スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

韓国出入国の際の提出書類

韓国での「入国申告書」、「出国申告書」のご紹介。

★韓国出入国申告書 ―ARRIVAL/DEPARTURE CARD

韓国へ入国するときに必ず提出します。
※2007年より、出国申告書と入国申告書が1枚になりました。
※2005年11月1日より出国時に提出する出国申告書が不要になりました。
・生年月日の右の箇所は「住民登録番号」(韓国人のみ)。日本人の皆さんは書く必要がありません。

・韓国内住所はホテルの名前を書きましょう。ひらがな、カタカナ書きではなく、英語もしくは漢字で。

・左側の出発地と入国便・船名のところは、出発時の日本の空港名と韓国に行く便名を書いてください。
・右側の目的地は「ソウル」と書きましょう。

・署名はパスポートに記載されているものを書きます。 (英語で書いている人は英語で、日本語で書いている人は日本語で)

旅行者(乗組員)税関申告書

韓国へ入国するときに必ず提出します。
※日本語のものがあります。
※2005年10月より、形式が一部変更になり、全員提出になりました。
・韓国の住所のところは、滞在するホテル名と電話番号を記入しましょう。

・申告対象物品のところをよく読み、該当するものがなければ「なし」に、ある場合は「あり」にチェックしましょう。

・最後の「申告人」欄に署名しましょう。

★日本人出国記録 /★日本人帰国記録

※2001年7月1日より、日本の方は廃止されました。

★携帯品・別送品・申告書

日本に入国するときに、必ず提出します。
※2007年より、全員提出になりました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2009-12-21

ページTOPへ▲

その他の記事を見る