油のわさびを溶いて
2.豆モヤシやセリなどの具をわさび醤油に付けて食べ
3.次にアンコウをわさび醤油に付けて食べます
4.最後に残ったコンナムル(豆もやし)とみじん切りにしたセリ、のり、キムチなどをいれ、ごま油とさまざまな調味料で味付けしてご飯をいっしょに炒めて食べるそう。これはまだナビも1度も味わったことがないのですが、想像しただけでもおいしそうですよね。
?アグチムのたれと刻んだセリをいっしょに炒める。 ?十分に炒めたあと、ご飯を入れる。
?出来上がった焼き飯の上に刻んだ海苔をのせてできあがり。

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

ユーザー投稿スポット

もっと見る

ホンウォンマッククス
冷麺(ネンミョン), (その他) / kotonoha1100
チャントシクタン
鍋料理/スープ(チゲ/タン/クッ), (その他), 屋台/B級グルメ / kotonoha1100
モトゥンイチプ
キンパ/キンパプ/キムパプ(海苔巻き), カルグクス, 麺類, ご飯類, プンシク(軽食堂), 屋台/B級グルメ / kotonoha1100

新着口コミ

もっと見る

休憩時間?
イルミチッ / PORORIN
ボリュームあります
トンデムン・イェンナルチャジャン・コンナムルパッ(旧イェンナルチャジャンウドン) / kotonoha1100
必ず立ち寄る店
コムクッシチプ / アリーアリー

ユーザーアルバム

もっと見る

  • 歴史を重ねてきた本館。川西里のマッククス村の歴史を記念する建物といった感じで残されているようですが、混雑時にはここでも食べられま

    kotonoha1100
  • ピビンマッククス。海苔の香ばしさ、梨の食感が、とても良いアクセントになります。

    kotonoha1100
  • ピビンマッククス、しっかり混ぜていただきます。麺は程よい弾力ですが、噛みきれるので食べやすいです。

    kotonoha1100
  • おいしいと評判のユクス。香ばしさと旨味がベストバランス。

    kotonoha1100
  • テーブル席メインの、広くて清潔な店内。

    kotonoha1100
  • 別館ですが、こちらがメインの店舗となっています。

    kotonoha1100

お店のアルバム

もっと見る

  • ミョンドン駅の8,9番出

  • 還暦祝いのプレゼント☆