スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

がりぼんさんの寒~い冬のソウルをホットに楽しもう!3泊4日の一人旅(2011.12.12~12.15)

毎度おなじみ、今回もまたソウルの一人旅を満喫!寒~いソウルをホットに楽しんで来ました!


良い子の皆さん、アンニョンハシムニカー?
どっこらしょっと、がりぼんです。
毎度おなじみ、今回もまたソウルの一人旅を満喫してきたよ!

出発前から周りの人に冬のソウルは凄~く寒い!と心配されてましたが、冬には冬の楽しみ方ってものがあるはず!!って事で行って来ました。

がりぼんが滞在した期間はラッキーな事に寒さ和らいだお天気だったのだけれども、それでもやっぱり日本よりは寒かった!
そんな寒~いソウルをホットに楽しんで来たので、皆さん是非ご覧下さい!!

一日目 (12/12)

出発は今回もコストパフォーマンスが非常に有難いチェジュ航空さんを利用。

飛行機の中ではひたすら寝てばかりのがりぼんだったんだけど、実は同じ飛行機にどうやら韓流アイドルが一緒に乗っていたみたい。
誰かはわからないけど、普通の人とは一風違ったオーラを放ってたよ。

金浦空港に到着したらわずかばかりのペンの女の子がいたから、きっとまだまだこれからの駆け出しのアイドルだったに違いない。

う~ん・・・誰だったんだろう?
 
で、金浦空港からはこんなスタイリッシュな改札を通って 「A`REX」 に乗り一気にソウル駅まで!

ビュビュ~ンと早くて便利だよね!!

がりぼんははじめてソウル駅に降り立ったけど、人もたくさんいて田舎もんのがりぼんは大きな駅に圧倒されてしまったよ。
ソウル駅からは地下鉄1号線に乗り換えて、お宿のある鍾路3街までやって来たんだけど、なかなかお宿が見つからず一苦労。

よっこらどっこい荷物を引いて、いろんな人に道を聞いてようやっとたどり着いた。

お宿は小さいながらもスタッフさんも非常に親切で近くに美味しい食堂がないかたずねたら、ものすごく丁寧に地図まで書いて教えてくれたよ!
お宿のお兄さんに美味しいお店だと言われてやって来たのは鍾路3街駅の5番出口を出てすぐの所にあるサムゲタン屋さん。

その名も 「チャンスサムゲタン」 だ!

このお店は特にガイドブックや情報サイトにはあまり紹介されてないみたいだけど、まだまだ夕方5時の早い時間にも関わらず、地元の人ですでに満席状態だった。

どうやら日本人はがりぼん一人しかいなかったようだね。
そんな中でも日本人と結婚して日本で暮らしているという美人アジュンマに声をかけられたよ。

がりぼんは何処に行っても一目で日本人だってわかるみたい。きっとほっぺがクリクリしてるからなんだろうな。ほっぺがクリクリの韓国人ってあんまり見たことないもんね。

さてさて、がりぼんがこの時注文したのはサムゲタンではなくって 「パンゲタン」 って言う鳥丸々一匹ではなく、半分だけのもの。
 サムゲタンを存分に味わうには鳥丸々一匹がいいなんてことも聞くけど、この先もまだまだいろいろ食べ歩きしたかったから、半分だけのにしたんだ。

半分だけだったけど、ちゃんと人参も入ってたし、まったく苦くなくって凄くおいしかった。もち米もトロトロの程よい状態。スープも塩を足さなくてもちょうどいい味加減で手が止まらなかった。

キムチやカクテキの味も最高!大満足のお店だったよ!!
 

美味しいパンゲタンで身体もお腹もホクホクになったがりぼんが、いそいそとやって来たのは激安CDショップとして有名な 「ソウルレコード」。

決してオシャレでスタイリッシュなお店ではないけど、ちゃんと欲しいCDが手に入るし、お店の人も親切だし、ポスターやアイドルカードのおまけも充実してるんだよね。

で、がりぼんが購入したのは大好きな 「T-ara」 と 「SUPER JUNIOR」 のアルバム♪
がりぼんの周りにはあまりK-POPについて詳しい人がいないんだけど、もしも 「T-ara」 や 「SUPER JUNIOR」 のペンの方がいらっしゃったら是非ともがりぼんのお友達になってくれ~!
そして、初日の夜はクリスマスイルミネーション一色の賑やかな明洞へ。

どこを見てもキラキラのイルミネーションだったけど、このツリーが一番キレイだったな。

がりぼんはとりわけ明洞でお買い物をしたりするわけではないんだけど、食いしん坊のがりぼんが明洞にやって来たのは屋台フード食べ歩きのため!

