ビギナーにおすすめの屋台メニュー、ベスト3!

いつでもどこでも手軽に食べられるお手頃屋台メニューに挑戦!


こんにちは、ソウルナビです!日本で屋台というと、お祭りの時に並ぶ特別な露店という感じがしますが、韓国では年中無休、人がいるところには必ず現われる、空腹を安く解決できるありがたい存在なのです。初めてソウルでズラリと並ぶ屋台をみると、日本の屋台とオーバーラップして、今日はお祭り?と錯覚してしまう人もいるかもしれませんが、このパワフルで活気があるのはいつものこと。そんなソウルの道々で見かけるたくさんの美味しそうな屋台メニューの中で、今日はソウルビギナーさんのために!これだけは食べて帰ろう!メニューをご紹介致します。

今日ナビが選んだ基準は、どこの屋台にいっても気軽に食べれて、韓国人、外国人に人気のあるメニューを選んでみました。それではさっそくレディーゴー!

☆トストゥ(トースト)


朝よく見かける屋台メニュー、トースト。名前はトストゥだけど、たっぷりバターを敷いたフライパンで焼いたスライス食パンに、ほのかに甘味のある野菜入りの卵焼きを挟み、間にケチャップをかけた手作りサンドイッチ。あっつあつをアルミホイルに包んでくれるか紙コップに入れてくれます。この「トストゥ」、朝ご飯にもお手頃、たすかる屋台メニュー。おまけ情報として、現地人に倣ってこのトーストにバナナウユ(バナナ牛乳)やコピウユ(コーヒー牛乳)、トゥウ(豆乳)なども屋台で購入して一緒に食べると、なにげにチープだけど大満足なブレックファーストが完成!

(値段:1500-2500ウォン/1つ)

☆ホットッ


特に冬になるとソウルのあちこちに現われるホットッの屋台。ホットッとは、中国から伝わったお餅(トッ)の中の一つで、胡(ホ、胡には胡麻、胡椒、胡瓜など異国のものという意味あり)という漢字をつけてホットッという名前になったんだとか。ホットッには、オクススカル(とうもろこし粉)とチャッサル(もち米)を入れた生地を揚げるチャッサルオクススホットッもあれば、焼いて食べるエンナルチュングッホットッ、風船のようにパンパンに膨らんだホットッもあり!ソウルの街角でホトッの屋台を見つけたら、いろいろ試してみてくださいね!

(値段:1000ウォン/1つ、たまに500ウォンのところも)

☆トッポッキ


トッ=お餅+ポッキ(炒め)=トッポッキ。韓国の独特な円筒形のお餅を一口サイズにカットして、ニンニク、ネギなどの野菜と薄っぺらいさつま揚げを入れ、唐辛子の粉、水あめなどをいれて味付けをした、辛味と甘味が交錯するピリ甘のおやつ。市場、住宅街、街、あらゆるところで手軽に気軽に食べられる、子供からお年よりまで、みんなに愛されている屋台の代表的メニュー!

(値段:2,500-3,000ウォン/1皿)

韓国の屋台といっても簡単なおやつを売っている出店もあれば、お酒とおつまみを即席で出してくれるポジャンマチャ、あるいは屋台式の食堂など、いろんな形態の食べ物屋台があります。お酒を楽しめるところは値段が明記されていないところも多く、また安いとはいっても屋台でたらふく食べようと意気込んで行くと思ったより高かったり、時には高額を請求されたりということも特に観光客にはあるようです。今日ご紹介した屋台メニューは、いずれも価格が1000-4000ウォン程度のおやつの屋台。言葉が通じなくても気軽に身振り手振りでゲットできる人気の屋台メニューです。手始めにこの3品、是非トライしてみてくださいね!
 

その他情報

*記事内の価格を更新しました。<2015.10.14>

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2002-12-09

ページTOPへ▲

関連記事

韓国ソウル完全攻略法【ビギナー編】

韓国ソウル完全攻略法【ビギナー編】

ソウル旅行にはじめて旅立つ方必見!スケジュールを決めるとき、押さえておきたい情報はここでゲット!

韓国の食べ物屋台

韓国の食べ物屋台

間食メニューが楽しめる“ノジョム(露店)”&お酒も楽しめる“ポジャンマチャ(布帳馬車)”!

ビギナーにおすすめの釜山屋台メニュー、ベスト3!

ビギナーにおすすめの釜山屋台メニュー、ベスト3!

釜山の観光地で出会う、お手軽な屋台メニューを体験しよう!

ホットッ

ホットッ

お焼き/胡餅/호떡

トッポッキ

トッポッキ

餅炒め/떡볶이

その他の記事を見る