スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


ソウル市立美術館

ソウルシリッミスルグァン서울시립미술관

閉店・移転、情報の修正などの報告

都会のオアシス! 自然とアートが織りなす憩いの美術館

こんにちは、ソウルナビです。今回は、ソウルの都心で気軽にアートを楽しめちゃう「ソウル市立美術館」をご紹介しましょう。徳寿宮(トクスグン)から続く趣のある通り「トルダムギル」沿いにあるこの美術館では、世界の有名な作品から、多様でインパクトのある現代アートまで、さまざまな作品の企画展示などが行われています。美術に関心のある方はもちろん、そうでない方も斬新な美術のアプローチに触れることで、何か新しい発見ができる場所です。市庁からも近い中心地にあるので、観光がてらちょっと寄ってみるなんていう楽しみ方もできますよ。スケジュールにちょっと組み込んだら、一気に旅がアートな雰囲気に!それでは早速中をのぞいてみましょう~!
ソウルの都心にある自然豊かな空間
場所は地下鉄1・2号線シチョン(市庁・City Hall・132/201)駅で下車し、古宮のひとつである徳寿宮(トクスグン)の西側を壁伝いに続く「トルダムギル」を進んだところにあります。この「トルダムギル」は、春夏秋冬どの季節も、季節ごとに違ったいい雰囲気を醸し出していて散歩にぴったり。気持ちよく歩いて進んで行くと、木々に囲まれた「ソウル市立美術館」が見えてきます。木々が生い茂った4000坪の広々とした敷地はここがソウルの都心ということを忘れてしまうほど。平日には近くのオフィスに勤める人たちも庭を休憩に利用したりしています。 
「ソウル市立美術館」は2002年5月に慶煕宮(キョンヒグン)内から現在の場所に移転しました。旧最高裁判所庁舎のファサード(建築物の正面)だけを残して新築された建物は美術館のトレードマーク。この美術館の特徴は、単に美術品の展示をしている美術館ではないという点。建物、歩道、樹木、そして市民参加型の幅広い美術講座や公演といった多彩なアイテムを複合した新しい形の美術館と言えるでしょう。展示されている作品は、見る人の視点で自由に見て、感じることに重点が置かれています。所蔵作品は約1000点。韓国現代美術を中心に西洋画、東洋画、彫刻、工芸、写真、版画、書芸などさまざまなジャンルに渡っています。
中を詳しくチェックしてみましょう!!
館内は1階から3階まで。エントランスを入ると、中央が吹き抜けになっていて開放感たっぷり。1階は案内デスク、チケット売場、ロッカールーム、ミュージアムショップなどのほか、主に企画展示が行われる展示室が正面突き当たりにあり、2階に2つの展示室、そして3階には展示室とちょっと一休みできるカフェもあり。

<1F>

●ロビー 正面入口を入ってすぐに目の前に広がるのがカラーを白で統一された広―いロビー。向かって左側の壁にある、たくさんのモニターを並べた映像作品は圧巻。いつまで見ていても飽きません。
●案内デスク 入口入ってすぐ左側には案内デスクがあります。各種パンフレットもここでGET。美術館の紹介パンフは日本語版もありますよ。
●チケット売り場 こちらでチケットを買って中に入ります。常設展示はもちろん、企画展示のチケットもここで買えます。
●ロッカールーム 大きい荷物がある場合はこちらのロッカーに預けて! 100ウォン硬貨が必要ですが、荷物を取り出すときに戻ってきます。ロッカーの手前には公衆電話、奥にはトイレがあります。
●ミュージアムショップ アートに関連した商品はこちらで!さまざまな文化商品、企画商品、カタログなどが販売されています。
●1階展示室 こちらの展示室では期間限定の企画展が開かれていることが多いです。

<2F>

●第2展示室 日光下で鑑賞しているように感じられる展示室で、開放感も最大限に生かされています。入口は両サイドに分かれていますが、すぐ横の常設展示もすべてつながっていて、ぐるりと観覧できるようになっています。
●常設展示室「千鏡子展」 韓国を代表する女性画家チョン・ギョンジャ(千鏡子)寄贈の作品が展示されています。

<3F>

●第3展示室、第4展示室 自然光を集めるように設計されているので、明るく自然な雰囲気。
●ベーカリーカフェ「Beaux Arts」 ちょっと一息つきたいときに利用したいこちらのカフェ。コーヒーや紅茶、ジュースなどのほか、クッキーやサンドイッチなどもあります。窓側からは下の庭園も見下ろせてまさに都会のオアシスという感じ。
いかがでしたか? 館内はそれほど広くはないですが、逆に大げさに考えず気軽に楽しめる美術館として親近感を感じられる場所だなあという印象でした。時期によっては常設展示もありますが、それよりも期間限定の企画展示をたくさん行っているそう。海外の有名画家の作品から、新しい現代アートまで、訪れるたびごとに違った視点でアートを楽しめる「ソウル市立美術館」。ソウル散歩がてら、足を運んでみてはいかがでしょうか? 以上、ソウルナビでした。

記事登録日:2008-05-28

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    しづこ

  • photo

    しづこ

  • photo

    しづこ

  • photo

    しづこ

  • photo

    しづこ

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2002-10-30

スポット更新日:2008-05-28

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

支店情報

地図で見る

ソウル市立南ソウル生活美術館

ソウル市立南ソウル生活美術館

舎堂駅の横にあるソウル市立美術館の分館

ソウル市立北ソウル美術館

ソウル市立北ソウル美術館

ソウル北東部にある市立美術館!ステキなデザイン空間の中でアートを気軽に楽しもう!

関連記事

ソウル市立北ソウル美術館

ソウル市立北ソウル美術館

ソウル北東部にある市立美術館!ステキなデザイン空間の中でアートを気軽に楽しもう!

ソウル市立南ソウル生活美術館

ソウル市立南ソウル生活美術館

舎堂駅の横にあるソウル市立美術館の分館

徳寿宮トルダムキル

徳寿宮トルダムキル

恋人たちが別れる?有名な「徳寿宮(トクスグン)の石垣道」