スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

がりぼんさんの「ポップなソウルを見つけに行こう!4泊5日の一人旅」(2011.3.6~10)

今回はソウルのみを徹底的に回ろうと奮闘して来ました!がりぼん目線のポップなソウル一人旅!!

カンフーマスターを目指すべく中国に渡ったがりぼんが、クラスメートの韓国人達に囲まれて生活するうちに、韓国への興味が膨れ上がりました。

もっともっと韓国を知ろうと、韓国語の勉強に韓国ドラマにと、毎日韓国にすっかり漬かっております。

そんながりぼんの韓国語も以前よりは上達し、今回はソウルのみを徹底的に回ろうと奮闘して来ました。
思いっきり観光地という所ばかりではありませんが、がりぼん目線のポップなソウル一人旅をどうぞご覧ください!

一日目 (3/6)

先ずは一日目、午前中で仕事を終えたがりぼんは、急いでセントレア中部国際空港へ。飛行機は毎度おなじみの大韓航空の空飛ぶイルカで仁川国際空港へと飛び立った。
機内食も毎度おなじみの “キンパッ” じゃなくて日本の海苔巻きだ。この時点ではまだ“韓国の風”はがりぼんの所まで、届いてこなかったなぁ。
そして、無事に仁川国際空港へと到着~♪パチパチパチ~♪
さっそく、以前の旅行で購入したT-moneyにお金をチャージし、市内へ行く準備はOK!

新しくソウル駅まで開通したという空港鉄道のA`REXに乗って弘大入口駅を目指す!・・はずが、うっかり降り忘れてソウル駅まで・・・。

 ま、それくらいに仁川からソウルまでが早くて便利になったっていう証拠ですなー(汗)。
無事に市内へと到着し、宿に荷物を置いてがりぼんが向かったのは、夜の光化門広場。
 光化門広場に初めてやって来た田舎っぺのがりぼんは、大都会ソウルの空気にテンションが一気に上がってしまったよ!
 そして、光化門駅近くにあるお店 “カンジャンチッ” で晩ごはんを食べることに。
このお店はナビで見つけて行ってみたのだけれど、美味しいポッサムがお一人様の定食で食べれるんだ!
 
 がりぼんは以前から本場韓国でポッサムを食べたいなって思っていたのだけど、ポッサムって大皿料理なのかと思ってたからね。

 定食でちょうど良い量だから、一人旅でも気兼ねなくポッサムにチャレンジする事が出来るよ。

 お店の人も感じ良かったし、ポッサムの味も最高だったね!!
ポッサムでお腹も心も満腹になったがりぼんは、そのまま地下鉄の市庁駅まで、ふらふらと歩いていくことに。

 大都会ソウルの風を感じながらテクテクと歩いていくと、なんとも奇抜なオブジェに遭遇!
 
 こいつは一体何を模った物なのだろうか?

 そんなこんなで一日目の夜は更けていった。。

にしても、このオブジェ・・・。
  
 「ポップだなぁ~!」

二日目 (3/7)

二日目の朝は、乙支路3街にある “イナムジャン” のボリューム満点ソルロンタンをたいらげてからのスタートだ!
 
 キムチとあっさりスープの相性が抜群で、朝からペロリとお腹いっぱいいただいたよ。

 お店のご主人がお会計の時に、そっと微笑みかけてくれたのが、とっても印象的だったね。
この後は地下鉄に乗って“恵化駅”を下車。
芸術の街 “大学路” を散策開始。

 そのまま歩いて莉花洞の “路上美術館” を目指したよ。
 
 たくさん歩いて疲れちゃったけど。。
壁や階段に描かれている、ポップでキュートが落書きにがりぼんの心はトキメキを抑えることが出来なかったね。

 許されるならば、がりぼんも一つ落書きさせてほしかったなぁ。
お昼は軽めにまったりカフェの “スダ” で絶品のコグマラテをいただいたよ。

 これに合わせて珍しいフルーツジャム入りのハムチーズトーストを注文したかったのに、「トスト ハナ チュセヨ~(トースト一つ下さい)」って言ったら普通の食パンが出てきちゃったね!
 
 う~ん、残念!!

