スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

がりぼんさんの年末年始をソウルで楽しもう!3泊4日の旅!(2012/12/30~2013/1/2)

仲間と共にたくさん歩き、たくさん食べ、たくさん写真も撮ってきました!


良い子の皆さん、アンニョンハシムニカー!!!?
えっこらせっと、がりぼんです。

がりぼん旅行人生初の年末年始を韓国はソウルで過ごすというお楽しみをしてまいりました!!

今回も楽しいがりぼん一味の仲間と合流、仲間と共にたくさん歩き、たくさん食べ、たくさん写真も撮ってきた楽しい思い出をみなさんにもご紹介。

氷点下の寒さに負けないホットな旅行記を是非ご覧下さい!!

12/30 (一日目)


出発のこの日、名古屋はあいにくの雨・・・。
いつもはキュートに写ってくれるチェジュ航空さんの飛行機もちょっぴり曇りがち。

でも、ソウルさえ晴れてればいいのさっ!と気にしないでいたよ。
仁川空港に到着して先ずはルーターのレンタルをしなくちゃね。今回ルーターをレンタルしたら “ホットタイム” という なんともわかりやすいネーミングのカイロをもらっちゃったよ!
日本のよりも肉厚でホットだったねぇ~。

準備が整ったら空港鉄道と地下鉄を利用して市内へと移動開始だ!

空港鉄道に乗るまでの間に移動した道は、なんとも言えないブルーで近未来な雰囲気だったね。

ソウルは街だけでなく、空港も鉄道も日々どんどん進化していくよね。

そして、ソウル駅で地下鉄の1号線に乗り換え。

車両の中にはこんなにも可愛い路線図が扉に描かれてたよ。
見やすいし、わかりやすいし、可愛いし、楽しくていいよね♪

がりぼんはお宿のある鐘路5街で下車。

暖かかった電車から一変、地下鉄の出口を出るとそこはもう雪、雪、雪。

一面の銀世界の中に雪だるまさんがそっとたたずんでて、年末のソウルにやって来たことをしみじみと感じたね。

あぁ~、空気が冷たくて鼻が・・?!?!"

すっかり到着が遅くなってしまった初日は急いでお宿チェックイン。
お宿に荷物だけ置いて急いでご飯を食べに向かったけど、時はもうすでに夜10時。

ほとんどのお店が閉まっちゃってたんだよね・・・。

とりあえず鐘路5街近辺にあったアジアンパブの “노부(ノブ)” ってお店に入ってみたんだ。

がりぼんが適当に注文したのは「サルグクス」お米の麺って事かな?

どうやら韓国式のフォーだったみたい。
お味はと言うと、これがなかなかの美味!

スープは少々の酸味があったのかな?パクチーの独特な風味があって好みがありそうだけれども、がりぼんは美味しく食べる事ができたよ。

一緒に出てきたピンク色の謎のお漬物もエキゾチックな味がして非常に美味しかったしね。

適当に入ってみたお店だったけど大正解だった。

この日は時間が遅かったため、空腹を満たしたらそそくさとお宿へ。
帰り道にお宿の近くにあったコンビニで、美味しいお菓子をゲットしたよ。

韓国では初挑戦の “グミキャンディー” を買ってみたのだ!

味は2種類あって、グレープ味とレモン味。グレープ味のほうは正直インパクトにかける味だったけれども、レモン味は程よい酸味で歯ごたえも良く美味しかったよ!!

気軽なお土産にするのにとってもいいよね。
初日はほとんど行動できなかったけど、明日もあるので一日目はこれにてオヤスミナサイ・・・。

12/31 (二日目)

二日目の朝は、朝っぱらから空腹でとにかく朝ごはんを求めて駅前までやって来た。

といっても朝早くて開いてる店がほとんどなく “김家네(ギムガネ)” で朝ご飯することに。

キンパッが有名なお店だけど、寒いソウルの朝にピッタリなのは熱々のおでん。

韓国定番のおでんから、卵にちくわ、チーズ入りはんぺんなど、いろんなネタがあって楽しく美味しく食べる事ができたよ!

