スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


ソウル地下鉄 (ソウルメトロ)

チハチョル지하철

閉店・移転、情報の修正などの報告

ビギナ−向け!低料金の庶民の足、地下鉄(チハチョル)!

こんにちは!ソウルナビです。ソウルを旅行するとき、市内を移動するときにバスやタクシーと並んでよく利用するものといえば、地下鉄!ソウル市内を縦横無尽に走る地下鉄は、移動の手段としてとっても便利!でもいくらおなじみの地下鉄といっても、切符の買い方もわからないし、料金もわからないし、路線も駅もわからないし、乗り換え方もわからないし、マナーもわからない!初めて外国の地下鉄に乗るときはなにかと緊張するもの。それではそんなソウルの地下鉄について、詳しく見て参りましょう。

<地下鉄マップ>
※クリックするとマップがでます。

地下鉄はチハチョル!

韓国語で地下鉄は「チハチョル」。街のあちこちに、駅の入口があります。いずれの駅にも案内板と、駅名、出入口の番号が表示されています。駅名はハングル、漢字、英語のほか、カタカナも。

◆◇◆路線は?◆◇◆

ソウルの地下鉄は2014年2月現在、1号線から9号線まで全部で9路線。それに加え、乗り入れ+電鉄区間として中央(チュンアン)線、盆唐(ブンダン) 線、京義線(キョンウィ)線、京春(キョンチュン)線、新盆唐(シンブンダン)線、水仁(スイン)線、空港鉄道(コンハンチョルド)、仁川地下鉄があり、 それぞれ人々の重要な交通手段となっています。各駅には番号がつけられ、また各線はそれぞれシンボルカラー別に色分けされてわかりやすいのが特徴です。

それではそれぞれの路線について、見て行きましょう。

1号線 
ブルーライン。国鉄京釜線、京仁線に乗り入れ、ソウルで最初の路線。ソウル駅、市庁、鍾路、東大門といったソウル中心部から、天安、水原、仁川といったソウル郊外へも気軽に足を伸ばせるライン。
(仁川-富平-温水-九老-永登浦-鷺梁津-竜山-ソウル駅-市庁-鍾路3街-東大門-東廟前-清涼里-石渓-光云大-倉洞-議政府-東豆川-逍遥山)
(新昌-天安-餅店-水原-衿井-加山デジタル団地-九老)
(衿川区庁-光明)
※2006年12月15日より議政府−逍遥山間延伸
※2006年12月15日より始興−光明電鉄運行開始
※2008年12月15日より天安−新昌間延伸


2号線
グリーンライン。ソウルの中心を山手線・環状線のようにくるくると回る路線が緑の2号線。若者でにぎわう学生街を中心にグルメやショッピングを楽しめる繁華街やはもちろん、ソウルを代表するオフィス街ともつながっているため、サラリーマンやOLさんたちの足としても大活躍。こちらも留学生、ビジネスマン、観光客と皆さんにおなじみの路線。
(新村-梨大-忠正路-市庁-乙支路入口-乙支路3街-東大門歴史文化公園-往十里-聖水-建大入口-江辺-蚕室-三成-駅三-江南-教大-舎堂-ソウル大入口-大林-新道林-堂山-合井-弘大入口-新村)
(新設洞-聖水)
(カチ山-新道林)

3号線
オレンジライン。ソウルの北西から南東に向かって延びている路線。ソウルのベッドタウンである新都市の一山(イルサン)と盆唐(ブンダン)方面を結ぶ路線としても知られています。途中には、韓流スターご用達エリアである狎鴎亭や、歴史深いスポットである景福宮や仁寺洞に立ち寄ることも出来ます。
(大化-大谷-ヨンシンネ-景福宮-安国-鍾路3街-乙支路3街-忠武路-薬水-玉水-狎鴎亭-新沙-高速バスタ−ミナル-教大-南部タ−ミナル-良才-水西-可楽市場-梧琴)
※2010年2月18日より水西-梧琴間延伸。

4号線
水色のライン。国鉄安山線に乗り入れています。ソウル市内の北東部から、南西部は京畿道方面にまでのびている路線。中心部は明洞や南大門市場、東大門市場、ソウル駅といった人気スポットを通る、まさに日本人観光客ご用達路線!!
(烏耳島-安山-衿井-大公園-舎堂-梨水-銅雀-二村-新竜山-三角地-ソウル駅-会賢-明洞-忠武路-東大門歴史文化公園-東大門-恵化-倉洞-タンゴゲ)