 でも、コグマラテはポタージュみたいで本当に美味しかから、ちょっと救われたよ。
カフェでまったりした後は、駱山公園へ。

 駱山公園の天辺からはソウルの街が一望できて、とっても良い眺めだったよ!

 たくさん階段を登るので、ちょっと息が切れちゃうけど、お天気もよくって清々しい~♪
 そして、ここへ来たら是非思いっきり叫んじゃおう!

 「サランヘヨ~」(誰を?)
さらに駱山公園の天辺からテクテクと歩いて次の目的地である東大門を目指す。

 駱山公園の散歩道にはず~っと長い城郭があってそれに沿って歩いていくのだけれど、ここはナント!あの大ヒット韓国ドラマ「華麗なる遺産」で主人公ウンソンと弟のウヌが自殺をしようとした場所で使われたロケ地なのだ!
がりぼんはウヌくんの大ファンだったので是非ここに行ってみたかったのだよぉ。

 う~ん、今見てもあの切ないシーンが甦るね!
駱山公園から無事に東大門に到着したがりぼんが真っ先に向かったのは、昌信洞にある “文具・玩具卸売り通り” である。
 
 オモチャが大好きながりぼんはこの通りをナビで見つけて、絶対に行くと決めてたのだ!
そして“スーパースパイダーマン”というちょっぴりシュールだけどかっこいいオモチャと出会ったよ。ちなみにお値段1,500ウォン♪
お次は張り切って東大門総合市場の裏にある、屋台街でおやつタイムとすることに♪
美味しい物も、美味しくない物もいろんな屋台フードがあったけど、結局このさつま揚げみたいなのが一番美味しかった!

 イチゴとバナナのフレッシュフルーツジュースも、果汁が濃厚で寒かったけど、とっても美味しかったよ。
 あぁ・・もう一度食べたい韓国屋台フード。
お腹がいっぱいになったところで、地下鉄に乗ってソウル一の繁華街 “明洞” へと向かったよ。
明洞にはきらびやかなほど、たくさんのコスメショップが立ち並んでるけど、がりぼんはメインのコスメストリートの激しい客引きを逃れながら、一本裏通りにある “化粧品ランド” というお店にやって来た。
 そして化粧品ランドの前で軽快にダンスを繰り広げてたこの人と、記念写真を撮ってもらっちゃっいましたー!
 いやぁ~、それにしてもこの人
 
 「ポップだよねー!」
そして、こちらの “マッコリコラーゲンエッセンスシート” を購入。

 お値段は10枚セットでなんと5000ウォン。
とってもお値打ち~!!

いろんな種類のシートパックがあったけど、決め手はやっぱりこの可愛いパッケージのがりぼんカラーかなぁ。
 使い心地もしっかり潤ってくれちゃうよ!
この後は明洞のプチ中華街にある “一品香” で晩ごはんを食べることに。
がりぼんは大好物の “チャジャンミョン” と  “青菜の炒め” を注文することに。

 チャジャンミョンは麺がちょっと柔らかかったなぁ。。
 
 もう少し硬いほうが、がりぼん的には好みかももも・・・。
青菜の炒めは本場中国と同じ味でとっても美味しかったんだけど、値段が13,000ウォンとめちゃくちゃ高かったよ。

 ひょっとして韓国にはチンゲン菜がないのかな?

 これで二日目の旅はこれにて終了。それにしてもお腹いっぱいだー。

三日目 (3/8)

三日目は朝っぱらから安国の裁判所にある “白松” を見学しに行ったよ。

 この松の木は樹齢600年にもなる真っ白でなんとも不思議な松の木なのだ。

 この白松がよりいっそう白く見えたら幸せが訪れるってナビで紹介されてたけど、この日がりぼんの目には松の木がペンキで塗られたかのように真っ白に見えたのさ。
って事は・・がりぼんにも何か良い事が訪れたりするのかな?

 がりぼんにとっての良い事って・・そうだなぁ、やっぱり目標としている “韓国観光大使に任命される事” かなー!なんつってな。

 そして、裁判所とは思えぬくらいの愉快な係りの人達と記念撮影をしてもらっちゃいました!

