スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

「がりぼんさんの体当たり韓国初一人旅4泊5日」(2010.9.26~30)

一人旅は今回が初めて。体当たりの旅行記を是非ご覧下さい!

名前:がりぼん
訪韓のきっかけ:カンフーマスターを目指すべく中国へ渡ったがりぼんでしたが、自分以外のクラスメートは全員韓国人という環境の中でいつの間にか韓国に興味を持つようになりました。以前に数回、友達を訪ねて韓国に行ったことはあるのですが、一人旅は今回が初めてであります。体当たりの旅行記を是非ご覧下さい!

一日目(9/26)

12:35分に仁川国際空港に到着。空港鉄道(A`REX)にのって宿のある「安国駅」を目指します。宿の近くには「昌徳宮(チャンドックン)」が見えていました。お空もキレイでいい雰囲気でしょ?
お腹が空いていたがりぼんは少し時間が遅めのお昼ご飯を明洞(ミョンドン)に食べに行くことに。地下鉄の駅に向かう足も軽く、ドキドキワクワクがとまりませんでした!!"

腹ペコのがりぼんが目指したのは「明洞参鶏湯(ミョンドンサムゲタン)」。初めて食べるサムゲタンのお味は最高!!このカクテキがまたもう絶品。火傷するほど熱々の状態で出されて、がりぼんは感激と興奮がとまりません!!!
 人参酒はというと、一口飲んで顔をしかめたがりぼんを見て、店のアジュンマが笑ってた。う~ん。。大人の味。
それから、そのまま明洞のコスメストリートへ。憧れのショップ店員さんと記念写真を撮ってもらっちゃいました!いろんなショップでお肌がピチピチになれるシートパックやコスメも・おまけも沢山ゲットしたよ。
ちなみに、がりぼんが特に気に入ったのはこの「It’s skin」(イッツスキン)のシートパック。お昼にサムゲタンを食べたせいもあるかもしれないけど、アロエのシートパックをして、おまけにもらったビタミンCをお肌にぬりぬりして寝たら、次の朝は寝不足とは思えないほどつやつやプリップリに。もっと買って帰れば良かったなぁと思うほど。今度行った時はシートパック以外のものにも注目してみようかな?と考えています!!
そのまま明洞(ミョンドン)のメインストリートをぬけて明洞聖堂を見学しに行きました。都会のど真ん中にこんな立派な建物があって驚き!熱心にミサをしてる人達がたくさん。


それから更に歩いて行くと「清渓川」が見えてきました。
なんともきれいな夕日にうっとりであります。

お次は韓国の友達に会うために地下鉄3号線の「高速ターミナル駅」にやって来ました。韓国チングがチョイスした「ラミョン」のお味は超激辛!でも美味しかった~。友達はもっと激辛を食べてました。。。
 

韓国チングと別れたのは夜の10:00頃。でもこのまま帰るのがもったいなかったがりぼんは夜の「東大門(トンデムン)」へと向かいました。夜遅いのに大勢の人で賑わって、テンション上がりまくりでしたね。

←夜の東大門(トンデムン)はこやってライトアップされるんだね。さすがは眠らない街東大門。帰りのタクシーで運転手さんに「韓国人は寝ないのか?」とたずねたところ「そりゃ寝るさぁ~」との返答でした~!!
ふらふら歩いていると果物を売っている屋台を発見!果物大好きながりぼんは迷わずパイナップルを購入!韓国は南国ではないので正直果物に期待はしたなかったのですが、めちゃくちゃ美味しい~!!がりぼんの横を通り過ぎていった日本人観光客が「あ~、パイナップル美味しそう。。」と、つぶやいていたのを聞いてもう優越感でいっぱいだったね! 
ファッションビルの中に入ってる洋服屋さんはたくさん並んでるのでもっと時間に余裕をもって見たほうが良いのかなぁと思いあまり見なかったけど、オモチャ雑貨屋さんを覗いてみたらかわいい物がたくさんあって大興奮!こんな感じで一日目は終了。かなりハードなスケジュールでよる宿に到着したのは12:30過ぎていたような気がする。

二日目(9/27)


早起きする予定だったけど、ちょっと朝寝坊して8:00に起きました。 朝は宿近くのお店でキンパッを持ち帰りして地下鉄の駅のイスに座って食べました。日本の海苔巻きとはまた違い中に入ってる具も甘めで食べやすく美味しかったね。手軽に食べれるところがいいよね。一人では多い量かな?と思ったけどペロリっとたいらげてしまいました~!! 