お腹を満たし、身体を温めたら鐘路3街で仲間と合流だ!
仲間と共に、この日朝一番でやって来たのは狎鴎亭にある骨気(コルギ)で有名な “Soo&Bone(スエンボン)” 

一味の仲間は骨気初挑戦でえらい痛がってたな・・・。

がりぼんはもう慣れっこだけど、身体をぐりぐり、骨をゴリゴリ、スッキリ痛気持ち良く、お肌ツルプリ♪

施術が終わると韓方茶のサービスがあるんだけど、これがまた身体に効きそうな不味い味なの!!

痛いながらもスッキリした一味とがりぼん、お次はさらなる仲間との合流のために移動だ!
次に一味の仲間と合流した場所は学生街の “回基駅”だ。

仲間があらかじめリサーチしてくれてた “回基ワンチョッパル” というお店でポッサムを食べたよ。

柔らかい豚肉とキムチの相性が抜群で非常に美味しかった。

キムチが作っても作っても追いつかないのか、次から次へとアジュンマが白菜を切ってたね。

あぁ・・それにしても美味しかったぁ~。

ここでお昼を共にした仲間とはお別れ、再び二人になったがりぼん一行は次の目的地へと向かった。
そしてやって来たのは、絵にも描けない美しさを持つ “慶熙(キョンヒ)大学” 。

そのキャンパスのあまりの美しさに、がりぼんは写真を撮りまくってしまったよ。

そもそも、この大学に来る事が目的ではなく、その周辺にある学生街の壁画を見学に来たのだけどね。

ま、とそりあえず学生さん達に道を聞いて、なんとか壁画スポットにたどり着くことができたぞ!
壁画たちは慶熙大学の正門から回基駅に向かう路地に存在するんだけど、学生街らしいポップでキュート&シュールな作品がたくさんあったね。

慶熙大の学生さんが描いてたりするらしいんだけど、学生とは思えないほどの腕前にアッパレ!!

街の中から飛び出す絵本のように、次から次へと壁画が現れて楽しかったなぁ~。

雪道で歩くのに苦労したけれども、それもまた良い思いでさ♪

壁画を求めて歩いていたら、いつの間にか回基駅に戻って来てたがりぼん一行。
駅前ではがりぼんの大大大好きな “焼きコグマ” が売られていた。

韓国のコグマと言ってもいろんな種類や形があると思うんだけど、コイツはがりぼんのようにまん丸でキュートな甘さのナイスな奴だったね。

気温が氷点下だったから、冷たくなってしまった手に持つ焼きコグマがじんわりしみたなぁ~。

あまりの美味しさに移動の電車の中で、皮まで全部丸ごと食べちゃったよ。

そしてお次は1号線に乗ってはるばる議政府へとやって来たがりぼん一行。
思っていたよりも大きく立派な駅にビックリしたよ。

ここ議政府までやって来たのは訳があって、プデチゲ発祥の地と呼ばれる場所へと行ってみたかったの。

駅から歩いて10分~15分くらいの所に、プデチゲ屋さんがずらりと並ぶプデチゲストリートが現れるんだけど、がりぼん一行は韓国のグルメ漫画「食客」にも登場した事のある有名な “おでん食堂” に入ってみたよ。"
一見、見た目は普通のプデチゲなんだけど、お店の方がプデチゲに注ぐ愛情がたっぷりと感じられる非常に美味しいプデチゲだったね。

客足が途切れない忙しい店内で、お店の人が一つ一つのテーブルのプデチゲをチェックしてくれるんだよ。

もうね、食べ時になってグツグツ言ってるプデチゲは最高の味!!!!!

氷点下にもかかわらず、外にお客さんが行列を成してるのも納得のお味だった!!

いやー、実に美味しかった!・・・と、我々は感極まった状態でおでん食堂に別れを告げた。
お腹パンパンになった我々が次に向かったのは、年末イルミーネーションでキンキンキラキラに輝きまくっている明洞の街。

明洞の駅を降りると途端に人が溢れかえるんだよね。

一体どこから人がこんなにもやってくるんだろう?というほど大晦日の明洞は人でごった返していた。

そんな中、美味しいアツアツのホットックを食べたりぃ~♪
変な人と一緒に記念撮影をしてもらったりぃ~♪

寒さの中、人ごみの中、思いっきり楽しく過ごしたよ。

いやー、それにしても明洞の街はどっからどう見てもキラキラキンキンだよね!

あっちもキラキラ、こっちもキラキラ。

明洞だけで一体どれほどの電力を消費してるのだろうか?!

