全州 / チョンジュ

전주

閉店・移転、情報の修正などの報告

歴史と食文化の街!

全州(チョンジュ)はソウルから南に約230kmのところにある、全羅北道(チョルラプット)の行政・教育・文化の中心地。三国時代には後百済の都として栄え、李氏朝鮮時代に全羅北道の道庁に定められました。周りの東・南・西部を山に囲まれた盆地で、その肥沃な湖南平野に穀倉地帯が広がり、昔から食文化が発達してきました。中でも韓国料理としてお馴染みのビビンバ、コンナムルクッパなどもココ全州生まれの料理。また全州は67の文化財をはじめ、有形・無形文化財や名所が点在し、歴史の街として知られています。

全州市の基本データ

全州市の基本データ
● 面積:206.22平方km
● 人口 :622,180人
● 世帯数:192.960世帯
● 市庁 :全州市完山区西老末洞568−1
● 姉妹都市 :米国サンディエゴ、中国蘇州市、石川県金沢市

全州の観光地

全州韓屋村(ハノクマウル) 
ここは約700軒の韓国式の伝統家屋が保存されている地域。周辺にある、慶基殿、豊南門、悟木台郷校などの文化遺跡などと共に、全州の観光スポットとして知られています。また村の中にはただ伝統家屋が並ぶだけでなく、全州韓屋生活体験館や伝統工芸品展示館、全州伝統酒博物館、全州伝統韓紙院などの伝統文化施設のほか、伝統土産店、伝統茶店、伝統料理レストランなどもあり、グルメ・ショッピング・観光といろいろ楽しめる観光スポットとしても人気。

●住所:全州市(チョンジュシ)完山区(ワンサング)校洞(キョドン)65−5

<韓屋マウル観光案内所>
電話番号:063-282-1330
住所:全州市(チョンジュシ)完山区(ワンサング)豊南洞3街(プンナムドンサンガ)15-11
時間:9:00~18:00

慶基殿(キョンギジョン)
「慶基殿(キョンギジョン)」は朝鮮建国後、敷地内は李朝王朝の太祖の肖像画を描いた額を奉安するために、太宗10年(西暦1410年)に創建されました。その殿閣「慶基殿」 と全州李氏の祖である司空公(サゴンゴン )李翰(イハン)夫婦の位牌が奉安されている「肇慶廟(ジョギョンミョ)」が敷地内にあります。ここは緑が多く、昔の雰囲気が残っているためロケにもよく使われるそう。史跡第339号。

●住所 : 全州市(チョンジュシ)完山区(ワンサング)豊南洞3街(プンナムドンサンガ) 102
●電話番号 : 063-281-2891
●開業時間 :(3-5月、9-10月) 9:00~19:00/(6-8月)9:00~20:00/(11-2月)9:00-18:00
※入場は閉館1時間前まで
●入場料:大人1000ウォン/中高生700ウォン/小学生500ウォン/小学生未満無料

客舎(ケクサ)
全州客舎は豊南門と同じく、全羅監営の権威と名誉を象徴する重要な意味をもつ遺跡。もともと主館、その左右に東翼軒、西翼軒、盲聴、武神祀などの建物がありましたが、1914年道路拡大工事のために撤去され、現在のように主館と西翼軒、守直舎だけ残っています。主館の正面には「豊沛之館」という表板が掛かっていて、豊沛とは漢の高祖の故郷の地名で、その後王朝の出身地をする言葉となったそう。宝物第538号。

●住所:全州市(チョンジュシ)完山区(ワンサング)中央洞3街(チュンアンドンサムガ)1

馬耳山(マイサン)
市街を抜けて山の方へ約30分、目の前に馬の耳の形の奇妙な山が登場。ここは韓国では「聖地」「霊山」的な存在で、聖火リレーもここから始まるそう。遠くから眺めたら近くまで行ってみよう。しかし、絶景を見るためには階段を登って降りること約20分、少し辛い思いをしてでも行く価値あり!目の前に居座る大きな2つの岩山は、現実離れしていて、まるで不思議な冒険の世界に迷いこんだよう。全州へ行ったらここは絶対行くべし。

●場所:
(南部駐車場、アマチュアコース)全羅北道(チョルラプット)鎮安郡(チンアングン)馬霊面(マリョンミョン)東村里(トンチョンリ)76-2
(北部駐車場、プロコース)全羅北道(チョルラプット)鎮安郡(チンアングン)鎮安邑(チンアンウプ)丹陽里(タンヤンリ)688
●電話番号:063-433-3313(管理所)

「塔舎(タプサ)」
馬耳山から少し下るとある「塔舎」。ここは、2つの馬耳山の間に位置する仏教寺。ここの名物はその名前の通り「塔=パゴダ」(パゴダとは小さい石を積み上げた塔のこと)。この塔は、接着剤は一切使われていないのに、台風が来ても倒れないそう。このパゴダが寺院内に何十もあり、その間を回遊できるようになっています。李朝時代末期に李甲龍という人物が人生の空しさを感じ、30年間かけて1人で積み上げたものだそう。休憩所もあるので、全景を眺めながらゆっくりしてみよう。

全州のイベント

せっかく全州に行くなら、イベントも一緒に楽しもう!