 韓国の裁判所の人達は、とっても陽気で親切だったよ。
裁判所の人達とお別れした後は、サムチョンドンギルをテクテクお散歩しがてら、以前から行ってみたかったお店 “三清カルグクス” へと向かった。

 カルグクスのお店なんだけど、一風変わった “えごまのスジェビ” があるということで、そちらを注文。

 えごまのペーストが入ったスープはとっても濃厚でクリーミィ!キムチとの相性抜群のなんとも言えぬ美味しさだった!!

 日本では味わえない味にお腹も心も満腹になったよ。
お次は北村の韓屋村を見学する事に。
観光案内所で地図をもらったんだけど、北村一景は残念ながら韓屋村の面影を残している所が見当たらなかった。

 ニ景は思っていたほどの派手さはなく普通に人が暮らしてる様子だったな。

 三景が一番見応えがあったんじゃないのかな?日本人だけでなく、韓国人韓国客もいて熱心にカメラのシャッターを押しているアジョッシがいたよ。
この日は北村三景までの見学で終了。

 まだまだ八景まであるんだけど、結構あるいたりで・・・大変なんだよこれが。

 四景から八景はまた次回のお楽しみってところだね。

北村八景の他にも、面白い景色がひそんでて、なかなか見応えのある街だったよ!
北村の韓屋村をそこそこに、お次は “TOYKINOミュージアム” へ。
スーパーマンやらスターウォーズ、はたまたヤッターマンからウルトラマンなど、世界中のアニメやいろんなフィギュアが小さなミュージアムの中にぎっしり並べられてたよ。

 がりぼんにも何だかよくわからないフィギュアもあって、かなりのマニアックっぷりを発揮してたね。

日本のアニメキャラなんかも揃ってて、よくぞまぁ。。これだけ揃えたなって思わず感心!全てのフィギュアを合わせたら一体お値段いくらになるのだろうか??
たくさん見て、たくさん歩き回ったがりぼん、ちょっとカフェでまったりすることに。
 以前にソウルに来た時に気になっていた入り口部分に“鼻”がついているカフェに潜入。

 こちらのカフェ、中は一見普通なのだが、トイレに入ったらお風呂があってビックリ仰天!トイレにお風呂がついてるカフェははじめて見たぞ!!

 注文したレモネードの酸味は疲れもすっ飛ぶ美味しさだったね。アップルサンドのお味もグッドでしたよぉ~♪
カフェでしばしの休憩を終えて北村とはここでお別れ、お次は鐘路5街にある “芳山総合市場” へ。
 お菓子ってやっぱりいいよねぇ~♪

 お菓子ってやっぱりいいよねぇ~♪

ここはお菓子作りに必要な物ならなんでも揃うと言うお菓子用品の市場である。

 お菓子用品だけでなく、ラッピングやギフトボックスにいたるまで、可愛い物がたくさんあって見てるだけでも楽しくなってしまうよ。

 そんな芳山総合市場は、そうだなぁ。。まるでお菓子の街ってとこかな。

 自分で注文してオリジナルのステッカーが作れるお店なんかもあったので、是非次回に来たらステッカー作りにチャレンジしたいと思うよ!
芳山総合市場でお菓子の世界にひたった後は、若者芸術の街 “弘大” へ。
弘大の街にはじめて来てみたけど、噂どおりに街には落書きがいっぱい!こういった落書きがアートと化してるんだねぇ。

 イラストのタッチも大学路とはまた違ったテイストで、弘大の落書きのほうが何だか「若い!」って感じがしたね。

 そんな弘大にあるちょっと個性的なお店「꿈꾸는 물고기」(夢見る魚)というお店で、キュートなブローチをゲットしたよ!
値段は10,000ウォンだったかな?ちょっと高いと思ったけど、デザイナーさんの手作りだそうで、気に入ってしまったのだ。
もっともっと弘大を散策したかったのだけど、夕方からだったのであまり思い切って散策出来ず。。次回は明るいうちから来てもっと詳しく周りたいと思いつつもすっかり暗くなってしまったので、弘大入口のお隣にある駅 “合井” で晩ごはんを食べることに。
ナビで見つけて食べてみた~い、と思っていた “ポリウル” へ。

 ここ “ポリウル” はとっても健康的なヘルシーフードを扱うお店。麦ご飯を使った “ポリパッ” っていう要するにビビンバのような料理を食べたよ。

 麦ご飯に混ぜるものは野菜ばかりなだけでなく、その麦ご飯をさらに野菜で包んで食べるという超スーパーヘルシーフード!

