光化門広場

クァンファムンクァンジャン광화문광장

閉店・移転、情報の修正などの報告

2009年8月1日に一般開放された「光化門広場」をご紹介~!

こんにちは。ソウルナビです!ソウルでの「みんなの憩いの場」といえば、「清渓川(チョンゲチョン)」の始まりにある「清渓広場」やソウル市庁前にある「ソウル広場」が有名ですが、今回その「みんなの憩いの場」に仲間入りしたのが光化門(クァンファムン)のイ・スンシン(李舜臣)の周りに出来た「光化門広場(クァンファムンクァンジャン)」!工事は昨年(2008年4月25日)から開始されましたが、つい先日(2009年8月1日)に一般開放されました。さっそく、その「光化門広場」を詳しくご紹介しましょう~!

◆◆都会のオアシス!「光化門広場」◆◆

「光化門広場」の最大の魅力といえば、なんと言っても「水」がいっぱい使われているトコロ!広場の守り神でもあるイ・スンシン(李舜臣)像の前にある噴水は、見ているだけで涼しい気持ちになれそう!その他にも、休憩スペースに花壇が使われていたり・・・。これ以上書くと話が長くなりそうなんで、写真でみていきましょう~!
◎イ・スンシン(李舜臣)像
前々からソウルの街を守ってくれている「イ・スンシン(李舜臣)像」はもちろんそのまま。そしてその周りに涼しげな噴水ができました。
・噴水可動時間→7:00~22:00(20分可動10分停止)
◎花壇の休憩スペース
歩きつかれたり、少し休憩したいなぁって時は、広場にある花壇の休憩スペースで休憩してみては??日差しが当たらないように小さなパラソルがあって見た目もカワイイ!
◎噴水だけじゃない!広場と道路の間に水が!
この「光化門広場」、道路と広場の間にも水が流れていて、今の季節とっても涼しげ!子供達も「水の道」をバシャバシャと走って気持ち良さそう!そしてこの「水の道」ですが、広場のもっとも光化門(クァンファムン)に近いトコロに韓国の歴史が書かれているので、歩きながら韓国の歴史を知るのも良さそう!
◎「光化門広場」にはお花がいっぱい!
そして、なんと言っても「光化門広場」にはお花がいっぱい!!!花壇の休憩スペースもそうですが、フラワーカーペットやソウル市のイメージキャラクター「ヘチ」の緑の模型など、目で見て楽しいものばかり!またフラワーカーペットの一部分では、写真を撮ってはいけないスペースがあるのでご注意を!(写真可のトコロは分りやすく表記されてます。)
◎世宗大王の像!
「光化門広場」は光化門(クァンファムン)と広場の真ん中。こちらにはなんとハングルを作った韓国4代目の王様「世宗(セジョン)大王」像が!「イ・スンシン(李舜臣)」像と並び、いまやソウルを代表する新しいシンボルとなっています。像の前には大王とゆかりのあるものが置かれ、銅像の周りには王様が作らせたハングルも!銅像の下には大王の博物館「セジョンイヤギ」があります。

◎チュンムゴンイヤギ(李舜臣記念館)!
朝鮮時代、豊臣秀吉の朝鮮出兵から国を守った英雄として知られる水軍の名将、李舜臣(イスンシン)とその活躍について詳しく知ることのできる展示館。「光化門広場」や「世宗文化会館」の地下にあり、広場の中心に建つ世宗大王像のちょうど下にある「セジョンイヤギ」(世宗大王記念館)と繋がっています。彼が建造し、勝利の鍵となったもといわれる「亀甲船」の縮尺模型(実際の大きさの55%)の展示もあり、中に入って見学することも可能。その他、彼の生涯を紹介する展示に加え、ゲームやパズルになった体験コーナーなどもある参加型の展示館です
◎「光化門広場」の「夜の顔」
お昼もキレイな「光化門広場」ですが、夜もライトアップされていて幻想的な雰囲気!

★★光化門広場の地下には「ヘチ広場」が!★★

光化門広場は地下鉄5号線の光化門駅と地下でつながっています。地下鉄を降りたとたん「光化門広場」という標識があるんでそれを見ながら改札を出るとすぐ目の前に「これが光化門広場の入口ね!」と分るスペースがあります。そのスペースの入り口にあるエスカレーターや階段を上がったら「光化門広場」につながっている半地下スペースがまたひとつ。(ちなみにエスカレーターの横には車椅子も大丈夫なスロープがあります!)こちらの半地下スペース、かなり広いんです。この半地下スペースはソウル市のイメージキャラクターである「ヘチ」の展示会!正式名称を「ヘチマダン(ヘチの広場)」と言います。メインは当然「光化門広場」ですが、この「ヘチマダン」もなかなか魅力的な場所!ていうことで、「ヘチマダン」をちらっとご紹介~!
案内板。

