スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

韓国料理教室「マンドゥ(韓国ギョウザ)」

マンドゥは酸っぱくなったシンキムチを使って作るのがジョーシキ!皮は薄く、具は適当な量を!!

こんにちは。たった今、韓国式マンドゥ(ギョウザ)作りにチャレンジ中のソウルナビです。マンドゥって思ったより難しい!(--;)特にマンドゥの味を80%も左右するという具作りがとっても・・・。あれこれと前もって準備するものも多くって複雑だし・・・。実はナビ、料理の腕前はあんまり人には自慢できないほうなのです。(^^)けれどもマンドゥの皮に適当に具をつめてうまく作る作業はとっても楽しい!
韓国ではマンドゥを作る時に必ず出てくる話があるのです。結婚していない人がマンドゥの形をうまく作れると、後々にかわいい女の子を産まれ、もしマンドゥの形をうまく作れなかったらブサイク(--;)な女の子が産まれるんだとか・・・!!皆さん、これってちょっとコワいお話でしょ?幸いにもナビはと~ってもきれいな形のマンドゥが作れました!この写真がそのマンドゥです!(^^)
さて、今日ナビが習った韓国式マンドゥ作りの秘訣を皆さんに大公開しちゃいましょう!その前に、マンドゥとはどんな食べ物なのかをご紹介しましょう。はるか昔の中国は三国時代、蜀漢(220~263)の政治家であった諸葛亮(孔明)が南蛮を征伐し、帰途につく途中にひどい風波に遭い、人の頭を49個、水の神に捧げなければならない事態に陥りました。諸葛亮は人を殺すことはできないとして、小麦粉で人の頭の形を作って捧げました。これが世界で最初のマンドゥ、といわれています。そのマンドゥが韓国に伝わったのは李朝の頃だとか。最近で日常食べる物として定着していますが、以前はいつでも食べれる物ではなく、特に冬のソルラル(旧正月)に親戚とワイワイ寄り集まって作って食べたものでした。
さあ、それでは、そろそろ本格的なマンドゥ作りにチャレンジしてみましょう!まずは手をきれいに洗ってね。
1.マンドゥは「マンドゥピ」といわれる皮と、具「マンドゥソ」でできています。それではまず、具作りから!

材料
豚肉を切ってすりつぶしたもの300g、豆腐1丁、キムチ1kg、スッチュナムル(八重なりのモヤシ)300g、タンミョン(じゃがいものでん粉で作った乾麺)、ニンニク、ネギ、ショウガ、コショウ、塩
1)シンキムチ(ちょっと酸っぱくなったキムチ)を切り、水気をしっかり切ります。(ナビが皆さんにコッソリ教える秘訣1!キムチはちょっと酸っぱくなったものをしっかり水気を切って使うこと!これでおいしいマンドゥができます。)
2)スッジュナムル(八重なりのモヤシ)は、沸騰したお湯にさっと通し、ザルにのせておきます。
3)豆腐は麻布に包んで水気を切ります。
4)タンミョンを沸騰したお湯にさっとつけます。
5)豚肉は小さく切って、ショウガ、ニンニク、コショウを入れ、軽く炒めます。
6)最後に、準備しておいた材料をひとつにし、塩で味付けしてしっかり混ぜ合わせると、マンドゥの具が完成!
2.. 具が準備できたら次はマンドゥの皮作り!
材料と準備物
小麦粉、水、小麦粉を練るボウル、めん棒、包丁
1)小麦粉に水を少しずついれながら、生地を練っていきます。生地は、適当なやわらかさになるまで練ります。 生地の練り方は、「韓国料理教室(5)スジェビ編」を参考にしてください!
2)生地は、腕ひとつ分ぐらいの柱型に形を整えたあと、包丁で分量ごとに切っておきます。
3)切ったものをめん棒で伸ばし、手で平たくしながら円模様を作っていきます。(ナビが皆さんにコッソリ教える秘訣2!めん棒があってもやっぱり手のひらでのばすのがおいしさの秘訣!)
4)めん棒で薄く丸くマンドゥの皮を作ります。(ソウルナビが皆さんにコッソリ教える秘訣3!マンドゥの皮は薄く!薄~く!)
3.マンドゥの具と皮が準備できたら、本格的なマンドゥ作りに突入!
1)皮を手のひらにのせます。
2)スプーンやお箸でマンドゥの具を適当量とり、皮の中央にのせます。(ソウルナビが皆さんにコッソリ教える秘訣4!マンドゥの具は、たくさん入ってるのがおいしいですが、あまりにもたくさん入れすぎると、後で破裂しちゃう恐れが・・・!)
3)マンドゥの皮を破れないように気をつけながら半分に折りたたみ、皮の縁をくっつけていきます。
4)縁の片方から少しずつ少しずつくっつけていきましょう。
5)きれいな形になるように、両手で軽く形を整えます。
6)お皿にのせる時にマンドゥが下にくっつかないよう、小麦粉を軽くつけておきます。
4.最後の仕上げはマンドゥを蒸す!
蒸し器でマンドゥを蒸したら、マンドゥ作りは終了!普通はマンドゥを一度にたくさん作っておいてから冷凍庫に保管しておき、食べたくなった時に出してきてクンマンドゥ(焼きギョウザ)にして食べたり、マンドゥグッ(スープ)を作ったりします。皆さん、おつかれさまでした~!!このきれいにできたマンドゥを見てください!ナビが丹精込めて作りあげたマンドゥです!おいしそうでしょ?(^^)
マンドゥは、韓国人が好んで食べる栄養たっぷりの間食メニュー。でも作るのは時間も手もかかるので、家ではあまり作ったりしません。最近ではスーパーなどで売っている冷凍マンドゥや街中の市場で見かけるプンシッチッ(軽食堂)あるいはマンドゥ専門店で買ってきて食べたりしています。でも今回皆さんにこのナビが作ったおいしそ~う(?)なマンドゥを食べさせたあげたいっ!ソウルナビもマンドゥ屋さんを開店?それでは、一日、家族みんなでマンドゥ作りをしたソウルナビでした。(^^)

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2001-11-21

ページTOPへ▲

その他の記事を見る