「全州国際映画祭」
●日時:毎年4月の末から5月のはじめ頃の9日間(2008年5月1日~5月9日)
●場所:韓国ソリ文化殿堂(開・閉幕式),全北大学三星文化会館(深夜上映館),
映画通り(映画上映,イベント),野外上映(ドンジン駐車場)
●HP:http://www.jiff.or.kr
●電話番号:063-255-3800
「全州端午祭(Jeonju Dano Arts Festival)」
●日時:毎年5~6月
●場所 :徳津公園
全州を代表する文化祭りの一つで、陰暦の5月5日にあたる端午の日に行われるお祭り。端午料理の展示販売や伝統遊び、伝統工芸体験など、さまざまなイベントや体験プログラムが開催されます。
●HP:http://www.jjpnj.com
●電話番号:063-277-2515

「全州韓紙文化祭り」

●日時:5月頃
●場所:韓屋村内のデジョロ一帯(慶基殿入口~工芸品展示館)、全北芸術会館
韓紙ファッションショー、韓紙作り体験、現代の工芸作家の企画展示などが行われます。
●HP:http://jhanji.or.kr
●電話番号:063-281-2685、063-271-2503

全州グルメ

<チョンジュビビンパッ(全州ビビンバ)>
全州ビビンバは全州の郷土料理であり、また韓国を代表するビビンバの中のビビンバ。朝鮮王朝時代は三大料理の1つだったともいわれ、山野菜のナムルや肉など30種類以上の食材を使った、彩りはもちろんヘルシーで栄養価の高い料理です。今では石焼きビビンバがよく知られていますが、全州ビビンバはもともと熱した真鍮に盛られたもの。今でも全州ビビンバの専門店に行くと、真鍮入りビビンバと石焼きビビンバ、2種類あるところも多いです。全国各地に全州ビビンバのお店がありますが、全州に行ったらぜひ本場の味を食べてみよう!

<コンナムルクッパッ(豆もヤシのクッパ)>
豆もやしのスープにご飯を入れたクッ(スープ)+パッ(ご飯)。溢れんばかりのねぎと豆もやしなどが入っていて、体がとっても温まり、消化もとってもいいヘルシー料理。特にコンナムル(豆もやし)は二日酔いに効果があるとされ、韓国ではヘジャングッ(酔い覚ましいのスープ)としても知られています。お値段が安く、飲みすぎた翌朝の食事にぴったり!

<トルソッパッ>
「トルソッパッ(石焼ご飯)」も全州を代表するグルメの一つ。専門店が市内のあちこちにあり、お店によっては普通のトルソッパッ(石焼きご飯)のほかに、インサムトルソッパッ(高麗人参入り石焼きご飯)、チョニョンボソットルソッパッ(天然椎茸石焼きご飯)などもあり。たいていご飯のほかにキムチや和え物、スープなど7~8種類ほどのおかずが一緒に出てくる石焼き御膳というふう。ご飯の上にはナツメや栗、コーン、レンコン、卵などがのったシンプル釜飯に、特製醤油をかけて混ぜて食べます。ご飯を食べた後、最後に石鍋にお茶を入れてヌルンジ(お焦げ)として食べます。これがまた香ばしい~。

<ハンジョンシッ(韓定食)>
全州の肥沃な土地で育てた食材をたっぷり使い、12~3種類のおかずに5~6種類の特別な一品料理を付け加えた全州の郷土料理。テーブルの隙間もないほどにお料理が並びます。

<全州イガン酒>

特徴は昔の麹で作られた酒で、伝統焼酎に古典秘法で梨と生姜、漢方薬材を入れて精製して製造された酒。すっきりした清涼感、甘味のある強い香りがあり、体の機能と精神神経を安定させる効果もあります。製造者の趙鼎衡(号はコチョン)は、1987年に郷土酒作り無形文化財の第6号に指定されています。

全州へのアクセス(ソウルから全州へのアクセス)