案内板。

入り口スペース。エスカレーターと階段の横にスロープが設置してあります。

入り口スペース。エスカレーターと階段の横にスロープが設置してあります。

スロープは「ヘチマダン」内にも続いています。

スロープは「ヘチマダン」内にも続いています。

※「ヘチ」とは??2008年5月にソウル市のイメージキャラクターとして登場。「ヘチ」という名前は、善悪を区別し正義を守る想像上の動物ヘテを元にしたもの。光化門広場だけじゃなくソウル市のあちらこちらで見かけます。
◎ドラマ「IRIS」撮影地記念パネル
ここ光化門広場で大規模なロケが行われた、ドラマ「IRIS」(アイリス)。これを記念して、主演のイ・ビョンホン氏、キム・テヒさんらの等身大パネルが!!ファンにはたまらないフォトスポットでもありますね!

ここ光化門広場で大規模なロケが行われた、ドラマ「IRIS」(アイリス)。これを記念して、主演のイ・ビョンホン氏、キム・テヒさんらの等身大パネルが!!ファンにはたまらないフォトスポットでもありますね!

◎他にも見所いっぱい!
入口スペースから上がってすぐ右にある「水飲み場」。こちらの水はソウル市の水道水「アリス」!水道水でも完璧に処理されていて安全で飲みやすいお水に!

入口スペースから上がってすぐ右にある「水飲み場」。こちらの水はソウル市の水道水「アリス」!水道水でも完璧に処理されていて安全で飲みやすいお水に!

光化門広場の工事中に発見された「六層通り」の一部も展示!

光化門広場の工事中に発見された「六層通り」の一部も展示!

◎「ヘチマダン」にはパウダールームや授乳室もアリ!
「ヘチマダン」の化粧室はかなり清潔です!

「ヘチマダン」の化粧室はかなり清潔です!

化粧室の向かい側には「パウダールーム」と「授乳室」があります。

化粧室の向かい側には「パウダールーム」と「授乳室」があります。


ソウルの新しい注目スポット「光化門広場」いかがでしたか??単に「広場」といっても見るものも多いし、細かいトコロまでこだわって造られたので、ホント1日中いたい~!って思うくらい居心地が良い「広場」です。また「光化門広場」の地下にはご紹介した通り、「ヘチ」がいっぱいの「ヘチマダン」があるので涼みながら「ヘチ」のことを観賞できますヨ^^夜もライトアップのお陰で「イ・スンシン(李舜臣)」像がとっても幻想的ですごく迫力があるんです。皆さんも是非、お昼も夜も「光化門広場」で楽しんで下さい~!以上、ソウルナビでした~!




記事登録日:2009-08-14

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    闇夜の鴉

  • photo

    闇夜の鴉

  • photo

    ハムコ

  • photo

    ハムコ

  • photo

    ハムコ

  • photo

    ハムコ

  • photo

    ハムコ

  • photo

    ハムコ

  • photo

    ハムコ

  • photo

    ハムコ

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-08-14

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

2015世宗大路歩行専用通り / セジョンデロポヘンチョンヨンコリ (3-10月)

2015世宗大路歩行専用通り / セジョンデロポヘンチョンヨンコリ (3-10月)

7月を除く毎月第1・3日曜日、光化門三差路から世宗路交差点間が歩行者天国になります。

光化門アッティ

光化門アッティ

光化門「世宗文化会館」地下にある食堂街。

cuvid/キュービッド(旧ヘチソウルショップ 光化門店)

cuvid/キュービッド(旧ヘチソウルショップ 光化門店)

ポロロにLAVA・ヘチ!韓国生まれのキャラクター大集合!

広津橋・リバービュー8番街

広津橋・リバービュー8番街

漢江に掛かる大橋、クァンジンギョ(広津橋)の展望スポット!ドラマ「アイリス」のロケ地としても話題。

チュンムゴンイヤギ(李舜臣記念館)

チュンムゴンイヤギ(李舜臣記念館)

英雄、李舜臣(イ・スンシン)とその活躍についてイロイロ知ることのできる展示館!

ヘビーチ ホテル チェジュ

ヘビーチ ホテル チェジュ

済州島の南東部、表善海岸沿いに建つリゾートホテル!

世宗文化会館

世宗文化会館

字幕用のLCDモニターなど最先端の設備を備えた、韓国を代表する文化芸術機関です

セジョンイヤギ

セジョンイヤギ

世宗大王やハングルについてイロイロ知ることのできる展示館!