スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

韓国の夏の味!

熱気を一気に吹き飛ばしてくれる食べ物が韓国にはあります!


こんにちは、ソウルナビです。最高気温は30度を超える夏のソウル。暑い日差し、アスファルトの熱気!!考えるだけでも暑そう・・・だ・け・ど! このすべての熱気を一気に吹き飛ばしてくれる食べ物がここ、韓国にはいっぱいあります!それは夏限定の韓国の食べ物!見てるだけでもさっぱりする食べ物で、ソウルの夏を舌で楽しむことができますヨ!それでは一気にご紹介しましょう!

<夏の食べ物、インデックス>
○パッピンス
○コングクス
○冷麺(ネンミョン)
○参鶏湯(サムゲタン)
○タッカンマリ
○中国冷麺

それでは1つ1つ、見ていきましょう~

パッピンス

直訳すると「あずき氷」。韓国版かき氷!
かき氷の上に砂糖で煮詰めたあずき、小さく切ったおもち、新鮮なフルーツ、ミルク、ゼリーなど、おいしいものを全部のせて食べれちゃうパッピンスは、若い人たちが好んで食べる代表的な夏のメニュー。どのくらい人気があるかというと、夏になるとソウル市内のほとんどのカフェやコーヒーチェーン、ファストフード、プンシク(うどんやラーメン、屋台にあるような簡単な料理が食べれるお店)などなど、ありとあらゆるお店でパッピンスがメニューに登場するほど!「パッピンス」のメニューはまさに夏の訪れる韓国の「季語」になっています。一口食べた瞬間、暑さがふっ飛んじゃうピンスは、甘く、それでいてさっぱりしているので、パクパクといくらでも食べれちゃいます!
パッピンスは大きく分けて、あずきをたっぷりいれたパッピンス(あずき氷)、フルーツがたくさんのったクヮイルピンス(フルーツ氷)、いい香りのするコーヒーの粉をサラサラッとかけたコピピンス(コーヒー氷)などがあり、氷の上に何をたくさんのせるかによって名前が変わってきます。ただ一般的にはすべてパッピンスとよばれることが多いです。ただ、最近はお店オリジナルのパッピンスが増え、いろんな味のパッピンスを楽しめるようになりました。その一方、本来の伝統的なパッピンスをあまり見かけなくなった気も。値段もファストフードの3,000ウォンぐらいから10000ウォン以上するものまで、量も味もさまざまです。

コングクス

挽いた豆で作ったスープの麺!塩で味付け!

香ばしいスープが自慢のコングクスはまさに夏限定の食べ物。夏の食べ物といっても冬でも食べられるものも多いのですが、コングクスだけは今でもほとんど夏だけしか食べません。また最近はコングクスを以前のようにあまり食べなくなったせいか、コングクスを扱っているお店は多くありません。しかし、コングクスは豆を挽いて作ったスープが最高で、また栄養価がとても高いため、夏バテしやすい夏にぴったりの食べ物。細い麺を使いますが、ていねいに挽かれた豆で作ったスープと合わせてこそ、最高の味が出ます。また、化学調味料をいっさい使わず、塩ひとつで味付けするのも特徴。上には青々としたきゅうりを千切りにしたものをのせ、視覚的な効果をプラスしています。味と栄養、このふたつの面で1食分の食事として十分なコングクスは、スープを最後の一滴まで飲みほすのがポイント!
コングクスは大きく分けて、いままでの白いコングクスの他、黒豆を使った黒いコングクスもあります。豆の香りが苦手の人は黒いほうが好まれるかも。 コングクスのあるコングクス専門店、豆腐料理の店、中華料理の店、マンドゥ(餃子)専門の店、麺専門店では、それぞれ特徴のあるコングクスがあります。

ネンミョン

日本でもお馴染み、冷麺!

しこしことした麺が自慢の冷麺(ネンミョン)は外国人にも広く知られている韓国の代表的な食べ物。ちなみに昔、ネンミョンは冬に食べる食べ物だったそう。それはスープを冷たい状態で維持するのは冬しかできなかったため。今ではさっぱりした冷たいネンミョンを年中いつでも味わうことができるようになりました。でも、やっぱりネンミョンは暑い夏に食べるのが一番!
ネンミョンには大きく分けて、ちょっぴり辛い(いや、けっこう辛い)ビビンネンミョン、あっさりしたムルネンミョン、甘酸っぱい味のするフェネンミョンなど、種類もいろいろあります。お好みに合わせておためしください!またヨルムグクスやマッグクス、チョゲグクスなど、冷麺と同じような冷たい麺もあるので、そちらも是非。
水冷麺 水冷麺 水冷麺

水冷麺

ビビン冷麺 ビビン冷麺 ビビン冷麺

ビビン冷麺

ヨルムグクス

ヨルムグクス

キムチマリグクス

キムチマリグクス

マッククス

マッククス

サムゲタン(参鶏湯)

日本でも有名な体に良い鶏料理!