さぁ!食べるぞぉ~♪
先ずは韓国屋台フードのキング的な存在の 「ホットック」 からだ!

もうさ、こいつは誰もが納得する間違いのないおやつだよね。アツアツが寒い季節にはたまらない!!ホットク屋の周りにはたくさんの人が集まってたよ。

そして、がりぼんが大好きな揚げたての魚のすり身、具材や中身には餅やソーセージなどいろんな種類があったけど、がりぼんは海鮮をチョイス、本当にその場でっ作ってくれるから凄く美味しいんだ! 
でもって最後に食べたのが、こちらの巨大シュークリームパン。

以前からずっと気になっていた存在で、思い切って今回挑戦してみたってわけ。

人の顔ほどもある巨大なシュークリームは日本のシュークリームとはちがって、ガッチガチに硬かった・・・。

そんなちょっぴり失敗した感満載ではあったけど、それもそれで楽しい思い出だよねぇ~。
お腹がいっぱいになったところで、特別気に入っているコスメショップを目指して鐘閣駅へと移動。
がりぼんが特別にひいきにしてるコスメショップとは皆さんご存知の 「It`s skin」 である。It`s skinと一言でいっても、ここの鐘閣駅にあるお店じゃないと駄目なんだ!

お店の人が感じいいのもあるけど、いつも10%割引券をくれるし、手作りの説明書までつけてくれて非常にわかりやすい。更には何が凄いっておまけの量がハンパないくらいに多いんだよね!

だからがりぼん一押しのお店なのだ!!
こんな感じで、一日目は終了~♪明日にそなえて早めにオヤスミナサイ・・・。

二日目 (12/13)

さぁ!がりぼん旅行はここからが本番、二日目がスタートだ!!

先ずは地下鉄7号線の上鳳(サンボン)駅から京春線に乗り換えて、50分ほど乗ってたんだっけな?春川よりも手前の 「加平(カピョン)」 って所で下車。

ここまでくるとソウルよりもグッとさらに気温が下がって冷たい空気が顔を刺す感じだった。でもお天気良くってそれはそれで気持ちよかったんだよね!
加平駅からはバスに乗り換えてナミソムの船着場を目指す。

そう!この時がりぼんが向かったのはあの伝説的韓国ドラマ 「冬のソナタ」 の撮影地となった並木道を見に行くため。

前回の旅で春川まで来たけど、時間がなくってナミソムには行けなかったんだよね。だから今回はそのリベンジってわけ。

バスに揺られて5分~10分でナミソムの船着場に到着♪
なんとも美しい景色の船着場に到着したんだけど、やっぱり先ずは腹ごしらえでしょ!

ってことで、近くの食堂に入って 「コンナムルヘジャングッ」 を注文。

ヘジャンクッて内臓とか気持ち悪い系のスープかと思ってたけど、こいつはコンナムルだけあって、もやしがメインで入ってた。さっぱりとしてて朝ごはんにちょうど良い感じ♪

キムチの種類も豊富で、特にわかめのキムチがとっても美味しかったよ。
お腹いっぱい食べて身体も温まったとこで、いざ!船着場から出発するぞ~!!
ナミソムに向かう船は、なんともビックリ!!宇宙船のような帽子のようなフォルムの不思議な形の船だった。

「え~っ?!こんなのに乗って行くのぉ??」

なんて事を思ってしまったけど・・・大丈夫、ちゃんと動くし出発してくれたよ。

この日は平日だったにもかかわらず、船の中は観光客でいっぱい。

ほんのわずかな船旅だったけど、船の上から見える景色がなんとも素晴らしく、寒さも忘れて眺めていたんだ。

どの人もみんな、コロッコロに着込んで厚着してたけど、どうやらがりぼんが一番厚着してたみたい(笑)

チビなくせに更にまん丸になってたからね!それでもナミソムはソウルよりもずっと気温が低く感じられたな。
お船が無事にナミソムに到着すると、本当にたくさんの外国人観光客がいてびっくりしたよ。

やっぱり冬ソナの影響なんだろうか??