ソウルから全州まで1本で行けるのは鉄道またはバスになります。鉄道は約3時間~3時間半、バスの場合は高速バスと市外バスがあり、どちらも2時間50分ほどかかります。バスは本数もたくさん出ているので、旅行を立てやすく、日帰りだって可能。また、KTX(韓国高速鉄道)を利用する場合は、益山(イクサン)まで行き、そこから鉄道に乗換えて全州まで行きます。乗換え時の時間帯によっては待ち時間が50分を越えることもあるので、KTXを利用する場合は連結のいい時間帯を選びましょう。

全州のホテル(全州ホテルリスト)


全州はソウルから約3時間ほどで行けるので、朝早く出発すれば「全州日帰りグルメ旅」も可能です。もう少し余裕のある方、ゆっくり巡りたい方は1~2泊して、グルメに遺跡に伝統工芸体験にと全州をじっくり観光するのもいいかもしれません。また、全州国際映画祭や豊年祭など、大きなイベントに合わせて全州を訪れると、また違う雰囲気が楽しめますよ!

交 通 情 報(ソウルから)


★竜山駅−全州駅

●鉄道・KTX
所要時間 約1時間30~45分
料金(ウォン) 特室48200/一般室34400/立席32700

●鉄道<セマウル号>
所要時間 約3時間5−10分
料金(ウォン) 一般室26200/立席22300

●鉄道<ムグンファ号>
所要時間 約3時間20−25分
料金(ウォン) 一般室17600/立席15000


★ソウル高速バスターミナル-全州公用バスターミナル

●高速バス
運行間隔/本数 5-10分/ 深夜5本
所要時間 約2時間45分
料金(ウォン) 一般10500/優等16000/深夜17600


★東ソウル市外バスターミナル-全州公用バスターミナル

●高速バス

運行間隔/本数 30分/ 深夜1本
所要時間 2時間50分
料金(ウォン) 一般13600/優等19900/深夜21800


★上鳳(サンボン)市外バスターミナル−全州公用バスターミナル

●高速バス
運行間隔/本数 3本
所要時間 3時間
料金(ウォン) 優等19700

交 通 情 報(仁川空港から)



★仁川国際空港−全州コアホテル

●高級リムジンバス
運行間隔/本数 30-60分/直通3本
所要時間 約4時間
料金(ウォン) 29000
経由地 金浦空港、益山(イクサン)IC

交 通 情 報(釜山から)


★釜山(プサン)総合バスターミナル−全州公用バスターミナル

●高速バス
運行間隔/本数 12本(深夜1本)
所要時間 約3時間20分
料金(ウォン) 既存15400/優等22700深夜/24900


★釜山西部(プサンソブ)市外バスターミナル−全州公用バスターミナル

●市外直行バス
運行間隔/本数 5本/直行10本/深夜1本
所要時間 約5時間30分/直行・深夜3時間20分
料金(ウォン) 一般25100/直行19500/深夜21500


【全州公用バスターミナル】
全州市(チョンジュシ)徳津区(トクジング)金岩洞(クマムドン)705-10
전주시 덕진구 금암동 705-10
(063)270-1700

記事登録日:2007-04-25

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    paku

  • photo

    paku

  • photo

    paku

  • photo

    paku

  • photo

    paku

  • photo

    paku

  • photo

    paku

  • photo

    paku

  • photo

    paku

  • photo

    paku

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2004-04-16

スポット更新日:2012-11-30

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

シャトルバスに乗って全州に行ってみよう(4月~12月)

シャトルバスに乗って全州に行ってみよう(4月~12月)

外国人観光客だけが利用できる高級リムジンバスでお得な旅!

全州国際映画祭 (4-5月)

全州国際映画祭 (4-5月)

毎年4月の末から5月のはじめ頃に開催される映画祭。全北大三星文化会館や映画通りなど。野外上映も行われる。

全州韓屋村ツアー〔SC42〕

全州韓屋村ツアー〔SC42〕

成均館スキャンダルロケ地と共に全州韓屋村を楽しもう~!

韓国の趣紀行、全州韓屋村と広寒楼苑を巡るツアー[SR87]

韓国の趣紀行、全州韓屋村と広寒楼苑を巡るツアー[SR87]

ビビンバの本場、全州へ!人気韓国ドラマ「成均館スキャンダル」と「屋根裏部屋の皇太子」のロケ地に行ってみよう!

全州韓屋村

全州韓屋村

伝統家屋が並ぶ、全州を代表する観光スポット!

るみのコリアブランド湖南地方3泊4日の旅!

るみのコリアブランド湖南地方3泊4日の旅!

コリアブランド探検隊、全羅道の粋と味を求めて!麗水・潭陽・全州で素敵な人との出会いがいっぱい!

全州&光州、グルメ&芸術の旅!

全州&光州、グルメ&芸術の旅!

食と文化の都市、全州と光州でグルメと芸術を満喫!