韓国には「イヨルチヨル(以熱治熱)」という言葉があります。これは熱いものを食べることによって暑さを体から追い払うという意味。確かに、暑いからといって冷たいものばかり食べているとお腹をこわしがちになるということもありますよね。この「熱を以って熱を追い払う」代表的な食べ物といえば、やっぱり参鶏湯(サムゲタン)。大きくもなく小さくもない大きさの鶏に朝鮮人参、なつめ、にんにくとしょうがをいれて煮込んで作るサムゲタン。暑い夏を乗り越えるために気力を出させるサムゲタンは、韓国ではもっともポピュラーな栄養食。韓国では一般の家庭でも作って食べたりします。辛くなく、まろやかな味なので、老若男女誰もが好んで食べるサムゲタン。皆さんもこのサムゲタンを食べて、夏の暑さをふっ飛ばしましょう!!
サムゲタンもお店によって中にいれる食材やスープの味もさまざま。また、烏骨鶏を使ったオゴルゲサムゲタンなどもあります。

タッカンマリ

韓国風水炊き!?鶏一匹をそのまま、最後には麺でシメ!

韓国には夏に3日、体に良い食べ物を食べる日、三伏があります。その三伏でサムゲタンと並んでよく食べられるのがこちら、タッカンマリ。名前のとおり鶏(タッ)一匹(ハンマリ)、鶏をまるごと1匹煮込んだ料理で、辛いソースの味付けでいただきます。一緒にトッポッキの餅やじゃがいも、ネギなどを入れていただくのがノーマル。さらに追加もできます。そして最後は麺でシメ。鶏のだしが出たスープでいただく麺は最高です。専門店ともなるとあまりに混むので、日をずらしていくのも良いかも。

中国冷麺

韓国版冷やし中華!

韓国にも数多くある中華料理屋さんで、夏に登場するメニューといえば、「中国冷麺」。ごまベースの冷たいスープに、エビやイカ、きくらげ、牛肉、きゅうりを載せていただきます。酢を入れるなど、まさに冷やし中華。ビビンバのように混ぜるのが基本。辛しをかけるとさらに味が変わります。店によってかなりオリジナリティがあり、中華料理店をまわるたびにいろんな中国冷麺を味わえます。
夏が近づくに連れ、街では下のような看板が目につくようになります。
冷麺!

冷麺!

コングクス!

コングクス!

パッピンスののぼり! パッピンスののぼり! パッピンスののぼり!

パッピンスののぼり!


いかがでしたか?他の季節に食べるよりも暑い夏だからこそ、その本来の味を楽しめる、夏特選の食べ物!見てるだけでもさっぱりするような、元気がでるような夏の特選メニューで、韓国ならではの夏のフードフェスティバルを楽しんで行ってくださいね!以上、ソウルナビでした。

その他情報

*記事の内容を確認し、情報を一部追加しました。<2017.5.17>

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-05-17

ページTOPへ▲

関連記事

味わい尽くそう、韓国の秋の味!

味わい尽くそう、韓国の秋の味!

食欲の秋!ソウルの秋の味をご紹介!

春にぴったり韓国グルメ、韓国の春の味!

春にぴったり韓国グルメ、韓国の春の味!

春ならでは!春にぴったり!の韓国の春グルメをご紹介!

韓国の冬の味!

韓国の冬の味!

冬の味覚を楽しむ絶好の季節!韓国の冬の味をご紹介!

特集「夏にぴったり!ひんやり冷たい麺」

特集「夏にぴったり!ひんやり冷たい麺」

冷麺、コングクス、マッククス・・・他にもまだまだある、韓国の冷たい麺!キンと冷えた麺とスープで暑さを吹き飛ばしスタミナ回復!!

韓国チキン食べ比べ+食べ歩き~2005年編~

韓国チキン食べ比べ+食べ歩き~2005年編~

ソウルの夏は!のどごしスッキリ!“カ~ッ”と1杯のビールにチキン!

韓国の夏の飲み物!

韓国の夏の飲み物!

クァイルジュースからバブルティーまで

夏のストリート・フード2001

夏のストリート・フード2001

あたるとこわい、でも食べずにはいられない夏の限定品!!

その他の記事を見る