こんな並木道もナミソムの中にはたくさんあって、どの観光客さんたちも張り切って写真を撮りまくってたよ!

冬ソナの登場人物、チュンサンとユジンの像まであって、もう冬ソナワールド全開だった!

しかしこの像・・・チュンサンはなんとなく似てたけど、ユジンのほうはちょっぴり・・あはは・・だったね。

ナミソムは自然がいっぱいの島で、歩いているといろんな動物に出会うことも出来るんだ!

もちろん、ナミソム島で人によって飼われてる動物もいるとは思うんだけど、このリスくんやウサギさんはおもいっきり野生の動物なんじゃないのかな?

こんなキュートな動物を間近で見ることが出来て、がりぼんは大興奮!寒さなんか忘れてずっと散策しまくってたね。

観光客がたくさんいる中心部を離れてナミソムの端っこを一人ゆったりと散歩してみるのも非常に清々しく、気持ちよかった。

なんとも言えない幻想的な世界が広がってるんだよ。雪景色じゃなかったのがちょっぴり残念だったけど、こういった景色もそれはそれで味のあるものだった。

雪は降っておらずとも、さすがは冬ソナの撮影地ともあって、人工的に作られた雪だるまが登場!

ナミソムのあちこちで雪だるまのオブジェを目撃することができるんだけど、写真に写ってるこいつが本家本元!チュンサンとユジンが初ポッポした現場だ!!

世界中のみんながこの雪だるまに触ったらしく、もう見るも無残な真っ黒な雪だるまだったけどね(笑)

もちろん!ナミソム島には自然や冬ソナだけじゃなく、美味しいグルメもちゃぁ~んとある!!

こいつは 「カレトック」 って言うのかな?要するにお餅だ。でもね、ここではどうやら 「トッカレ」 って呼ばれてたみたい。

トッカレは本来うどんみたいに長~いお餅らしいんだけど、地方によってはカレトックをトッカレと呼んだりするらしい・・・。
 
う~・・ややこしいっ!!!!

そしてお次は韓国料理ではないピザに挑戦!!

材料は全てイタリヤから取り寄せてるというだけあって値段はビックリ仰天の高さだった。肝心なお味はというと・・・日本人にはちょっと受け入れがたそうな感じぃ~。

だって、生地の真ん中がビチャビチャなんだもん。お店の人曰く 「アメリカンスタイリニカ」 って事らしい・・・。
ま、つまり水分たっぷりのフレッシュチーズを使っててどうしても、生地がビチャビチャになっちゃうんだって、でもお店の人はこのアメリカンスタイルにこだわってる様子だったよ!

食は所変われば・・・ってヤツなんだなぁ。

ナミソムにはアートなオブジェもたくさんあって、実に不思議な世界観だった。

そんなナミソムともお別れ、再び京春線に乗る頃にはすっかり夕暮れ時になってたよ。

電車を乗り継ぎ、がりぼんがやって来たのはキラキラのイルミネーションで輝く街 「狎鴎亭」 だ。
こんなスタイリッシュな街にがりぼんがやって来た最大の目的は・・・そう!

 「骨格矯正」

って、ヤツだ!!