そして明洞のメインストリートを通り抜け、そのまま歩いて鐘閣まで向かったがりぼん一行。
カウントダウンのために大勢の人で賑わっている鐘閣には、それはそれは大きなダイソーがあるのは良い子の皆さんならもうご存知かな?

がりぼんは普段から100円ショップを覗くのが大好き!!

そこで、韓国のダイソーで姪っ子ちゃんたちのために可愛い国旗シールのお土産をゲットしてきたよ。

年頃の姪っ子ちゃんたちの反応はと言うと・・・う~ん、年頃の女の子は難しいなぁ。
夜がふけるにつれて更に人が増す大晦日の鐘閣。

寒いし、歩き疲れたしでカフェを探す我々一行。

しかしながらどのカフェも満席で、結局鐘路3街まで歩いて見つけたまったりゆったりしたカフェで一休みしたよ。

って、一休みのつもりが居心地の良いカフェで女子会がスタートし、気がつけば年越しちゃってたんだよね・・・。"
結局、カウントダウンも何も体感しないまま新年を向かえ宿に帰るがりぼんだった・・・。

1/1(三日目)


三日目の朝も、一味の仲間と待ち合わせからのスタート。

この日はソウルからちょっと遠出の仁川に向かうよ!

仁川が目的地なんだけれども、直接行かずに二つ手前の “桃源駅” って所で一先ず下車。

ここにはね、なんともポップでキュートな壁画たちがたくさん見られる、壁画の街が存在するのだ!!
桃源駅から仁川方向に向かって歩いていくと、いろんな所から可愛い壁画が現れる。

家の壁に描かれてあるものだけでなく、トンネルやお店のシャッターなど、遊び心満載でとっても楽しかったね。

規模も大きく、見応えも抜群で、壁画を発見しながら東仁川駅まで歩いていったよ。

たまにはこういった途中下車の旅ってのも乙なもんだよね♪

お次は仁川駅で待っている韓国チングとの合流だ!
タクシーに乗って仁川駅に到着すると、待ちくたびれた韓国チングが我々一行を待っていてくれた。

仁川駅の目の前には中華街があり、この日のランチは中華で決まり!!

元旦ということもあって、多くの人で賑わいを見せる仁川中華街。

カンフーマスターを目指して中国で暮らしていたがりぼんにとっては、非常にテンションの上がるスポットなんだよね!
お昼ごはんは中華街のど真ん中にそびえる老舗の “共和春” で食べたよ。

甘~いタレがかかったタンスユッは、わかりやすく「酢豚」と訳されるけど全く違った珍しい味をした食べ物だったよ。

韓国中華の定番チャジャンミョンは、ズバ抜けて美味しいってわけではないものの、期待を裏切らない安定的な美味しさだっさ。

そして更に、今回どうしても食べてみたかったのはカニチャーハン♪"
カニチャーハンって一見普通なように見えて、韓国中華のカニチャーハンにはチャジャンソースが付いてくるのだ!!

シンプルかつアッサリ目のチャーハンにこってりソースをかけて食べるんだよ。

まるでハヤシライスみたいだけど、味わいはちゃんとした韓国中華の味!!

ちょっぴりくどいけど、癖になる美味しさなのだ~☆
ランチをした後も、中華街をお散歩したり食べ歩いたり写真を撮ったり。

規模は決して大きくないものの、楽しく過ごすことができたよ。

中華街って世界中とこにでも存在するけれど、その国の特徴が出てて微妙に雰囲気が違ったりするよね。

日本にある中華街とはまた一味違った韓国の中華街、皆さんも一度行ってみると楽しいですぞ!!

中華街を満喫した後は、仁川駅から歩いて月尾島へと移動するよ!!
月尾島まではちょっぴり大変だったけどバスに乗ったりせずに歩いて移動してみたんだ。
 
雪道で寒かったけど、バスでの移動では発見できないような景色に出会えることができたよ。

雪についた可愛い鳥さんの足跡や、月尾島への道なりに置かれたイラストボックスなど。

到着するまでにワクワク感がどんどん増していく感じなのだ!!
道に置かれたイラストボックスは次第に壁画へと変わってゆき、その壁画がだんだんと賑わい盛り上がってきたところで月尾島に到着した。

時間をかけて歩いただけあって、到着した時は、なんだか達成感のようなものを感じたよ。

そんな月尾島は海もあって遊園地もあってカフェもあって、多くの人で賑わうとても楽しい所だったよ!
そして我々一行は遊覧船に乗って仁川の海を冒険することに!