それから次に鐘路3街(チョンノサムガ)にあるソウルレコードで思い出の曲を探しに行きました。曲名を書いた紙をお店の人に見せたらとても親切に探してくれたよ。がりぼんが探してたのは「Epik High- Umbrella (우산)」という曲です。とっても良い曲ですよぉ。 
それから鐘閣駅から曹渓寺(チョゲサ)に向かう道にある仏教通り用品店でいろんなかわいいものを発見したよ。占いの本みたいなものもあり、ハングルが読めれば是非読んでみたいものもありました。 
それから行ってみたかった曹渓寺(チョゲサ)に到着。想像以上に立派な建物にも感激したけれど、なんと言ってもこまいぬさん達がとってもキュートでかわいかった!日本のお寺とはまた一味違う雰囲気で、とても楽しむことが出来ました。もちろん旅の安全と感謝をこめて仏様に手を合わせて来ましたよ。 

それから仁寺洞(インサドン)を少し散策してから「インサドン・スジェビ」というお店でスジェビを食べました。スジェビを食べたのは初めてだったけどとってもやさしいお味。ホクホクのジャガイモなども入っていて美味しかった。でも味がやさしい割りに量が結構ボリューム満点で完食できず。。。悔しいぃ~。。 

この後は世界遺産の「宗廟(チョンミョ)」へ向かいます。日本語のガイドが13:40からだったかな?ということもあり急いで向かいました。 

宗廟(チョンミョ)はこんなに長い建物なんだね。日本にも三十三間堂があるけど、あそこは仏像が祭られている。こちら韓国では王様と王妃様が祭られてるんだって。所変わればってやつですかねぇ。。さすがは世界遺産、とても立派な建物でございました。 

それからお次は「三清洞(サムチョンドン)・北村(プッチョン)」あたりを歩いてみた。思ってた以上にオシャレな街並みにびっくり仰天のがりぼん。 

"せっかくなのでオシャレなカフェで泣く子も黙る「ワッフル」を食べました。バナナキウイジュースと合わせて18000ウォン。高っ!!
お味はというとお値段のことだけはありましたよぉ。。もちろん。" 

お腹がいっぱいになったがりぼんはこの後「梨秦院市場(イテウォンシジャン)」に行く。ここで面白いお店を発見!がりぼんのネーム入りのスーツケースのもち手の部分につけるヤツをゲット!!この道25年という職人のおじさんは日本語も刺繍してくれるそうだ。いろんな人がいたもんだなー。 

そろそろ日が暮れえて暗くなってきたので晩ご飯を食べることに、本当はナビでみつけた忠正路にある海鮮料理の店に行きたかったのだが、地図を忘れてみつけられず、とりあえず新村(シンチョン)まで行って会社の人がおいしいと言っていた「シンソンソルロンタン」へ行ってみた。 

がりぼんが注文したのは「マンドゥソルロンタン」どでかいマンドゥが入っております。マンドゥにつけるタレがまた格別、美味しかったですねぇ。
その後がりぼんは再び韓国の友達に会うために地下鉄5号線の「木洞(モクトン)駅」に向かいました。チングとダンキンドーナツで1時間ほどお茶をしてバイバイして、この日はこれでおしまい。宿に帰って早めに寝ました。。。 

三日目(9/28)


この日は「水原(スウォン)」までやって来たがりぼん。駅から華城(ファソン)まで行くのに普通はバスを利用するらしいのだが、がりぼんは果敢にも徒歩で行ってみた。結構遠くて途中後悔したが、こんなに立派なお寺を見つけた!「八達寺」いうお寺みたいだ。街の中に突如として現れたわりにはなかなか見応えのあるお寺だったね。 
そしてちょっと早めのお昼を食べに「ポンスウォンカルビ」へ。ここでは楽しみにしていたヤンニョムカルビを注文しました。一人前でもちゃんと準備してくれるので一人旅でも安心。でも、一人前といっても食べきれないほどの料理が運ばれてきます。行かれる方は必ず空腹で行って下さい!! 
おいしいカルビを堪能した後は本日のメインである「華城(ファソン)」へ。ここからくるっと周ります。ところどころに立派な建物があるけれど、全部歩ききるのはかなり大変。。
途中で休憩を交えながら頑張って歩きました~!この日はお天気も良く非常に暑くて大変だった。「華城列車」というのもあったりするけど、やっぱり自分の足で歩いてみるのが良いと思います!ハイっ!!
最後に「チャングムの誓い」の撮影地にもなった「華城行宮」を見学した。ドラマ「チャングムの誓い」はがりぼん見たことないけど、せっかくなので記念写真を撮っちゃいましたー!!