がりぼんはこういったいわゆるエステっぽいものを韓国で行うのははじめて。多くの人はエステや美容を目的に韓国に行ったりするのかも知れないけど、今まで勇気がなくってやったことなかったんだぁ~。

がりぼんが今回チョイスしたお店はナビから予約できる 「スエンボン」 って名前のお店。ナビで紹介されてる雰囲気を見て行きたくなったのと、もともと顔の形にはコンプレックスがあったからだ。

だから今回のメニューは 「顔縮小非対称」 という顔のゆがみを整えてもらうもの。

顔なのに腰から腕までゴッリゴッリ!!
はじめての出来事にがりぼんは思わず大爆笑!お店の人ともリラックスできた瞬間だった。
日本人のスタッフもいるし、韓国人のベテランの先生もとっても親切ですごく良かった。ちょっと痛い時もあったけどね・・・(苦笑)

でもさ、帰国した今でもお肌の調子は抜群に良くって、是非ともまた行きたいと思っている。

この店には人気女優のパク・シネちゃんも通ってたとの事、最後にお茶とお菓子をいただいてお話をして、実に良い時間を過ごさせてもらった。
スエンボンの皆さん!本当にカムサハムニダ~!!

スエンボンで心までホクホクになったがりぼん、お次は晩ご飯を求めて狎鴎亭の街をウロウロ。

以前から一度食べてみたかったスンドゥブ(純豆腐)のお店へ、その名も 「チョンダムスンドゥブ」 だ。

街の中心部からはちょっぴり外れてわかり辛い所にはあるものの、芸能人も多く訪れるという都会の繁盛店って感じだった。

お店のメニューはスンドゥブ屋さんなだけあって、いろんなバージョンのスンドゥブがあった。

がりぼんはスンドゥブがはじめてって事もあって、一番無難そうな海鮮スンドゥブを注文♪

やっぱりここも韓国料理恒例のお皿いっぱいから始まるんだな!それにテーブルの横には実にナチュラルに生卵が置いてあってちょぴり驚いてしまったよ。

きっとこの卵をスンドゥブに入れるんだな!っと勝手に判断してアツアツのスンドゥブに卵を落としてご飯と一緒にガツガツガツッ!!

実に家庭的な味!がりぼん本当はお豆腐ってあんまり好きではないんだけど、普通に美味しく食べることが出来たぞ!!これは豆腐好きの人にはたまらない美味しさなんだろうね。

最後におこげご飯にお茶を注いで 「ヌルンジ」 にしていただいちゃいました~☆"
ホットなスンドゥブを食べてこの日は終了、お宿に帰って明日にそなえてオヤスミナサイ・・・。 

三日目 (12/14)

いやぁ~三日目の朝だよ!ちょっぴり曇り空だけど張り切ってやって来たのは地下鉄4号線ハンソンデイック(漢城大入口)駅だ。

こんな特に目立つ観光地でもないような駅にやって来たのはソウルにある 「吉祥寺」 を探すため。
 
吉祥寺って聞くと、なんだか東京の地名みたいなんだけど、ソウルには吉祥寺って名前の本当のお寺さんがあるんだって!お寺さんが大好きながりぼんなら是非とも行ってみなくっちゃ!!

吉祥寺は駅から少々遠いみたいで普通はバスに乗って行くらしいんだけど・・・この時はちょうど良い時間のバスがなかったんだよね。だから親切なアジョッシに道を聞いて歩いて行く事に。

とりわけ何もない地味な道ではあったものの、途中でこんなポップでキュートな壁画があったりして楽しかった。

歩き始めてだいたい20分~30分くらいかな?住宅地の中に突如として吉祥寺が現れたよ!

決して派手ではないけれど、趣のあるどっしりとしたお寺さんだった。住宅地にありながら吉祥寺の周りは自然がいっぱい!花が咲く春や紅葉の秋に来るともっと見応えがあったかも!?

それでもこんな冬の寂れたお寺さんってのも乙なもんでよ??

大好きな一休さんと一緒に記念撮影して、ここまで来れた事への感謝とこれからの旅の無事を祈って手を合わせたよ。

再び長~い道のりを戻り、そろそろお腹がグッ~ッっとなる頃だ・・・。
お次にがりぼんが地下鉄に乗ってやって来たのは誰もがご存知の景福宮駅。駅の中のデザイニングも他の駅とは一風違って雰囲気満点である。

今回は景福宮の見学にやって来たのではなく、お昼ごはんを求めてやって来た。

景福宮の近くには、あの大人気韓国ドラマ 「食客」 の撮影地になったお店があるらしい。

これは是非とも行ってみなくては!!

地下鉄の3番出口を出てしばらく歩いてると、ドラマで見たのと同じフォルムのお店が登場し実に感動的だった!