5号線
紫のライン。9号線が開通するまでは、金浦空港から市内への唯一の地下鉄路線として運行。市内のビジネスエリアを経由し、東大門市場、ウォーカーヒルホテルのあるクァンナル、ディープな市場が人気の千戸まで。
(傍花-金浦空港-永登浦区庁-汝矣島-孔徳-忠正路-光化門-東大門歴史文化公園-青丘-往十里-君子-千戸-上一洞/馬川)

6号線
茶色のライン。江北(カンブッ、漢江の北側)のみを走る路線。西の方にある鷹岩(ウンアム)駅から駅村(ヨクチョン)駅方面へとぐるりと円を描くように一方向のみ走行する面白い線です。2000年に開通したとあって車内は比較的キレイ。旅行者の方々に知られているような有名な観光エリアは梨泰院くらいで、あとは主に開発途中のエリアを通っているのも特徴。地元の人たちの生活の場を結ぶような線になっているため、比較的車内がすいていて乗り心地もよし。
(鷹岩循環-デジタルメディアシティ-ワ−ルドカップ競技場-合井-孔徳-三角地-梨泰院-薬水-青丘-新堂-東廟前-石渓-烽火山)

7号線
深緑のライン。ソウル北部から東部の端を通って江南(カンナム、漢江の南側)の新開発エリア、さらに富川市内を走る路線。
(長岩-道峰山-君子-建大入口-清潭-江南区庁-高速バスタ−ミナル-総神大入口-大林-温水-富平区庁)
※2012年10月27日 温水-富平区庁間延伸

8号線
ピンクライン。江東の南部を走るライン。千戸で5号線、ロッテワールドのある蚕室で2号線、そして盆唐線に接続。江南の東部のニュータウン・再開発・住宅街と市内中心部・オフィス街を結ぶライン。
(岩寺-千戸-蚕室-可楽市場-文井-南漢山城入口-牡丹)

■9号線 
ゴールドライン。初の民間資本の地下鉄路線。この9号線の開通により、金浦空港から最短所要時間約30分という、空港との汝矣島・江南などのビジネス街とのアクセスがとても便利に。地下鉄ながら急行運転も行われています。
(開花-金浦空港-加陽-新木洞-仙遊島-堂山-国会議事堂-汝矣島-鷺梁津-銅雀-高速ターミナル-新論峴-奉恩寺-総合運動場)
※2015年3月28日より、新論峴-総合運動場間が延伸

●仁川地下鉄1号線
1999年12月、仁川地域を走る仁川地下鉄1号線が開通。仁川国際空港には直通せず、空港鉄道の停車駅の桂陽(ケヤン)駅で乗り換えるようになっています。また富平区庁駅で地下鉄7号線、富平駅で地下鉄1号線と接続しています。また市内と松島新都市を結んでいます。
(桂陽-富平-仁川市庁-仁川ターミナル-源仁斎-仁川大入口-国際業務地区)
※2007年 桂陽-橘峴間延伸
※2009年 東幕-国際業務地区間延伸


京義中央線
2009年から電鉄化して地下鉄路線に仲間入りした京義線。2014年12月からは龍山駅で中央線とつながり、中央線との統合運行に。デジタルメディアシティ駅で6号線と空港鉄道に、弘大入口駅で2号線と空港鉄道に、孔徳駅で5号線、6号線に、ニ村駅で4号線に、玉水駅で3号線に、往十里駅で2号線、5号線、盆唐線に、清涼里駅で1号線に、上鳳駅で京春線と接続しています。
(ムンサン-大谷-デジタルメディアシティ-加佐-弘大入口-孔徳竜山-二村-玉水-往十里-清涼里-回基-上鳳-忘憂-徳沼-龍門-砥平)
(加佐-ソウル駅)
※2005年12月16日、回基-徳沼間延伸 
※2008年12月29日、徳沼-菊秀間延伸 
※2009年12月23日、菊秀-龍門間延伸
※2014年12月27日、孔徳-龍山間延伸、京義線と中央線が連結運行に
※2017年1月21日、龍門-砥平間延伸


● 盆唐線
江北にある往十里から狎鴎亭、盆唐地区の住宅街・繁華街、水原まで走るライン。道谷・水西で3号線に、福井・モランで8号線に接続しています。
(往十里-狎鴎亭ロデオ-江南区庁-宣陵-水西-牡丹-書峴-亭子-器興-水原)
※2011年12月28日より亭子-器興間延伸
※2012年10月6日より往十里-宣陵間延伸
※2012年12月1日より器興-網浦間延伸
※2013年11月30日より網浦-水原間延伸