遊覧船の中はまるで結婚式の披露宴会場のような雰囲気で、お船の一階では音楽ガンガンのダンスが繰り広げられ、二階ではまったりと暖かい所でゆったりとできるんだ。

けど、韓国のお客さんたちのほとんどがお酒を飲んで出来上がっちゃってたね。

お船の外では子供も大人もウミネコに餌を与えていて、驚くほどのウミネコが遊覧船にまとわり付いてたよ・・・ビックリ!!

遊覧船の旅が終わったら仁川総合魚市場へと晩ご飯を求めて移動だ!
韓国チングが気をきかせて車を用意してくれてたので、その車でブ~ンっと仁川総合魚市場までやって来たがりぼん一行。

とても大きな市場でいろんな魚介類がた~っくさんいて、見たこともないお魚まで売られていたよ。

この日はヘムルタンが食べたかったんだけど、市場で食材を買ってから食堂で調理してもらうのが良いのか?それともはじめから食堂で用意できるヘムルタンを注文したほうが良いのか?すごく迷ったんだよね。
で、市場の中をウロウロ見て周ったり、市場のそばにある食堂を覗いてみたり、みんなで相談したんだ。

結局、市場の隣にある地下食堂の “刺身百貨店” という所で、ヘムルタンを注文することにしたんだ。

食材を選んだりする手間も省けるし、自分が知らない珍しい食材もお鍋に入ってるし、何よりお手ごろリーズナブルに美味しく食べる事ができたよ。

最後に食べたカルグクスも美味しかった!

お腹いっぱいに身体もポカポカになったところで、韓国チングとはお別れ。
激しく雪降る東仁川駅から鐘路に向けて出発する電車に乗るがりぼんと日本人チング。

暖かい電車の中でウトウトしながら鐘路に到着したよ。

鐘路5街の駅を降りてからお宿に着くまでの間にコンビニに立ち寄りして、ばらまき系のお土産をゲット。みんなの大好きなマーケットオーのつぶチョコに韓国版のハッピーターンのようなお煎餅。

お土産には最適なばらまきサイズが嬉しいよね。
で、三日目のこの日はここで終了。明日のためにオヤスミナサイ・・・。

1/2 (四日目)


四日目、最終日の朝は寒い寒い鐘路の街をウロウロお散歩。

氷点下の中に温かい湯気が立ち込める “鐘路ソルロンタン” で朝ごはんを食べたよ。

さっぱりアツアツのソルロンタンにキムチやカクテキの相性が抜群!!

ご飯も入れて朝からボリューム満点を平らげお腹もいっぱいになったよ。

身体も温まったところで、再び鐘路の街をお散歩。

街には奇妙なオブジェがあったり、雪景色の清渓川を眺めてみたり、消火器ばっかり売ってるお店を覗いてみたりね。

夜とはまた違った顔を持つ朝の鐘路を散歩するってのも、なかなか乙で良いもんだよ。

それにしても寒すぎるよぉ~!!!

ちょっと歩いただけで身体が冷えてしまう冬のソウル。

そんな時に助かるのはやっぱりカフェだよね!

コグマ好きながりぼんは以前から行ってみたかった “GUMAGUMA” で一休みすることにしたよ。

優しいコグマラテがお腹と身体にしみわたるねぇ~。

そして再びお宿に戻って荷物をまとめてチェックアウト、いよいよ帰国の時がやってきたのだ。
小さな身体で荷物をかかえて、えっこらどっこい、やって来たのはソウル駅。

ここから空港鉄道に乗って一気に仁川国際空港まで行ってしまうぞ!

仁川空港の飾りつけは相変わらず豪華だなぁ~って見とれてたのもつかの間!!

お正月で空港には凄い人!人人人!!!

出国手続きが遅れて思わず飛行機乗り遅れるかと思ったよぉ~。
 食事もしたかったけど時間がなかったので、とりあえずテイクアウトできるものを買って猛ダッシュ。

チェジュさんの飛行機ではお食事が出ないからね。

あせって飛行機に乗り込んでしばらくは心臓がバクバクだったよ・・・トホホ。

最後の最後に大慌てしたけど、無事に日本に帰ってくることができて本当に良かった。
さよならソウル・・・また会う日まで・・・。     おしまい。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-03-04

ページTOPへ▲

その他の記事を見る