ドラマの中ではヒロインのチンスが主人公ソンチャンを泣きながらソルロンタンを食べて待つという非常に印象的な場面で使われてたよね。

この 「白松」 というお店はソウルの中でも老舗の有名店、お店の中は地元の人達でいっぱいだったよ。
お店の人におススメを聞いて注文したのは 「トゥッコムタン」 というソルロンタンよりもビックボリュームなメニュー。

スープの中にはテールや内臓系のプルプルな部分のお肉が満載!大食い大将のがりぼんでもお腹がパンパンになってしまったよ。

料理だけでなく、出された味噌やポン酢の味もとても良かった!内臓系のお肉が平気な人には是非是非おススメのお店だね!

あ~、お腹いっぱい!!
ソウルの名店 「白松」 でお腹をいっぱいにしたがりぼんは、またまた地下鉄に乗って移動。
今度は地下鉄3号線の弘済(ホンジェ)駅からマウルバスに乗って 「ケミマウル」 にやって来た。

ここはソウルにある壁画の街、がりぼんは壁画の街が大好きで今回の旅でも以前から行ってみたかったケミマウルを訪れたってわけ。

アップダウンの激しい小さな街、小さいながらもくまなく見学するのには結構体力を使うんだよ。
マウルバスに乗ってる途中でキレイなお花の壁画たちが現れ始める。ここケミマウルはお花のアートが多いのが特徴的だった。

壁画といえば奇抜で斬新なイラストがあったりもするんだけど、ここのイラストはなんだかほんわか♪

犬や猫が描かれてるものもあれば、マウルでのんびり過ごしている本物の猫様にも遭遇!!

猫好きのがりぼん、これは嬉しい!

しばらくのんびりとした時間を過ごして、猫様たちにバイバイを告げ再びマウルバスに乗った。

地下鉄に乗って景福宮の光化門まで戻ってきたがりぼん、ソウルの中心部ど真ん中に立った気分は実に最高!

そんな感じで意気揚々と歩いていると、何やら時代劇から飛び出してきたような人達の集団が 「どけどけどけどけっ」 と言わんばかりの勢いでやって来た!

突然の出来事に光化門を歩いていた外国人観光客は大興奮!!瞬く間にキレイにきちんと整列する姿は圧巻だったよ。

彼らはどうやら 「徳寿宮」 からやって来たそうだ。他の観光客の人達も自由に写真を撮らせてもらってたので、がりぼんもお願いをして記念写真を撮らせてもらっちゃった!!

彼らは交替儀式をいうお勤めの最中だからもっと厳しい表情をしてるのかと思ったら、にっこり笑顔をくれたよ、嬉しいねぇ~。

その後も彼らについて清渓川まで歩いて行ったんだけど、そこでもソウルを代表する 「ヘチさん」 に出会って一緒に写真を撮ってきたよ。

朝からず~っと歩いてばっかりだっからちょっぴりお疲れ、ここらで休憩でもとろうかな?

清渓川沿いに 「アティジェ」 って名前のおしゃれなカフェを発見!

ちょっぴり高そうな雰囲気満点ではあったものの、 甘~いものに癒されたかったがりぼんは、思い切って入ってみる事に。

日本のモンブランとはちょっぴり違うマロンケーキと、自然な甘さのトマトジュースに思いっきり癒されたよ~♪

がりぼんは栗が大好きなのさぁ!

スイーツでホッと一息ついた後はちょっと遠めの移動、地下鉄5号線のオリンピック公園駅まで行くよ。
こんなオリンピック公園駅まで来たのは初めてのがりぼん。

一体全体こんな所に何しに来たかっていうと・・・それはね。

SUPER JUNIORのウニョクssi出演のミュージカル 「FAME」 を見に来たのだ!これをお目当てに日本からチケット予約してきたのさぁ~。

ちゃんと公演ホールまでたどり着いて、チケット受け取ることが出来るかな?
少々道に迷ったものの、人に道を尋ねて無事に公演ホールに到着!

世界中のウニョクssiペンの方々から贈られたお米の山にビックリ仰天のがりぼん。

日本ではお花とかを贈るものだと思ってたから、文化の違いに驚いたねぇ~。
 
でもお米のほうが食べれるし実用的で良いかもだよね!