●京春線
2010年からソウルの上鳳駅から江原道の春川駅まで81.3kmを行き来する京春線複線電鉄が開通。ソウルと春川が最短1時間ちょっとで行き来できるようになりました。今までソウルの清涼里から南春川まで、列車(ムグンファ号)で約1時間50分かかっていたことを考えると、最大約50分短縮されました。
(春川-加平-忘憂-上鳳)

●空港鉄道
仁川国際空港と市内を結ぶライン。2007年3月23日開通。ソウル市民にとって身近な2大空港である「仁川国際空港」と「金浦空港」が線路でつながりました。金浦空港駅で地下鉄5号線に乗り換えれば市内まで行くことができます。さらに2010年に末に弘大入口(ホンデイック)などを通ってソウル駅まで延伸。仁川国際空港とソウル駅が最短43分で結ばれました。
(仁川国際空港-桂陽-金浦空港-デジタルメディアシティ-弘大入口-孔徳-ソウル駅)
※2011年11月30日、孔徳駅開通

●新盆唐線
ソウルと盆唐を結ぶ新しいライン。2011年10月28日開通。2号線の江南駅から盆唐の中心駅、亭子駅まで直線で結びます。
(江南-良才-板橋-亭子)

●水仁線
仁川と水原を結ぶライン。営業中止となった路線を電鉄化し復活させるもの。2012年6月30日に松島-烏耳島間が営業再開。2015年に仁川-水原全区間が開通予定。
(烏耳島-源仁斎-松島)
●Uライン(議政府軽電鉄)
議政府市内をライトレール。モノレール型で議政府市内を走っています。回龍駅で地下鉄1号線と接続。
(鉢谷-回龍-議政府市庁-塔石)
●龍仁エバーライン
龍仁市内を走るライトレール。モノレール型で龍仁市内を走っています。器興駅で盆唐線と接続しています。終点にはエバーランドがあります。
(前袋・エバーライン-市庁/龍仁大-器興)

ソウルの地下鉄はこんな感じ!

ソウルの地下鉄の車両は路線の数字の低いほう、つまり1号線がもっとも古く、高くなるにしたがって新しく出来た路線。だから数字高くなるほど車両も駅舎も新しくなります。
また現在、駅のホームのスクリーンドアは地下にあるすべての駅に設置され、ほとんどの地上駅にもホームに柵が設置されています。
駅名のアナウンスは韓国語、英語(駅によっては日本語、中国語も)。また車両内には電光掲示板があり、次の駅名がハングル、英語、日本語、中国語で表示されます。
車内

車内

車両

車両

改札

改札

切符(1回用カード)、充電

切符(1回用カード)、充電

乗車・乗り換え時には路線番号・カラーの看板を目印に

乗車・乗り換え時には路線番号・カラーの看板を目印に

車両内の電光掲示板には英語での駅名表示も

車両内の電光掲示板には英語での駅名表示も

駅名はハングル、英語、漢字も

駅名はハングル、英語、漢字も

右左どっちから乗るのか?!こちらで確認

右左どっちから乗るのか?!こちらで確認

前後の駅名を見て方向を確認

前後の駅名を見て方向を確認

テレビモニターもあり

テレビモニターもあり

エレベーターも増えてきています。

エレベーターも増えてきています。

ほとんどがスクリーンドア

ほとんどがスクリーンドア

◆◇◆料金は?◆◇◆


地下鉄の基本料金は

1350ウォン(1回用交通券)
1250ウォン

以後、距離により加算されます。

*2015/6/27改定

<地下鉄料金一覧表>
*( )内は交通カード使用時

◎基本(10kmまで)   
一般 1350ウォン(T-Money利用時:1250ウォン)
中高生 1350ウォン(T-Money利用時:720ウォン)
小学生(6−12歳)450ウォン(T-Money利用時:450ウォン)

◎10~50km
一般 5kmごとに100ウォン追加
中高生 5kmごとに100ウォン追加(5kmごとに80ウォン追加)
小学生(6−12歳)5kmごとに50ウォン追加(5kmごとに50ウォン追加)

◎50km~
一般 8kmごとに100ウォン追加
中高生 8kmごとに100ウォン追加(10kmごとに80ウォン追加)
小学生(6−12歳)8kmごとに50ウォン追加(10kmごとに50ウォン追加)