 肝心なお味はというと。。う~ん、そうだなぁ・・。
ナムルもキムチもテンジャンチゲもとっても美味しい!!・・・んだけど、がりぼん的にはもう少しこう、お肉とかさ、卵とかさ、たんぱく質があった方が食べ応えがあったかなぁ~。

 だってヘルシーすぎるんだもん!ご飯も普通の白いのが混ざってるほうが、がりぼん的にはお好みだったかな。。

 といった具合に本当に超ヘルシーな食べ物だったよ!!
 なので、健康に気を使われてる方にはおススメのお店だね!
なんだかんだ言って、全部きれいに “ポリパッ” をたいらげたがりぼん。これにて三日目も無事終了ってことで、明日はいよいよラスト観光だ!!

四日目(3/9)

四日目は朝っぱらから大都会にある “三成駅” にやって来た。

 田舎っぺのがりぼんは大都会の風に吹かれながら、ま~るいオブジェに大興奮!がりぼんは丸い物が大好きなのだ!!

 そして、大都会の中から突如として現れる、癒しのお寺 “奉恩寺” へ。

 一日のスタートはこの奉恩寺でのパワーチャージからだよ!
あぁ・・相変わらずの罰当たりだなぁ~。。とほほ。

あぁ・・相変わらずの罰当たりだなぁ~。。とほほ。

この奉恩寺はお寺さんにもかかわらず、ポップな色使いで、なかなか楽しい見応えだったよ。

 新しい建物もあれば、歴史を感じさせる古い建物もあって、都会にあるとは思えないほど広々としたお寺さんだった。

 でもって、がりぼんは旅の無事を祈って手を合わせたにもかかわらず、お賽銭を入れてくるの忘れてしまった!
お次は24時間営業している “ドゥンブッダンブッ” という少々ややこしい発音のお店でブランチ♪
ここは “プゴグッ” (干しダラのスープ)専門店。

 美肌のスープなんて言われてるプゴグッをがりぼんも是非食べてみたかったのだ!

 食べてみた感想はというと。。。

 こいつは美味い!!

 思っていたよりもはるかに美味しかったぞ!!
なんて言うのかなぁ~、さっぱりとしてるんだけど、コクがあるというか。。とにかく美味しい。

 あっさりしたスープにパンチの効いてるキムチが合うんだよね!

 この日はとっても寒い日だったけど、熱々の状態で出してくれるので、心もお腹も温まってとってもいい気分になったね。

 このプゴグッっての、もっともっといろんなお店でチャレンジしたくなったね。
そして、お腹を満たしたがりぼんが次にやって来たのは世界遺産に登録されている “宣陵・靖陵”である。

 ま、簡単に言ってしまえば王様達のお墓ってとこだね。日本で言うところの “古墳” にあたるのかな?

 だだっ広い公園のような森のような散歩道の中にお墓があるんだけど “こんもり” とした所が現れるんだ。

そして、この “こんもり” とした所の中にはなんともゆるキャラちっくな埴輪のような像が規則正しく並んでいた。
 
 がりぼんはこの埴輪くんたちと握手がしたかったのに、開放時間が決められてて、この時は近づくことが出来なかったのさ・・・。
う~・・残念!

う~・・残念!

がりぼんさんの「ポップなソウルを見つけに行こう!4泊5日の一人旅」(2011.3.6~10) 韓国旅行 ソウル旅行 一人旅ひとり旅
そして歩き疲れたがりぼんは、ここらでホッと一息つこうと伝統茶を扱うお店にやって来た。
その名も “선릉마실길” (ソンヌンマシルギル)っていう長い名前のお店だ。

 いろんな種類の伝統茶があったけど、がりぼんは温かい “オミジャ茶” を飲んでみることに。

 漢字で書くと “五味子茶” となるんだけど、読んで字のごとく五つの味わいがあるそうな。

 とっても複雑な味ではあるけど、温かくってとっても美味しかったよ!
お茶と一緒にお菓子も出してくれるのが嬉しいよね!

