雨の日のソウルの楽しみ方!

雨にも負けず、ソウルを満喫できるスポットいろいろ!


こんにちは!ソウルナビです。数か月前から楽しみにしていたソウル旅行、そろそろ日にちが近づいてきたので当日の天気予報を見てみると・・・ん、雨!?なんてこともありますよね。せっかくいろいろ調べてスケジュールを立てていたのに~~!でも、そんなときでも大丈夫!!ソウルには雨の日ならではの楽しみ方もあるんです。また韓国は毎年6月の終わり頃から7月の終わり頃の本格的な夏が訪れる直前まで、日本と同じくチャンマ(梅雨)がやってきます。この頃はもちろん晴れ間ののぞく日もありますが、何と一年の降水量の半分以上がこの時期に降るくらい、ソウルではたくさん雨の降る季節。そこで今日は、そんな梅雨時期や雨の日にもソウルを思いっきり満喫できるオススメのスポットをご紹介しましょう~!

★★1日遊べる!大型複合モール&アミューズメントパーク★★

今度のソウル旅行では観光地をまわって、ショッピングをして、韓国グルメを楽しんで・・・と考えていたのに、カンジンの場所があちこち離れていると雨の日は移動が厄介。そこで、いろんな施設が集まっていて1か所で1日たっぷり楽しめる複合モールをチェック!ソウルには大型複合モールがたくさんあります。この機会にまだ行ったことのないスポットに行ってみるのもいいかもー!

■■COEXモール■■

ソウルの複合モールの元祖的存在!地下鉄2号線サムソン(三成)駅の地下道から直結しているのが巨大複合モール「COEX」。ここはショッピングモール、グルメスポット、会議場、コンベンションホール、ホテル、映画館、水族館、百貨店、免税店が集まった複合施設。またカジノ、都心空港ターミナル、周辺ホテルも地上に出ずにそのまま行くことができます。また2015年4月からは地下鉄9号線ポンウンサ(奉恩寺)駅も最寄り駅に。高速バスターミナルや汝矣島、金浦空港からのアクセスが便利になりました。

■■ロッテワールド&ロッテワールドモール■■

ソウル南東部、地下鉄2号線チャムシル(蚕室)駅周辺にお楽しみ施設が大集合!ソウルを代表する遊園地をはじめ、ロッテ百貨店、ロッテマート、地下商店街などのたショッピングスポットや食べどころも充実するロッテワールド。遊園地は屋内エリアが多く雨の日でも十分楽しむことができ、一年中滑れるスケートリンクや民俗博物館、そして韓流ファン必見スポット「スターアベニュー」などアミューズメント施設もいっぱい。これらが全て屋内でつながっているので、まさに雨の日でも一日中飽きることなく過ごせそう!高級ホテルであるロッテホテルも隣接しています。また2014年にはロッテワールドのすぐ隣りにロッテワールドモールが誕生。こちらにも高級デパートや大型マート、映画館、水族館、レストラン街やショッピングモールがあり、屋内で楽しむことができます。さらに2017年には韓国一の高層ビル、ロッテワールドタワーの展望台もオープン!

■■タイムズスクエア■■

汝矣島(ヨイド)のすぐそば、永登浦(ヨンドゥンポ)に位置する大型複合モール。地下鉄1号線永登浦(ヨンドゥンポ)駅から地下街で直結しています。中には新世界デパート、Eマート、複合映画館、結婚式場、ホテルなどが入る、韓国最大級の広さを誇る話題の大型複合商業施設!「都市と自然の時間が共存するエリア」を目指し、全体面積の20%以上を庭園や噴水などの自然空間をしめています。また歴史的な工場の建物も保存されています。

■■現代百貨店ディーキューブシティー■■

ソウルの西南部、地下鉄1、2号線シンドリム(新道林)駅と直結する大型複合モール。有名ブランドを取り揃えた現代デパートに韓国最高の音響設備を備えたミュージカル専用ホール、ソウル西南部エリアで唯一の特1級ホテル「シェラトンホテル」、専門食堂街、オフィス、住居施設などなど、さまざまな施設があり、ショッピングだけにとどまらず、文化やグルメ、住居に至るまですべてが共存する複合カルチャー空間です。

■■ロッテモール金浦空港■■

ソウル金浦空港の国際線ターミナルの目の前、空港に直結する大型複合モール。ホテル、百貨店、マート、映画館にショッピングモールといろんな施設が揃っています。金浦空港だけじゃなく、空港鉄道や地下鉄5号線と9号線の通る金浦空港駅とも直結し、空港鉄道を利用するとソウル駅からのアクセス時間はたった20分!旅行者にとっても行きやすい場所にあり、ショッピング、グルメはもちろん、宿泊することもでき、プレイスポットとしても充実しているモールです。