◆◇◆地下鉄の切符はカードのみ?◆◇◆


地下鉄の切符は1回用交通カード。2009年5月1日から地下鉄の切符が今までの「紙の切符」から再利用可能のカード式切符「1回用交通カード」に変わりました。駅の改札近くにある自動販売機から駅名を指定して購入します。改札はT-Moneyと同じくピッとあてるだけでOK。自動販売機は日本語も表示されます。

◆◇◆便利なプリペイドカード、T-Money に定期券も◆◇◆

●T-money(ティモニ)
充填式のプリペイドカ−ド、T-Money。駅の改札でピッとあてるだけで料金が引き落とされます。このカードはバス・地下鉄共通で利用できます。カ−ドには金額を追加(充電)できます。またバスに乗り換えた場合は割引サービスもあります。
※T-money(交通カード)を使用しない場合、料金がカード使用時より100ウォンプラスされます。

販売場所:地下鉄駅窓口(※国鉄、仁川地下鉄を除く、アクセサリー型を除く)、コンビニ「GS25」「ファミリーマート」、カードチャージ店(※ないこともあり)
充電場所:地下鉄駅窓口(※国鉄、仁川地下鉄を除く) 、コンビニ「GS25」「ファミリーマート」、カードチャージ店
☆「T money」のマークがあるところ
割引率:100ウォン、乗り換えサービス
使用範囲:ソウル市、仁川市、京畿道内バス、地下鉄

定額券(チョンエックォン)
2004年7月より販売中止になった一般定額券、また発売中止になった学生定額券に代わり、2005年4月15日からスタートしたカード型定期券。カードを購入し、乗車する距離に該当する種別の販売金額を充填(チャージ)することによって利用します。小銭がいらず、改札機のリーダー部分に当てるだけで通ることができる点はT-moneyとまったく同じ。たとえば韓国に長期滞在し、同じ区間を利用するときなどに便利。この定期券、日本の定期券のように薄くなく、T-moneyのような硬いカードになっています。

◆◇◆終電時間に気をつけて!◆◇◆

地下鉄の始発、終電時間は平日が5時半から午前1時。週末の土日が午前0時まで。ただこれは終着駅が基準なので、各駅の始発・終電時間は駅で確認しておきましょう。市内中心部であれば、約30分から1時間ほど余裕を見ておきましょう。遠距離の場合はさらに終電時間が早くなるので注意しましょう。最近は、ソウルの地下鉄の終電時間や乗り換え最終時間が日本語で表示されるアプリもあるので、そちらを利用するのも手。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2004-07-06

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    v4p462a3

  • photo

    v4p462a3

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2000-05-14

スポット更新日:2013-04-26

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

ソウルの地下鉄-エリア間地下鉄料金

ソウルの地下鉄-エリア間地下鉄料金

エリア間地下鉄料金一覧表。

ソウルの地下鉄に乗ってみよう! 【*動画付き】

ソウルの地下鉄に乗ってみよう! 【*動画付き】

切符がない?改札は?保証金って?便利な地下鉄を上手に利用しよう!

地下鉄にもバスにも乗れる!交通カード T-money を利用しよう!

地下鉄にもバスにも乗れる!交通カード T-money を利用しよう!

これ1枚あればバス、地下鉄が便利に!乗り換え割り引きサービスもあり!また交通機関以外でも利用できます!

地下鉄に乗って旅をしよう!~茶色の6号線編~

地下鉄に乗って旅をしよう!~茶色の6号線編~

通るのは主に庶民の生活の場!でも革の街にスポーツ施設、記念館・美術館にと見所はけっこうある地下鉄6号線!

地下鉄に乗って旅をしよう!~オレンジの3号線編~

地下鉄に乗って旅をしよう!~オレンジの3号線編~

歴史の跡&セレブご用達の街を巡る旅!!

地下鉄に乗って旅をしよう!~緑の2号線編~

地下鉄に乗って旅をしよう!~緑の2号線編~

緑の路線地下鉄2号線を使ってショッピング三昧の1日コース!!

ソウルのバス(市内バス)

ソウルのバス(市内バス)

ソウルの隅から隅まで網羅する便利なバス!

地下鉄に乗ってみよう~便利な交通カードT-Moneyを使いこなす!

地下鉄に乗ってみよう~便利な交通カードT-Moneyを使いこなす!

便利な交通カードで地下鉄を乗りこなそう!