それにしてもウニョクssiは大人気だなー。
公演開始までまだ時間があったので、ちょっと早めの晩ご飯を食べることに。
オリンピック公園内にあった食堂でビビン冷麺を注文。

この日は気温もそこまで低くなく、広いオリンピック公園を歩きまくったために身体が熱くなっちゃってたんだよね。

そんな時にすするビビン冷麺は最高の味!とっても辛かったけど、お店のアジュンマが出してくれた不思議なスープで口の中の辛さはどこかへ吹き飛んでしまったよ!

アジュンマ、コマウォヨォ~☆
美味しいビビン冷麺で軽く腹ごしらえをしたがりぼんは、いざ!ミュージカル会場へ!!
ワクワクしながら会場に入ろうとすると入口でスタッフの人に 「ノーピクチャー」 と注意が入った。

もうめっちゃくっちゃ写真撮りたかったんだけどね・・・そこはグッと我慢したよ。代わりにパンフレットを買って記念にしたのさ。

ミュージカルは2時間ほどもあったけど、全く飽きさせない素晴らしいものだった、役者の皆さんは歌も上手だし、何よりウニョクssiの大迫力ダンスを間近で見ることができて、もう本当に大感激!大感動!!もう最高!!!
いやぁ~、実に楽しい時間を過ごすことが出来たな、ミュージカルって楽しい~♪

ミュージカル前にビビン冷麺を食べたにもかかわらず、お腹が空いて仕方なかったがりぼん。

鍾路3街に帰ってきて、駅近くにあった24時間営業の 「キンパッ天国」 で軽食をとることに。

夜遅かったので、ガッツリとしたものは避けて 「ケランマリキンパッ」 を注文。見た目は卵焼きに包まれたキンパッが大迫力に見えるけど、優しい味でパクパクと食べる事ができたよ。
お腹も落ち着いたところで、お宿に帰ろう・・・明日はいよいよ帰国の日、ちょっぴり寂しい瞬間だ。

四日目 (12/15)

四日目の朝、午前発の飛行機に乗るために少々早起きをして金浦空港までやって来た。眩しい天気の中、帰国してしまうのは少しもったいない気もするよね?

この時、ものすごくお腹が空いていたがりぼんは、珍しくファーストフードに挑戦してみることに!

食べたのはなんとも韓国らしいロッテリアの 「プルコギバーガー」 だ。プルコギの味とマヨネーズがナイスバランスの美味しいハンバーガーだった。
腹ペコだったがりぼんは、モグモグむしゃむしゃ、プルコギバーガーセットを一気に完食!!
しかしながら・・・大食い大将のがりぼんには物足りない量で、出国審査を終えた後も落ち着くことができず、あたりをウロウロ。

たまたま目についた食堂でうどんを注文してみたら、エビフライがトッピングされたなんとも珍しい 「エビフライうどん」 が出てきた。

この不思議なうどん・・・どう理解して良いのかわからないまま・・・結局全部食べきってしまったよ。

いや~、珍しいもん食べたな!
お腹がいっぱいになって気持ちも落ち着いたがりぼん、ソウルに別れを告げ飛行機に乗り込んだ。
この日は本当に天気が良くって、窓から見える景色が最高だった。

利用させてもらったチェジュ航空さんは安いチケットの飛行機だから正直、機内食は期待してなかったんだけど、パリバケットのパンが配られて凄く嬉しかった!」

チョコクリームとミルククリームが入ってて二種類の味が楽しめるんだ。

がりぼんはミルククリームの味が気に入ったよ、すごく美味しいパンだった~♪

パンを食べ終えた後はさすがに満腹状態。そのまま寝てしまいあっという間に日本に到着。

今回の旅は台風に巻き込まれることのなく、お天気にも恵まれて順調に帰ってくることができた。本当にありがたいことだよね。

また次回も楽しい旅ができますようにと、新たな旅への期待に胸を膨らませ、お家に帰ったがりぼんでしたとさ・・・☆

おしまい

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-02-14

ページTOPへ▲

その他の記事を見る