それからクタクタになりながらも懲りないがりぼんはこの後地下鉄1号線に乗って「仁川(インチョン)駅」まで行く。ジャジャンミョン発祥の地でジャジャンミョンを食べるためにね!!

これがナビでも紹介していた「共和春(コンファチュン)」か!⇒
がりぼんはジャジャンミョンと冬茹と白菜の炒め物を注文してみた。
ジャジャンミョンの味は玉ネギの自然な甘さでくどくなく美味しかった。それよりなによりついでに注文してみた冬茹と白菜の炒め物が非常に美味しく、これだったらココでは普通に中華料理を食べたほうが良さそうな気がした。
三日目はこれにて終了。明日はいよいよラスト観光になる、今日こそ早めに宿に戻って寝なくては。。。

四日目(9/29)

今日は朝から「昌徳宮(チャンドックン)」にやって来ました!宿からものすごく近いのに、ガイドブックを見ながらわざわざ安国駅まで行ってから三番出口を出て遠回りしながらたどり着いてしまいました。。。ま、これも旅の愛嬌ですな!!ここも世界遺産に指定されてるところ。無料で見れるところだけでも広いのに、更に奥には王様の庭園がある。日本の庭園とはまた違ってほとんど整備されておらず、自然のまま森のような状態で保存されているらしい。だからなのかリスを見ることができたよ。ラッキー!!
この庭園にはいくつもの池があって、どれも美しい眺めでありました。時代劇の撮影にもよく使用されるそうですよ。実はがりぼんこの時中に入る前にチケットを買って、ガイドがスタートする時間までにトイレに行って帰って来たらチケットをなくしてしまってて・・・。5000ウォンもするチケットだったので「どうしよう・・・」と係りのおじさんに言ってみたら、「大丈夫~」とガイドさんともども非常に優しく親切にしてもらいました。あの時は本当にお騒がせしました。。どうもありがとうございます。カムサハムニダ。。。

この後はお昼ご飯を食べに「広蔵市場」へ移動。大きな市場だけにとても活気のあるところだったね。

がりぼんここでは初チャレンジの「ピンデトック」を食べてみた。美味しいは美味しいのだけれどもちょっと油っこくって。。一人で間食すると少々胸焼けが。。。お一人様の場合ビビンバの方が良かったかも知れません。

次にがりぼんが向かったのは「慶煕宮(キョンヒグン)」ここでは水曜日と土曜日に無料のテッコンドー公演が見れるということでやって来た。この公演は無料とは思えないくらいに楽しませてもらったよ。

この後はオシャレストリートのカロスキルでオシャレショッピングとオシャレキウイジュースを楽しみました。とってもオシャレな気分というか、田舎っぺが出てないかちょっとドキドキ・ハラハラな体験でしたー!

今日は最後の晩ご飯ということでディープなソウルを求めてここ「永東市場通り」にやって来ました。 ココは有名な市場のように日本語は通じないようです。でも、それが楽しー!!たまたま入ってみたお店で大好きなビビンバを注文してみたら、ものすごく美味しくってびっくりしました。辛いけど美味しい~。値段もなんと4000ウォン。めちゃくちゃ安いではないか!!お店のアジュンマも一生懸命がりぼんに対してビビンバの食べ方を説明してくれました。最後にアジュンマは「うちのビビンバは韓国一だ!!チェゴエヨ~!!!」とノリノリでしたよ。

五日目(9/30)

"今日はソウルとお別れの日。仁川(インチョン)国際空港からセントレア中部国際空港まではこのイルカ模様の大韓航空の飛行機に乗って行きます。飛行機大きくてかっこいいね。次はいつソウルに来れるかわからないけど、また必ずきたい!今回行きたかったけど行けなかったところ、食べたかったけど食べられなかったもの、買いたかったけど買えなかった物。。。まだまだあります。
さよならソウルまた会う日まで。。。" 

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-10-14

ページTOPへ▲

その他の記事を見る