 乾物ものなんかもたくさん置いてあって、干した生姜に砂糖がまぶしてあるお茶菓子がスパイシーで甘くって、癖になる味わいだった。

 お店の人も非常に感じよくって、とっても良い時間を過ごさせてもらったよ。

 このお店は観光客というよりも地元の人で賑わってる様子だったね。
そして再び地下鉄に乗ってやって来たのは7号線の “清潭” という駅。

 この駅にやって来た目的はというと・・・そう! “5678幸福マーケット電車” という列車が丸ごと市場になってるってのをナビで見つけたからだ。

 駅に着いたとたん本当に買い物客で賑わっていて、がりぼんも思わず興奮しちゃったよ!
この “5678幸福マーケット電車” は普段ソウルではなかなか買えないような韓国の地方の商品が手に入ってしまうのだ!


 お店を出してる人それぞれが地元の名物やら特産品を並べていて、狭い列車の中ではあったけど、とても活気のある市場になってたね。
がりぼんがこの時購入したのは江原道原州市の “황골엿” (ファンゴルリョッ)っていう、飴のような、なんとも言えぬ食感のあま~いお菓子。

 甘さがすっきりとしててピーナッツの風味とよく合う “ファンゴルリョッ” は味はとっても美味しいのだけれど、食べるのが非常に難しぃ!!

 飴を噛んでしまう癖のあるがりぼんには悪戦苦闘の食べ物だったね。でも素朴な味わいで美味しいんだよ!
そんなこんなで日もすっかり落ち、晩ご飯を求めてお次は南大門へ。
南大門の駅を降りた瞬間に行列を成してる店が!!

 がりぼんが以前から食べてみたかった “カメゴル・イェンナル” ってお店だ。

 やっぱりね何処へ行っても行列を成してるお店に失敗はないよ。ってことで、迷わずお店の中へ。
 
 そして “カルグクス” と “マンドゥ” を注文。カルグクスのスープの味がほんのり中華な風味で非常に美味しかったぞ!!

マンドゥは中身がぎっしりでちょっぴりピリ辛の韓国テイスト。これは誰が食べても文句無しのお味に違いないね!
もっともっと見たい所があったけど、四日目もこれにて終了。あぁ、明日はいよいよ帰国だー。

五日目 (3/10)

最終日はお昼出発の飛行機に乗る為に宿からそのまま “仁川国際空港” へ。

 空港に到着すると、突然現れた王様にビックリ仰天のがりぼん。

 とりあえず「ハハ~ッ!」と言って、平伏さないとな!

 そして大韓航空の “空飛ぶイルカ” が待つ搭乗口へと向かう。
そこで飛行機に乗り込もうとしたがりぼんに大韓航空の人達が突然の「ストップ」をかけてきた!

 えぇ!!何事?と思いきや、なにやら違う座席シートを渡されて「あ、ラッキーラッキー!」と言って送り出されたのだ。

 そうなのだ!非常にラッキーな事にエコノミーだったがりぼんの座席が急にビジネスクラスに変更になったんだよ!!
座席につくと普段よりも丁寧な扱いに少々戸惑うも、「あ~コリャいい気分!」ってなもんだ。

 出てくる食事もまるで小洒落たレストランじゃないかぁ。

 周りに座ってるお客さんは社長さんっぽい雰囲気満載の人達で、がりぼん一人が妙に浮いてたけどね(笑)
いやぁ~、最後の最後にこんな贅沢ラッキーが待ってるなんて、これはもうね、大韓航空さんを思いっきり宣伝してあげないとな!

 
 「サランヘヨ~大韓航空さんに空飛ぶイルカさん!次回もまたよろしく~!!」
最後に美味しいお茶までいただいて、本当に良い旅となりました。

 また次回も韓国の奥の奥まで探りたいなと新たな目標を抱きつつ、無事に帰国のがりぼんでしたとさ。
         
             ☆おしまい☆

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-05-20

ページTOPへ▲

その他の記事を見る