★★人気の観光エリアで雨の日を過ごすには!?★★


■明洞&市庁エリア

ソウル中心部の明洞(ミョンドン)とそのお隣り、市庁エリア。明洞はソウルに来たら必ず立ち寄るエリアといわれるほど、ソウルを代表する繁華街の一つ。デパートや免税店、ホテル、ファッションビルのほか、メインストリートにはレストランやエステ、マッサージ、ファッション系ショップなどのお店がぎっしり。ショッピング、グルメ、エステなど一ヶ所で楽しめるスポット。特にロッテ百貨店本店周辺にはロッテ系列の免税店、名品館、ヤングプラザなどが並びとっても便利!さらに地下道を使うともっと便利スポットがいっぱい!また新世界百貨店も免税店を増設、売り場面積も増え、地下鉄フェヒョン駅から直結。
<ロッテ百貨店本店>
★免税品&食材土産ショッピングにグルメも満喫!★
★別館には映画館やさまざまなブランド店もあり!★
<新世界百貨店本店新館、本館>
★免税店もオープン!確かな高級志向で定評あり!本館には食堂街も。★
<明洞&市庁周辺>
★地下鉄と直結のショッピングスポット!★
地下道を利用しよう!
明洞通り入口から地下鉄2号線乙支路入口駅、地下鉄1・2号線市庁駅は、小公地下商街やロッテデパートの地下を通じてつながっています。また市庁駅から乙支路入口駅も地下道でつながっています。

<市庁-明洞地下道>
★明洞と市庁周辺の公演★
★その他、明洞には徒歩圏内にグルメ、エステ、遊べるスポットいっぱい!★

■東大門エリア

24時間眠らない街といわれる東大門市場(トンデムンシジャン)。ここはファッション関連のビルが30近く建ち並ぶ一大ショッピングスポット。ビル間の移動は徒歩ですが、すぐ近くにあるのでショッピング好きの方は東大門ファッションビル巡りを楽しんでみては?!またメインファッションビル内にはフードコート、サウナ、マッサージなどもあるので、ショッピングと一緒にグルメやエステもビル内で楽しむのも手。 さらに食堂街が充実した現代シティアウトレットもオープン!

★ファッションビルをはしご?!ここでショッピング三昧! ★
★ショッピングの合間に気楽に寄れる!ファッションビル内のフードコート!★
★ショッピングビル内のマッサージ&チムジルバン★

★★雨の日も楽しめる室内スポットいろいろ!★★

雨の日でもラクにショッピングを楽しめるのがまず地下商店街。ソウルには地下鉄駅周辺に地下商店街がたくさんあり、いろんなお店が集まっています。また免税店はブランド品だけでなく韓国土産もたくさん。会社・友達・家族へのお土産もここで解決できちゃいます。無料のシャトルバスを運行するところもあるので、経由地をチェックしてうまく利用しましょう!そのほか、カジノ、公演、文化体験、映画など、室内で楽しめるスポットもいろいろ!


★地下商店街
−雨の日もラクラクショッピングを満喫!

★免税店
−ブランド品からキムチ・チョコレートなどのお土産もここで!

★カジノ
−熱中しすぎて他のスケジュールを忘れずに!

★伝統文化体験
−キムチ作り・チマチョゴリ撮影・家庭料理体験など!

★公演鑑賞
−伝統公演からディナーショー、B-BOY公演も人気!

★そのほか室内で楽しめるスポット

★大型駅ビルも!

デパートや大型マート、ショッピングモールや映画館などがあるターミナル駅で過ごす手もあります。なんといっても駅から直結しているのでアクセスが便利!チョンニャンニ(清涼里)駅やワンシムニ(往十里)駅、ヨンサン(龍山)駅などがあります。

★★雨の日グルメ★★


ピンデトッ

韓国では雨の降る日によく食べるものがあるんです。その代表メニューがピンデトッという緑豆を使ったチヂミ。そのほか、みなさんお馴染みの海鮮チヂミなどもよく食べます。これにはいろんな説がありますが、雨の降る音とピンデトッやチヂミを鉄板で焼く音が煮ているからだとか。皆さんも雨の日は地元の人にまじってピンデトッと、ピンデトッによく合うドンドン酒やマッコリなど韓国伝統の濁り酒を一緒に楽しんでみてはいかが?

カルグクス

カルグクスも雨の日に食べたくなるといわれている料理。カルグクスとは温かいスープの麺料理。小麦粉の生地を薄くのばし、カル(包丁」で切ったククス(麺)が、様々な食材から作られたスープに入っています。スープには煮干、あさりなどを使った海鮮系ダシがあったり、牛、鶏などの肉系スープ、またキムチ入りや辛いモノがあったりと、そのお味のバリエーションはさまざま。ちょっと肌寒い雨の日に、お好みのスープのカルグクスでほっとあたたまってみるのもいいかも!

★★雨の日の現地ファッションは?★★

こちらもご参考に~

以上、雨の日のソウルでの過ごし方をご紹介しましたが、いかがでしたか?旅行を予定している日に雨が降りそう!という時はもちろん、梅雨時期のソウル旅行のスケジュールを立てる時にも参考にしてみてくださいね。以上、ソウルナビでした。

【世界の雨の日の過ごし方】

その他情報

*記事の内容を一部更新しました。<2017.6.7>

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-06-07

ページTOPへ▲

関連記事

雨の日の釜山の歩き方&過ごし方!

雨の日の釜山の歩き方&過ごし方!

6月から梅雨の時期に突入!雨でも満喫できる釜山の過ごし方をご紹介!

その他の記事を見る